企業ニュース
Company news

トップ > 企業ニュース

企業ニュース一覧
1344件中 961~970件を表示

2016年04月20日
ZMP(東京都文京区、谷口恒社長)とSAPジャパン(東京都千代田区、福田譲社長)、凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)の3社は本日、物流支援ロボットおよびIoT(Internet of Things)技術を使った業務効率化ソリューションの提供を共同で推進していくことで合意した。  インダストリー4.0やIoT、ロボティクスへの注目が高まる現在、物流業界などにおいて、ICタグやセンサーなどICT技術を用いた生産・供給活動の自動化・最適化への動きが加速している。  3社による連携の第一弾として、ZMPが製造・販売する物流支援ロボット「CarriRo(キャリロ)」に、凸版印刷のRFIDシステムを搭載し、更にはSAPの基幹業務システムと連携させることで、在庫管理・工程管理における業務を効率化するソリューションの提供を推進する。具体的には、追従機能などが可能な台車型ロボット「CarriRo」にRFID読取装置を搭載し、さまざまなセンサーを通じて取得するデータを、基幹業務システムのSAP ERPおよびインメモリープラットフォームのSAP HANAとリアルタイムに連携させることにより、複数の在庫やアイテムの入出荷・検品作業を一括で即座に行えるだけでなく、検品ミス・誤配、省人化・省力化・労働力不足などの課題解決に貢献する。 ■ 提供するソリューション例 ・一括ピッキング 作業者は後ろから追従するCarriRoの荷台かごにアイテムを入れるだけで、一括で検品まで終了することが可能になります。これによりピッキング業務の効率化、検品ミス・誤配のリスクの低減に貢献する。 ・作業員誘導 CarriRoが受注伝票の情報を読み取り、そのアイテムの場所まで作業員を誘導する。これにより物流の現場で課題となっているアイテムを探す時間と労力の低減に貢献する。 ・無人在庫棚卸 CarriRoが自動で倉庫や物流センターの中を移動しながら人手を掛けずに在庫棚卸しを行うことが可能になります。これにより在庫棚卸業務の省人化・省力化に貢献する。 ・現場の見える化 CarriRoの様々なセンサーを通じて得られる作業者の移動距離、経路、稼働時間等のデータと在庫・ロケーション情報を組み合わせ、リアルタイムに分析することにより現場の業務効率改善やレイアウト変更のために必要な情報を得ることが可能になる。  ZMPとSAPジャパン、凸版印刷の3社は、2016年中に複数の企業に実証実験を通じこれらのソリューションの提供を開始する予定。 ≫ニュース全文を読む

2016年04月20日
 モリサワ(森澤彰彦社長)は、5月18日(水)から20日(金)まで東京ビッグサイトにて開催される「第7回教育ITソリューションEXPO(通称:EDIX)」に出展する。  同展では、グループ企業のタイプバンク(中村信昭社長)よりリリースされる「UDデジタル教科書体」を中心に、教育のあらゆる現場で活用が見込まれる教育向けフォント製品および各種ソリューションを展示する。  また、会期最終日の20日には、UDデジタル教科書体のリリース発表会を開催し、同書体の実験研究とエビデンスに協力した慶応義塾大学日吉・心理学教室の中野泰志教授による講演を行う。 ≫ニュース全文を読む

2016年04月20日
大日本印刷(DNP)は、生活者のメディア利用に関する傾向をまとめた「メディアバリューレポートVol.74 情報接触スタイル2016」を発行した。DNPは、毎年実施している定点調査の結果から、26の情報メディアに対する生活者の普段の利用頻度をもとにクラスター分析を行い、「情報接触スタイル」として発表してきた。最新の「情報接触スタイル2016」は、2015年10月に実施したDNPの調査結果を反映したもので、SNSや音楽・動画コンテンツなどを起点として情報メディアを利用する新しいスタイルの生活者「ネットコンテンツ派」が登場している。この「ネットコンテンツ派」を中心に、若い世代に広がりつつある情報との付き合い方やメディア利用の変化についてまとめた。 コンテンツの魅力に価値を置く「ネットコンテンツ派」 「情報接触スタイル2016」では、スマートフォンの利用率が高く、情報収集に利用するメディアの数が少ない「ネットコンテンツ派」が登場。未婚の20代男性が多い「ネットコンテンツ派」は、まず動画やゲーム、趣味の情報などの“コンテンツ”に魅力を感じ、それらを楽しむ手段として情報メディアを選択して活用している。 また「ネットコンテンツ派」は、動画共有サイト(携帯)の利用目的として、「自分の好きな情報を得る」を挙げた割合が他のクラスターよりも高い。「ネットコンテンツ派」は、自分が良いと思うことや好きな情報を共有し、分かり合える相手との共感が得られることを意識する傾向があり、トレンドなどの情報収集だけではなく、“好き” なことに重点を置いた情報との付き合い方が生まれている。 ○共感でつながる生活者とのコミュニケーション 「ネットコンテンツ派」は買い物においても、話題の商品や売れ筋の商品より、自分の感性に合い、自分になじみがある商品を選ぶ傾向がある。彼らの感性や好みに合わせて、商品やブランドとの出会いをつくっていくことが今後の彼らの消費を活性化させるきっかけとなる。 コンテンツへの共感を起点にした情報との付き合い方が広まることで、生活者の“好き”はより一層多様に枝分かれして深まっていく。そのようななかで企業には、それぞれの世界観や感性にフィットするように商品やメッセージの伝え方をアレンジし、きめ細かなコミュニケーションの企画・設計を行っていくことがますます求められる。 【メディアバリューレポートについて】 DNPは、生活者の情報メディア利用と購買行動の変化を調査・分析する「メディアバリュー研究」を2001年に開始し、テーマごとの調査・分析結果をまとめた「メディアバリューレポート」を隔月発行している。 ≫ニュース全文を読む

