【新年互礼会】兵庫工組・兵庫GS工業会
2012年01月10日

兵庫県印刷工業組合(水落充理事長)・兵庫県グラフィックサービス工業会(山本康二理事長)主催による2団体合同の新年互礼会が1月6日、神戸市中央区の神戸メリケンパークオリエンタルホテルで開催され、官公庁・関連団体から168人が参加した。
開会に先立ち水落理事長は、「昨年の日本の社会と経済は内憂外患の1年であった。そのような中にあって当組合では、1歩でも2歩でも前に向かって道を切 り開こうとチャレンジを重ねた年であった。兵庫県庁へ印刷物の著作権などの尊重について要望書を提出し、主張に沿った回答を得ることができたほか、コンペ の中から推薦した作品が神戸マラソンの後期ポスターとして採用された。
これらに加えて、暴力団等排除運動を推進し、県民から信頼される業界となることを目指した。組合員が一致団結して取り組めたことに感謝している」と昨年の事業運営に対して回顧した。
さらに、同氏は平成24年度の事業運営について「経済が上向いたらなどと、他力本願となり勝ちではあるが、今後の経営について考えると、自社で道を切り開くこと、業態変革への取り組みが企業にとって急がれる課題となっている。
強みを持った企業に変身しなければ、生き残るのは難しい時代となっている。『新しい時代に向けて、お客さまの視点で、スピードを持って、日々実践して、エ ンドレスに取り組む』を、何かあればこの言葉でもって対応してほしい。当組合としても、本年も教育を基本とした事業の推進と組合員の情報交換・交流の場を 提供し、業態変革につながる支援をエンドレスに取り組んでいく」と決意を示した。
この後行われた表彰式では、「第1回神戸マラソン」後期啓発ポスターデザインコンペティション入選者表彰が行われ、最優秀賞に輝いた石田清氏(服部プロセス)と、優秀賞を受賞した米田明夫(甲南堂印刷)の両氏に水落理事長から賞状が贈られた。
また、同工組の技能検定委員として永年にわたって尽力してきた赤井三男氏にも感謝状が贈られた。
引き続き、来賓を代表して榎本輝彦兵庫県産業労働部産業振興局長、山本琢也神戸市産業振興局工業課長、吉賀文雄近畿地区印刷協議会会長代理が祝辞を述べた後、表具喜治ひょうご産業活性化センター理事長の発声で乾杯し、歓談した。