日印産連 第37回GP認定委員会で新規9工場、更新42工場を認定
2015年09月25日
一般社団法人日本印刷産業連合会(日印産連、稲木歳明会長)は9月18日開催の第37回グリーンプリンティング(GP)認定委員会において、新規9工場と更新42工場、合わせて51工場を認定した。その結果、GP認定工場は全350工場となった。
 また、同認定委員会において、GP資機材の認定を実施し、4社9製品(洗浄剤2製品、プレート3製品、ファクトリー型デジタル印刷機2製品、ドライトナー型デジタル印刷機2製品)を認定した。これで平成27年度登録のメーカーは36社、認定製品は584製品となっている。

新規認定工場は次のとおり。
▽オフセット:岩岡印刷工業 営業部(印刷工業会)
▽オフセット:長英 本社工場(全日本印刷工業組合連合会)
▽オフセット:ミドリ印刷 営業部・工場部(全日本印刷工業組合連合会)
▽オフセット・:大同印刷 本社・本社工場(全日本印刷工業組合連合会)
▽オフセット:プリネット(全日本印刷工業組合連合会)
▽オフセット:大風印刷 本社(全日本印刷工業組合連合会)
▽オフセット:東京平版 岩戸町工場(日本グラフィックコミュニケーションズ工業組合連合会)
▽グラビア:アスパック 本社工場・ラミ工場(全国グラビア協同組合連合会)
▽グラビア:八潮化学 本社及び関連工場(全国グラビア協同組合連合会)