凸版印刷 コンテンツ管理・配信プラットフォーム「SalesStation +」を販売開始
2015年07月10日
 凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、企業向けに得意先への提案・プレゼンテーションを支援するコンテンツ管理・配信プラットフォーム「SalesStation +(セールスステーションプラス)」を販売を開始する。
 
 「SalesStation +」 は、自社の製品・サービスのカタログや資料、動画、HTML5などのリッチコンテンツをサーバで管理して、営業担当者などが持つタブレットに対して効率的に配信します。「商品の魅力を十分に伝えられる」「商材ごとに適切な説明を展開できる」「常に最新の資料を閲覧できる」「すべての資料をどこでもとりだせる」プラットフォームで、すでに導入済みのタブレットをすぐに効果的に活用できる。同システムの営業代理店で、実際にタブレットを利用した営業活動を運用しているダイキン工業(大阪市北区、十河政則取締役社長 兼 CEO)の協力のもと、現場のニーズや運用上の要件などを十分に取り込み、実際の営業活動で効果的に使えるシステムとなっている。

■ 「SalesStation +」の特長
・大量の資料も、持ち運びはタブレット一つだけでOK!
  データはサーバで一元管理。いつでもどこでも必要な情報を入手することが可能。
・ASPサーバを用意しているので導入も簡単
  導入も簡単に行え、すぐにでも活用開始することが可能。面倒な機器の保守なども不要。
・リッチコンテンツで訴求力のある提案が可能に。
  動画やHTML5などのリッチコンテンツを使用して訴求力のある提案が可能。
・お客様毎に必要な資料を集めた提案フォルダ機能
  必要なページを予めピックアップ。お客のニーズに合わせた提案が可能に。自作資料も使用可能。
・高度な検索機能(全文検索、カテゴリ検索)
  大量の資料の中からでも、手間を掛けずに必要な資料をすぐに探し当てることが可能。
・データに基づく営業活動
  ログ解析やアンケート機能で、現場での利用状況を把握し、資料の改定などに役立てられる。
・お客と資料を共有する資料共有機能
  提案フォルダの資料はお客様へメールに添付して共有できるので、紙の資料を持参せずにすむ。
・新着機能やアラート機能で常に最新情報を閲覧
  お客にすぐに最新情報を提供出来るだけでなく、間違って古い資料を使ってしまう事も避けられる。
・トップ画面の編集機能(背景差替、ボタン配置など)
  ブランドイメージにあわせて背景やボタンの配置の変更を行ったり、よく使うWEBリンクを設定することで、営業の日常利用が促進される。
・他の営業支援システム(SFAシステム)との連携も可能。
・端末紛失時にはアカウントロックでセキュリティを確保する。
・WEBアプリケーションも付属する。

■価格
<エントリーパック> 初期費:5万円、月額1万円~ 
<スタンダードパック> 初期費:30万円、月額5万円~ 
<エンタープライズパック> 初期費:30万円、月額42万5千円~