凸版印刷とハコスコ社  バーチャルリアリティ事業で業務提携
2015年07月21日
 凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)とハコスコ(ハコスコ社、東京都渋谷区、藤井直敬社長)は、バーチャルリアリティ(VR)事業で業務提携を行うことで合意した。
 今回の提携では、凸版印刷が提供する販促向けVRソリューション「VRscope」と、ハコスコ社が提供するVRサービス「ハコスコ」をベースに、簡易型ビューアやその専用コンテンツの制作・配信について共同して事業を推進。VRを用いたビジュアルコミュニケーション市場の発展を目指す。

昨今、生活者のライフスタイルの変化やメディアの多様化などにより、企業と顧客である生活者をつなぐコミュニケーション手法は大きな変化を見せている。特に近年の技術革新により、高品質なビジュアルや体感型コンテンツがスマートフォンで閲覧できるようになったため、スマートフォンを用いた訴求力の高いプロモーションの実施が本格化してきている。
 凸版印刷は2015年4月より、スマートフォンを用いて直感的な操作で仮想体験を実現する販促向けソリューション「VRscope」を開発。専用ビューアの制作はもちろん、高精細CG技術を活用したコンテンツの企画・制作から配信までワンストップで提供するサービスを展開している。
 ハコスコ社は2014年7月より、ダンボール製のVRビューアとスマートフォンを使って、手軽にVR体験ができるスマホVRサービス「ハコスコ」の提供を開始。また生活者が撮影した動画を共有したり、共有された動画を楽しむことができる360度パノラマ動画の共有サービス「ハコスコストア」を提供している。
 このたび両社が業務提携したことにより、凸版印刷の持つ高精細CGコンテンツの制作技術や安定したビューアの供給体制と、ハコスコ社が持つスマートフォンを用いたVR体験ソリューションに関するノウハウを相互に活用、立体感・臨場感にあふれるVR体験を、より多くのユーザに提供していく。