企業ニュース
Company news

トップ > 企業ニュース

企業ニュース一覧
1734件中 1411~1420件を表示

2016年03月25日
凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、高松市(香川県高松市、大西秀人市長)が4月1日から利用を開始する、市内5ヶ所に設置の「高松市 観光情報発信用デジタルサイネージ」向けに、多言語に対応した高松市の観光情報コンテンツを 制作した。  同コンテンツは、高松市の観光に関する情報やイメージなどを、デジタルサイネージを通じて発信することで、観光客の回遊・消費促進や満足度向上を図り、観光振興および地域活性化を推進する目的のもと、制作した。  具体的には、高松市が運営する観光Webサイト「高松旅ネット」と内容連携することにより、「高松旅ネット」を利用して事前学習してきた観光客に対し、より親近感のある情報提供を可能にした。また、6言語への対応はもちろん、文字の大きさや画面遷移、情報量などをデジタルサイネージ向けにカスタマイズすることで、できるだけ多くの人々にとって使いやすいユニバーサルデザインに配慮している。さらに、QRコードを用いることで「高松旅ネット」のスマートフォン向けWebサイトへ誘導、詳細情報や目的地までの地図情報にアクセスできる。  凸版印刷は本コンテンツを通じ、高松市への来訪者の利便性を向上させるとともに、観光の振興・地域活性化に貢献する。 ■ 制作したコンテンツの詳細 <トップページ> 来訪者が必要とする情報にアクセスしやすいよう、各カテゴリを分かりやすく表示している。 また高松市から発信される観光イベント情報も随時表示する。 <早分かり高松> 歴史、アート、グルメ、島旅の4カテゴリから高松を紹介する。 各画面にはQRコードを表示、「高松旅ネット」のWebサイトに誘導する。 <観光スポット> 観光スポットの詳細紹介ページでは、「高松旅ネット」の地図ページにアクセスできるQRコードも表示、回遊をサポートする。 ≫ニュース全文を読む

2016年03月23日
大日本印刷(DNP、北島義俊社長)は、フィンランド国立アテネウム美術館と共同で開発したデジタルコンテンツ「at Home(家にて)」が同館に導入され、3月19日より運用を開始した。このシステムはフィンランドで人気の高い女性画家ヘレン・シャルフベックの水彩や素描などの作品を、フィンランド語、スウェーデン語、英語、日本語の4カ国語に切り替えて、多様な視点からの解説とともに鑑賞できるようにした。素材の脆弱性から、これまで作品保護の観点から展示の機会の少なかった紙の作品も、このシステムによって広く鑑賞する機会が得られる。 DNPはさまざまなミュージアムと協働し、最新の情報技術や画像処理のノウハウを駆使して多様な芸術文化に親しむ鑑賞方法を提供する「DNPミュージアムラボ」を推進している。フランスのルーヴル美術館やセーヴル磁器の専門施設などの常設展や、日本の美術館の企画展などに各種の鑑賞システムを提供しており、今回の「at Home」もこの取り組みを通じて開発された。 【鑑賞システム「at Home」の概要】 鑑賞システム「at Home」は、2015~2016年の国内の巡回展「ヘレン・シャルフベック‐魂のまなざし」において、同展に作品を貸し出したアテネウム美術館とDNPが共同で開発し、多くの来場者に利用された。ヘレン・シャルフベック(1862-1946)は、さまざまに画風を変えながら常に自らの内面を深く見つめた作品によって、近年、フィンランド国内だけでなく海外からも注目を集める女性画家。「at Home」では、水彩や素描など紙に描かれた約100点の作品をデジタル化し、より深く作家や作品が理解できるコンテンツを加え、さまざまな角度から鑑賞できる機会を広く提供する。シャルフベックの画家としての生涯を青年期・壮年期・晩年に分け、それぞれの時代の特徴を、その時代に描かれた作品とともに読み解くことができる。コンテンツは、フィンランド語、スウェーデン語、英語、日本語の4カ国語を切り替えて利用できる。 今後、DNPは、鑑賞システム「at Home」の教育的効果を高く評価しているアテネウム美術館とともに、フィンランドの鑑賞教育に関するノウハウを活用し、タブレット端末を利用したワークショッププログラムなどを開発していく。 ≫ニュース全文を読む

