企業ニュース
Company news

トップ > 企業ニュース

企業ニュース一覧
2913件中 2181~2190件を表示

2017年01月27日
大日本印刷(DNP)と、そのグループ会社で販促物等の企画・制作を行うDNPコミュニケーションデザイン(DCD)は、増加する訪日外国人に対し、国によって異なるトレンドや好みに合わせて販促物のデザインやコピーライティングを多言語で行い、より効果的なプロモーションを可能にするサービスを2017年2月に開始する。 各国の文化的な背景に基づいて、それぞれが好む色合いや言葉づかい、伝統や最近のトレンドなどに精通したネイティブのデザイナーやコピーライター等を起用した制作体制を構築し、訪日外国人に対するプロモーション効果が最大となるような販促物を提供する。 2016年の訪日外国人は2400万人を突破し、今後も増加すると予測されるなか、インバウンド向け販促物の需要が拡大しています。しかしその多くは、日本人向けの販促物を流用して作られており、国や地域によって異なる人々の文化的背景や好み、トレンドを十分に反映できていないのが現状だ。 この状況に対して今回DCDは、各国の文化的背景や好み、トレンドなどに精通したネイティブのデザイナーやコピーライター、有識者を活用した制作体制を構築し、インバウンド向け販促物の効果を高めていく企画・制作のサービスを開始する。 DNPはインバウンド向けサービスとして、販促物の多言語制作支援サービスや翻訳支援プラットフォーム、タブレット端末を使用した接客支援システムや免税品販売システム、スマートフォンによる商品パッケージの多言語表示システムなどを提供しており、DCDとの連携を強化して事業を拡大していく。 【同サービスの特長】 ・中国語(繁体字・簡体字)や韓国語、英語、タイ語、仏語、独語、伊語など、訪日外国人の多い言語に対応している。 ・各国語のネイティブの人材が、各国の独自の視点を活かしてデザインやコピーライティングを行います。そのため、各国の文化的背景や人々の好み、デザインのトレンドなどを反映させることが可能となり、プロモーション効果の向上につながる。 【価格】 A4判・4ページのパンフレットを作成する場合、デザイン費、翻訳・コピーライト費で約40万円~。 *印刷代は、部数や使用する用紙により個別に見積もる。 DNPはいま、「知とコミュニケーション」「食とヘルスケア」「住まいとモビリティ」「環境とエネルギー」を事業の成長領域と位置づけ、訪日外国人の利便性向上とともに企業の業績拡大に貢献するソリューションを提供するなど、新しい価値の創出に取り組んでいる。 そのなかで、2017年2月に本サービスを開始し、Webプロモーション、店頭POPやパンフレットなどの制作に関連したサービスも含めて2018年に10億円の売上を目指す。 なおDNPは、2017年2月1日(水)~3日(金)に東京ビッグサイトで開催される「インバウンドビジネス総合展」のDNPブースに同サービスを出展する。 ≫ニュース全文を読む

2017年01月27日
大日本印刷(DNP)は、2017年1月23日(月)よりゆうちょ銀行および日本郵便が仙台市・熊本市で発行を開始した地域版Visaプリペイドカード「mijica(ミヂカ)」(運営受託:クレディセゾン)において、DNPの決済サービスを提供した。 mijica(ミヂカ)券面デザイン 仙台版(上)と熊本版(下) 「mijica」は、ゆうちょ銀行のキャッシュカードを持つ12歳以上の預金者(小学生を除く)であれば、誰でも利用可能で、ネット通販を含む国内外の約4000万店以上のVISA加盟店での買い物に、24時間365日利用できる国際ブランドプリペイドカード。 銀行口座からチャージしたい時に使用する「今すぐチャージ」と、指定した金額を指定した日にチャージする「指定日チャージ」などのチャージ方法をご利用いただくことができる。 仙台市・熊本市の「mijica」取扱郵便局・ゆうちょ銀行で申し込める。 【「国際ブランドプリペイド」の決済サービスについて】 今回提供したサービスは、DNPの「国際ブランドプリペイド」決済サービスの導入・運用に必要なカード番号管理、顧客管理、売上・残高管理などの基本機能に、「mijica」向けにカスタマイズした機能を組み合わせ、クラウドサービスとして構築した。 主な特徴は以下の通り。 ・ 銀行口座から直接チャージできる振替機能を実装する。チャージしたい時に使用する「オンライン口座振替」と、指定した金額を指定した日にチャージする「口座自動振替」の双方に対応した。 ・ 口座情報や取引状況などを、必要に応じて外部のシステムと接続できるAPI(Application Programming Interface)を実装している。 ・ VISA、MasterCard、JCBの国際ブランドの加盟店でプリペイドカードの使用が可能。 ・ 同サービスはPCI-DSS*1に準拠した高セキュリティ環境で運用する。 DNPは、今回の決済サービスの提供を通じて、ゆうちょ銀行が取り組む地域経済活性化を支援するとともに、銀行業務の効率化とサービスの向上、生活者の利便性の向上につなげ、キャッシュレス決済の促進に貢献する。また、国際ブランドプリペイドの各種サービスのほか、プリペイドカードの製造・発行、認証サービス、関連業務のBPO(Business Process Outsourcing)やマーケティング支援などのサービスを拡充する。 ≫ニュース全文を読む

