桜井GS 岐阜工場新技術発表会を開催
2015年05月10日


桜井GS
岐阜工場新技術発表会を開催

顧客視点で開発した新技術披露
特注対応の仕様に関心集まる

 桜井グラフィックシステムズ(桜井隆太社長)は4月15日から18日までの4日間、同社岐阜工場(岐阜県美濃市)において、「第5回岐阜工場新技術発表会」を開催。過去1年間に顧客とともに開発してきた同社の新製品・新技術を発表した。
 今回の新技術発表会では、ロールツーロールスクリーン2色印刷ライン「MSDR―60」の新製品をはじめ、オフセットでは四六半裁5色オフセット印刷機「オリバー580SDC+水無しLED UV(乾燥装置)」、シルクスクリーンではスクリーン印刷用LED UV(乾燥装置)システム、デジタルダイレクト製版装置DLEコンパクトといった新技術を披露した。
 また、サーボ駆動シリンダースクリーン印刷機「MS―102SD」を四六全判サイズまで印刷でき、最大紙サイズ1140×788㎜までサイズアップさせた製品を展示したほか、4色機同等の自動化装置を搭載し、生産効率を追求した菊半裁2色両面兼用オフセット印刷機「オリバー266SIP(セミパイル)」を発表した。
 さらに、今回の新技術発表会では、同社工場純正オーバーホール中古機の即売会も併催された。
 初日午前9時30分から記者発表が行われ、あいさつした桜井隆太社長は「当社はオフセット印刷機とシルクスクリーン印刷機の両方を製造している世界唯一のメーカーであるが、徐々にシルクスクリーンの方に力を入れてバランス良くやっており、その姿勢を示すためにも発表会を続けている。オフセット印刷の場合は生産性と品質が高められる革新的な機械を作ることがビジネスモデルとしてあるが、シルクスクリーンに関しては1品として同じものを作るのではなく、常に改造が必要で見込み生産というより、受注生産に近い形になっている。
 今回の発表会ではMSDR―60というロール機をメインに据えているが、かなり細かい部分で驚きを与えられるものとなっている。当社では、競合メーカーと同じものを作るという発想ではなく、お客様と一緒にものを作るという考え方で技術開発を行っており、新技術発表会のコアは前期1年間でお客様と一緒になって取り組んだ特注や改造をデータベース化して、その中からオプション品や新しい製品を作ったデータの集大成をお客様にお見せすることである。
 今回も国内外から大勢の方に集まってもらえるのは、他のメーカーにはないものを見せられることにある。今後はメーカーというよりも、メーカー+サービス業という位置付けで製品開発を行っていく。印刷業界を取り巻く環境は大変厳しいが、新しい活路を見出すためには個々のお客様のニーズに合わせていくことが必要であり多様化するニーズにメーカーができることはきめ細かさであると考えている」と述べた。
 「第5回岐阜工場新技術発表会」で発表された製品は次の通り。
 【オフセット】
 ▽新技術
 四六半裁5色オフセット印刷機「オリバー580SDC+水無しLED UV(乾燥装置)」
 5色機の排紙部にLED硬化装置を取り付けて理想的な省エネ印刷が行えるようになった。新技術発表会ではフィルム材料への印刷が行われた。
 ▽バージョンアップ
 菊半裁2色両面兼用オフセット印刷機「オリバー266SIP(セミパイル)」
 4色機同等の自動化装備を搭載し、生産効率を追及した2色機。排紙紙積み量が増えたことにより、ロットの大きな仕事にも便利に使えるようになった(排紙紙積み量は600㎜)。
 【シルクスクリーン】
 ▽新製品
 ロールツーロールスクリーン2色印刷ライン「MSDR―60」
 昨年発表したラインとは全てのデザインを一新。フィルム搬送安定性・薄材料対応・乾燥性能を大幅に改善した新設計の印刷ラインとなった。
 薄材料対応印刷胴では、38μm程度の薄フィルムでソリッド印刷でも吸着穴の影響が印刷に表れないように加工されており、薄いフィルムに高精度印刷を実現する機能を盛り込まれている。
 また、印刷部にはCCDカメラによる位置補正の精度を向上。マスターフレーム方式を採用し、補正動作も確実に行えるようになっている。
 さらに、搬送機構の巻き出しは印刷機動作に合わせて間欠送り、印刷後はエアーダンサーによって、搬送を連続に切り替えて乾燥機へ搬送。これらの複雑な搬送を蛇行なく、確実に行える。
 ▽サイズアップ
 サーボ駆動シリンダースクリーン印刷機「MS―102SD」
 最大1140×788㎜まで印刷ができるため、四六全判シート対応で仕事の幅を広げることができる。
 ▽新技術
 スクリーン印刷用LED UV(乾燥装置)システム
 同社と乾燥装置メーカー、インキメーカーの3社で銘板スクリーン印刷などに使用可能なLED―UV印刷システムを開発。熱の影響を受けやすい材料の印刷に威力を発揮する。
 全長6・5m以下での全自動印刷ラインを実現。新技術発表会ではIMD成型が可能な車載計器銘板の印刷デモが行われた。
 ▽新技術
 デジタルダイレクト製版装置DLEコンパクト
 スクリーンにマスキングすることなく、直接紫外線を照射し、必要な部分のみ露光する全く新しい製版装置。(2015年5月10日号掲載)