企業ニュース
Company news

トップ > 企業ニュース

企業ニュース一覧
2302件中 2181~2190件を表示

2015年10月06日
一般社団法人日本印刷産業連合会 稲木歳明会長 日本印刷産業連合会は、1985年に印刷産業主要10団体が結集し、「産業の一層の発展と、国民生活と文化の向上に寄与する」ことを目的に設立されました。当時の印刷産業界は多くの課題を抱えており、産業全体を統括する連合体の設立が待望されていました。その設立に情熱を注ぎ、その後の運営に力を尽くされた諸先輩に、心より敬意を表します。  また、設立以来、経済産業省をはじめ関係省庁の熱心なご指導を賜り、行政との連携を深めてまいりました。そして、製紙、インキ、機械、製版機材など印刷に関わる企業、団体のご協力のもと、様々な課題を克服しながら日々の活動を推進してまいりました。当連合会が30周年を迎えることができましたのも、ひとえに関係各位のご支援の賜物と感謝しております。  この30年間を振り返りますと、社会・経済情勢は大きく変化し、印刷産業を取り巻く環境も激変しました。そこで、従来の活動や組織、予算等を抜本的に見直し、役割や活動テーマを再構築する「グランドデザイン」を策定いたしました。本年を「グランドデザイン元年」とし、数年度にわたる事業計画を着実に遂行して、″印刷産業を未来にリードする団体″を目指してまいります。  この新たなスタートにあたり、先人の歩みを振り返る「日印産連30年の歩み」を刊行いたしました。印刷産業の未来への橋渡しとなることを願い、印刷産業が激動する社会経済と向き合い、いかに対応してきたかをまとめております。業界内外の皆様にご高覧頂き、当連合会への一層のご理解と、新たな活動に対するご支援が得られますことを願っております。  さて、本年は4年ごとの「印刷文化典」の年にあたります。記念式典では、長年にわたり印刷産業の発展に貢献された方々が、「印刷文化賞」をはじめとする各賞を受賞されます。また、環境の改善に積極的に取り組み、地域社会の信頼を得るために努力された工場を、「印刷産業環境優良工場」として表彰いたします。さらに本年は、設立30周年記念として、クライアントを対象とした「グリーンプリンティング環境大賞」を設けました。日印産連が推進する「地球にやさしい印刷製品づくり」に貢献頂いたクライアントの方々への感謝を込めるとともに、グリーンプリンティング制度の普及を目指すものです。各賞を受賞されます皆様に心からの敬意と感謝を表しますとともに、今後も印刷産業発展のためにご尽力賜りますようお願い申し上げます。  また、記念式典、懇親会に先立ち、印刷産業の現状と課題を考える「国際印刷フォーラム」を東京ビッグサイトにて開催いたします。メディアの多様化等により世界的にプリントメディア市場の減少が続いていますが、欧州の対応を紹介するとともに、日本の業界関係者とのパネルディスカッションを通じて相互の課題及び展望を議論して頂く予定です。どうぞご期待ください。  最後になりますが、当連合会に対するご支援に感謝するとともに、今後とも一層のご指導を賜りますようお願い申し上げます。併せて会員10団体並びに関係業界のますますのご発展を祈念して、挨拶とさせて頂きます。 (印刷タイムス 2015年9月10日号掲載) ≫ニュース全文を読む