2017年01月26日
凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、LCA日本フォーラムが主催する第13回LCA日本フォーラム表彰において「LCA日本フォーラム奨励賞」を受賞した。  LCAフォーラム表彰とは、積極的にLCAを利用して環境負荷削減に取り組む企業、組織、研究者を表彰するもので、凸版印刷は2012年度の会長賞に続いて2度目の受賞となる。  凸版印刷は、製造業として、企業が取り組むべき社会的課題の様々な環境側面である地球温暖化対策や持続可能な資源の利用、大気環境の保全に力を入れている。  多様化する影響領域に対して、効率的に対策を講じるため、その評価手法として、事業活動が外部環境に与える影響を把握するライフサイクルアセスメント(LCA)評価の1つであるLIME手法を取り入れている。  さらに凸版印刷では、製品の評価だけにとどまらず、事業全体の環境影響評価および、サイト(工場、事業所)の環境影響評価や製品の環境影響評価を行うとともに、その評価結果を分析して環境への影響が大きい要素を把握し、目標設定や施策、環境コミュニケーションなど多岐にわたる活用をしてきた。 1)凸版印刷の事業全体としての環境影響評価  LIME手法を活用し、事業全体の環境影響評価を分析し、環境影響が大きい要素を把握することで、中長期目標の設定や環境負荷低減活動の推進施策の決定に役立ててきました。その結果、10年間で環境影響を40%低減、環境効率を36%向上させた。 2)凸版印刷の事業所の環境影響評価  エネルギー効率、材料効率などの点で新しいコンセプトを取り入れ、包装材生産拠点のマザー工場として新設した群馬センター工場と旧工場との環境影響の比較をLIME手法により行なった。その結果、様々な効率改善を取り入れた設備、デザインにより、環境影響は旧工場と比較して、約20%低減されていることが確認された。 3)凸版印刷の製品のLCA評価  凸版印刷では、製品の環境への負荷を「見える化」するため、製品のLCA評価で定量化している。製品の環境負荷への関心が高い容器包装分野では、先駆的な取り組みとしてLCAデータを提供するサービスを展開し、顧客企業とともに消費者の環境負荷低減活動の一助となるよう広く環境情報を伝えていく。  今後も凸版印刷は、持続可能な社会の実現のために、LCAの概念を取り入れた環境影響の見える化を推進し、組織全体で環境負荷の低減活動に取り組むとともに、より環境負荷の少ない製品・サービスの提供を目指す。 ■ 選評 ・製造拠点全体のLIMEによる全社統合評価、事業所のLCA評価、製品のLCA評価と環境活動が充実しており、その効果も確実に現れている。 ・10年という長期にわたる取り組みで、環境影響を40%削減という大きな成果を得て、さらに積極的に結果を公表している活動が評価できる。 ・全社的な取り組みとして製品、事業所、バリューチェーン全体を評価し、その成果を新工場の設備改良に織り込むなどPDCAサイクルを確実に実践し、実績を上げていることが評価できる。 ・ウォーターフットプリンも取り入れた積極的な環境影響評価への取り組みと新設工場の評価や間伐材の利用価値を高める点が評価できる。 ≫ニュース全文を読む

