企業ニュース
Company news

トップ > 企業ニュース

企業ニュース一覧
1133件中 951~960件を表示

2015年11月19日
三越伊勢丹ホールディングス(三越伊勢丹、大西 洋社長)と凸版印刷(金子眞吾社長)は、三越伊勢丹グループの多言語検索と翻訳を一元化し情報発信をよりスムーズに行える「マルチランゲージセンター」を共同で構築。訪日観光客向けサービスの向上をめざし、伊勢丹新宿本店、三越日本橋本店、三越銀座店にて2015年12月より運用を開始、全国に順次拡大を図る。なお対応言語は、英語、中国語(簡体字、繁体字)、韓国語の4言語からスタートし、今後他の言語にも拡大を検討していく。  生活者の多様化や訪日外国人数の増加など、流通・百貨店業界では多様な顧客に対し、的確な情報をいかに伝えるかということが課題となっている。  三越伊勢丹では企業メッセージ「this is japan.」を掲げ、世界中のお客さまに商品から販売サービスにいたるまで、日本の良さを提案している。その一環で日本らしいおもてなしを提供するため、グループ各社の店舗や宣伝、広告、Webなどで多言語での情報発信をする機会が急増している。しかしながら、翻訳などの対応は各部署で個別に行なっているため、「外国語表記の統一が不十分」、「フロアや催し物の名称が顧客に伝わりにくい」など、多くの課題があった。  一方凸版印刷では、このような企業の多言語化課題に対応するため、国立研究開発法人情報通信研究機構(以下 NICT)との共同研究の成果に基づき開発した、翻訳品質を大幅に向上させる翻訳支援システム「SupporTra(サポートラ)」をベースに多言語化周辺の各種サービスを提供してきた。  これらの背景をふまえ、三越伊勢丹と凸版印刷は、このたび、訪日観光客向けサービスの向上を目指し、「SupporTra」システムを活用した、「マルチランゲージセンター」を共同で構築。三越伊勢丹で使用する外国語表記をクラウド上で一元管理する。 ≫ニュース全文を読む

2015年11月17日
凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、金融機関の口座開設やクレジットカード、ポイントカードなどをペーパーレスで 申込受付できるシステム「SpeedEntry plus(スピードエントリープラス)」を開発、提供している。  このたび、ジャルカード(東京都品川区、岡田祐二社長)が発行するクレジットカード「JALカード」の申込受付において、タブレット端末でのタッチペンによるデジタル申込システムの提供を、2015年11月11日に成田国際空港をはじめとして、順次全国の空港で開始する。  従来、空港でJALカードを申し込むには、カード申込者が所定の申込書にその場で必要事項を記入して係員に手渡しするか、受け取った申込書に必要事項を記入して郵送するなど、その作業に時間と負荷がかかっていた。  今回、ジャルカードは「SpeedEntry plus」を導入したことにより、カード申込者に対し、タブレット端末上のタッチペン操作による選択入力と、文字認識エンジンに対応した手書き文字入力を行うだけで、カード申込手続きがその場で完了。迷わずミスなく入力できるインタフェースと入力補助機能により、申込手続きを約10分に短縮できる。また、従来の手書きによる申込書では必要だった記入不備確認が不要なだけでなく、タブレット端末から顧客情報をジャルカードが管理する会員システムへ直接登録できるため、業務負荷も改善される。 ■ 「SpeedEntry plus」が採用された、JALカード申込受付システムの特長 ・申込手続きが空港で完結 タブレット端末への入力により申込受付が空港で完結。申し込みに必要な情報の手書き記入や、後日の郵送などといった申込者の負荷を軽減できる。 ・申込にかかる手続きの負荷を軽減 「SpeedEntry plus」は凸版印刷のデザイン力と見やすさの知見を活かしたシステムで、誰にでも使いやすい画面デザインや申込者が迷わずミスなく入力できる画面遷移・入力インタフェースと、フリガナ予測変換などの入力負荷を軽減する機能により、約10分で申込手続きが完了できる。 ・ペーパーレス申込により、事務効率負荷とコスト低減を実現 タブレット端末上のタッチペンによるデジタル入力のため、ジャルカードは入力不備の確認や郵送プロセス、エントリー業務を削減することができ、コストの低減を実現する。 ≫ニュース全文を読む