2015年10月06日
 モリサワ(森澤彰彦社長)はこのほど、モリサワ書体並びにグループ会社であるタイプバンク(代表取締役:中村信昭氏)のタイプバンク書体の計20書体をAdobe Creative CloudのTypekitサービスに提供開始することを発表した。  人気の高いリュウミンを含むこの20書体は、日本時間の10月6日からCreative Cloudのサブスクリプションユーザは追加費用なしで使用可能となる。  この発表は、10月5日から米国ロサンゼルスで開催されているアドビ社が主催する世界最大級のクリエイティブカンファレンスAdobe MAXの席上で行われた。  ■モリサワ・森澤彰彦社長のコメント  「このたび、モリサワ書体ならびにグループ会社であるタイプバンク書体をAdobe Creative CloudのTypekitに提供できることをとても嬉しく思います。アドビとは日本語DTPの創生期より、良きパートナーとして共に歩んできました。ここ数年でクリエイティブ制作環境はPCだけでなくタブレットなどへと多様化し、アプリケーションのクラウド化とあいまって、フォントを使用する環境が大きく変化しています。今回、世界で最も信頼されているデザインプラットフォームであるCreative Cloudを通じてモリサワグループ書体を提供できることは、より効率的なフォント使用環境を提供していくという当社の戦略の一環をなすものであり、細分化され多様化したメディアに対応していくための第一歩だと考えています。また、印刷メディアだけでなく、ビデオやWebなど、さまざまなメディア制作に携わる方にモリサワグループ書体を認知していただく非常に良い機会だと考えています」と述べています。  ■アドビ システムズ社・シャンタヌ ナラヤン社長兼CEOのコメント  「アドビとモリサワは1987年から日本語の書体が持つ繊細さと美しさをデジタル時代にもたらすために協業してきました。今回、Creative Cloudが提供するサービスの一つであるTypekitの提供においてもパートナーシップを拡大することで、全世界の数百万のクリエイターに、モリサワが提供する業界標準の日本語フォントの提供を実現しました」 ≫ニュース全文を読む

2015年10月02日
大日本印刷(DNP,北島義俊社長)のギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)の第350回企画展「21世紀琳派ポスターズ 10人のグラフィックデザイナーによる競演」を10月5日から27日まで開催する。 16~17世紀の俵屋宗達、17~18世紀の尾形光琳、18~19世紀の酒井抱一。 江戸時代、およそ100年ごとに、直接の師承関係ではなく私淑というかたちで、琳派の系譜は継承されてきた。光琳は宗達の、抱一は光琳のスタイルとセンスを、時空を超えたシンクロニシティーによって血肉化し、コンテンポラリーな創造を成し遂げた。そして、20世紀においては、硬直化、保守化した日本画壇ではなく、むしろ先鋭的なデザインの世界にこそ、琳派のエッセンスが受け継がれている。戦後のデザイン界を牽引した田中一光は、1960~70年代に琳派をはじめとする日本の古美術を巧みに引用したポスターを多数制作した。彼こそが、まさに「20世紀琳派」というべき存在だった。では、21世紀に琳派はどのように受け継がれるのか。同展では、第一線で活躍するデザイナー10名に琳派からインスパイアされたポスターの制作を依頼し、一堂に展示する。  なお、会期中、ギャラリートークが3回開催される。 ≫ニュース全文を読む

2015年10月02日
大日本印刷(DNP)は、エフエム東京(TOKYO FM)の番組「Skyrocket Company」のランナー応援コーナーのスポンサーとなり、個人同士のモノの売買を支援するDNPのサービス「DNP フリマアプリ KURURi(クルリ)」と番組のコラボレーションを推進する。 【フリマアプリ「KURURi」とラジオ番組の連動について】 ラジオ番組内のランナー応援コーナーと連動し、KURURiのアプリ内でビギナーランナー向けのマラソングッズの紹介や、ランニングを楽しむためのハウツー、マラソンの熟練者による商品レコメンドなどの情報提供を行う。また、番組内でリスナーから個人同士のモノの売買について要望があった場合、KURURiのスタッフがスマホアプリ内で“リクエスト”として投稿し、売りたい人と買いたい人とのマッチングを支援する。 【「DNPフリマアプリ KURURi」について】 KURURiは、スポーツやアウトドアを中心に、友人や家族と趣味を楽しむ大人を主なターゲットとしたフリーマーケット型アプリ。DNPが第三者として個人間の取引を仲介するため、簡単・安全に個人同士でのモノの売買ができる。買い手のリクエストに対して、売り手が自分の出品物を関連付けられる“リクエスト―アピール機能”が特徴。 iOS版は今年7月から配信中で、Android版は10月上旬より配信する。利用者はアプリをスマートフォンにダウンロード(無料)することでサービスを利用できる。 ※KURURiの詳細はこちらを参照のこと → http://entry.kururiapp.jp ≫ニュース全文を読む