2017年01月26日
共同印刷(東京都文京区、藤森康彰社長)は、2 月15 日(水)から17 日(金)までの3 日間、インテックス大阪(大阪市住之江区)で開催される「第3 回インターフェックス大阪- 医薬品・化粧品・洗剤 研究・製造技術展 -」に出展する。(2号館6-5) 同展示会は、医薬・化粧品などを製造・研究開発するための技術や機器、システムが一堂に会する製薬・化粧品の専門技術展。同社は、医薬品分野で採用が進む湿気・アウトガス吸収フィルム「モイストキャッチ」や非吸着性・保香性・ガスバリア性とヒートシール性を両立した「ノンキャッチ」などの高機能フィルム、キュービック型の中容量フレキシブルコンテナー「ハンディキューブ 」、ロール原反から製袋・充填までの工程をワンユニットで行う液体・粘体用小袋「T パウチ・ショット」、各種ラミネートチューブなどの各種パッケージを出品する。独自技術で開発した製品の数々を手に取って見ることができる。 【主な出展内容】 ・湿気・アウトガス吸収フィルム「モイストキャッチ」 ・薬効や香りを逃さない機能性材料「ノンキャッチ」 ・アウトガス吸収フィルム「オージーキャッチ」 ・酸素吸収フィルム「オキシキャッチ」 ・非接触型 帯電防止フィルム「エレノット」 ・中容量フレキシブルコンテナー「ハンディキューブ」 ・ワンユニット生産の液体・粘体用小袋「T パウチ・ショット」 ・医薬品用スタンディング2 室袋「DUPLEX ONE (デュープレックスワン)」 ・バリア性とデザイン性をあわせ持つ「フルプリントラミネートチューブ」 ・硫化水素ガス吸収フィルム(参考出展) ほか ※ 都合により変更になる場合がある。 ※ 「T パウチ・ショット」は、オリヒロの使用許諾を得て販売している。 ≫ニュース全文を読む

2017年01月25日
凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、フィート(東京都新宿区、小林照二社長)と共同で、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT、黒瀬泰平理事長代行)の委託研究「自治体向け音声翻訳システムに関する研究開発」(2015年度から2019年度の5年間)を受託し、自治体窓口業務に対応した国内で初めての音声翻訳システムの研究開発を進めている。  このたび、前橋市(山本龍市長)と自治体窓口業務に対応した音声翻訳システムの社会実験を連携して進めていくことに合意し、本日、協力合意に係る覚書を締結した。2月から前橋市役所の窓口業務で社会実験を開始する。 ■自治体窓口業務に適した音声翻訳システムの開発について  多言語音声翻訳システムの実用化は、総務省が進める「グローバルコミュニケーション計画」でNICTが推進しているもので、凸版印刷とフィートの研究開発では、これまでに自治体窓口の業務分析、対訳・音声コーパス(音声翻訳システムの基礎になるビッグデータ)の整備等を実施し、自治体窓口で利用可能な音声翻訳システムの開発を進めてきた。  また本研究開発と並行して、外国人の自治体窓口への来訪時の取組や課題等を広く共有するため、ホームページ「自治体向け音声翻訳システムに関する研究開発」を開設し、研究成果を発信してきた。  ■自治体と連携した社会実験の展開  同研究開発では、2015年度より東京都板橋区の協力を得て、自治体窓口業務の分析に基づくデモアプリケーションの開発を進めてきた。  2月からの前橋市での社会実験を通じて、隣接自治体を含め多くの外国人が在留する中核市である前橋市の市役所窓口業務に適した音声翻訳システムの研究開発を行い、窓口業務等における外国人対応の課題の整理と対応方策の検討、同研究開発での社会実験における成果の共有とより良いサービスの実現を図る。 ・実験期間:2017年2月~2019年3月 ・場所:前橋市役所窓口 ・実施内容:外国人来庁者への市役所窓口業務の分析、音声翻訳アプリケーションのユーザビリティ(使いやすさ・使い勝手)調査、窓口でよく使われる行政用語を含むデータの収集等  今後は、今回の社会実験と窓口業務での外国人来庁者の行動分析などをもとに、前橋市をはじめ全国の自治体で利用が可能な音声翻訳システムの開発をめざして、さらに研究開発を推進していく計画。 ≫ニュース全文を読む

