企業ニュース
Company news

トップ > 企業ニュース

企業ニュース一覧
2024件中 1591~1600件を表示

2016年06月03日
 凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)が開発した、災害時に生活用水の持ち運びに便利な非常用給水袋が、内閣官房 国土強靭化推進室が2016年5月23日に公開した「国土強靭化 民間の取組事例集」において、顧客を守る取り組み事例のひとつとして選定・掲載された。  同製品は、凸版印刷が提供しているプラスチックフィルム内袋と段ボールの外装箱で構成される大容量液体製品向け複合容器「TL-PAK(ティーエルパック)」の製造技術を活用して開発した。約9ℓの水を持ち運ぶことが可能で、プラスチックフィルムを使用したシンプルな構造のため、低コストで導入できる。使用しないときは折りたたんで収納できるほか、コンパクトな設計により、トートバックなどに入れて持ち運ぶことも可能。凸版印刷が大阪府と2015年11月5日に締結した防災協定により、大阪府の非常用給水向け包装材として提供している。  同製品が「国土強靭化に関して先導的な取組」として評価され、今回の選定・掲載につながった。  凸版印刷は今後も、事業活動を通じ、安心・安全な社会の実現に向け貢献していく。     ■ 「国土強靭化 民間の取組事例集」について  民間企業の国土強靭化に資する主体的な取り組みの促進に向けた施策展開のため、大規模自然災害に対する民間企業自身の災害対応力や地域の防災力の向上等に役に立つ取り組みなど、国土強靭化に資する事例を内閣官房が選定した。  URL: http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/kokudo_kyoujinka/h28_minkan/ ≫ニュース全文を読む

2016年06月03日
大日本印刷(DNP、北島義俊社長)は、デジタル製品の記憶媒体である3D(3次元)構造のNAND型フラッシュメモリーの回路パターンを形成する際に使用が見込まれるナノインプリントリソグラフィ(NIL)*のテンプレート(型)の生産設備において40億円の追加設備投資を実施し、量産体制を強化する。 DNPは、従来からNILのテンプレート供給及び開発に注力しており、今回、3D構造のNAND型フラッシュメモリーの大幅な需要増加と低コスト化に対応するために、10nm台のNIL用テンプレートの生産体制を増強する。 *ナノインプリントリソグラフィ : 基材上の樹脂などに金型を圧着して、nm(ナノメートル:10-9メートル)からμm(マイクロメートル:10-6メートル)単位のパターンを安定的かつ安価で転写する微細加工技術。 近年、NAND型フラッシュメモリーの需要が急速に増加している。特にメモリーセルを垂直に配置した3D構造の同メモリーは、データ容量を飛躍的に増やせるため、スマートフォンやデータセンター向けに大幅な需要増加が見込まれている。市場では、NAND型フラッシュメモリーの出荷額が2015年の300億ドル前半に対して2018年には500億ドル台に達し、その70%以上が3D構造になると予測されている*。しかし、従来のフォトリソグラフィ技術による半導体製造方法では、工程が複雑な3D構造への対応が困難で、製造装置が高価になるなど、製造コストの増加が課題となっている。 この課題に対し、NILを活用した製造方法は、テンプレートから直接回路パターンを転写して複製するため、高価な光学系の設備を使用せず、比較的安価な露光装置での製造が可能。また、製造工程も簡略化できるため、従来のフォトリソグラフィ技術による製造方法に比べ、約3分の1のコストダウンに繋がる革新的な半導体製造技術として注目されている。 *ガートナー社予測 【設備投資による量産体制強化について】 DNPは2003年よりNILのプロセスに必須のテンプレートの開発を行っている。2009年以降は東芝やキヤノンと共同でNILのプロセスの開発を進めると共に、これまで70億円の投資を実施して2015年には回路線幅20nmのテンプレートの量産体制を確立した。また、次世代半導体に向けて10nm台のNIL用の原版となるマスターテンプレートと、マスターテンプレートから複製するレプリカテンプレートの開発にも成功している。 世界の半導体メーカー各社は、3D構造NAND型フラッシュメモリーの製造コストの削減やさらなる微細化に対応するために、NILによる半導体製造技術の確立と生産体制を強化している。DNPもこれら半導体メーカー各社の動きに対応すべく、今回、 高解像度高速EB描画(マルチビーム描画装置)やドライエッチングなどの関連プロセス装置など、40億円の設備投資による増強を図り、NILテンプレートの需要増に対応できるよう量産体制を整備していく。 今後、DNPは、今後の半導体のさらなる微細化とコスト削減に対応する開発・生産体制を強化することにより、NILテンプレートで2019年に約100億円の売上げを目指す。 ≫ニュース全文を読む

