大日本印刷・デジタルえほん・CANVAがデジタル知育絵本を制作・配信
2012年02月02日

tap*rapしりとり大日本印刷(DNP)と、こども向けデジタルコンテンツの企画・制作を手がけるデジタルえほん、こどもの豊かな創造・表現活動を推進するNPO法人CANVASの3社は共同で、デジタル知育絵本「tap*rapシリーズ」の制作・配信を開始する。
今回、デジタル知育絵本「tap*rapシリーズ」第1弾として『tap*rap しりとり』を制作し、2012年2月2日からiPad向けに配信する。
現在、国内の電子書籍は文芸書やコミックを中心に市場が拡大している。しかし、デジタル化による高い付加価値が期待される絵本の電子書籍化は、キャラク ターなどを活用したものが一部発売される程度で、こどもが知的好奇心を持って豊かな表現力を育みながら、無理なく学習できる知育用のデジタル絵本は少ない のが現状だ。このような状況を踏まえ、今回、DNP、デジタルえほん、CANVASの3社は共同で、デジタル知育絵本のシリーズを制作・配信することとした。DNPがコンテンツ制作を、デジタルえほんとCANVASがコンテンツの企画・デザイン、ワークショップの運営、販売プロモーションを担当し、DNP とデジタルえほんがコンテンツを販売する。
これらの取り組みを「みらいのえほんプロジェクト」と題し、うごき出す絵本、ページのない絵本、自分が参加する絵本、みんなでつくる絵本など、こどもたちがワクワクするこれまでにない新しいえほんをカタチにしていく。

【tap*rapシリーズ『tap*rap しりとり』内容紹介】
「みらいのえほんプロジェクト」の第一弾となる、tap*rapシリーズ『tap*rap しりとり』は、これまで見たことのない新感覚のしりとり絵本。
画面をタップすることで、分解された言葉の音とイメージを徐々に引き出し、ひとつの言葉を形成しながら、しりとりあそびが楽しめるので、言葉を認識するた めの知育絵本として役立てることができる。カラフルで温かみのあるイラストもこどもたちに大人気。言葉を覚えはじめる幼児から、大人まで、多くの方にお楽 しみいただけるデジタル絵本として様々な場面活用できる。
【『tap*rap しりとり』アプリの配信について】
名称『tap*rap しりとり』
配信開始日2012年2月2日(木)
価格500円(税込)
※創刊記念セール期間中の2012年2月2日(木)~2月29日(水)は350円(税込)にて販売する。
販売元大日本印刷株式会社、株式会社デジタルえほん
配信端末iPad、iPad2
販売サイトApp StoreTM(アップストア)、掲載カテゴリ : 教育、エンターテイメント
URL(AppStore)http://itunes.apple.com/au/app/tap-rap-shiritori/id496176083?ls=1&mt=8
ウェブページhttp://digitalehon.net/taprap/shiritori
(デジタルえほん公式サイト内)

【関連イベント】
(1)『tap*rap しりとり』発売記念イベントを、2月5日(日)13:00~14:00に東京・銀座のアップルストアで開催する。
詳細・申込み: http://www.canvas.ws/futureehon/index.html
イベント情報URL: http://www.apple.com/jp/retail/ginza/
(2)デジタルえほんワークショップを、2月25日(土)~26日(日)に慶應義塾大学日吉キャンパスで開催される「ワークショップコレクション8 withモノづくり体感スタジアム」にて実施し、『tap*rap しりとり』を紹介する。
URL: http://www.wsc.or.jp/index.html