2015年11月17日
 プリントパック(京都府向日市)はこのほど、毎年好評を得ている年賀状専門店「プリントパックde年賀状印刷」(http://www.printpac.co.jp/nenga/)をオープンさせた。  今年は、1500種類以上のデザイン(テンプレート)から好きなデザインが選べ、さらに好評を得ている宛名印刷も今年は早割価格で48件の宛名印刷込みで3720円(送料・税込)。しかも、お年玉付き年賀はがき代も込みといった必要な費用が全て含まれたコミコミ価格となっている。  はがきの種類には、お年玉付き年賀はがきのほか、筆記性に優れた「普通紙はがき」や強い光沢感で写真が入るデザインなどにお薦めの「最高級光沢紙はがき」、「光沢紙はがき」「高級光沢紙」「高級半光沢紙」など、好みに合わせて選ぶことができる。  最短2ステップで簡単にデザイン作成ができるようになっており、お好みのデザインを選べば、後は差出人の情報と挨拶文を決めるだけ。意外と迷うことの多い挨拶文も事例を用意しているため、簡単に作成できる。  また、今年は13人のクリエイターが同社のために書き下ろしたオリジナル年賀状を200点以上用意。個性あふれるイラストから遊び心あるユニークな年賀状まで、プリントパック限定のデザインを数多く用意している。  さらに、昨年人気のあった「ご当地キャラクター年賀状」も大幅バージョンアップ。今年は某グランプリで上位(11月9日時点)を占めるキャラクターが勢揃いしている。  昨年・一昨年の優勝キャラ「ぐんまちゃん」「さのまる」をはじめ、個性豊かなかわいいキャラクター年賀状も用意されている。  このほかにも、「箔入り年賀状」「ビジネス年賀状」「フルカラー年賀状」「喪中はがき」「クリスマスカード」といった商品も取り揃えている。  一方で、デザインを選ぶだけでなく、発注者側で制作したデータで作る年賀状もどこよりも安い価格で提供している。 プリントパックde年賀状印刷のサイト ≫ニュース全文を読む

2015年11月16日
東北地区印刷協議会(藤井治夫会長)、デザイングランプリTOHOKU実行委員会(藤井治夫会長)は第16回デザイングランプリTOHOKU2015を12月18日から20日の3日間、仙台メディアテーク 5階ギャラリーで開催する。今回のテーマは、「!」雨垂れ・感嘆符 エクスクラメーションマーク ビックリマーク」。 11月17日12時30分より16時30分まで(予定)、公開審査のWeb配信を宮城県印刷会館で行う。審査状況は宮城県印刷工業組合のホームページから見ることができる。  配信スケジュールは次のとおり(予定)。 ■12:30 公開審査に関するお知らせ ■12:40 オーディエンス大賞投票風景 ■13:30 ・主催者挨拶      ・審査員紹介 ■13:40 高校→一般→学生      各部門入賞候補作品絞り込み開始  「デザイングランプリTOHOKU」は、プロのデザイナーとプロを目指している専門学校・高専・大学生を大賞に、グラフィックデザインの作品コンペを通して、互いのデザインの向上を目的とするもの。同時に、将来性のあるデザイナー育成の登竜門として位置づけており、印刷産業界とデザイン関連業界の活性化を支援する。  企業デザイナーおよび東北・首都圏・全国のデザインおよび芸術学科のある専門学校・高等専門学校・大学生を対象にグラフィックデザイン作品を募集し、優秀な作品を称え、会期中会場に展示する。 ≫ニュース全文を読む