2016年06月02日
登坂泰夫氏(とさか・ひろふ=荒川区・精密印刷会長)5月31日、兼ねて病気療養中のところ死去、88歳。通夜は6月4日午後6時30分より、葬儀・告別式は6月5日午前10時50分より正午まで、東京都板橋区小茂根4-25-3のソーレスト板橋ホールで執り行われる。 喪主は妻、冨美子(ふみこ)さん。 ≫ニュース全文を読む

2016年06月01日
大日本印刷と、その100%子会社でデジタルコンテンツの企画制作を行うDNPデジタルコム(2社、以下:DNP)は、JTBパブリッシングと共同で、【ITを使って未来の旅行を変える「TRAVEL×IT CONTEST」】を開催する。 20世紀最大の発明の1つである、インターネットは、私たちの生活に大きな影響を与え、ビジネスからホビーまでライフスタイルを大きく変えた。旅行もその1つだ。インターネットを通じた情報収集や旅行の準備、旅行中のSNSを活用したコミュニケーションなど、影響範囲は計り知れない。さらに、それらをスマートデバイスだけで実現することもあたりまえの世界になった。目覚ましいスピードで影響を与えていくであろうITの進化は、今後、どのように旅行を変えていくのだろうか。 今回の「TRAVEL×IT CONTEST」では、 “ITの進化に伴って、これからの旅行がどのように変わっていくか”をテーマに、生活者からアイデアを募集する。集まったアイデアをさまざまな立場の審査員が評価し、その審査を通過したアイデアについて、応募者がプレゼンテーションするコンテストを9月10日(土)に開催する。大賞50万円分のJTB旅行券をはじめ、優れたアイデアについては、主催者であるDNPやJTBパブリッシングによる事業化も検討していく※。コンテスト当日は、プレゼンテーション及び、その結果発表のほか、審査員によるキーノートセッションを行う予定。 ※主催者が事業化の検討を行う場合には、応募者に個別に相談する。 【ITを使って未来の旅行を変える「TRAVEL×IT CONTEST」】 ○アイデア募集について ・募集期間:2016年6月1日(水)~7月20日(水) ・応募方法:コンテスト公式サイトの応募要項より、応募書類をダウンロードして記載の上、応募フォームより必要事項と共に送信する。厳正な審査の上、プレゼンテーション大会への参加者決定後、2016年8月10日(水)迄に主催者からメールで参加者に連絡する。 ○プレゼンテーション大会について ・日時:2016年9月10日(土) ・場所:DNP市谷田町ビル(予定)  東京都新宿区市谷田町1-14-1 ○主催:大日本印刷株式会社、株式会社DNPデジタルコム、株式会社JTBパブリッシング ○大賞: JTB旅行券50万円分 ※詳細、応募についてはこちら TRAVEL×IT CONTEST公式サイト:http://www.dnp-digi.com/travel-jtbp/ 今後、DNPとJTBパブリッシングは、コンテストのアイデアを元に、ITの進化と旅の変化について考察し、旅における新しい価値の創出と、より豊かなサービスの提供に取り組んでいく。 ≫ニュース全文を読む

