日印産連 『SMATRIX 2020』発表記念セミナーを3月21日開催
2012年02月03日

日本印刷産業連合会(日印産連、猿渡智会長)は、印刷産業ビジョン『SMARTRIX 2020』発表記念セミナーを3月21日開催する。
同連合会は平成23年印刷文化典事業の一環として印刷産業ビジョン「-スマート社会に貢献する印刷産業-」を策定した。
これまで情報流通の基盤として多くの役割を果たしてきた印刷産業は、スマート社会に向け、次世代印刷産業へと進化し、変革を推し進める必要に迫られている。「業態の多様化」、「企業の差異化」による市場の棲み分け、需要の取り込みを目指し、個々の企業として、共同体として、印刷産業の目指すべき姿は何か、また、マネジメント力の強化により、いかに成長を図ることができるか、いくつかの事例をあげ検討を試みた。同セミナーでは、市場の分析と動向、および 展開事例をいくつか紹介する。
また、特別講演として、米国Google社やアマゾン、アップル等電子出版の世界的な動きや、日本の電子書籍普及政策の現状と方針および今後の展望について、総務省情報流通行政局情報流通振興課統括補佐・松田昇剛氏より話を聞く。

開催概要は次のとおり。
■ 開催日時
▽日時=3月21日13:30~16:30
▽会場=日本印刷会館 2階 大会議室
■ 受講料=会員・賛助会員5,000円(1名:資料代、消費税含む )、
一般参加者7,000円  (1名:資料代、消費税含む)
*受講料は、当日、現金にて支払う(領収書発行)。釣銭のないよう支払うこと。
*上記受講料には、当日の資料・(冊子)『-スマート社会に貢献する印刷産業-』(会員価格:1冊3,000円)代金を含む。
尚、冊子資料が不要な場合は、会員3,000円、一般5,000円が受講料となる。
締め切りは3月15日、定員150名に達し次第締め切る。
■内容
1.『印刷市場動向と印刷産業ビジョン』(60分)
講師:(社)日本印刷産業連合会 常務理事 草野 司朗
2.特別講演『電子書籍普及政策の現状と今後の展望』(50分)
講師:総務省情報流通行政局 情報流通振興課 統括補佐 松田 昇剛 氏
3.『スマート社会における印刷産業とビジネスモデル』(60分)
講師:(社)日本印刷産業連合会 市場調査部長 大島 渡