2017年01月24日
大日本印刷(DNP,北島義俊社長)は、屋外用デジタルサイネージに液晶ディスプレーの他にLEDによる文字情報の表示が可能な薄型サイネージ「DNP LED搭載薄型屋外サイネージ」を開発し、2017年2月1日から発売する。公共性の高い駅や屋外施設などで、液晶ディスプレーによる映像などの美しい表現と、緊急情報などの文字情報の双方を1台で発信することができるようになる。 近年、増加している訪日外国人向けにさまざまな情報を多言語で提供するインバウンドツールとしての利用など、屋外に設置するデジタルサイネージの需要は拡大する見込み。これまでもDNPは屋外用サイネージの開発を行ってきたが、遠くから見た際に液晶表示だけでは訴求が低いという課題があった。また設置場所を考慮して機器をスリムにしてほしいという要望もあった。それらの課題に対応すべく今回開発した製品は、液晶ディスプレーに加えLED表示部とスピーカーを搭載することで、より多くの人々へ情報を発信できるように改善し、かつ筐体の厚みを13cmとし、従来製品より当社比で約35%のスリム化を実現した。 【「DNP LED搭載薄型屋外サイネージ」 の特長】 1.筐体のスリム化 スリム化する際の課題であったエアコン部の厚みを薄型化することで、筐体の厚みで13cmを実現した。 (当社従来製品と比較し約35%スリム化) 2.液晶表示部はinfoverreRを採用 55型液晶表示は保護ガラスとディスプレーの直接貼合により、外光の反射を抑え、映り込みを低減した。 これにより画質が向上し、1400cd/平方メートルの輝度で2500cd/平方メートル相当のコントラストを実現している。 3.LEDによるアイキャッチ効果  高輝度LED表示なので視認性が高く、遠いところからでも文字情報が見える。 4.音声案内 音声によるお知らせや案内告知も可能。 5.遠隔操作によるコンテンツ更新 液晶ディスプレーとLEDで表示される情報は、「DNPサイネージ配信管理 システムSmartSignageR」による管理が可能。 番組設定、配信時間の設定等は遠隔から操作できる。(別途通信環境が必要) 【販売価格】 機器本体 (税抜価格) 400万円~ ※ 設置工事費・コンテンツ作成費・「DNPサイネージ配信管理システムSmartSignageR」費用は別途必要。 【今後の展開】 DNPは屋外サイネージの需要に応じて本製品の販売を行っていく。 防災・防犯など安全で安心な社会インフラとして屋外での情報発信が求められている中、屋外用サイネージの需要が高まっており、同製品は人々の多く集まる場所である公共施設、観光地、駅やバス停等の屋外で活用することで非常時はもちろん通常時に、必要な情報を多くの人々に発信することが可能になる。 同製品の販売(関連ビジネスを含む)で、2020年度までに8億円の売上げを目指す。 なおDNPは、2017年2月1日(水)~3日(金)まで東京ビッグサイトで開催される「インバウンドビジネス総合展2017」内のDNPブースに同製品を出展する。  ≫ニュース全文を読む

2017年01月24日
ダイレクトマーケティングエージェンシーのフュージョン(札幌市、佐々木卓也社長)は、1月20日付で札幌証券取引所アンビシャス市場への新規上場が承認された。 札幌証券取引所への上場日は2月23日の予定。 ≫ニュース全文を読む