2016年06月01日
全国で815店舗の「TSUTAYA BOOKS」を展開するTSUTAYA(東京都渋谷区 中西 一雄社長)は、2014年からBookLive(東京都港区、淡野 正社長)との戦略的業務提携により紙と電子が実現する新たな読書体験サービスとして『Airbook』と『TSUTAYAデジタル特典』のサービス拡大を進めてきた。この度、書籍・雑誌合わせて業界最大規模の371タイトルとなった。 『Airbook』は、全国のTSUTAYA対象店舗でTカードを提示して対象商品を購入すると、対象商品の電子版が無料で楽しめるサービスとして、2014年12月にサービスを開始した。 6月より書籍では、SB新書が好評につき12月発売の新刊まで実施延長した。また、新たに「ベリーズ文庫」(スターツ出版)既刊94タイトルおよび発売予定の新刊が『Airbook』に加わった。今後も継続して書籍のラインナップも拡大予定。 雑誌も、お客のニーズに応え、「散歩の達人MOOK」シリーズ(交通新聞社)や「GOLF TODAY」(三栄書房)など趣味誌を中心に75タイトルを拡充した。これにより、今まで以上にお客それぞれのライフスタイルにあった幅広いジャンルの作品を提供できるようになった。 また、本日より、Airbook対象タイトル拡充を記念して、Tカードを提示して本(雑誌・書籍・コミック)を税込1,000円以上購入し、WEBからエントリーすると抽選で1,000名様に豪華賞品をプレゼントする『TSUTAYA×BookLive! 大抽選会 キャンペーン』を実施する。 『Airbook』のサービス利用者は、TSUTAYA全体の利用者に比べ月間来店回数が2倍、購入冊数は3倍と高い実績を記録し、お客に大変好評を得ている。TSUTAYAは全国815店舗の書店のデータベースを活かし、リアル書店ならではの本の質感や出会いを楽しむ空間を提案しながら、電子版の携帯性や利便性も体験できる新たな読書価値の創出により、業界全体の活性化に繋げていく。 ≫ニュース全文を読む

2016年06月01日
凸版印刷(東京都千代田区、金子 眞吾社長)と富士通エフ・アイ・ピー(東京都港区、米倉 誠人社長)は、とりせん(群馬県館林市、前原 宏之社長)が北関東に展開するスーパー「とりせん」店舗で使えるポイント一体型ハウス電子マネー「とりせん電子マネーカード(以下、とりせんカード)」に向けて、共同で運営する「サーバ管理型プリペイドASPサービス」を提供する。 「とりせんカード」は、2016年7月中旬より順次発行を開始、60店舗で使用が可能となる。(2016年5月末現在) とりせんでは、お客にお得なポイント還元とスピーディーなキャッシュレス決済を実現し、買い物における一層の利便性を提供できる決済手法を検討してきた。あわせて、お客の利用実績と購買データを元にした各種販促施策の実施を検討し、これらを同時に実現できるポイント一体型ハウス電子マネーの導入を決定した。 ■「とりせんカード」の特長 「とりせんカード」は1,000円単位で50,000円までチャージ(カード現金入金)が可能(1回のチャージ限度額は49,000円)。「とりせんカード」での精算200円(税抜)ごとに1ポイントが付与され、500ポイントで500円分のお買物券がレジより自動発行される 。16歳以上は誰でも持てる便利なカード。 「とりせんカード」の導入に際しては、凸版印刷の豊富な実績によるスムーズな導入管理、年間稼働率100%(2015年度実績)のシステム信頼性が高く評価され、「サーバ管理型プリペイドASPサービス」が採用された。また、「とりせんカード」に関連する販促・運用業務に一括で対応することができる幅広いソリューションおよび体制も評価され、電子マネーだけでなく、ポイントシステム、事務局業務、入会促進などについても凸版印刷が支援する。 今後、凸版印刷は、「とりせんカード」のさらなる顧客利便性の向上に向けて、とりせんとともに機能強化に取り組んでいくほか、とりせんの推進するプロモーションやキャンペーン施策への協力を通じて、「とりせんカード」の利用拡大を支援する。 同時に、凸版印刷と富士通エフ・アイ・ピーは、「サーバ管理型プリペイドASPサービス」の付加価値をさらに高め、より一層の拡大を目指し、全国の流通・サービス業を中心に販売を強化していく。 ≫ニュース全文を読む