2016年04月20日
BookLive(東京都港区、淡野正社長)は、家族に限定して写真や動画を共有できる、容量無制限の無料アルバムアプリ「リコネ」の提供を開始した。 「リコネ」は、撮影した写真や動画を、夫婦の間だけでなく、お爺ちゃんやお婆ちゃん、家族全員に簡単に共有するのに最適な無料アルバムアプリサービス。 スマートフォンを所有していない、ご年配の方にもご利用頂けるよう、共有した写真や動画は、スマートフォンからだけでなく、パソコンからも簡単に閲覧可能。さらに、アップした写真や動画は月ごと自動で整理され、「いいね!」やコメントをして、家族間でコミュニケーションを取ることもできる。 リコネは、家族間のコミュニケーションの希薄化が進む昨今、新しい家族団欒のかたちをつくり、家族のコミュニケーションと笑顔を産むことを目的に開発された。 利用方法: 特徴: ① 招待された家族だけが見られる安心、安全なアルバム ② スマホだけでなく、パソコンでも閲覧できる ③ 容量無制限に、無料で写真や動画をアップロードできる ④ 写真や動画は、月ごとに自動で整理 ⑤ 写真や動画に「いいね!」やコメントができる ≫ニュース全文を読む

2016年04月19日
伊藤園(東京都渋谷区、本庄大介社長)と凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、日本製紙株式会社と協働して開発 した、リサイクルができる「アルミレス紙パック飲料容器」の開発で、第25回地球環境境大賞(フジサンケイグループ主催)の環境大臣賞を受賞した。  従来の紙パック飲料容器は、長期保存するために、容器の内側にアルミ箔を使用している。飲用後に容器をリサイクルするためには、紙とアルミ箔を分離しなければならず、その手間と分離の難しさから、リサイクルの仕組みが利用できず、廃棄されていた。  この課題を解決するため、2010年に伊藤園は、アルミ箔に代わる環境配慮型フィルムとして、当時、食品、化粧品類やトイレタリーなどの包装に使用されていた、凸版印刷株式会社製の透明ハイバリアフィルム「GLフィルム」に着目した。アルミ箔と同等レベルのバリア性を持つGLフィルムを紙パックに応用すれば、リサイクルが容易になることから開発を始めた。4年にわたる開発を経て、酸素透過性等で、従来製品とほぼ同等の品質保持性能を持つ本容器の開発に成功した。常温で長期保存可能な野菜飲料の紙パック飲料容器として初めて、牛乳などの紙パックと同じリサイクルの仕組みを利用することが可能となり、今回、環境負荷の低減につながるものとして評価された。  これからも環境に配慮した商品・サービスの提供を通じて、自然環境負荷の低減に貢献していく。 ≫ニュース全文を読む

2016年04月18日
太陽機械製作所(東京都大田区、岡倉登社長)は本社を4月27日に移転する。 新住所は次のとおり。 ■〒144-0041 東京都大田区羽田空港一丁目8番2号 羽田メンテナンスセンター4階 代表:TEL 03-6825-6127 FAX 03-5708-7607 総務部直通:TEL 03-6825-6121 FAX 03-5708-7604 技術部直通: TEL 03-6825-6125 FAX03-5708-7605 サービス部直通:TEL 03-6825-6126 FAX 03-5708-7606 ※東京モノレール 整備場駅 徒歩1分  京急空港線 天空橋駅 徒歩10分 ≫ニュース全文を読む

