東京国立博物館と凸版印刷  VR作品『東博のミイラ デジタル解剖室へようこそ』を7月8日から公開
2015年07月06日
 独立行政法人国立文化財機構東京国立博物館(東京都台東区、銭谷眞美館長)と凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、VR(バーチャルリアリティ)作品『東博(トーハク)のミイラ デジタル解剖室へようこそ』(英題:”Digital Autopsy of the Tokyo National Museum’s Ancient Egyptian Mummy”)を、東京国立博物館・東洋館内「TNM & TOPPAN ミュージアムシアター」で、2015年7月8日より初公開する。

 同作品は、東京国立博物館が所蔵する古代エジプトのミイラ「パシェリエンプタハのミイラ」を用いたVR作品。同ミイラは、現在、日本国内で常時展示公開されている唯一の古代エジプトのミイラで、1904年にエジプト考古庁から東京国立博物館(当時:帝室博物館)に贈られたもの。このたび、東京国立博物館が昨年新たに導入した最新鋭X線CTスキャナを用いて、同ミイラの内部構造の解析を目的とした撮影を行った。
 同作品では、凸版印刷がVR技術によってCTデータを可視化し得られた精細な骨格形状から、性別、年齢、身長などを解析し、多くの謎に包まれていた同ミイラの生い立ちを解き明かす。また、三次元計測や赤外線撮影、高精細デジタル撮影で得られたデータと統合し、現在目視では認識することができない、棺の表面に描かれていた線画を抽出。側面にわずかに残されている色彩などから想定される棺全体の色彩を、線画とともに鮮やかに再現した。

 また夏休み期間には、実物展示・ギャラリー・本VR作品上映の連携企画として、東洋館内のミイラ関連展示を巡る「古代エジプトでは死んだらどうなる?」ワークシート(期間限定:7月22日(水)〜9月13日(日) 参加費:無料)を実施する予定。