大日本印刷とフランス国立図書館 地球儀・天球儀の3Dデジタル化プロジェクトで提携
2015年07月08日
大日本印刷(DNP、北島義俊社長)とフランス国立図書館(Bibliothèque nationale de France 以下:BnF)は、BnFが保有する55個の貴重な地球儀・天球儀(以下:地・天球儀)の3Dデジタル化および、その普及を共同で推進するための契約を7月7日に締結した。
BnFが保有する、歴史的にも貴重な地・天球儀の一大コレクションを対象にした、これほど大規模な3Dデジタル化は世界初の試み。DNPは、世界各地の文化遺産や美術作品のデジタル化を手掛けてきた優れた技術やノウハウと、DNPが独自に開発した地・天球儀のデジタル撮影ツールをBnFに提供する。美術工芸品であり、科学資料でもある地・天球儀をデジタル化することにより、その一つ一つをあらゆる角度にスムーズに回転させたり、拡大させることで肉眼では見えにくい細かい部分まで高解像度で鑑賞できるようになる。

【デジタル化する文化遺産について】
BnFの地図部門は、200個以上の歴史的に貴重な世界有数の地・天球儀のコレクションを保有している。今回のデジタル化プロジェクトのために、フランス、ドイツ、オランダ、イタリア、イギリス、アラブ諸国などで11世紀~19世紀に製作された地・天球儀の中から、最も貴重な55個を選定した。この中には、大航海時代の様子を示す手書き又は彫金による16世紀の作品や、17世紀オランダ黄金時代に製作された印刷による唯一つの作品、18世紀啓蒙時代に多様化したヨーロッパのさまざまなタイプの作品も含まれている。また、天文学者フラマリオンの月球儀(1896年作)という19世紀の作品もあり、球儀作りの進化を象徴するような注目すべき作品群となっている。

【DNPの革新的な技術】
1876年に創業したDNPは、印刷技術、デジタル化技術、情報コミュニケーション技術などを保有する国際的にもトップクラスの印刷会社です。DNPは、パリのBnFで55個の地・天球儀のデジタル化に必要な撮影をすでに終えている(各地・天球儀の高解像度画像を1作品に付き多いものでは600点以上撮影)。現在、これらの画像データを3D化するための作業を日本(東京)で行っている。DNPは、今回のプロジェクトにおいて、作品保全の関係から一般公開の難しいこれら世界的文化遺産を、誰もが容易に閲覧できる独自の専用ツールの開発にも取り組む予定。また、今回のプロジェクトを通じて獲得した技術を基盤としたデジタルアーカイブビジネスの開発も併せて進めていく。