2015年11月16日
光村印刷(東京都品川区)は本社1階の展示スペース“光村グラフィック・ギャラリー(MGG)”にて、「もじにぎり展」を11月30日から12月19日まで開催する。入場料は無料。  同展では、寿司という日本が生んだコンテンツをもっともっとエンターテインメント性という視点で広げられるように、〈もじにぎり〉をアートディレクターの小杉幸一、〈小説にぎり〉をコピーライターの渡辺潤平、〈映像にぎり〉をEDP graphic worksで、新たな寿司ワールドを広げていく。  写真からは感じられない、寿司の新しい〈シズル〉表現を感じさせることも目指して、広告や映像業界で活躍する三者がタッグを組む。寿司というトラッドな存在を多面的に和ポップに表現する同展を楽しもう。  ※「もじにぎり」とは?  ダイヤモンド社ハーバード・ビジネス・レビュー・オンラインにて連載の、中野里陽平(築地玉寿司4代目)社長×小杉幸一(アートディレクター)により「クリエイターの提案は経営者に響くか」という対談から生まれた。「つきじたまずし」の文字をイラスト化したシンボルマークの考え方をベースに、文字で寿司を握ってみようという試み。 「MGM」は、芸術を中心に人々が集いコミュニケーションできるスペース創りを目的とし、1997年に開設した。以来継続して、グラフィックや写真等の芸術文化の情報発信スペースとして使用している。 ≫ニュース全文を読む

2015年11月16日
凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、チラシ・カタログ向けの商品撮影や、人がふれ合った瞬間に写真を撮影するサービス「LoveCamera(ラブカメラ)」など、各種フォトサービスをメーカーや店舗、商業施設などに提供している。  このたび、海遊館(大阪府大阪市、三輪年社長)が「EXPOCITY」(大阪府吹田市万博公園)に2015年11月19日(木)にオー プンする、「生きているミュージアム『NIFREL(ニフレル)』」の来館者向けサービスとして、凸版印刷のフォトサービスが採用された。  「NIFREL」は、水族館、動物園、美術館のジャンルを超えて、まるでアートを楽しむかのように、生きものや自然の魅力を直感的に、より身近に楽しめる工夫を凝らした施設。  「LoveCamera」は、人が「手をつなぐ」、「肩を組む」、「抱き合う」などして肌と肌がふれ合った瞬間を、デジタルサイネージのカメラが自動的に撮影する体験型デジタルサイネージシステム。2つのグリップをそれぞれが手に持ち、お互いにふれたときに流れる微弱な電流を感知、デジタルサイネージのカメラに連携して、写真撮影のシャッターを切る仕組み。今回採用された「NIFREL」の来場サービスでは、「ニフレルカメラ」と称し、背景に流れる動画の好きなタイミングで記念撮影できる。また、1964年に大阪大学で出土した巨大ワニ「マチカネワニ」が壁から突き出た原寸大レプリカの前で、カメラマンによる記念撮影「マチカネカメラ」も実施。これらの写真データは、場内に設置されたプリント端末で確認でき、気に入った写真はその場で購入できる。   ≫ニュース全文を読む

2015年11月13日
 コトブキ企画(大阪市北区)は、東京・大阪地区においてデジタルブック作成システム「meclib」の最新バージョンの機能や活用法を紹介するセミナーを開催する。  同システムは、同社が発売から12年目を迎えるデジタルブック作成システム「My PAGE View」の後継製品。  タブレットをはじめとした高度なマルチデバイス対応や根幹となるデジタルブック作成システムの基本機能の強化に留まらず、動的コンテンツとの連動や版管理機能、ライブラリー機能の強化など、さまざまな要素を根底から見直したもの。  最新バージョンでは、動画やスライドショーなど、動的なコンテンツを紙面内に配置する別タブ・ウインドウで展開するといった従来バージョンの機能に加え、ポップアップでコンテンツを表示する「ポップアップ機能」が追加された。  ■セミナー開催概要は次の通り。  ▽テーマ=最新デジタルブック「meclib」の新機能を徹底紹介!  【大阪開催】  ▽日時=12月4日(金)、午後2時~3時30分  ▽場所=梅田センタービル16階会議室G(大阪市北区中崎西2ノ4ノ12)  【東京開催】  ▽ 日時=12月11日(金)、午後2時~3時30分  ▽場所=ハロー貸会議室新橋Room G(東京都港区新橋2ノ16ノ1 ニュー新橋ビル8階)  ▽参加費=無料(事前登録制)  ▽参加人数=定員20人(先着順、1社につき3人まで)  ▽対象企業=My PAGE View・meclibを利用ユーザー、meclibの導入を検討中のユーザー(競合ならびに競合関係会社からの申し込みは断わる場合がある)。  問い合わせは同社Webビジネス部営業課、電話06(6372)5669もしくは03(5251)0025まで。 セミナー開催概要はこちら ≫ニュース全文を読む

