企業ニュース
Company news

トップ > 企業ニュース

企業ニュース一覧
1032件中 21~30件を表示

2017年09月11日
トッパン・フォームズ(東京都港区、坂田 甲一社長 以下、トッパンフォームズ)とヤマトホールディングス傘下のヤマト運輸(東京都中央区、長尾 裕社長)は、第19 回自動認識システム大賞で「大賞」を受賞した。 2017 年2 月に開催された冬季アジア札幌大会にて、ヤマト運輸は海外の選手団が手ぶらで出国ができる手荷物輸送サービス(*1)を提供しました。混雑・混乱なく航空会社へ迅速かつ確実な手荷物の受け渡しを行ったことがフライト遅延ゼロにつながり、アスリートファーストを実現した。 (*1)同輸送サービスは、ヤマトホールディングスにより特許出願中。 【自動認識システム大賞とは】 自動認識技術やシステムの発展と普及・啓発を目的として、先進的かつその効果が極めて顕著な自動認識関連の技術やシステムを一般社団法人日本自動認識システム協会が表彰するもので、今回で19 回を迎える。 【受賞内容】 1.審査結果 :大賞 2.申請テーマ :ヤマト運輸が提供する「手ぶらチェックインサービス」におけるRFID の活用 3.サービス概要: 選手の帰国が集中することで、空港での手荷物受け渡しによる混雑やフライト遅延の発生について課題を抱えていた大会組織委員会に対し、人と手荷物の導線を分けた手荷物輸送サービスを提供した。RFID を活用し、選手・手荷物の空港到着ログをそれぞれ取得することで、空港への到着確認がとれた選手の手荷物から航空会社に受け渡しを実施。これにより空港の混雑緩和とフライト遅延ゼロへの貢献、選手が重たい大量の手荷物を持って空港でチェックインをするという手間やストレスを軽減した。 なお受賞内容の詳細については9 月13 日~15 日に東京ビッグサイトで開催される「第19回自動認識総合展(主催:日本自動認識システム協会)」の主催者ブースにて展示される予定。 ≫ニュース全文を読む

2017年09月11日
 凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、世界的に権威のある社会的責任投資(※1)指標である「Dow Jones Sustainability Indices(DJSI) World Index」(以下、DJSI World)の構成銘柄に今回初めて選定された。  DJSI world は、米国のS&P Dow Jones社と、スイスのRobeco SAM 社が共同開発した株式指標。経済・環境・社会の3つの側面から企業活動を分析し、持続可能性(サステナビリティ)に優れた企業を銘柄として選定している。2017年度は調査対象として選ばれた、世界大手企業約3,200社から320社(うち 日本企業31社)が選定されており、今回凸版印刷は、所属する「Commercial &Professional Services」分野において、日本企業では唯一の選出となった。 ■凸版印刷のSRI指標での評価について  凸版印刷は、今回選定された「DJSI World」のほか、「MSCI Global Sustainability Indexes」、 「FTSE 4Good Index」「FTSE Blossom Japan Index」、「Ethibel EXCELLENCE Investment Register」、など世界的なSRI指標の構成銘柄にも選定されている。 ■凸版印刷のCSRへの取り組み  凸版印刷は、「健康・ライフサイエンス」「教育・文化交流」「都市空間・モビリティ」「エネルギー・食糧資源」を新たな成長領域と位置づけ、社会的課題を認識し、その解決に向けて取り組んでいる。凸版印刷のCSR活動は「国連グローバル・コンパクト」を原則、「ISO26000」を指針、新たに「SDGs(持続可能な開発目標)」を目標として取り入れ、ステークホルダーとともに、社会的価値創造企業になることを目指し、持続可能な社会の実現に向けて貢献していく。 ≫ニュース全文を読む