2016年05月31日
凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、群馬県みなかみ町(以下みなかみ町、岸良昌町長)と「みなかみヘルスツーリズム協働プロジェクト」に関する協定を2016年5月31日に締結した。 同プロジェクトは、官民連携による協働プロジェクトを展開し、凸版印刷とみなかみ町の発展と、みなかみ町の活性化に寄与することを目的にしている。 凸版印刷とみなかみ町は、みなかみ町への旅行を通じて健康回復・健康増進を図り、健康維持・疾病予防に資する取り組み「みなかみヘルスケアツーリズム」について包括的な協力のもと、プロジェクトを展開する。みなかみ町が有する、自然や景観、アウトドアスポーツ、食、温泉などの資源を活かし、互いに連携、協力してプロジェクトの実現に取り組む。 凸版印刷が、プロジェクトを推進するための情報提供、企画提案などを行うとともに、みなかみ町で調査研究、イベントなどを実施する。みなかみ町は調査、研究、イベント等を実施する際には、施設、場所などの提供に努めるとともに活動に協力する。   同プロジェクトの事業内容は次のとおり。 (1) 健康資産のエビデンス化に関すること。 (2) 健康維持・増進プログラムの構築に関すること。 (3) 本町の食材を活用した健康に関する食の開発に関すること。 (4) 受入態勢整備と人材育成に関すること。 (5) ビジネスモデルの創出に関すること。 (6) その他目的の達成に資すること。 凸版印刷は、みなかみ町の有する自然や温泉などの資源と凸版印刷のヘルスケア分野でのノウハウや、専門家・研究機関とのネットワークなど双方の持つ強みを活かし、同プロジェクトを推進。みなかみ町のさらなる発展を支援するとともに、ヘルスケア分野での一層の事業強化を図る。 ≫ニュース全文を読む

2016年05月31日
共同印刷(東京都文京区、藤森康彰社長)は、6月9日(木)・10日(金)に、インテックス大阪で開催される「防犯防災総合展 in KANSAI 2016」に出展する。  同展は、防犯・防災分野における最新機器や技術、サービスなどが一堂に会する、西日本最大級の防犯・防災に関する展示会。  同社は、非常時飲料水用「パックエキスパート 10L用」を出品する。PacXpertは、食品や化学用品などの各種用途に使用できるフィルム製コンテナー。フィルム製で軽く、パウチの天地2カ所にある、本体と一体化した持ち手で持ち運びがしやすい点に加え、口栓付きで水の出し入れがしやすい点も特長。また、水を入れると安定したキュービック形状になるため保管や輸送が効率的に行えるほか、簡単に折りたためて使った分だけパッケージが小さくなり、保管スペースの削減にも有効。繰り返し使える強度もあり、非常時飲料水の確保・運搬・保管用容器として最適な容器。   【非常時飲料水用パックエキスパート(PacXpert)の主な特長】 ①天地2カ所の取っ手があり、手が痛くならない ②大容量でも注ぎやすい ③口栓付きで水の注入が簡単に行える ④小さくたためて保管の場所をとらない ≫ニュース全文を読む

2016年05月31日
凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、大切な人への気持ちを託した「声」を贈り物に添える仕組みとして「VoicePack」を開始した。  離れて暮らす両親への手土産に、誕生日を祝い合う仲の良い友人へのプレゼントに、結婚式や同窓会で久しぶりに再会する仲間への招待状に。「VoicePack」は様々なギフトシーンで送り手の気持ちをよりカジュアルに、より確実に届けるサービス。  今後、お中元やお歳暮等の季節ギフト売り場や、父の日、母の日、バレンタインデー、クリスマスといったプレゼントを扱う店頭、結婚式場や写真館、観光地のお土産店等に対し、プレゼントに送り手の気持ちを添えるサービスとして販売していく。  サービスの導入者は「VoicePack」を利用することで音声メッセージを保管、再生するシステムを最初から作る必要がなくすぐに導入が可能。凸版印刷は他にも、パソコンやプリンターといったハード類、店頭でイベントとして実施する際のブースデザインから施工、発送の際に必要な台紙や封筒、その他販促ツールまで、サービス導入に必要な分野全てを一貫して支援する。 ■「VoicePack」概要  送り手がマイクで吹き込んだ音声メッセージをWebサーバーに保管し、あわせてアクセス用URLを記載したQRコードを生成する。シール等に出力したQRコードをギフトに添えて発送することで、受け手はスマートフォン端末等でQRコードを読み取り、音声メッセージを再生できるサービス。  送り手は、専用アプリケーションを自分のスマートフォン端末等にインストールする必要がなく、音声メッセージを送ることができる。 ■「VoicePack」採用実績   三越銀座店が開設するお中元ギフトセンター(開設期間:2016年6月1日から7月14日まで)において、「声のメッセージギフト」として初めて展開する。  三越銀座店では、お中元ギフトセンターに録音用ブースを設置。買った品物を持って録音用ブースに行くと、録音の後、アクセス用URLを記載したQRコードを生成、シールにして渡す。そのシールを専用台紙に貼り付けた上で、専用封筒に封入し、品物とともにギフトセンターに持っていくことで、品物とあわせて「声のメッセージ」を届ける。  更に三越日本橋本店では、本館2階の紳士フロアにて父の日イベントとして実施する(6月1日から6月19日まで)。 ■「VoicePack」仕様 録音可能時間 10秒(別途設定も可) 音声メッセージ保管期間 1年間 (別途設定も可) ■「VoicePack」価格 初期費用 10万円 システム利用料 25万円/月 音声メッセージ最大保管量 1,000通程度 ※上記費用には、録音用ブースの設置やマイク・パソコンなどの機材の経費は含まれていない。 ≫ニュース全文を読む

