凸版印刷 スマートデバイスを利用したペーパーレス会議ソリューションの販売開始
2012年01月16日

凸版印刷(金子眞吾社長)は、タブレット端末やスマートフォンなどの高機能端末向けにPDFや、MicrosoftのPowerPoint、Excel、 Wordで制作した企画書やマニュアルなどのコンテンツを、低価格で手軽に作成・配信することができるサービス「HandyBinder(ハンディバイン ダー)」を提供している。
今回、凸版印刷では「HandyBinder」をベースにペーパーレス会議向けに機能を追加し、ペーパーレス会議システムとして提供する。さらに、同システムを凸版印刷の社内会議に2010年4月から導入し運用ノウハウを蓄積してきた。
これを活用し導入のコンサルティングから運用までトータルでサポートするソリューションとして2012年1月中旬より本格的な販売を開始する。

「HandyBinder」は、インフォテリア株式会社が提供するスマートフォン向けコンテンツ作成・配信サービス「Handbook」をエンジ ンとして採用。コンテンツ作成者がPDFやMicrosoftのPowerPoint、Excel、Wordなどで作成した企画書やマニュアル、会議資料 などを、「HandyBinder」のサイトにアップロードすると、タブレット端末やスマートフォンなどの高機能端末向けに自動変換され、営業スタッフや 保守スタッフが持つ端末に配信することができる。
ペーパーレス会議システムとして、PDFファイルへの手書きメモ機能を追加するとともに、特定の端末からのみ利用できる端末個体認証や、アクセス権コン トロール、MDM(モバイルデバイスマネージメント)サービスと連携した端末管理・盗難紛失対策などのセキュリティ面を強化した。さらに自社で、2010 年より採用してきた実際の運用ノウハウをもとに、ペーパーレス会議の導入コンサルティングから企画・運用までトータルでサポート。企業の社内会議における 運営コストの削減を実現する。

【特長】
▽PDFや、Microsoft(R)のPowerPoint、Excel、Wordで制作した企画書やマニュアルなどのコンテンツをそのまま配信できる ため、タブレット端末やスマートフォンなどの高機能携帯端末向けのコンテンツを自動的に変換・配信することができる。管理機能を使って、会議中に新たな資 料を配信することも可能。
▽ASPサービスでの提供により、コンテンツ作成や配信システム、ビューワーの開発の必要がないため、低価格での利用が可能。
▽会議資料として、配信サーバにアップするだけで多人数に一斉に配信が行えるため、運営負荷を削減できる。
▽PDFにメモ書きが可能。重要な点にはラインマーカーやメモ書きができる。
▽社内の重要書類を扱うため、セキュリティ面でも機能を強化。操作ログの出力や端末毎にアクセス権を設定、さらはMDMサービスと連携する事により端末管理や盗難紛失などの対応が可能。
▽社内会議利用のみだけでなく、営業やMR向けのプレゼンテーションツールとしての利用も可能。
▽システム提供だけでなく、端末手配から運用設計、運用サポートなどの導入支援が可能。

【価格】
1.ASP版
・利用容量500MB/ユーザ数500IDで20,000円/月
※追加容量500MBごとに、プラス20,000円/月
※500ID以上利用の場合は別途費用が発生する。
※MDMサービスの利用費用は別途必要。
2.パッケージ版
・専用サイトライセンス費用 1,800,000円
・年間保守費用 270,000円
※自社サーバで運用する場合のパッケージプランとなる。
※ユーザ数は、無制限。容量に関しては、お客様のご用意するサーバ容量となる。
※MDMサービスの利用費用は別途必要。