シャープ、凸版印刷、大日本印刷 液晶カラーフィルター事業統合に関する基本合意を締結
2012年04月11日

シャープ、凸版印刷、大日本印刷は、凸版印刷及び凸版印刷の子会社であるトッパンエレクトロニクスプロダクツ、並びに大日本印刷及び大日本印刷の子会社であるDNPカラーテクノ堺の堺工場における液晶カラーフィルター事業を、シャープの子会社であるシャープディスプレイプロダクト(SDP)に統合(本統合)させることについて、基本合意書を締結した。

なお、本統合の手法については、今後本統合に係る各当事者で協議の上決定する。

 

また、本統合に関連して、シャープにおいてSDPに係る子会社の異動が見込まれる。

 

本統合の目的は次のとおり。

SDP(堺工場)は平成21年10月より稼動を開始した世界で唯一の第10世代液晶工場。液晶パネルの部材メーカーに加え、電気、ガスや水といったインフラ・エネルギーメーカーが堺工場に進出、部材から液晶パネルまでの一貫生産を実現し、液晶パネル生産の垂直統合化を推し進めてきた。

しかし、SDPを取り巻く経営環境は、円高基調の恒常化やデジタル商品の熾烈な競争激化による市場価格の下落など、厳しさが一層増しており、堺工場の操業安定化とコスト競争力の強化を実現すべく更なる効率運営が必要となっている。

先般、シャープは、鴻海精密工業グループと資本業務提携契約を締結、SDPで生産する液晶パネル・モジュールを、鴻海精密工業とシャープがそれぞれ 50%ずつ引き取ることにより、SDPの高い稼動率維持を図り、そのコスト力強化と収益性改善を図ることとした。

今回、シャープ、凸版印刷及び大日本印刷は、凸版印刷及びトッパンエレクトロニクスプロダクツ並びに大日本印刷及びDNPカラーテクノ堺の液晶カラーフィルター事業をSDPに統合することにより、液晶パネルの主要部材であるカラーフィルターも含めた大型液晶事業の一層の効率化を図り、同事業の競争力強化を目指す。