2015年10月01日
 モリサワ(森澤彰彦社長)は10月1日、コーポレートサイトを全面的に刷新した。  新しいサイトは、すべてのページで「TypeSquare」によるWebフォントを採用し、可読性に優れたUD書体でサイトを見ることができる。  メニューの分類も一新し、目的に応じたページにたどり着きやすい操作性をPCはもちろん、タブレットやスマートフォンでも実現している。  Webフォントを用いることで、見出しなどの文字情報を画像化する手間を省き、多様なデバイスへの効率的な情報発信を実現するだけでなく、閲覧時にはテキストが簡単に参照できるようになり、検索性や音声読上げといったアクセシビリティの向上にも貢献している。  特徴は次の通り。  ■新しいトップページ(PCでの閲覧)  トップページでは印象的なビジュアルで、その時々のトレンドを伝えている。  ■製品ページ(スマートフォンでの閲覧)  本文書体に、通常より文字幅の狭い「UD新ゴ コンデンス」を採用することで、小さな画面でもスムーズに閲覧できる。  ●文字の手帖「フォント用語集」  各種製品・サービスを利用するうえで役立つ情報を提供する。 ≫ニュース全文を読む

2015年10月01日
 凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)が運営する国内最大級の電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」は、カカクコム(東京都渋谷区、田中実社長)が提供する購買支援サイト「価格.com」と連携。2015年9月30日より「価格.com」内で展開する実店舗情報紹介サービス「ミセトク」に対して、「Shufoo!」のチラシ情報を提供開始する。    「Shufoo!」は従来、チラシをはじめとする買い物情報を能動的に収集する女性ユーザーを中心に、そのユーザーが設定したエリアに基づき情報を届けてきた。  また、ポータルサイトや携帯キャリアなど他企業と提携し、「Shufoo!」以外のメディアに同様の情報を配信することで、「Shufoo!」のメインユーザーである女性層とは別の特性を持つ生活者と情報接点を開発し、「Shufoo!」と契約している企業のコンテンツ価値を向上している。  今回、購買支援サイト「価格.com」と連携を開始。「価格.com」ユーザーは、「価格.com」各ページから実店舗情報紹介サービス「ミセトク」にアクセスすると、「Shufoo!」のチラシ情報を閲覧できるようになる。この連携によって、「Shufoo!」にチラシを掲載する企業は、「Shufoo!」のメインユーザーにのみならず、男性利用者も多く、買い物意欲の高い「価格.com」ユーザーにも情報鮮度の高い実店舗のチラシ情報を届けることで、集客・購買促進を実現できる。 ■「価格.com」でのチラシ閲覧フロー (図:省略) ① 「価格.com」各ページ(TOPページ、カテゴリページ、掲載商品の「店頭購入」ページ等)にある「ミセトク」へのリンク(掲載中のチラシサムネイルやリンクボタンなど)を選択し、「ミセトク」ページへ遷移 ② 初回アクセス時に郵便番号を設定すると、そのエリアのチラシをチェックすることが可能 ■今後の展開  「Shufoo!」は、今後も外部メディアとの連携を推進し、リーチを拡大することで、チラシ情報の価値最大化に努めていく。 ≫ニュース全文を読む