2016年03月22日
共同印刷(東京都文京区、藤森康彰社長)は、 4月 6日 から 8日 まで、東京ビッグサイトで開催される「第 7回高機能フィルム展~フィルムテックジャパン 2016~」に出展する。(東6ホール E27-49) 同展示会は、医薬品や太陽電池などの分野で注目される高機能フィルムの製造技術、研究開発のための専門展。 同社は、吸湿・吸着機能フィルム「モイストキャッチ」をはじめ、におい成分やアウトガスなどの低分子揮発成分のみを選択的に吸着する「オージーキャッチ」、水分を使わずに酸素を吸収する「オキシキャッチ」など、医薬品や精密機器など幅広い分野で採用されている高機能フィルムを多数紹介する。 【主な出展内容】※都合により変更になる場合がある。 ・吸湿・吸着機能フィルム「モイストキャッチ」 ・アウトガス吸着機能フィルム「オージーキャッチ」 ・酸素吸収フィルム「オキシキャッチ」 ・非接触型帯電防止フィルム「エレノット」 ・薬効や香りを逃がさない「非吸着性フィルム」 <参考出展:吸着フィルムシリーズ> ・硫化水素ガス吸着フィルム ・酢酸ガス吸着フィルム   ほか開発品 ≫ニュース全文を読む

2016年03月18日
凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)と、中国・故宮博物院(北京市、院長:単霽翔氏)は、2000年より「故宮文化資産デジタル化応用研究(略称:故宮プロジェクト)」を共同で進めている。  このたび、この「故宮プロジェクト」の研究成果であるVR (バーチャルリアリティ)作品を、3月1日に故宮博物院の敷地内にオープンした「故宮博物院端門デジタル館」のVRシアターにて一般公開を開始した。なお、故宮プロジェクトによる研究成果であるVR作品を常設展示として一般公開するのは今回が初めてとなる。  「故宮博物院端門デジタル館」は故宮博物院が開設した展示施設で、同院の古建築と文物を対象に、高精細デジタルデータと綿密な学術研究を融合させ、歴史的かつ文化的な情報を、デジタル技術を駆使して公開する展示空間。  凸版印刷と故宮博物院は今回、共同研究の成果であるVR作品『故宮VR《紫禁城・天子の宮殿》』を、同館内に設置されたVRシアターで一般公開。来館者は、VR技術で再現された清・明王朝時代の紫禁城を、太和殿を中心に鑑賞できる。  凸版印刷は今後も故宮博物院との共同プロジェクトを継続して推進。また貴重な古建築群や文物のデジタル化による研究/保護活用手法の開発や、それらのデータを元にしたVR作品などのデジタルコンテンツの一般公開を国内外で推進していく。     ■ 「故宮博物院端門デジタル館」での上演案内 開館期間: 2016年3月1日(火)~7月15日(金) 休 館 日: 月曜日 (ただし、祝日・休日は除く) 入場時間: 9:00/ 10:00/ 11:00/ 12:00/ 13:00/ 14:00/ 15:00 上演時間: 約20分 料金: 無料 (予約制)  ※予約Webサイト: http://gugong.228.com.cn/ ※開館日、入場時間などは変更になる場合がある。詳細はWebサイト (http://www.dpm.org.cn/)を参照のこと。 ≫ニュース全文を読む

