企業ニュース
Company news

トップ > 企業ニュース

企業ニュース一覧
2396件中 21~30件を表示

2020年02月10日
 小森コーポレーション(持田訓社長)は、ドイツのグローバルなポストプレスの製造・販売会社である MBO グループの持分 (100%)を取得(子会社化)することについて基本合意に至った。 なお、同件は適時開示基準には該当せず、任意開示を行うもの。  同社グループは、大正12 年の創業以来、オフセット印刷機の製造及び販売に携わり、それを中核事業として成長させてきた。現在、事業構造変革の最中にあり、第 6 次中期 経営計画(2019 年 4 月~2024 年 3 月)において事業領域の拡大が重要な戦略の一つとなっている。  事業構造変革において 2009 年より進めてきた PESP 事業の柱として開始したポストプレス 販売は、断裁機、打抜機、抜紙機、反転機といったパッケージ印刷を対象とした商品をライン ナップし、昨今、大きな問題となっている労働力不足といった印刷会社の課題解決に大きく貢献している。  ドイツ・MBO グループは、1965 年に印刷工程の重要な後加工で利用される折機の製造で 創業し、50 年以上にわたり同分野で欧米を中心に高いシェアを獲得してきた企業。ドイツ 南部のオッペンヴァイラー、中部のビーレフェルト、およびポルトガルにも工場を保有し、アメリカ、フランス、中国の現地法人並びに世界の様々な販売パートナーと連携することで、60 を超 える国に折機の販売、サービスを行っているグローバル企業。  同社の製品は精度の高さと優れた生産性で知られ、一般の商業印刷物の折り加工から、デ ジタル印刷機と連結したインライン加工、更に子会社である Herzog+Heymann 社の、他社では真似のできない薄紙多折り技術を含め、複数の差別化技術を持っている。最近ではロボット メーカーとも協業し、より省人化を進めるシステムもラインナップしている。  今回の株式取得により MBO グループの事業が同社グループに加わることで、PESP 事業に 特徴のある製品を投入することができ、特に当社が進出できていなかった商業印刷の後加工 分野へ乗り出すことが可能となる。また同社がグローバルに拡大している IoT クラウド・KPConnect と連携することで、印刷工程だけでなく、加工工程までシームレスな生産環境を提供 できるようになる。さらに今後は、デジタル印刷機やオフセット印刷機といった同社中核商品と連結させる新しいソリューションにも応用が可能。 MBO グループの事業と同社の事業に重複がなく、かつ補完関係にあるため、今後、ポストプレス販売において両社の技術と販売網を融合することにより、効果的に事業構造変革を進化させていく。 ≫ニュース全文を読む

2020年02月10日
リコー(山下良則社長)は、新世代複合機「RICOH IM C」製品群とシスコシステム ズ(デイヴ・ウェスト社長、以下シスコ)のクラウド管理型ネットワークセキュリティ ソリューション「Cisco Meraki」をワンパッケージで提供することで、オフィスにおけるセキュアなネットワーク 環境の構築と、さまざまなクラウドアプリケーションによる生産性向上を実現する ICT インフラ一体型ソリューション「RICOH IM C6000/C5500/C4500/C3500/C3000/C2500 Cloud Connect Package」を 2 月 14 日から受注開始する。リコーとシスコが 2019 年 2 月に締結した戦略的グローバル提携に基づき、両社 合同の専属チームによるマーケティング活動を通して開発した「RICOH 共通ステータスダッシュボード for Cisco Meraki」と「RICOH ゲスト Wi-Fi ジェネレータ for Cisco Meraki」を搭載した初の製品となる。 近年、少子高齢化による労働人口の減少に伴い、最新のデジタル技術を活用した生産性向上は企業 にとって大きな課題となっている。また、多くの企業が働き方改革を推進するなかで、クラウドやモバイルを活用した、働く場所や時間の制約にとらわれない多様な働き方の実現も求められている。 一方、不正アクセスや情報漏洩など、セキュリティに対する脅威は高まっており、日々進化するサイバー攻撃に対応するためには、専門的な技術や多額のコストが必要になっています。特に、専任の IT 管 理者の確保が難しい中小企業や多拠点で展開する企業などのお客様では、よりシンプルに、かつできる だけコストを抑えて、セキュアな環境を維持・管理できるソリューションが求められている。 「RICOH IM C6000/C5500/C4500/C3500/C3000/C2500 Cloud Connect Package」は、リコーの新世 代複合機「RICOH IM C」製品群に、統合脅威管理(Unified Threat Management)UTM として高い実績を有する「Cisco Meraki」をワンパッケージで提供する ICT インフラ一体型ソリューションだ。お客は同商品を導入することで、高度にセキュアなネットワーク環境を構築できる。リコーのクラウドプラットフォー ム「EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES プラットフォーム」と、シスコが提供する不正侵入検知・防 止機能や高度な認証機能を組み合わせることで、より高いセキュリティレベルを必要とする業務への対応 が可能となる。同商品は機器・サービスの導入からアフターサポートまで、リコーがワンストップで提供 することで、企業の IT 管理者に負担をかけることなく、クラウドの活用による業務効率化を実現する。 リコーは、今後もシスコとの協業ソリューション開発の取り組みを進め、シスコおよびその他のパートナーの組み合わせにより提供するアプリケーションの拡張をはじめ、安心・簡単・安全なセキュリティ環境で 高い生産性を実現するデジタルワークプレイスの実現に貢献し、お客のさらなる成長を支援していく。 「RICOH IM C3000 Cloud Connect Package」 ≫ニュース全文を読む

