モリサワ ・「MCMagazine」の販売を開始
2012年02月03日

モリサワ(大阪市浪速区、森澤彰彦社長)は、電子雑誌ソリューション「MCMagazine」の販売を2月1日から開始した。
「MCMagazine」は、Adobe InDesignで組版されたデータを効率良く電子雑誌化できるオーサリングツール「MCMagazine Maker」と、変換されたコンテンツデータをデバイス上で閲覧する「MCMagazineビューア」の2つの製品で構成されるソリューション。
MCMagazineビューア画面は、誌面全体を表示する「レイアウトイメージ」とテキスト部分をタップすることで現れ、組版機能を実装することでテキスト表示に特化した「テキストウィンドウ」から構成されている。
「レイアウトイメージ」上の写真・イラストはタップすることで各デバイスに最適な大きさに拡大表示され、読者は「レイアウトイメージ」で完成された雑誌の世界観を確認しながら、「テキストウィンドウ」で詳細な文字情報をよりスムーズに得ることが可能となる。
MCMagazine MakerでAdobe InDesignデータを変換する際に、元となるデータからテキスト、画像の位置情報、組版情報を自動的に取得できるため、簡単かつスピーディに読みやすい電子雑誌を制作することが可能となり、雑誌の刊行ペースに合わせた制作フローの構築が実現できる。
MCMagazine Makerの年間使用料は、1台ライセンス/年間 18万9000 円(税込)となっている。
1ライセンスにつき、1台のPCにインストールでき、契約期間中に機能の追加やバージョンアップなどがあった場合、無償で契約ユーザーに提供される。
なお、MCMagazine Makerで作成されたコンテンツデータは、電子書籍ストアでの販売・配布を前提としており、コンテンツデータは、電子書籍ストアが個別に組込んだ MCMagazine専用のビューアライブラリ上でのみ、エンドユーザーによる閲覧が可能となる。
協力会社によるストア開設は春頃を予定している。