2017年09月11日
凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、流通店舗向けに商品情報を管理する低価格ICタグ「SMARTICS-U(スマーティクス・ユー)」を開発、1枚約5円という低価格を実現した。凸版印刷は同製品を、従来提供しているクラウド型統合ID認証サービス「ID-NEX(アイディーネックス)」と組み合わせた商品トレーサビリティ管理サービスとして、2017年9月中旬から提供を開始する。  「SMARTICS-U」は、凸版印刷が開発した低価格ICタグ。クラウド型統合ID認証サービス「ID-NEX」と組み合わせることで、店頭での在庫管理、個品レベルでの商品トレーサビリティ、棚卸し作業の効率化など商品のライフサイクルをトータルに管理できる。また、循環資材管理や真贋判定、顧客満足度向上などのアプリケーションも標準装備し、クラウドでサービス提供を行うため、初期コストや導入負荷を低減できる。  なお同サービスは、2017 年9 月13 日(水)から15 日(金)に開催される「第19回自動認識総合展」(会場:東京ビッグサイト)のトッパンブースにて紹介する。 ■ 「ID-NEX」の特長 ・流通店舗での利用に最適な機能をパッケージ化 商品に紐づいた顧客向けキャンペーン管理や店頭での在庫管理、個品レベルでの商品トレーサビリティ、棚卸し作業の効率化など、流通店舗向けの機能をパッケージ化。導入負荷を軽減できる。 ・管理ID 数が少ない小規模案件から数億の大規模案件まで幅広く対応 同サービスのID 管理にはアマゾン ウェブ サービスの提供するマネージドサービスを採用。多くのID を必要としない小規模案件から数億単位でのID が必要な大規模案件まで幅広い対応が可能。 ・クラウドサービスにより、初期コストの低減、導入期間の短縮が可能 同サービスはクラウドで提供されるため、初期費用や導入負荷を低減できる。 ・蓄積されたデータをビッグデータとしてマーケティングなどに活用可能 ID を読み取ることでサーバに蓄積されたデータは、ビッグデータとして分析することで、顧客のニーズに合ったサービスの展開が可能。 ■ 価格 ・SMARTICS-U: 5円台 (※1億枚ロットの場合) ・ID-NEX: 初期費用:約100万円~ (※ICタグ、ハード、初期導入作業費は除く) 月額費用:9.9万円~ (※各種オプションは別途。仕様により別途見積) ■ 今後の目標  凸版印刷は、ICタグを商品製造工程から貼付する「ソースタギング」を実現する関連機器の提供も含め、本サービスを流通・メーカーの商品管理サービスとして拡販。2020 年に関連受注を含め約20億円の売上を目指す。また同サービス向けの低価格IC タグについて、さらなる低価格化の実現に向け、開発を進めていく。 ≫ニュース全文を読む

2017年09月11日
大日本印刷(DNP)グループのDNP Imagingcomm Europe B.V.は、9月25~28日にベルギーのブリュッセルで開催される、ラベル印刷およびパッケージ印刷の世界最大規模の展示会「LABEL EXPO EUROPE 2017」に、印字用の溶融型熱転写製品(インクリボン)の新製品を出品する。 DNPは、物流管理や製品管理などで使用されるラベルへのバーコード印字や、食品包材への日付やロット番号の印字などに使われるサーマルプリンター用インクリボンを製造・販売している。今回、新製品を含めた各種製品を出品し、ユーザーの用途に応じた製品紹介を行う。 DNPの出展ブースナンバーは6A13。 【今回展示する新製品】 ○R550 (超高耐久レジンリボン) 高精細でシャープな印字が可能で、高解像度の印字に適している。 耐溶剤性・耐擦過性・耐熱性が高く、また幅広い種類の高耐久性ラベルに対して印字が可能。 ○M295HD (包材印字用ワックスレジンリボン) LDPE(低密度ポリエチレン)、HDPE(高密度ポリエチレン)、PET等の包材に対して、高速印字対応と高濃度印字を同時に実現する。 ■LABEL EXPO 2017について 世界最大規模のラベル印刷およびパッケージ印刷に関する展示会で、プリンター、高機能ラベル・包装材料、加工機器、インク、RFID、ソフトウエア等のメーカーやサプライヤーが出展している。 会期 2017年9月25日~28日 会場 Brussels Expo (1 Place de Belgique / Belgiëplein 1, 1020 Brussels) 主催者 Tarsus Group 来場者数 参考実績35,739人 (Label Expo Europe 2015) URL http://www.labelexpo-europe.com/ ≫ニュース全文を読む

2017年09月11日
不二印刷株式会社(井戸剛社長)は、同社グループの新たな企業イメージの構築と社業のさらなる発展を期して10月1日に社名を不二印刷株式会社が「株式会社フジプラス」へ、株式会社フジプラスを「株式会社フジプラス・ワン」に変更する。 また、不二印刷株式会社東京支店を9月19日に次の住所に移転する。 〒141―0032 東京都品川区大崎4ノ1ノ2 ウィン第2五反田ビル3階、電話03(6420)3177、ファクシミリ03(3779)2677 ≫ニュース全文を読む