2015年10月01日
 凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)が企画した脳神経疾患の理解促進のためのツール「Connect-Pen & Notebook」(ツナゲルペンとツナゲルノート)が、世界で最も権威のある国際広告賞の「クリオ賞(CLIO Awards)」からヘルスケア専門のアワードとして開設された「クリオヘルスケア(CLIO Healthcare)」で、銅賞(ブロンズ)を受賞した。  「Connect-Pen & Notebook」(ツナゲルペンとツナゲルノート)は、そううつ病、てんかん、統合失調症、パーキンソン病などの脳神経疾患の啓発を目的として制作された。これらの病気は、脳の神経がうまくつながらず、伝達の不調を起こしていることが一因と考えられていることから、脳の伝達不調を印象的に訴求するために、脳を電子回路に置き換えて表現した。  「Connect-Pen & Notebook」(ツナゲルペンとツナゲルノート)は、銀ナノインクという導電性のあるインクを材料に使用している。ノートには疾患の説明と、その説明に連動した未接続の電気回路が印刷されている。使用者は銀ナノインクを充填したペンで未接続部分の配線を描いてノートの回路を完成させながら、疾患、脳の伝達不調に対する理解を深めていく。  テクノロジーとクリエイティブの融合が注目されている中で、機能性インクという印刷テクノロジーと、啓発メッセージ、デザインというクリエイティブを掛け合わせた作品として企画した。  同作品は、大塚製薬が実施している脳神経疾患啓発活動の一環として、一般の方を対象に疾患への理解を深めてもらう目的で、新たに企画、制作された。    ・受賞作品名 : 「Connect-Pen & Notebook」 (ツナゲルペンとツナゲルノート)  ・広告主 : 大塚製薬株式会社  ・企画、コピー、デザイン : 凸版印刷株式会社 トッパンアイデアセンター  ・制作 : 凸版印刷株式会社  ・寸法 縦245mm×横130mm×高20mm  ・バッテリー方式 コイン型リチウム電池 ■クリオヘルスケアについて  クリオ賞は1959年に設立され、カンヌライオンズ、ワンショー(OneShow)と並ぶ3大広告賞のひとつ。広告を総合的な視点から審査するその姿勢から、広告界のピューリッツァー賞とも呼ばれている。毎年10,000点を超える応募の中から受賞作品が決定される。クリオ賞には、ヘルスケア、ミュージックなど5つの専門アワードがあり、「クリオヘルスケア(CLIO Healthcare)」は2009年に新設された。今年の授賞式は9月30日、アメリカ自然史博物館(American Museum of Natural History)にて行われた。   ≫ニュース全文を読む

2015年09月30日
Kii株式会社は、2015年9月29日にIoT(Internet of Things)時代の新たな企業間関係を生み出す企業連合「Kiiコンソーシアム」を設立した。主要パートナーとして、KDDI)、大日本印刷株式会社(DNP)が参画し3社が協力して運営していく。 近年急速に普及し、技術革新が進むIoTの分野では、関連する技術やノウハウが多岐にわたるため、複数の企業間で機器やアプリケーション、クラウド環境などの開発者が深く連携して役割を分担する必要がある。また、最適な技術を選択し、システム構成や開発プロセスなどを最適化させて、IoTを活用したソリューション創りのスピードや品質を向上させていくことが重要。 「Kiiコンソーシアム」では、多様な業界の参加各社が、最適なIoTソリューションの構築に向けた取組を進めていく。様々なIoTの導入事例を共有し、世界の標準化動向や最新のアーキテクチャを把握することで、IoT機器やモバイルアプリの開発のハードルを下げるとともに、その成果を広く社会へ発信していく。 それぞれモバイルアプリケーションの開発・運用に求められる汎用的なバックエンドシステムの機能をクラウド形態で提供するBaaS(Backend as a Service)事業を営むKii、KDDI、DNPの3社は、機器メーカーやシステム開発会社などに本コンソーシアムへの参加を広く呼びかけていく。すでに21社の参加が決定しており、2016年3月末までに30社に広げていく予定。 また、10月5日(月) コミュニケーションプラザ ドットDNPにて設立総会を開催する。 1.設立日 2015年9月29日(火) 2.主な活動内容 (1) 会員相互の情報共有のためのセミナー (2) 外部むけセミナーやイベントを通じた会員以外への情報発信 3.会員企業(五十音順) 株式会社アイエンター、株式会社アイダック、アシアル株式会社、アップフロンティア株式会社、株式会社ウィナス、Kii株式会社、京セラコミュニケーションシステム株式会社、株式会社クレスコ、KDDI株式会社、株式会社KDDIテクノロジー、コガソフトウェア株式会社、サイレックス・テクノロジー株式会社、株式会社ジェーエムエーシステムズ、株式会社セック、大日本印刷株式会社、テックファーム株式会社、日本システムウエア株式会社、ネオス株式会社、株式会社富士通ビー・エス・シー、株式会社プロトコーポレーション、ユニアデックス株式会社 4..ホームページ http://jp.kii.com/consortium ≫ニュース全文を読む

