大日本印刷 産婦人科医療施設向けの電子コンテンツ配信サービスを8月にスタート
2015年07月13日
大日本印刷(DNP、北島義俊社長)は、産婦人科医療施設で、妊産婦向けに選別した電子雑誌や電子書籍などを閲覧することができる「DNPエリア限定電子コンテンツ配信サービス チェックインマガジン」を2015年8月から開始する。同サービスは、ホスピタルネット(東京、武田利信社長)が、産婦人科向けに提供しているタブレット端末レンタルサービス「HosPadマタニティ」と連携している。
チェックインマガジンは、特定のエリアにマッチした電子雑誌や電子書籍を、専用アプリをダウンロード(無料)したスマートフォンやタブレット端末で閲覧できるもので、待ち時間の有効活用施策や顧客満足度向上のために銀行のロビーなどに導入されている。
DNPとホスピタルネットは、2014年12月~2015年5月まで、HosPadマタニティを導入している5カ所の産婦人科医療施設にて、入院中の妊産婦に対して 同サービスを提供する実証実験を行った(アンケートも実施)。その結果、妊産婦向けに選別した出産・育児系雑誌の特集記事のダウンロード率が高く、記事単位(マイクロコンテンツ)で読みたいというニーズがあることや、同サービスそのものの利用率が高いことが確認できたため、本格的にHosPadマタニティと連携したサービス提供を開始することにした。

【概要と特長】
今回、ホスピタルネットのHosPadマタニティのタブレット端末に、同サービスのアプリをインストールして産婦人科医療施設に提供する。閲覧できる電子コンテンツとして、主婦向けに豊富なコンテンツを保有する主婦の友社の人気育児雑誌やムック、漫画、実用書籍、子ども向け絵本など24タイトルをラインアップしており、産婦人科医療施設を利用する生活者は無料で読むことができる。ページ数が多い雑誌やムックについては、興味がある記事(マイクロコンテンツ)だけを選んで読めるため、ダウンロード時間が短く、ストレスなく電子雑誌や電子書籍を楽しめる。なお同サービスの利用料は、オープン価格となる。



Hospadマタニティにチエックインマガジンアプリを搭載