2016年05月31日
大日本印刷(DNP,北島義俊社長)は、6月2日、シンポジウム「高精細デジタルアーカイブと文化遺産の未来 ―DNPミュージアムラボ『フランス国立図書館 体感する地球儀・天球儀展』関連企画―」を京都文化博物館で開催する。 DNPは2015年、世界三大コレクションとされるフランス国立図書館(BnF)所蔵の地球儀・天球儀を、独自に開発した「DNPの高精細3Dデジタルアーカイブシステム」で3Dデジタル化した。その超高精細データを活用した新しい鑑賞方法を体験できる展覧会を現在、東京・五反田で開催している(後期2016年6月3日~9月4日)。 同シンポジウムでは、BnFとのデジタルアーカイブへの取り組みを紹介するとともに、有形・無形の文化遺産の宝庫である京都において、未来へ継承する文化遺産とデジタルアーカイブが果たす役割と意義について考える。 【シンポジウム「高精細デジタルアーカイブと文化遺産の未来」プログラム】 ■挨拶 大日本印刷 常務取締役 北島 元治氏 ■報告 BnF×DNP 3Dデジタル化プロジェクトと「体感する地球儀・天球儀展」における公開の手法 大日本印刷 出版メディア事業部グローバルソリューション開発部長 高梨 浩志氏 DNPアートコミュニケーションズ ソリューション開発部長 舛本 美和氏 ■講演 BnFのデジタル化に向けた取組み *逐次通訳付き  フランス国立図書館 地図部門 学芸員 クレール・シュメル氏 ■特別講演 京都における天球儀「縮象儀」とデジタルアーカイブ 龍谷大学古典籍デジタルアーカイブ研究センター長 岡田 至弘氏 ■パネルディスカッション 次世代へつなぐ ―高精細デジタルアーカイブと文化遺産― 京都工芸繊維大学教授、美術工芸資料館館長 並木 誠士氏 龍谷大学古典籍デジタルアーカイブ研究センター長 岡田 至弘氏 歴史・放送作家、京都ジャーナリズム歴史文化研究所代表 丘 眞奈美氏 林原美術館館長、山陽学園大学副学長・教授 谷一 尚氏 【開催概要】 ■日時 : 2016年6月2日(木)16時~18時40分(開場15時30分) ■場所 : 京都文化博物館 別館ホール 京都市中京区三条高倉 地下鉄烏丸線・東西線「烏丸御池」下車 ■定員 : 先着200名(無料、事前予約制)     *申込みはこちら  http://www.museumlab.jp/bnf/exhibition/artwork03.html 主催:DNP大日本印刷、DNP京都太秦文化遺産ギャラリー 共催:フランス国立図書館(BnF) 協力:公益財団法人DNP文化振興財団 後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本 DNPミュージアムラボ「フランス国立図書館 体感する地球儀・天球儀展」の様子 ≫ニュース全文を読む