2016年04月18日
大日本印刷(DNP)と、DNPの100%子会社で、商業印刷物の企画・制作などを手がけるDNPメディアクリエイト(DMC)は、サンケイリビング新聞社と東京都交通局が協働して発行するタウン情報紙「大江戸リビング」と連動した都内の街歩き情報を配信する。 DNPとDMCは、「大江戸リビング」のコラム「YORIPと行く都営散歩」と連動した街歩き情報をスマートフォンアプリYORIPに配信する。提供する情報は、コラムで紹介した散策スポットのコース案内のほか、近隣のうまいもの店や歴史・文化にまつわるオリジナルの“よりみち”スポット情報など。生活者が散策中にYORIPアプリを起動して“よりみち”スポットに近づくと、GPS(全地球測位システム)機能によって“よりみち”情報が表示される。この“よりみち”お知らせ機能により、生活者は思いがけない発見や体験による感動を得ることができる。 「大江戸リビング」連動コンテンツの第一弾として、5月号(4月16日配布)と連動して「豊洲」「清澄白河」「築地~お台場」の計3つの散策コースの情報を配信する。今後、毎月1回、コンテンツを追加・更新する予定。 【「大江戸リビング」の概要】 「大江戸リビング」は、サンケイリビング新聞社が制作し、東京都交通局と協働して発行する情報紙です。都営地下鉄全線の駅構内など、訴求力の高いスペースに設置され、海外文化やスポーツ応援などの情報メディアとして無料で配布されている。また「海外文化を知るために、日本の文化をあらためて知る」をテーマに、おもてなし、和文化、日本についての広告・編集企画などを実施している。 体裁 :タブロイド判 オールカラー 全13段組 24ページ(固定) 発行:年6回発行の他、訪日外国人向けの特別号も発行 配布方法:大江戸線・浅草線・新宿線・三田線の都営地下鉄4路線・全103駅と都営荒川線営業所・都営バス営業所等にラック設置・配布 (ゆりかもめ、りんかい線、東京都関連施設、ホテルなどにも設置・配布) 発行部数:150,000部 読者ターゲット: 海外文化・和文化やスポーツに興味があるアクティブ層および都営線沿線で働く、住んでいる30~40代 【「DNP旅のよりみちアプリ YORIP」の使い方】 1. 旅行前 目的地や日程、「うまいもの店めぐり」「歴史と文化」などのテーマを選ぶと、お薦めの周遊コースが表示されます。気に入った周遊コースを選択すると、周遊プランが自動的に作成される。設定した同行者と、周遊プランの情報が共有できる。また、画面のリンクをクリックして旅行会社のウェブサイトへアクセスし、宿泊施設や交通機関の予約を行うことも可能。 2. 旅行中 アプリを立ち上げておくと、画面上に「よりみちしませんか?」というメッセージとともに、GPS(全地球測位システム)機能を利用した、近隣の観光スポットへの“よりみち”情報が表示される。 3. 旅行後 周遊プランと“よりみち”した観光スポットの情報が、“旅の思い出”として閲覧できます。旅行中と旅行後に観光スポットに対して投稿した感想は、同行者と共有できる。 【対応機種】 •iOS:iOS7以降のiPhone 5s/5c、iPhone 6/6 Plus、iPhone SE •Android:AndroidOS4.x以上のAndroidスマートフォン *一部機種では動作しない場合もある。 *アプリのダウンロードは無料。 現在YORIPでは、青森県の八戸広域8市町村、東京都の市谷・新宿などのコンテンツを配信している。DMCは、地方自治体、交通機関、旅行代理店、出版社などと連携して対応地域を広げるとともに、観光関連の団体や企業と本アプリ向けのコンテンツ配信を展開していく。 ≫ニュース全文を読む