2020年02月10日
共同印刷(東京都文京区、藤森康彰社長)は、後期印象派を代表する画家の一人である、 フィンセント・ファン・ゴッホの《ひまわり》の高級複製画を、限定 300 部のエディションで制作、販売を開始した。 日本美術に憧れていたゴッホは、パリから南仏アルルに移 住後、日本の浮世絵工房のような芸術家集団の共同生活をしたいと八方画策する。指導者にとの懇願に応じてくれた 画家 ゴーガンのため、歓迎と親愛の情を込めて描いたのが 「ひまわり」4 作品だ。 同作品はそのなかでゴーガンが唯一欲しいと望み、絶賛した4番目の「ひまわり」だ。ゴッホ作品の代名詞ともいえる強烈な黄色が生み出す豊かな表情と、たっぷりと絵具を塗り込 む力強い筆致が際立っている。 ゴッホにとって黄色は、アルルの眩しい太陽の光を象徴する色だった。この色を手に入れたゴッホは、この地で生命力に 満ちた傑作を多数制作している。 原画を所蔵するロンドン・ナショナル・ギャラリーより複製画 制作の許諾を得て、同美術館監修のもとに制作した価値ある逸品。同社独自の複製技術「彩美版®」で再現したゴッホ の豊かな色彩や筆遣いを、ぜひお手元でお楽しみください。 ※同社が独自に開発したセキュリティシールを証明書に貼付している。 スマートフォンなどでフラッシュをたいて撮影すると、 作品が共同印刷の発行する真正な複製画であることを判定できる。 [仕様体裁] 本体価格 128,000 円(税別) 限定:300 部 画寸:天地 53.0cm×左右 41.7 cm 額寸:天地 66.0cm×左右 54.7cm×厚み 2.8cm 技法:彩美版®シルクスクリーン手刷り 用紙:キャンバス 重量:約 3.1kg 額縁:木製額金箔(国産ハンドメイド)、アクリル付 原画所蔵・監修:ロンドン・ナショナル・ギャラリー 解説 :川瀬 佑介 (国立西洋美術館 主任研究員) フィンセント・ファン・ゴッホ(Vincent van Gogh、1853~1890) 1853 年 牧師の父のもと、オランダに生まれる。1869 年 国際的な 画商グーピル商会に就職。 1876 年 ロンドン近郊で伝道師見習いと なり、78 年 臨時伝道師として活動。1880 年 画家を志しブリュッ セルで美術学校に入学。1881 年 両親がいるエッテンに戻る。1886 年 パリに移住し、ピサロなど印象派画家と交流。1887 年 収集した浮世絵の展覧会を開催。「雨の大橋」制作。1888 年南仏アルルへ 移住、ゴーガンと共同生活するも 2 カ月で破綻。「夾竹桃」「アルル の跳ね橋」「夜のカフェテラス」「ひまわり」制作。1889 年 サン・ レミの療養院へ入る。第 5 回アンデパンダン展に「ローヌ河畔の星 月夜」「アイリス」出品。1890 年 パリ近郊のオーヴェールに移住、7 月 37 歳で逝去。 ※「美術趣味」もご覧ください https://bijutsu-shumi.com/ ≫ニュース全文を読む