2015年11月13日
 凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)が運営する国内最大級の電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」は、「電子チラシ」を配信する仕組みを活用して、都道府県および市区町村などの自治体が、生活者にマイナンバー制度に関する情報配信を行う際に活用できる「マイナンバー告知特別プラン」を開発。2015年11月13日より本格的な販売を開始する。  「Shufoo!」が持つ郵便番号単位でユーザーに情報を配信できる特性を活かして、市区町村ごとに異なっている個人番号カードの交付申請や、カードの受け取り方法などの告知を可能とすることで、各自治体の情報発信をサポートする。    「Shufoo!」は地域に根ざした買い物情報をはじめとする生活情報を、毎日PUSH配信で、ユーザーに届けている。2015年10月末時点で、月間ページビュー数は約2億1千万、月間690万のユニークユーザーが利用している。スーパーやドラッグストアをはじめとする流通企業などのチラシの配信に加え、自治体の広報誌や政党や選挙管理委員会に対して「電子チラシ」サービスを提供。従来からの買い物情報の配信に加え、公共・くらし情報の配信にも対応している。  今回、新たに開始されるマイナンバー制度では、様々な場面で個人認証としての活用により利便性が増すことが想定されているが、一方で、生活者の個人番号カードの申請からカード受け取り方法まで、必要な手続きに対する理解が進んでおらず、また手続き方法が自治体ごとに異なることから、各自治体の間で、住民向けに情報発信する手法へのニーズが高まっている。  「マイナンバー告知特別プラン」では、郵便番号単位でユーザーに情報を配信できる「Shufoo!」の特性を活かして、市区町村別に異なる個人番号カードの交付申請やカードの受け取り方法などの告知を可能とすることで、各自治体の情報発信をサポートする。             ■ 「マイナンバー告知特別プラン」の特長 ・20~40代の主婦層への情報到達が可能。さらに買い物情報などの他の電子チラシと一緒に届くことで閲覧機会が拡大 ・新聞非購読層への情報到達が可能 ・市区町村別の配信が可能 。さらに希望の場合は、自治体圏内外へのPUSH配信も可能 ■ 価格 基本費用 10万円 1)基本費用に含まれる内容 ・配信回数:10回(3ヶ月以内) ・告知チラシは5パターンまで配信可能 ・リンクは、1チラシあたり4箇所まで設定可能 ・1配信(1回)毎にアクセス集計レポートを提出 2)オプション ・コールセンターなどの電話番号を記載し、発信機能を利用して電子チラシから直接電話で問い合せ可能  (スマートフォンアプリのみ、1電話番号あたり 約3万円) ≫ニュース全文を読む