2017年09月08日
凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、最先端デジタル技術を活用し、関東大震災で焼失した葛飾北斎の大絵馬「須佐之男命厄神退治之図(すさのおのみこと やくじん たいじのず)」(以下 大絵馬)を、残された白黒写真から原寸大で推定復元する墨田区のプロジェクトに、2016年に参画した。  このたび凸版印刷は、推定復元時のデータを活用し、大絵馬に描かれた世界を読み解くデジタル大絵馬コンテンツを製作しました。牛嶋神社(所在地:東京都墨田区)御鎮座1160年大祭を記念し、2017年9月15日(金)から9月17日(日)まで、同神社の本殿にて開催される同コンテンツの上映イベント(主催:すみだ北斎美術館)で初公開する。  デジタル大絵馬『スサノオとヤクジン』は、大絵馬とそこに描かれた世界をデジタルで鑑賞できるコンテンツ。牛嶋神社本殿内の、焼失前に大絵馬が掲げられていたと考えられる位置に、4K解像度デジタルプロジェクションを用いて同コンテンツを原寸大で投影。タブレット端末を操作することで、絵がダイナミックに動き出し、作品から着想された世界観を表現する。また、須佐之男命や厄神をタッチすれば、それぞれの絵に関する解説が表示される。焼失前の様子の再現を鑑賞できるだけでなく、デジタルならではの切り口で、大絵馬の世界を楽しみながらより深く理解できる。  公開期間中には、凸版印刷の推定復元プロジェクトリーダーが同コンテンツを用いて、トークイベントを実施。大絵馬の推定復元や描かれた世界について解説を行う。  凸版印刷は今後も、デジタル技術を活用し、貴重な文化財の次世代への継承に貢献するとともに、観光資源として提供できる「デジタル文化財」の開発を推進していく。 ■ 今回製作したデジタル大絵馬コンテンツについて ・4K解像度で大絵馬を再現 焼失前に大絵馬が掲げられていたと考えられる位置に、4K解像度デジタルプロジェクションを用いて同コンテンツを原寸大で投影することで、焼失前の様子の再現を鑑賞できる。また、他の施設などでも場所を選ばず大絵馬を再現できる。 ・動き出す大絵馬で作品の世界観を表現 タブレット端末を操作することで、絵がダイナミックに動き出す。デジタルならではの切り口で、作品から着想された世界観を表現する。 ・大絵馬の解説を表示 須佐之男命や厄神をタッチすれば、それぞれの絵に関する解説が表示され、作品の世界をより詳しく理解できる。 ■ 牛嶋神社御鎮座1160年大祭記念「須佐之男命厄神退治之図」上映イベント   日時: 2017年9月15日(金)~17日(日) 18:00~21:00        トークイベント 各日 18:30~、19:30~、20:30~ (各回15分程度)   主催: すみだ北斎美術館   企画: 凸版印刷株式会社   会場: 牛嶋神社本殿内(東京都墨田区向島1丁目4-5)   料金: 無料   ※会場内混雑状況により、入場を制限する場合がある。 ≫ニュース全文を読む

2017年09月06日
大日本印刷(DNP)が事務局を務め、ICカードを使った企業内セキュリティシステムの構築を推進する企業連合であるSSFC*は、既存の企業オフィスの基盤を活かし、テレワークやIoT(モノのインターネット)の普及拡大に対応したセキュリティ環境を整えていくための「オープン&セキュアオフィスワーキンググループ」を発足する。 本ワーキンググループは、オフィス機器とサービス提供者間の情報のやりとりに関する高セキュリティな共有仕様を策定していく。 *SSFC(Shared Security Formats Cooperation) : ICカードを使った高度な企業内情報セキュリティシステムの実現を目指す企業連合として2005年に設立。参加企業は、社員証などのICカードのデータフォーマットを共有し、共通仕様に基づいたセキュリティ関連機器(ゲートシステム等)、OA機器(プリンター、複写機等)、オフィス什器(ロッカー等)などを提供している。SSFCはDNPが事務局を務め、2017年8月現在、オフィス向けの各種機器メーカーやシステムインテグレーターなど243社が加盟している。 政府が推進する「働き方改革」により、テレワークの推進が加速し、時間や場所の制約を受けない効率的な働き方が求められている。これにともない、オープンなネットワーク環境から企業の情報システムにアクセスしたいというニーズが増え、オフィスシステムのクラウド化やIoT化が急速に進むと予想される一方、オフィスシステムとクラウド環境の接続などにおける情報セキュリティ対策の確立が課題となっている。 これらの課題解決に向け、今回SSFCアライアンスは「オープン&セキュアオフィスワーキンググループ」を発足する。 【「オープン&セキュアオフィスワーキンググループ」について】 同ワーキンググループは、オフィス機器メーカー、システムインテグレーター、オフィスやクラウド環境を提供するサービス提供者などにより構成される。同ワーキンググループでは、従来の社内施設におけるクローズドなオフィス空間だけでなく、社員の自宅やサテライトオフィス、商業施設、公共施設といった仮想的なオフィスまでをセキュアな環境としていくための共有仕様を策定し、働き方改革の実現を支援する新しいサービスの創出に貢献していく。 【同ワーキンググループで提供していく新しい価値】 「オープン&セキュアオフィスワーキンググループ」が設定する予定の共有仕様によって、以下の価値を企業オフィスなどに提供していく。 1.情報セキュリティ機能の向上 商業施設、公共施設等のオープンな環境や社員の自宅などにおいても高セキュリティなオフィス環境を仮想的に構築することが可能となり、安全・安心な情報サービスの基盤を提供する。 2.利便性の向上 利用者は企業内オフィスと同等の高セキュリティな環境で業務を行うことが可能となり、時間や場所の制約を受けない働き方の実現につながる。 3.導入企業のコストの低減 導入企業は、共通化された仕様を利用するため、オープン&セキュアな仮想的オフィスの構築にともなうコストの削減につながる。 ≫ニュース全文を読む