2020年02月10日
リコージャパン(坂主 智弘社長)は、2 月 7 日に愛知県尾張旭市(森和実市長)と働き方改革及び SDGs の推進に関する連携協定を締結した。リコーグループが自治体と連携協定を締結したのは、あわせて 32 件となり、愛知県下では初の締結となる。 今年、市制 50 周年の記念すべき節目の年を迎える尾張旭市は、将来へ続く継続的なまちの発展 や活力につなげるため、「ともにつなごう あさひの歩み・いま・未来」をテーマに全市を挙げて市制 50 周年記念事業を実施します。また「こどもは宝、健康は宝、幸せづくりは宝」を基本に、尾張旭市の魅 力である「住みよさ」を生かしながら、尾張旭らしさを追求したオンリーワンのまちづくりを進めている。 一方、リコージャパンは、リコーグループの国内販売会社として全国各県に支社を設置し、地域密 着で事業を展開しています。お客様の経営課題、業務課題を解決するためのさまざまなソリューショ ンをワンストップでご提供することに加え、オフィス領域で培った課題解決力をもとに、リコーグループ が持つ技術力や環境対応へのノウハウを活用しながら、産官学金労言の皆様との連携・協力を強化 して、地方創生・地域活性化に取り組んでいる。 今後両者は、同協定に基づき、多様な分野においてお互いの経営資源やノウハウなどを連携させて取り組み、尾張旭市の市民サービスの向上と地域活性化を推進していく。 <尾張旭市とリコージャパンとの連携協定について> ■協定の目的 尾張旭市とリコージャパンが相互に連携しながら、業務改善に資する取組を行うことにより、働き方 改革を効果的に推進するとともに、SDGsの普及啓発及び達成に向けた取組の実施により、持続可 能な社会の実現に寄与することを目的とする。 ■連携事項 目的を達成するため次に掲げる事項について、連携し協力して取り組む。 (1)職場環境改善の推進に関すること (2)ICT 利活用による市民サービスの向上に関すること (3)SDGsの普及啓発及び達成に向けた取組に関すること (4)その他両者が必要と認めること ≫ニュース全文を読む

2020年02月07日
共同印刷(東京都文京区、藤森康彰社長)は、2月18日(火)から21日(金)まで、幕張メッセで開催される「第48回 国際ホテル・レストラン・ショー」に出展し、チェックインをスマートにさせる「Travel Manager® (トラベルマネージャー)」と、Webアプリの注文サービスを紹介する。 「Travel Manager®」によるキーレス入室(イメージ)  「国際ホテル・レストラン・ショー」は、日本最大級のホテル・レストラン専門の展示会だ。  同社は、専用アプリケーションを搭載した小型タブレット端末によるセルフチェックインと顔認証での客室開錠を実現したシステム「Travel Manager®」と、スマートフォンでメニューの注文・決済を可能にする注文サービスを提案する。  「Travel Manager®」によるチェックインから入室までの流れや、Webアプリの注文サービスをデモンストレーションでご紹介する。同社ブースでは、ホテル・レストランの業務の効率化や人手不足の課題解消、コスト削減に寄与する仕組みをご覧ください。 【主な出展内容】 ※ 都合により変更になる場合がある。 ●ホテル向けチェックインシステム「Travel Manager®(トラベルマネージャー)」 客室のドア横にタブレットを設置し、簡単な画面操作と顔をかざすだけで入室が可能。 同システム導入のメリット:①低コスト、②人手不足解消、③キーレス、④フロント業務の効率化、➄多言語対応 ●Webアプリの注文サービス 開発不要、初期費用なしで複数の決済サービスに対応します。店舗、商品、注文、決済データなどを一括管理できる。 同システム導入のメリット:①低コスト、②人手不足解消、③接客業務の効率化、④受発注管理の効率化 ≫ニュース全文を読む