2015年11月13日
大日本印刷(DNP)の子会社のライフスケープマーケティング(LiSM)は、生活者の食卓の消費実態等のデータを収集・分析してマーケティングデータとして提供する「食MAP」において、10月以降、シニア層のデータ提供サービスを拡充していく。 今回、これまで20~64歳だったモニター対象者に65~69歳の人を追加し、調査世帯も360世帯から400世帯に増やす。これにより65~69歳のシニア層の食卓データの提供が可能となり、各企業は高齢者向け商品の開発などに活用できるようになる。 またDNPは、今回のシニア層データも活用して、流通企業の年間のMD(merchandising)計画からチラシ作成などのマーケティング・販促支援サービスを提供する。 【開発の背景と新サービスの概要】 少子・高齢化にともない、日本の65歳以上は3,296万人と、総人口の約25%を占めるまでになり(2014年 総務省統計局調べ)、今後もシニア層の増加が見込まれている。そのなかで、シニア層向け商品の開発を効果的に行うため、シニア層が実際の食卓で何をどのように食べているかなどのデータをマーケティングに活かしたいという、食品・飲料メーカーのニーズが高まっている。 「食MAP」では、誰が・どのような食品を購入し、いつ・どのように調理して食べるかという情報を日々収集しており、食卓のメニューや材料をマーケティング情報としてデータベース化している。商品開発などを行う際の判断材料や販売促進の資料として、多くの食品メーカーや流通企業に利用されており、高い評価を得ている。今回、65~69歳のモニターを追加し、シニア層の食卓データを活用できるサービスを10月に開始する。 現行 新サービス 調査地域 首都圏30Km圏内 首都圏30Km圏内 対象世帯 有配偶の2人以上世帯 有配偶の2人以上世帯 モニター対象年齢 20歳~64歳 20歳~69歳 世帯数        360世帯           400世帯 ※モニターは、国勢調査の年代構成比に合わせている。 ≫ニュース全文を読む

2015年11月12日
大日本印刷(DNP、北島義俊社長)は、「DNP集客アプリ作成サービス PASSMART(パスマート)」に、アプリのユーザーの来店回数に応じて、割引や景品等のクーポンと引き換えられる“チェックイン機能”を追加した。また、英語、中国語、韓国語、ヒンディー語、アラビア語などのさまざまな言語に対応可能とし、訪日外国人向けの機能も強化した。 PASSPARTは、O2O(Online to Offline:ネットサービスによる来店促進)サービスに必要な各種機能を提供するクラウド型のプラットフォーム。 DNPは、O2Oサービスによって集客増を図りたい店舗や企業に対し、簡単な設定でスマートフォン用アプリの作成や運用に必要なサーバーが利用できるクラウド型プラットフォーム「PASSMART」を2013年11月から提供している。同サービスは、比較的短期間・低コストでスマートフォン向けO2Oサービスが導入できることから、既にスーパーマーケット、ドラッグストア、飲食店、レジャー施設などを運営する多数の企業で採用されている。また、2014年4月にはネットチラシをアプリに配信できる機能を追加し、同年11月には、ポイントサービスとの連携機能とWebサイト上でのアンケート実施機能を追加するなど、利便性の向上を進めている。 今回、店舗や企業からのニーズが高い、来店回数に応じたサービスが提供できるチェックイン機能を追加したほか、多言語対応による訪日外国人用アプリの制作も可能となった。 【新機能の概要】 <チェックイン機能> 店舗のアプリを使用している生活者が来店すると、来店ポイント付与や来店回数に応じた割引や景品等のクーポンと引き換えられる機能。来店したことを確認するチェックインの方法は、GPS(全地球測位システム)やBeacon(発信機)の位置情報から自動的に行う方法と、二次元コードを読み取る方法から、ユーザーが選択することができる。チェックインが成功すると、お得な情報やポイントやクーポンなどが配信される。 <多言語対応> 英語、中国語、韓国語、ヒンディー語、アラビア語などさまざまな言語のアプリが作成できる。日本に長期滞在して常時アプリを利用する外国人だけでなく、インバウンド対応として一定期間だけ日本の店舗を利用する訪日外国人などに対しても、チェックイン機能を利用したイベントなどを展開できる。 ※多言語対応の場合、1言語につき1アプリを作成する。 【価格(税抜き)】 <PASSMART スタンダードプラン> 初期費用 150万円~、月額利用料 30万円~ ※初期費用、月額利用料は、会員規模に応じて段階的に変動する。 ※スタンダードプランは、ニュース配信、デジタルクーポン発行、クーポンを保存するPASSBOX、デジタル会員証、アプリ内ブラウザ、利用ログダウンロードなどの機能が利用できる。 ※2016年3月31日までは、チェックイン機能を無償で利用できる。 ※オプション(プッシュ通知、ネットチラシ、ポイント連携、アンケート連携機能)を利用の場合は別途費用が発生する。 ≫ニュース全文を読む