2017年01月23日
大日本印刷(DNP)は、ユネスコの無形文化遺産にも登録された「和食」をテーマにした体験型展示イベントを、マレーシアの首都・クアラルンプールのISETAN The Japan Store内にあるイベントスペース「CUBE_1」*1で、2017年1月21日(土)~3月25日(土)の間、開催している。 1. 「花見弁当」を通じて“和食の世界”を紹介 日本の伝統的な年中行事「お花見」をテーマに“和食の世界”を紹介します。展示の中心は、京都にある4軒の有名料理店の若主人の協力で作られたオリジナルの「花見弁当」。花見弁当の本物そっくりの食品サンプルのほか、弁当が作られるプロセスを紹介する写真や映像での解説を通して、和食の四季や年中行事との関わり、丁寧な職人仕事といった“和食の世界”を発信する。 2. 「お花見」を疑似体験 ラウンジでは、桜やお茶の野点(のだて)を模したインスタレーションを眺めながら、桜にちなんだお菓子*やお茶を試食できるなど、お花見を疑似体験できる。また、「大人が楽しめるお花見」をテーマに、日本酒が試飲できるコーナーも設置している。*先着順。数に限りがある。 3. 京都の文化遺産と四季、和食文化の真髄を伝える高精細4K映像を公開 明日の京都 文化遺産プラットフォーム、DNP、毎日放送が共同で推進する「京都・文化遺産アーカイブプロジェクト」が撮影した、世界遺産をはじめとする京都の有形・無形の文化遺産の高精細な4K映像を会場内で公開する。○京都の文化遺産と移ろいゆく四季を表現した映像(約5分) ○和食文化の真髄をとらえた「口承・和食の智恵」から第一章「和食の源流」(約19分)・第二章「椀物」(約13分)の計3本の映像を放映する。 4. クアラルンプールで“本物の和食”を体験できるライブイベントを隔週末に開催 京都の有名料理店の若主人4名をクアラルンプールに招き、プレゼンテーションと調理のデモンストレーションを行うライブイベントを会期中に8日間・計24回にわたって開催する。「花見弁当」のメニューの考案などについて、展示パネルには掲載しきれなかった思いを若主人自ら語る。また、参加者は料理人が作った和食のプレートを試食することができる。 【「FLAVOUR of HANAMI」展 開催概要】 展示会名 :「FLAVOUR of HANAMI CHERRY BLOSSOM AND JAPANESE CUISINE」 会期 : 2017年1月21日(土)~2017年3月25日(土) 開館時間 : 午前11:00 ~ 午後9:00(最終入場 午後8:30) ※営業は、ISETAN The Japan Store Kuala Lumpurの営業日に準ずる。 入場料: 18歳以上はRM30(マレーシア・リンギット)、 13-17歳はRM15、12歳以下は無料 会場 : 「ISETAN The Japan Store Kuala Lumpur」3F THE CUBE / CUBE_1 (50 Japan Sultan Ismail 50250 Kuala Lumpur, Malaysia) 主催 : ICJ DEPARTMENT STORE (M) SDN. BHD./大日本印刷株式会社 監修 : 高橋拓児(京料理 木乃婦) ■「料理人によるプレゼンテーションライブ」 日時 : 2017年1月21日(土)/22日(日)、2月18日(土)/19日(日)、 3月4日(土)/5日(日)、3月18日(土)/19日(日) *各日とも、12:00-13:30、15:00-16:30、18:00-19:30の3回実施予定 料金 : RM100(マレーシア・リンギット) 定員 : 各回25名(先着/整理券配布) 【今後について】 DNPは、引き続き「CUBE_1」で、日本を代表するクリエイターやアーティスト、職人や文化人等とのコラボレーションによって、来場者にさまざまな日本文化の体験を提供していく。 *1 CUBE_1 : 三越伊勢丹ホールディングスとクールジャパン機構の合弁会社「ICJ DEPARTMENT STORE (M) SDN. BHD.」が2016年10月から運営する、ISETAN The Japan Store3F「THE CUBE」にあるイベントスペース。 ≫ニュース全文を読む