2020年02月07日
 共同印刷(東京都文京区、藤森康彰社長)が一般社団法人全国スーパーマーケット協会と企画運営する、「第54回スーパーマーケット・トレードショー2020」の特別企画展「Future Store “NOW”2020」が、2020年2月12日(水)から14日(金)まで、幕張メッセで開催される。  「Future Store “Now”」は近未来のスーパーマーケットを生活者および小売業の目線で研究する全国スーパーマーケット協会主導のプロジェクトだ。    食品流通業界をとりまく環境の変化のなかで、スーパーマーケットはさまざまな課題に直面している。同プロジェクトは、これからも地域のライフラインとしてお客を支えていくために、スーパーマーケットがめざすべき方向性を小売業の方々や外部有識者と研究を重ねてきた。本年はその成果として、「ViViD MARCHE ~人に近づき、寄り添う~」をテーマに5~10年後の未来を見据えたスーパーマーケットの姿を提案する。    なお、同社は3つの展示ゾーン「ウェルネスサポート」「スマートコミュニケーション」「エンターテインメント」のうち、「スマートコミュニケーション」と「エンターテインメント」に協賛企業としても参画する。店舗の省人化・効率化を図る決済ソリューションや、お客に毎日買い物を楽しんでいただける売り場づくりの仕組みを紹介する。 【主な出展内容】 ※ 都合により変更となる場合がある。 • 受け取り方法も自由自在!「OneQR」 (「スマートコミュニケーション」ゾーン 企画No. FS14) Webアプリで注文し、店頭のロッカーやピックアップカウンターで受け取るだけの世界が簡単に実現できる。 オフラインとオンラインが融合していく未来のスーパーマーケットの在り方を体感してくください。 • サイネージと連動で簡単に売り場をアレンジ!「次世代型プロモーションコーナー」 (「エンターテインメント」ゾーン 企画No. FE04) 手間のかかる売り場づくりをPCと専用什器だけであっという間に実現する。 管理画面で企画コンテンツを自由に選ぶだけで、季節商材やPB商品・NB商品のプロモーション什器に早変わりする次世代の店頭コミュニケーションツールを提案する。 ≫ニュース全文を読む

2020年02月07日
 共同印刷(東京都文京区、藤森康彰社長)は、2月12日(水)から14日(金)まで、東京ビッグサイトで開催される「第6回 CareTEX 2020(ケアテックス)」に出展する南3ホール 5-43)。  同展示会は、介護用品・設備から最先端技術、介護レクリエーションまで介護施設で役立つ新製品・サービスが一堂に集まる介護業界最大級の商談展だ。    同社は、液体・粘体用のスタンディングミニパウチ「Tパウチ・ショット」と、中容量フレキシブルコンテナー「ハンディキューブ®」、再封機能を備えた「カップ用リシール蓋材」、バリア性樹脂を用いた多層プラスチック容器「ブローボトル」など、介護の現場で役に立つパッケージを出品する。     【主な出展内容】 ●スタンディングミニパウチ「Tパウチ・ショット」 開封位置のわかりやすさと直線カット性による開封のしやすさ、内容物のこぼしにくさが特長の液体・粘体用小袋「Tパウチ」にマチをつけ、スタンディング型にした。かさばらず携帯性に優れた形状だ。ロール原反から製袋、充填までの工程をワンユニットで行う画期的なオールインワン機構により、資材コストの削減と製造工程の効率化も実現した。こうした特長が評価され、機能性飲料やサプリメントゼリーへの採用が進んでいる。同展では、開発を進めているレトルト対応の提案と併せて見られる。 ※「Tパウチ・ショット」「Tパウチ」はオリヒロより使用許可を得て販売している。 ≫ニュース全文を読む

2020年02月07日
大日本印刷株式会社(DNP)は、2月4日(火)~11日(火)に開催している「第71回さっぽろ雪まつり」と連動して、札幌グランドホテル(札幌市中央区)にデジタルサイネージを導入し、観光地の映像や地域の情報などを配信する新たなインバウンドメディアの実証実験を開始した。 設置されたデジタルサイネージ DNPは空港や駅にデジタルサイネージを設置し、年々増加する外国人観光客をはじめとした旅行者等に有用な情報を提供するインバウンドメディアの開発を進めている。その一環として今回、北海道を代表する歴史と格式のある札幌グランドホテルのフロント近くにデジタルサイネージを設置し、DNPが制作した観光関連の情報と映像、さっぽろ雪まつりの映像などを発信することにより、宿泊者の利便性を高め、ホテル施設の価値を向上させるとともに、メディア事業展開の可能性を探っていく。 同実証実験では、DNPグループの北海道コカ・コーラボトリングとも連携し、設置したデジタルサイネージを通じて、「第71回さっぽろ雪まつり」の「コカ・コーラブース」(大通公園西2丁目)への誘客も行う。「コカ・コーラブース」にもDNPのデジタルサイネージを設置し、観光客向けの観光地の映像や商品情報などを提供する。 【DNPが提供するデジタルサイネージを活用したインバウンドメディアの特長】 1.美しい空間イメージを表現する薄型の有機EL薄型ディスプレイを使用 厚さ6mm程の薄型有機ELディスプレイを使用することにより、スペースを有効に活用するとともに、色の再現性が高い映像を表示することで、美しい空間イメージを演出する。 2.DNPが制作するオリジナル観光映像を発信 DNPが独自の切り口で編集して制作した北海道内の観光スポット映像を4K品質で提供する。 。今回の映像では外国人に人気のあるスポットを、中国語(簡体字)、英語、韓国語のテロップ付きで紹介しており、インバウンド対応の一環となっている。(DNPコミュニケーションデザインにて制作) 3.DNPサイネージ配信管理システム「SmartSignage」 デジタルサイネージに表示するコンテンツは、DNPオリジナルの配信システム「SmartSignage(スマートサイネージ)」を活用することで、直観的な操作で、リアルタイムにコンテンツ配信や端末管理が可能となり、スムーズな運用を実現する。 【今後の展開】 DNPは、外国人観光客との新しい接点を提供する「場=メディア」としてホテルを位置づけており、今回の実験を通じ、札幌グランドホテルと共同で、デジタルサイネージを活用したインバウンドメディアの普及を推進していく。 ≫ニュース全文を読む