2016年03月18日
大日本印刷(DNP)とホスピタルネットが提供する、繰り返しチャージできるプリペイド型の非接触ICカード(電子マネー)で、病院内の自動販売機や売店などの支払いができるキャッシュレスシステムが、埼玉県の医療法人藍生会不動ヶ丘病院(以下:不動ヶ丘病院)で採用された。 精神科等の病院では、入院患者の自立を支援していくため、自動販売機や売店、ランドリーなどの支払いをできる限り入院患者本人に任せたいというニーズがある。しかし、現金決済では、お金の使いすぎや紛失などのトラブルが起こりやすく、それを防ぐために病院スタッフが患者の金銭を管理することが多いことから、その業務負荷が課題となっている。この課題に対してDNPとホスピタルネットは、現金を持ち歩く必要のない、プリペイド型の電子マネーを利用した病院向けキャッシュレスシステムを発売しました。1枚のカードで病院内の自動販売機や売店、ランドリーなどの支払いが行えるほか、1日あたりの利用限度額の設定や利用履歴の確認、カード紛失時の利用停止などが可能で、金銭トラブルを軽減し、患者自身の金銭管理を側面から支援する。今回、同システムが不動ヶ丘病院で採用された。 【キャッシュレスシステムの概要】 繰り返しチャージできるプリペイド型の電子マネー用カード1枚で、病院内のさまざまな支払いができるキャッシュレスシステム。管理サーバーで利用履歴の確認や利用明細のプリントアウトが可能で、患者一人ひとりのお金の使い方を“見える化”する。また、1日の利用限度額の設定によって使いすぎを防止できるほか、カードの紛失や盗難の際には即時に使用を停止することができる。 DNPとホスピタルネットは、電子マネー用の非接触ICカードと金額の加算減算の管理サーバー、チャージ用機器、残高確認用端末、キャッシュレス対応の各種機器(ランドリー、自動販売機、電話、テレビ、冷蔵庫など)から、各病院のニーズに合わせて最適なシステムを構成して提供する。 ≫ニュース全文を読む

2016年03月18日
 大阪府印刷工業組合(吉田忠次理事長)は3月16日、大阪市都島区の太閤園において、「平成27年度第4回定例理事会」を開催し、次期理事長推薦候補者承認の件で作道孝行氏(作道印刷社長)を推薦することを決めた。  開会に先立ち吉田理事長があいさつした後、議案に移り組合員加入承認の件では1社(加入承認後の組合員数は518社)の加入を承認したほか、表彰規定改定(案)、委員会構成変更、平成28年度実施事業(骨子案)承認、平成27年度決算見込みおよび平成28年度予算(骨子)・委員会予算(骨子)について協議し、いずれも原案通りに承認された。  平成28・29年度の委員会など組織(案)では、60周年記念事業で掲げた「健全な印刷業界を次世代に継承」のビジョンを具現化するための組織づくりを行い、未来に向かって躍進する印刷業の実現と次世代が夢と希望を抱く業界であり続けることを目指していく。  そのため、通常委員会としてマーケティング(経営革新・マーケティング、MUD事業を担当)、組織サービス(環境・労務、組織・共済を担当)、経営合理化(教育・研修を担当)、例会運営委員会の4つ委員会に加え、特別委員会として広報特別委員会を設置する案を承認した。  中でも、新設される例会運営委員会では、①交流事業の企画運営②組合員の交流③組合員例会の企画・運営・実施を行い、組合員のさらなる情報交流の場を設けていく。 ≫ニュース全文を読む