2016年04月18日
「Truepress Jet520HD」で、小森が独占的に販売、SCREENが専門技術を提供  小森コーポレーションとSCREENホールディングスは、両社の欧州におけるグループ会社であるKomori International Europe B.V.とSCREEN GP Europe B.V.が、両社の営業部隊を効果的に統合する戦略的事業契約を締結したことを発表した。  この戦略的事業契約は小森コーポレーションとSCREENホールディングスの印刷関連機器事業会社であるSCREENグラフィックアンドプレシジョンソリューションズ(SCREEN GP)が、欧州における印刷業界の発展をより強力にサポートするための協力体制に合意したもので、2015年9月に開始した北米での事業協力に続く取り組みとなる。両社はこのほど、欧州地区の販売会社であるKomori International Europe B.V.(Komori Europe)とSCREEN GP Europe B.V.(SCREEN GP EUROPE)を通じて、ベルギー、フランス、ドイツ、イタリア、オランダ、および英国における販売提携契約を交わした。今後これらの地域では、Komori EuropeがSCREEN GPのロール式高速インクジェット印刷機「Truepress Jet520HD」を独占的に販売し、SCREEN GP Europeは、デジタル印刷に関する専門技術の提供などを通して、Komori Europeを全面的に支援していくことになる。  「Truepress Jet520HD」は、従来のインクジェット印刷の限界を超えたオフセット印刷に匹敵する優れた品質を実現しており、オンデマンド印刷の領域で、トナーベースのデジタル枚葉印刷では生産性や経済性が見合わないとされてきた新たな市場や媒体を拓くことが可能な装置。SCREEN GPが高速連帳インクジェット市場で10年にわたって蓄積してきた経験とノウハウに基づく、用紙搬送、乾燥手法、プリントヘッド、高色域インクなどの先端技術を搭載していることから、森コーポレーションの高性能オフセット印刷機のラインアップを補完し、顧客の少部数印刷の需要に柔軟に対応して行くものと考えられている。  両社は、北米市場に加え欧州市場においても販売協力体制を実現したことにより、デジタル印刷機およびオフセット印刷機の販売台数を伸ばし、相互のマーケットシェアの拡大を図ることになる。今後も、このような関係を発展させ、印刷業界のさらなる成長に貢献するため、顧客との“ウィンウィン”の関係の構築に尽力していきたいとしている。 小森コーポレーション 取締役兼常務執行役員 営業統括本部 統括本部長 斎藤一徳氏は次のように語っている。 「この戦略的事業契約は、先の米国における同契約締結に続くもので、小森コーポレーションとSCREEN GPの両社にとって大変すばらしい組み合わせとなりました。SCREEN GPの販売チャンネルと当社の欧州販売チームが合流することによって、オフセット印刷機とデジタル印刷機の販売戦略に相乗効果が期待できます。なにより重要なのは両社が持つ専門的な知見を融合することによって我々の顧客にベストなソリューションが提供できるようになることだと考えます。」 ≫ニュース全文を読む

2016年04月18日
 凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)が運営する国内最大級の電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」は、訪日外国人向けの買い物情報サービスである「Shufoo!インバウンドサービス」を2016年3月8日より提供開始している。今回、サービスの利用拡大のため、国内外の訪日外国人向けサービスと提携を開始。その第一弾として、日本国内の訪日外国人向けサービスである、エキサイト(東京都港区、今川聖社長) の繁体字インバウンドメディア「Japaholic(ジャパホリック)」など3社に対し、チラシをはじめとする日本の買い物情報の提供を、2016年4月18日より順次開始する。  「Shufoo!インバウンドサービス」は、チラシを配信する仕組みを活用して、訪日前および訪日中の中国語圏(台湾、香港、中国等)からの旅行者に対して、家電量販店、ドラッグストア、スーパーを中心とした流通企業のチラシをはじめとする買い物情報を届けるサービス。チラシは普段から日本人が利用する信頼度・鮮度が高い買い物情報として、主に日本語のものをそのまま使用する。一方で、検索導線や店舗情報、地図、経路案内を多言語化し、英語、中国語(簡体字/繁体字)に対応することで、訪日外国人が日本の買い物情報に容易にアクセスできる環境を提供している。  今回、提携企業のサービスに、チラシをはじめとする日本の買い物情報を提供し、各サービスのユーザーが「Shufoo!インバウンドサービス」と同等の情報を閲覧できる環境を作ることで、延べ250万人にリーチが可能となり、流通企業からお預かりしたコンテンツの価値向上と訪日外国人の集客を支援する。また、信頼性と鮮度の高い情報提供により提携企業のサービス拡充と活性化を支援する。 ≫ニュース全文を読む

2016年04月15日
 金羊社(東京都大田区鵜の木、浅野健社長)では5月13日(金)と14日(土)の二日間、同社で「印刷のいろはフェスタ2016」を開催する。13日12:00~19:00、14日10:00~17:00、入場無料。当日のスケジュールは調整中。  今年のフェスタは、印刷工場体験ツアー(4階)、色並べゲーム&色算数(4階)、フォント作成体験(3階)協力:モリサワ、くろがみ工作所(2階)、活版実演(1階)、蛍光ワールド(4階)、ワールドライブラリー(4階)、デジタル工場ツアー(1階)、いろはマーケット(1階)で、今年はスタンプラリーを行う。また、限定アイテムも用意されている。  印刷工場体験ツアーでは、印刷工場が鵜の木にやってきた!?金羊社4階に、御殿場工場が出現。紙製CDジャケットを製造する。断裁→印刷→加工の工程を実際に体験しながら、学んで、作れるアトラクションだ。そして最後に記念撮影を撮る。あなたも金羊社の御殿場工場の一員になろう。協力:印刷加工連、熊沢印刷工芸。  毎年恒例のいろはマーケットでは、いろはフェスタ来場の記念にあなたの写真をその場で撮影し、その場で印刷するオリジナルペットボトルを作成。限定500本。この他、一番人気のあんぱんやお菓子、陶器に入った多肉植物もある。  そして、クリエイターの個性的なグッズがすらりと並び、見たり聞いたりしてショッピングを楽しもう。  このフェスタは 大人から子供まで楽しめる。 ≫ニュース全文を読む