東洋インキ UV硬化型インキFDシリーズ金属缶を環境対応型容器に切り替え
2012年04月06日

東洋インキ(東京都中央区、山﨑 克己社長)は、UV硬化型インキFDシリーズに使用している1kg用金属缶をプラスチック製の環境対応型容器に切り替える。
UV硬化型インキ FDシリーズは、印刷工程でのCO2削減、省エネ、節電対応製品として多くのお客に利用されている。このたび、環境対応に厳しい欧州等で採用が進んでいる環境対応型容器へと切り替えることで、さらなるCO2削減を目指す。
この環境対応型容器は、容器本体としてPP(ポリプロピレン)樹脂、蓋材としてPE(ポリエチレン)樹脂を使用しており、従来の金属缶に比べて軽量であることから、輸送にかかるCO2を削減する。輸送以外の廃棄等での工程とあわせ、従来容器に比べて約40%のCO2削減効果を見込んでいる。

(1) 対象製品:UV硬化型インキ FD各シリーズ 1kg缶
(2) 実施時期:2012年5月中旬生産分より切り替え予定
(3) 容器材質:本体 ポリプロピレン樹脂、蓋材 ポリエチレン樹脂
(4) 品質保証:容器変更によるインキの品質および品質保証期間に変更はない。
(5) 環境負荷:新容器のCO2削減効果は、従来容器(金属缶)と比べて約40%。