2017年09月01日
大日本印刷(DNP)グループは、「DNPのフォトブックDreamPages(ドリームページ)」のサービスにおいて、2017年9月1日~26日に「友達に見せる」機能を利用したお客を対象に、フォトブックの割引クーポンをプレゼントするキャンペーンを実施する。 ■「シェアしてお得なキャンペーン」内容 キャンペーン期間: 2017年9月1日(金)~9月26日(火) キャンペーン内容:≪「共有した方」へクーポンプレゼント!≫ 期間中に「友達に見せる」機能を使って、自身が作成したフォトブックを 友達や家族に共有した方へ、「390円(サンキュー)フォトブック」50%オフ の割引クーポンをプレゼントする。 キャンペーン期間前に作成されたフォトブックも、期間中に共有するとクーポ ンプレゼントの対象になる。 ≪「共有を受けた方」へもクーポンプレゼント!≫ 期間中に友達や家族から「友達に見せる」機能で共有を受けた方に、「390円(サンキュー)フォトブック」1冊無料クーポンをプレゼントする。 「共有を受けた方」へのクーポンコードは、「フォトブック共有」の設定画面で発行される。フォトブックを共有する方が、共有する相手にこのクーポンコードを送ることで、1冊無料クーポンを使えるようになる。 クーポン利用期間 いずれのクーポンも、10月10日(火)注文分まで利用できる。 キャンペーンページURL サービスの詳細はこちら → https://dnp-photobook.jp/share/ ■「フォトブックを友達に見せる」機能とは DreamPagesで作成したフォトブックの内容を、閲覧ページのURLを共有することで友達や家族に見せられる機能です。閲覧ページでは、画面上でページをめくってフォトブックの中身を見ることができる。「共有」「非共有」の設定はいつでも変更できる。 ≪「フォトブックを友達に見せる」機能の利用シーンの例≫ ○家族の大切な写真でフォトブックを作成 データ(URL)を共有すれば、離れて住む家族も、PCやスマートフォンからいつでもどこからでもフォトブックを見ることができる。 ○送別会で思い出の品としてフォトブックをプレゼント データ(URL)を親しい仲間で共有し、いつでも思い出を振り返ることができる。 ≫ニュース全文を読む

