凸版印刷 書籍制作支援クラウドサービスの提供を開始
2015年07月06日
凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、印刷書籍と電子書籍など、ワンソースから同時に複数媒体の書籍制作が可能なクラウドサービス「TOPPAN Editorial Navi(トッパン・エディトリアル・ナビ)」を開発。紙と電子のハイブリッド出版のように、用途や読者の環境に最適なフォーマットの作品提供が求められる出版業界を中心に、2015年8月上旬より提供を開始する。

 「TOPPAN Editorial Navi」は、著者、編集者、校正者など、同じ作品づくりに携わる人々が、安全に保管された原稿をウェブで共有し、ペーパーレスによる画面での誌面確認や、ICTを活用した共同編集により、場所と時間に囚われない作品づくりが可能な、クラウド型の画期的な書籍創作環境を実現している。
 また、凸版印刷がこれまで培ってきたコンテンツ制作や構造化などのノウハウを、システム機能として提供することにより、ワンソースから同時にさまざまな出版フォーマットへの変換することができ、制作のコストダウンや、リードタイムの短縮などが可能となる。
 さらには、次なる作品へのリソースの集中や、ビッグデータと連携したマーケティングへの訴求など、読者に伝わるさまざまなコンテンツ展開をサポートしている。