2015年09月30日
大日本印刷(DNP)の、電子書籍コンテンツを収録した読書専用端末で、書店などで購入後すぐに読書できる「honto pocket(ホントポケット)」が、「2015年度グッドデザイン賞」(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞した。   【「honto pocket」について】 honto pocketは、買ったらすぐに読書できるプリインストール型の読書専用端末、いわば「電子の本」。 3つのボタンで全ての操作ができるので、誰もが直観的に、誤動作も少なく読書できる。例えば、電子機器が苦手な方や、タッチパネルでのページめくりなどが困難な身体の不自由な方でも扱いやすくなっている。片手で楽に持てるように重量バランスを考慮し、目に優しい電子ペーパーを採用するなど、機器と人の関係に着目して、人が使いやすい形を意図した「エルゴデザイン」を取り入れている。また、本体を収納するパッケージは本を模した外観のため本棚にも収納しやすく、コレクションする楽しみもある。既存の電子書籍端末とは全くコンセプトが異なる点が評価され、このたび受賞に至った。 9月30日には、honto pocketの新タイトル「十津川警部シリーズ」(光文社)を発売する。 なお、honto pocketは、10月30日(金)~11月4日(火)に東京ミッドタウンで開催される受賞展「グッドデザインエキシビション2015(G展)」会場で、本年度受賞デザインとして紹介される。 <グッドデザイン賞審査員による評価コメント> 「コンテンツがあらかじめプリインストールされているという電子書籍の新しいあり方の提案は、高齢者やネットに不慣れな人には使いやすいものである。また、プリインストールされている内容として、紙媒体ではかさばってしまうような全集が用意されている点も商品価値を伝えやすくて良い。乾電池を利用する点も、より簡単でわかりやすく、世界共通で使えるものである。」 ≫ニュース全文を読む

2015年09月29日
 モリサワ (森澤彰彦社長)は、財団法人日本産業デザイン振興会が主催する「2015年度グッドデザイン賞(Gマーク)」の「宣伝・広告・メディア・コンテンツ部門」において、多言語デジタルブック閲覧ソフト「Catalog Pocket」(カタログポケット)がグッドデザイン賞を受賞したことを発表した。  グッドデザイン賞は、1957年創設のグッドデザイン商品選定制度を発端とする日本唯一の総合的なデザイン評価・推奨の運動。これまで59年にわたり、デザインを通じて日本の産業や生活文化を向上させる運動として展開され、延べ受賞件数は 40,000件以上に上ります。今日では国内外の多くの企業や団体などが参加する世界的なデザイン賞で、グッドデザイン賞受賞のシンボルである「Gマーク」は、優れたデザインを示すシンボルとして広く親しまれている。  審査委員の評価  「東京オリンピック・パラリンピックを控え、さらなる訪日外国人の増加が見込まれる中、『言語』という社会的課題の解決方法のひとつを提示している。元の紙面情報を残しながらポップアップ形式で翻訳することにより、各々のコンテンツの魅力を失うことなく、内容を伝えることが可能となっている。UIがシンプルで明解であり、フォントもUD書体を使うなど、世界中からくる老若男女に対して、しっかりと『伝える』ことを意識したデザインとなっている。翻訳の精度もスピードも優れており、ストレスを感じさせない。ネットのない環境でも利用できるなど、観光客の利用環境を意識した設計がなされている。本システムを通じて日本の魅力が世界中に発信されることを期待する。言語の勉強にも役立ちそうだ」  なお、「Catalog Pocket」は10月30日(金)から東京ミッドタウンで開催される受賞発表展「グッドデザインエキシビション2015」に出展される。 ≫ニュース全文を読む