2016年03月17日
凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、日本遺産を訪日外国人旅行者に紹介するスマートフォン向け多言語観光アプリ「日本遺産ストーリーガイド」を開発した。第一弾として2015年4月に日本遺産に認定された「祈る皇女斎王のみやこ 斎宮(さいくう)」(三重県多気郡明和町)の訪日外国人向け観光アプリとして採用され、3月19日より公開される。  なお同アプリは「何度も旅したくなる日本」の実現を目指す当社の「旅道(たびどう)」プロジェクトの取り組みの一環となる。  「日本遺産ストーリーガイド」は、地域の歴史的魅力や特色を通じて日本の文化・伝統を語るストーリーを文化庁が認定する「日本遺産」を、訪日外国人旅行者の興味関心が高い漫画と和歌で事前学習。また指差しガイドやオフライン対応マップ、GPSを用いた再現CGコンテンツなど、現地で周遊を促すコンテンツを搭載したスマートフォン向け多言語対応アプリ。  今回同アプリが採用された「斎宮」は、古代から中世にわたり、天皇に代わって伊勢神宮の天照大神に仕えた皇女「斎王」の宮殿で、伊勢神宮領の入口に位置し、都さながらの雅な暮らしが営まれていたと言われている。この斎宮にまつわるストーリーと、「斎宮跡」や「斎王の森」、「祓川」など構成文化財12箇所が日本遺産として認定されている。  訪日外国人旅行者に対して「斎宮」の魅力を日本ならではの手法で発信できる点、また訪日後に現地で周遊を促進できる点が評価され、今回の採用につながった。 ■ 「日本遺産ストーリーガイド」の特長 ・「日本遺産」に特化した観光アプリ 日本の文化・伝統を語るストーリーを重視し、そのストーリーを語る上で欠かせな い有形・無形の文化財群を認定する「日本遺産」に特化。ストーリーの事前学習 や訪日後の地域周遊を促進されるコンテンツをトータルで提供できる。 ・オフラインでの利用が可能 コンテンツはすべてオフラインでの利用が可能なため、通信環境に左右されるこ とがない。 ・漫画や和歌を用いたコンテンツで日本遺産を紹介 訪日外国人旅行者の興味関心が高い漫画や和歌など、日本ならではの手法を 用いた事前学習コンテンツの制作が可能。 ・指差しガイドやスタンプラリー、再現CGなどのコンテンツで地域の周遊を促進 オフラインマップによる指差しガイドやスタンプラリー、スマートフォンのGPS機能 を活用することで当時の再現CGが見られるコンテンツなどにより、訪日外国人旅 行者の地域周遊を促進する。 ・多言語対応 日本語はもちろん、英語や中国語、韓国語など、要望に応じて複数言語への対 応が可能。 ≫ニュース全文を読む

2016年03月17日
共同印刷(東京都文京区、藤森康彰社長)が開発した、スマートフォンやタブレット端末に組み込み可能な画像認識技術「ぱとりしあ 」が、 3月 17日に講談社(東京都文京区、野間省伸社長)より発売される『おでかけ版新幹線のたび with English』 に採用された。 『新幹線のたび』は、青森から新幹線を乗り継いで鹿児島の祖父を訪ねる親子の旅を通して、車窓に広がる日本列島の姿をダイナミックなパノラマイラストで紹介する、コヤマスカン氏の創作絵本。隙間なく描きこまれた建物や自然、冬から春へと移ろいゆく風景の美しさが評判となり、 2011年の発行からロングセラーとなっている。 3月 17日に発売される『おでかけ版新幹線のたび with English』は、この『新幹線のたび』を持ち運びができるコンパクトサイズにした。 3月 26日に開業する北海道新幹線や、訪日外国人も楽しめるようにと英語の説明が追加された同書に、同社の「ぱとりしあ」が採用された。駅や新幹線のイラストにぱとりしあ アプリをダウンロードしたスマートフォンのカメラをかざすと特設 Webページにリンクし、スペシャル画像やトリビア情報など、旅が一層おもしろくなるコンテンツが閲覧できる。 「ぱとりしあ」は、スマートフォンなどのカメラを認識対象画像に “かざす ”だけで、対応するコンテンツなどを素早く呼び出すことができる、同社独自の画像認識技術。認識の速さと正確さ、登録画像数の多さ、切り抜き画像などにも対応できるデザイン性、 iPhoneおよび iPad、 Android端末への対応などが評価され、このたびの採用となった。 なお「ぱとりしあ」は、講談社「のりものアルバム」シリーズの創刊 35周年キャンペーンにも採用された。『最新版・ JR特急・超特急 100点』、『新訂版・蒸気機関車のすべて』、『最新版・はやい電車 100点』、『のりもの大集合 1000!』の 4冊で、計 23点のスペシャル動画が閲覧できる。 【ぱとりしあ概要】 ●主な特長:①読み取り認識の速さと正確性②画像の部分認識が可能 ③認識対象として多数の画像を登録可能④画像認識モジュールとして提供可能 ⑤Webや動画へのリンクアプリとして利用可能⑥画像ごとにアプリ利用の効果測定可能 ●販売価格:1カ月 15万円~(画像認識エリア 5カ所までの登録を含む初期設定費、 5,000アクセスまでの利用料) ≫ニュース全文を読む

