ダイヤ工業・光を透し変化するリヴァイバル製品を販売
2012年01月21日

ダイヤ工業(大阪市平野区、代表取締役:酒向敏雄氏)が販売している異なった2種類以上の樹脂からなる多層状の板状ポリマー「パールラメ」は、キラキラと 輝くだけの「ラメ・グリッター」ではなく、アルミニウムとコーティング剤を含まないPET・PMMAからなる虹彩色多重層フィルムをカットして得た干渉タ イプ型の「ラメ・グリッター」として注目を集めている。
同社が提案している「ラメ・グリッター」干渉タイプ製品には、エポキシ樹脂もしくはメラミン樹脂などの被膜コーティング加工を施していないため、環境負荷物質であるホルムアルデヒドの溶出がない。
例えば、クリスタルカラーは、干渉タイプ型の「ラメ・グリッター」で、耐溶剤性に優れ、Tシャツ、トレーナ、靴下等へのシルクスクリーン印刷など(玩具・衣料品・紙製品・皮革製品・樹脂製品・その他)に最適なものとなっている。
また、ボディーペイント(パーティー、舞台メーク)塗料・塗装・印刷・サイン・電飾・ディスプレー・デコレーションなどのデザイン・意匠効果もドラマチックに演出しすることができる。
問い合わせは同社、電話06(6791)0330まで。