凸版印刷 「shufoo!」が「gooddo」と連携し、「出産・育児・子育て支援」projectを開始
2015年07月01日
凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)が運営する国内最大級の電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」は、日本の主婦を応援する「出産・育児・子育て支援」Projectを、2015年7月1日より開始する。
  
 日本経済の成長に向けて、「女性の活躍推進」が掲げられ、2015年4月には「子ども・子育て支援新制度」が本格施行し、子育て支援を中心に女性を応援する機運が高まりつつある。
 そこで、2001年8月のサービス開始以来、日本の主婦を応援してきた「Shufoo!」では、20歳~59歳の既婚女性800人に主婦の支援活動に関する調査を実施。その結果、主婦の約3人に2人が他の人を支援する活動に興味を持っている一方、これまで社会貢献活動への経験がない主婦の約9割が「参加の仕方が分からない」と回答していることが判明した。また、自身が出産・育児・子育てをする中で、誰かの助けを借りたいと思った子持ち主婦は約9割いることがわかった。その上で、主婦が社会貢献で最も支援したいカテゴリーは「出産・育児・子育て」との回答が得られた。
 
 この結果を受けて、電子チラシでお買い物を応援してきた「Shufoo!」では、もっと主婦を応援するための取り組みの第1弾として、ソーシャルグッドプラットフォーム「gooddo(グッドゥー)」と連携し、「出産・育児・子育て支援」Projectを開始。出産・育児・子育てで誰かの助けを借りたい主婦と、社会貢献活動として出産・育児・子育ての支援をしたい主婦を応援。「Shufoo!」は、「Shufoo!」ユーザーが「Shufoo!」でお買い物情報を閲覧して貯まる「シュフーポイント」50ポイントを出産・育児・子育てに関わる団体への支援金50円として活用できる機会を提供する。なお、「gooddo」のサイト内では「シュフーチラシアプリ」のダウンロードで「gooddo」内の出産・育児・子育てに関わる約100団体へ支援を行える機会も提供する。