共同印刷  電子キャビネット「eZrack 」を開発、8月よりサービス提供を開始
2015年08月17日
共同印刷(東京都文京区、藤森康彰社長)は、企業が保有するコンテンツをタブレット端末などで利用でき、より効果的な営業活動を実現するクラウド型の多機能電子キャビネット「 eZrack (イージーラック)」を開発し、 8月より本格的にサービス提供を開始した。

「eZrack 」は、電子書店「自己ガク 」の運営で培った電子書籍の配信技術やノウハウを生かして開発した、企業向けの多機能型電子キャビネット。製品カタログや会社案内、提案書、社内資料といった企業が保有するコンテンツを電子ブック化して一元管理し、所属部署や担当プロジェクトなどのユーザー属性に応じた複数の本棚を自動生成するもので、コンテンツとユーザーを、簡単かつ適切に管理することが可能。デバイスおよび OSは、タブレット端末をはじめとする各種が使用でき、動画やアプリなど多様なフォーマットの表示にも対応している。

コンテンツは暗号化したうえでストリーミング配信を行う。最新版のコンテンツを、ユーザー端末に残すことなく利用できるため、外出先でも安心・安全。よく利用するコンテンツはユーザー個人でお気に入りタブに登録、解除することができ、大量のコンテンツへのアクセスも容易。また、クラウドからのダウンロード機能も備えているため、必要なコンテンツを印刷したり、メールに添付したりすることもできる。そのほか、ユーザー単位でのコンテンツ閲覧ログの分析によりコンテンツの利用状況や有用性の効果測定を行うことも可能。

今後は、 eZrack の採用を積極的に働きかけ、関連するツールの制作を含めて 3年後に 5億円の売上をめざす。