大日本印刷 AR技術を活用した“AR動く写真”サービスを開始
2015年07月01日
大日本印刷(DNP、北島義俊社長)は、拡張現実(AR、Augmented Reality)技術を活用し、写真プリントをスマートフォンやタブレット端末の無料の専用アプリで読み取ると、関連する動画がARで再生される「AR動く写真サービス」を本年8月に開始する(専用アプリの配信は7月中旬開始の予定)。
同サービスは、写真画像の保管、サイト構築、写真のプリント・加工、配送などの機能をワンストップで提供する「DNP Imaging Mall」のメニューの一つとして提供する。静止画・動画のデータ保管、動画配信などに必要なシステムは、クラウド型で提供する。

【サービス開始の背景】
芸能事務所やスポーツチームを運営している企業などは、アーティストやアイドル、タレント、プロスポーツ選手などの静止画や動画のデータを数多く所有しており、これらを活用したコンテンツビジネスの拡大を検討している。しかし、これらの画像や動画は、違法ダウンロードやコピーなどの懸念から、あまり活用されず、写真の販売や動画配信サイトでの配信に限られていた。
一方これらのファンは、好きなアーティストやスポーツ選手などの画像や動画などのさまざまなコンテンツを手軽に入手できる方法を求めている。
この課題に対しDNPは、AR技術を活用することで、静止画と動画のデータを融合した新たな楽しみ方が可能になる「AR動く写真サービス」を開始する。
同サービスは、生活者がウェブサイトや店舗で購入した写真プリントに印刷されている2次元コードを、スマートフォンやタブレット端末の無料の専用アプリ「AR動く写真ビューアー」で読み取ると、その写真に関連した動画データがダウンロードされ、端末上で動画が再生される。