2020年02月07日
 富士フイルムグループの富士ゼロックス(東京都港区、玉井 光一社長)は、「働き方 改革」を支援するビジネス認知獲得をねらう新 CM を2月 8 日から順次オンエアする。CM キャラクター には、俳優の大谷亮平さんを起用した。 近年、多くの企業が「働き方改革」を推進する中、同社では、オフィスで働く人々の生産性を高め、効率的 な情報共有を支援するビジネスを推進している。  新CMでは、同社の複合機とクラウドサービスが連携することにより、「データ入力の効率化」「承認プロセスのスピード化」「情報セキュリティ対策」といった企業の喫緊の課題を解決していくことを訴求。「一台 ソリューション、はじまる。」というキャッチコピーにより、同社が複合機を中心にお客のバックオフィス として、オフィス全体の「働き方改革」を実現することを表現している。 ■新 CM の概要 ・CM 名:富士ゼロックス 一台ソリューション篇 ・CM キャラクター:大谷 亮平(おおたに りょうへい) ・公開予定: 2020 年 2 月 8 日(土)~ FUJI XEROX SUPER CUP 2020 日本テレビ系全国ネット news23 TBS 系全国ネット ほか ≫ニュース全文を読む

2020年02月07日
 トッパン・フォームズ(以下トッパンフォームズ)と TF ペイメントサービス(東京都都港区、末永京吾社長、以下 TFPS)は、TFPS が提供するクラウ ド型決済プラットフォーム「Thincacloud/シンカクラウド」が、日本アミューズメント産業協会(東京都千代田区、里見治会長、以下 JAIA)が決定した「アミューズメント施設向け 電子マネー決済システムの規格の標準化」における決済インフラとして採用された。  「アミューズメント施設向け電子マネー決済システムの規格の標準化」とは、アミューズメント業界におけるキャッシュレス決済の普及の促進を目的に、JAIA 会員企業である、加賀電子 (東京都千代田区、門良一社長)、コナミアミューズメント(愛知県一宮市、沖田勝典社長)、セガ・インタラクティブ(東京都港 区、杉野行雄代表取締役 CEO)、トッパンフォームズの4社が協業に合意し、JAIA と連携して次 世代決済端末における電子マネー決済システムの規格の標準化を進めていく施策だ。 【決済システムの規格の標準化のメリット】 規格が標準化された電子マネー決済システムの普及には以下の効果を見込んでおり、利用者の利 便性向上とアミューズメント業界の発展の実現が期待できる。 1. キャッシュレス決済対応遊戯機器の普及に伴う利用者の利便性の向上と、キャッシュレス社会 への柔軟な対応 2. アミューズメント施設における消費税の適正転嫁の促進 3. 労働力不足に苦しむアミューズメント施設における売上金、おつり金などの管理業務軽減 4. ゲームソフト内の組み込み課金システムによるサービス提供 5. POS システム導入促進による施設売上管理体制の強化 また、アミューズメント業界各社がこれまでに導入し運営してきた電子マネー決済システムや POS システムについても継続して利用できる互換システムの確立を目指しており、導入済み施設へ の負担軽減にも配慮している。 【背景】 これまでアミューズメント施設においては、互換性のない複数の電子マネー決済システムが存在 することで導入が進まず、キャッシュレス化の普及の遅れによる販売機会の逸失などの弊害をもたらしてきた。 【今後の展開】 経済産業省が策定した「キャッシュレス・ビジョン」では、東京オリンピックや大阪万博など大 型イベントの開催による訪日客の増加に合わせ、2025年までにキャシュレス比率を40%にあげて いくことを目標に掲げている。トッパンフォームズとTFPSは、アミューズメント業界がこの流れに足並みをそろえ、お客の利便性向上やアミューズメント施設のサービス向上を実現できる よう、「シンカクラウド」の提供・運用を通じて貢献していく。 ≫ニュース全文を読む