2017年01月20日
大日本印刷(DNP)は、AIの活用によって、人と様々な情報デバイスとの円滑なコミュニケーションを支援する「知能コミュニケーションプラットフォーム」の構築を進めている。 今回、その実証実験を、千葉県にある船橋駅前のインフォメーションセンターで1月24日に開始する。 同プラットフォームは、音声認識機能のほか、発想や対話など、コミュニケーションに必要な知能処理機能を提供します。対話を重ねることで生活者の属性や反応(発話、行動)などの情報を様々なデバイスで蓄積し、意図を分析して、生活者に最適な情報を発信する。これらの機能によって、人と様々な情報デバイスとの間で、自然で気の利いた対話の実現を目指す。 今回、DNPと資本・業務提携関係にある地域情報プラットフォームの運営などを行うフューチャーリンクネットワークが運営する船橋インフォメーションセンターに、「知能コミュニケーションプラットフォーム」を搭載したロボットを設置し、実証実験を行う。来訪者とロボットがコミュニケーションを取りながら、最適な地域の情報を発信していくことで、来訪者に地域の魅力を伝えていく。 【実証実験の概要】 実施日 : 2017年1月24日~7月中旬 場所 : 船橋インフォメーションセンター(千葉県船橋市本町4-2-20) 本実証実験では、「知能コミュニケーションプラットフォーム」を搭載したロボットを会場に設置し、来訪者とロボットがコミュニケーションを取りながら、地域の情報を発信していく。 ■第1期(1月24日~4月中旬) 会場に置いたデジタルサイネージの映像やスライドに合わせて、コミュニケーションロボットがジェスチャーを交え、船橋市の見所や歴史、イベントなどの街の情報を紹介する。 ■第2期(4月中旬~7月中旬) ロボットが内蔵カメラを活用して、来訪者の性別や年齢、印象について映像解析で判断し、その人に合った、最適な観光地や特産品、イベントなどの情報を提供する。                                  「知能コミュニケーションプラットフォーム」をロボットに搭載し、会場に設置 今後DNPは、今回の実証実験を通じて「知能コミュニケーションプラットフォーム」の機能を向上させるとともに、本プラットフォームを搭載したロボットやチャットボット、デジタルサイネージなどを店舗や各種施設、イベント会場などで活用していきます。それにより、企業の店舗運営における業務の効率化を支援するとともに、企業と生活者とのコミュニケーションを深めることで、新商品開発や新規事業の発掘などに繋げていく。また、店舗の接客時における関連商品や意外な商品の提案なども可能となることから、顧客企業の事業拡大につなげていく。 ≫ニュース全文を読む

2017年01月20日
共同印刷(東京都文京区、藤森康彰社長)は、前田青邨画伯「桃花」の高級美術複製画を、限定300 部のエディションで制作、販売を開始した。 前田青邨「桃花」は、東京・名古屋・京都・大阪・金沢の美術倶楽部が主催した「五都展」への出品作。桃というとピンクのイメージがあるが、青邨は紅白の桃花を描いた。鮮やかな花色が、枝ぶりや赤絵の花瓶、下に敷かれた絞り模様のクロスでさらに強調され、桃花の力強さが画面いっぱいに広がる華麗な作品。前田青邨の愛弟子の一人であり、本作「桃花」の監修者でもある、日本美術院同人の今井珠泉(しゅせん)画伯は「非常に華やかで、先生(前田青邨)の特徴である垂らし込みの技法があり、花も一つひとつ生き生きとしている。このように躍動感のある感じはなかなか出せるものではない」、「垂らし込みを使って、布、花瓶、花、枝の質感をこれだけ描き分けている。先生の垂らし込みは“質を描き分ける垂らし込み”。このようなものは先生以外には見たことがない。まさに神業」だと絶賛している。 前田青邨の感性と技術が生み出した作品の凄みを、ぜひ手元で楽しもう。 [仕様体裁] 本体価格200,000 円(税別) 技 法:彩美版、シルクスクリーン手刷り、 本金泥使用 限 定:300 部(額装) 画 寸:天地53.0cm×左右41.2cm 額 寸:天地77.8cm×左右66.0cm 額 縁:国産特注木製額(アルダー天然無垢材 ワックス仕上げ)、金モール織りマット、 アクリル付き 重 量:約4.85g ※彩美版は共同印刷(株)の登録商標 前田 青邨(まえだ せいそん 1885~1977) 1885 年、岐阜県中津川市に誕生。1901 年に上京、尾崎紅葉の紹介で日本画家・梶田半古に学ぶ。1914 年、日本美術院同人に推挙。1920 年、延暦寺より伝教大師絵伝「根本中堂落慶供養図」を委嘱される。1930 年、「洞窟の頼朝」で第一回朝日賞受賞。1951 年に東京藝術大学教授に就任、1955 年に文化勲章を受章。1961 年、「桃花」を制作。活躍は幅広く、法隆寺金堂壁画再現事業の総監修や高松塚古墳壁画模写の総監督も務めた。1974 年、ローマ教皇庁の依頼で「細川ガラシャ夫人像」を完成、バチカン美術館に納める。 ≫ニュース全文を読む