大日本印刷「DNP買い物支援アプリレシーピ!あるかうメモ」配信開始
2015年07月15日
大日本印刷(DNP、北島義俊社長)は、家に「あるもの」をチェックしながら、簡単に買い物メモが作れるスマートフォン向けアプリ「DNP買い物支援アプリ レシーピ!あるかうメモ」の配信を7月15日に開始する。これは、170万ダウンロードを達成した「DNPレシート読み取り家計簿アプリ レシーピ!」(http://receipi.jp/)の姉妹アプリ。生活者は「レシーピ!あるかうメモ」で買い物メモを作成することで、無駄のない効率的な買い物ができる。さらに「レシーピ!」で家計簿をつけることで、より入力などの利便性が高まる。iPhoneとAndroid搭載端末向けにダウンロード無料で提供する。

【「DNP買い物支援アプリ レシーピ!あるかうメモ」の概要と特長 】
「レシーピ!あるかうメモ」は、生活者がスマートフォンで家に「あるもの」を確認しながら、これから買うものを決められる、店舗でのお買い物をスムーズにするツール。DNPが実施したアンケートでは、日常の買い物をする女性の約7割が店舗に行く前に冷蔵庫の中や家にあるものを確認している。また、約4割の女性が、家にあるのに買ってしまう“二重買い”や買い忘れをしてしまうという悩みをかかえている。DNPは、こうした手間や悩みを解消するために、外出先でも家に「あるもの」を確認できる「レシーピ!あるかうメモ」を開発した。
1.家にあるものを確認しながら買うものを決められるので、ムダ買い防止に
家に「あるもの」や買ったものは「あるもの」メモに、これから買う予定のものは「かうもの」メモに入力する。「レシーピ!」と組み合わせて利用すると、「レシーピ!」に登録した買い物の履歴を一括で「あるもの」メモに登録でき、利便性が高まる。買い物に行く前に、利用者は「あるもの」を確認しながら「かうもの」を決められ、簡単にメモができる。買い物の際には、「かうもの」メモを見ながら商品をカゴの中に入れていき、メモの内容にチェックを入れていく。チェックを入れたメモは、翌日には自動的に「かうもの」メモから「あるもの」メモに移動し、次回のお買い物の際には、その内容を見て「かうもの」を決めることができる。
2.「あるもの」メモをもとに献立を提案→買い足し食材をまとめて「かうもの」メモへ
「あるもの」メモにある食材をもとに、数千点の献立の中から、短時間で簡単に作れるものを中心に提案する。その献立を作るために買い足しすべき食材がある場合は、それらをまとめて「かうもの」メモに登録することができる。
3.予測変換機能や写真メモで簡単入力
「レシーピ!」で蓄積してきた購買履歴情報をもとに、多くの生活者によく買われているものを分析し、利用者が入力しやすい食品、生活用品の候補を表示する。また、冷蔵庫の中や消耗品などを写真でメモすることで、一目で「あるもの」や「かうもの」を確認することができる。
4.カテゴリ並び替えとアラーム機能
メモの内容は、食品、生活用品、その他に自動的に分類され色分けされる。また、利用者自身がアイテム毎に手動で色分けをすることもできる。色ごとに並び替えることで、「かうもの」を売場ごとに確認できるようになり、買い回りがスムーズになる。また、よく行くスーパーの特売日などの曜日や日時を登録しておけば、お買い物前にアラーム機能で知らせてくれるため、お得に買い物ができる。