凸版印刷 オリジナル4K映像コンテンツが 「ジャパンサローネ」JA全農ブースで採用
2015年07月08日
 凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、凸版印刷の映像クリエイターが最新鋭の4K用撮影機材を駆使して、日本各地の季節感あふれる風景や日本文化、地域の魅力が伝わる風物などを撮影・制作したオリジナル高品質4K映像コンテンツを提供している。
 このたび、凸版印刷が制作したオリジナル高品質4K映像コンテンツがミラノ万博関連イベント「ジャパンサローネ」(会場:ステッリーネ宮殿、所在地:イタリア・ミラノ)の全国農業協同組合連合会(JA全農、東京都千代田区、成清一臣代表理事)ブースで採用された。

 今回JA全農に採用されたコンテンツは、JA全農が保有する静止画に加え、凸版印刷がこれまでに撮影・制作したオリジナル高品質4K動画、またJA全農の協力のもと凸版印刷が新たに撮影した日本の安心・安全・高品質な和牛と国産米をPRする動画を組み合わせて制作。「美味しさを感じる」をコンセプトに圧倒的なシズル感と品質訴求することにより、日本の農畜産物の輸出拡大を目的とした、ヨーロッパ圏での日本の食文化や和食の魅力発信に貢献した。

■ 「ジャパンサローネ」 JA全農ブースでの本コンテンツの展示詳細
期間: 2015年7月10日(金)~12日(日)
場所: ステッリーネ宮殿(イタリア・ミラノ) ルームA
Palazzo delle Stelline Congress Centre
 (Corso Magenta, 61-20123 Milano Italy)