2017年09月01日
このたび、SBIホールディングス(東京都港区、北尾 吉孝代表取締役執行役員社長)と日本アイ・ビー・エム(日本IBM,東京都中央区、エリー・キーナン代表取締役社長執行役員)の合弁会社であるSBI FinTech Incubation(本社:東京都港区、木村 美礼代表取締役)に、新たにソフトバンク(東京都港区、宮内 謙代表取締役社長 兼 CEO)と凸版印刷(東京都千代田区、金子 眞吾代表取締役社長)が資本参加する。  SBI FinTech Incubationは金融機関を対象としたオープンAPI基盤を含む「FinTechプラットフォーム」の構築を進めている。「FinTechプラットフォーム」とは、SBIグループの投資先を含む国内外のFinTechベンチャーが各種FinTechサービスおよびシステムを接続し、それらの幅広いFinTechサービスの中から金融機関が利用したいFinTech機能を選択できる仕組み。  ソフトバンクはSBI FinTech Incubationへの資本参加を通じて、モバイルアプリ基盤の提供や通信ネットワークを含む各種サービスの提供を行い、凸版印刷はSBI FinTech Incubationが提供する各種ソリューションの企画・開発やデジタル化支援サービス、BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)サービス等の各種ソリューションの提供を行う予定。  SBI FinTech Incubationはソフトバンク及び凸版印刷との連携により、オープンAPI基盤の提供に加え、幅広いFinTechサービスの提供やコスト削減を支援するソリューション等の提供が可能になり、各金融機関によるFinTechサービスのスムーズな導入・サービスの多様化・低コスト化を一層促進できるものと考えている。  4社は共同事業会社となるSBI FinTech Incubationを通じて、金融機関向けにFinTechサービスの導入支援を行うことで、日本におけるFinTech分野でのオープンイノベーションの更なる促進、FinTechを活用した金融ビジネスの高度化に貢献していく。 【SBI FinTech Incubationの概要】 商号 : SBI FinTech Incubation株式会社 事業内容 : 「FinTechプラットフォーム」の運営および各種FinTechサービスの導入支援事業 本社 : 東京都港区 代表者 : 木村 美礼 設立 : 2017年2月10日 資本金 : 130百万円(資本準備金を含む) 出資比率 : SBIホールディングス 60%、ソフトバンク20%、日本IBM 10%、凸版印刷10% ≫ニュース全文を読む

2017年09月01日
凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、スタートアップ企業の育成支援事業を展開する一般社団法人StartupGoGo(所在地:福岡県福岡市、代表理事:岸原稔泰氏)と共同で、九州の地域活性化や魅力の拡大に貢献する新事業を共創する公募型のオープンイノベーションプログラム「co-necto(コネクト)」を実施する。  「co-necto」は、国家戦略特区「グローバル創業・雇用創出特区」として先駆的な取り組みを進める福岡にて、スタートアップ企業を中心に優れた事業アイデアを募集し、凸版印刷の経営資源と融合させることで事業化を目指す、実践的なプログラ ム。凸版印刷の既存の事業領域にとどまらず、九州の地域活性化や魅力の拡大や、社会課題の解決を目指すもの、企業活動の活性化に資するすべての領域を募集対象とし、優れた事業については、凸版印刷と共同で事業化に向けた検討を行う。 ■ オープンイノベーションプログラム「co-necto」の概要 名 称: 「co-necto(コネクト)」 募集テーマ:  ・九州における地域活性化、魅力の拡大  ・社会課題の解決に資するもの  ・マーケティング、コミュニケーション、IoTなど、企業活動の活性化に資するもの 応募資格:  ・自社でプロダクトやサービスを保有している企業  ・凸版印刷と協業が可能な企業 応募方法:  特設サイトの応募受付フォームに必要事項を記入する。  詳細は下記特設サイトを参照のこと。  http://toppan-co-necto.com/ 選考基準:  ・凸版印刷との連携の実現可能性  ・革新性  ・事業およびマーケットの成長性  ・九州における地域活性化、魅力の拡大に資するもの 想定する協業方法:  ・販売提携  ・開発支援  ・出資 スケジュール:  2017年 9月1日 受付開始  2017年9月7日 第1回説明会  2017年9月18日 第2回説明会  2017年10月20日 募集締切  2017年11月上旬 1次選考(書類審査)   2017年12月上旬 2次選考(凸版印刷担当者へのプレゼンテーション)   2018年 1月下旬 最終選考(凸版印刷役員・外部審査員へのプレゼンテーション)  2018年2月 表彰式・成果報告会 賞:  ・最優秀賞1社 (賞金25万円)  ・優秀賞  2社 (賞金10万円) 主催: 凸版印刷株式会社 共催: 一般社団法人StartupGoGo 協力:  アマゾンウェブサービスジャパン株式会社、日本アイ・ビー・エム株式会社、  Open Network Lab 後援:  一般社団法人九州経済連合会、福岡地域戦略推進協議会、  福岡県ベンチャービジネス支援協議会、福岡県Ruby・コンテンツビジネス振興会議 ※応募者多数の場合は選考となる。 ※スケジュールは変更となる場合がある。予め了承のこと。 ※協力企業・後援企業については追加・変更が生じる可能性がある。 ≫ニュース全文を読む