2016年03月17日
大日本印刷(DNP)が提供する、生活者が撮影した写真やイラストなどをその場で印刷してオリジナルのパッケージを制作できる「DNPパッケージプリント・オンデマンド (手置き型)Prio-self(プリオセルフ)」が、日本電波塔が運営する東京タワー3階お土産売り場「TOKYO TOWER OFFICIAL SHOP GALAXY」に採用され、3月18日~4月17日に期間限定で設置される。販売する商品の中に入れる東京タワーオリジナルお土産2種は株式会社長登屋が提供する。 同サービスは、生活者が撮影した写真やイラストなどを、東京タワーの来場記念としてその場でお菓子のパッケージに印刷できるサービス。 利用の手順は以下の通り。 1. 生活者が、お土産売り場のレジでオリジナルパッケージが印刷できる「東京タワークッキー」もしくは「東京タワークランチチョコ」を購入する。 2. 生活者自身で購入した商品を「DNPパッケージプリント・オンデマンド (手置き型)Prio-self」機器にセットする。 3. Prio-selfを用いてその場で写真撮影を行い、タッチパネル式の操作画面*1で、背景テンプレートデータの選択、手書きメッセージの入力、日付入力をすることで自分好みにパッケージをデザインします。操作画面の印刷ボタンを押すとオリジナルパッケージが印刷される。パッケージの印刷は、1個あたり約15秒で仕上がる。 *1 操作画面は、日本語、英語、韓国語、中国語を切り替えて表示できるため、東京タワー訪れた外国人客も気軽に楽しめ、インバウンド需要にも対応可能。 実施期間:2016年3月18日~4月17日 設置場所 :東京タワー3階、お土産売り場「TOKYO TOWER OFFICIAL SHOP GALAXY」 提供商品:今回のサービス専用に製造したパッケージの東京タワーオリジナルお土産 「東京タワークッキー」「東京タワークランチチョコ」の2種 販売価格:「東京タワークッキー」「東京タワークランチチョコ」ともに1箱800円(税抜き) ≫ニュース全文を読む

2016年03月16日
大日本印刷(DNP、北島義俊社長)は、太陽光発電、風力発電、蓄電池を組み合わせた自然エネルギーシステムを搭載した、省エネルギー型のデジタルサイネージ(電子看板)を4月1日より発売する。同サイネージは、災害時の緊急情報の発信や安否確認などができ、防犯カメラの搭載も可能で、安全な街づくりを目指した防災・防犯対応のデジタルサイネージ。風力発電と太陽光発電を搭載したハイブリッドタイプと太陽光発電のみのスタンダードタイプの2種類をラインアップしている。 近年、自然エネルギーの有効活用は地球温暖化防止対策として社会の関心も高く、多くの企業や自治体が取り組んでいる。一方、大地震などの災害発生時には、交通機関のマヒや多くの帰宅困難者が発生するが、停電やアクセス集中などによりスマートフォンなどの情報端末が使えなくなり、多くの人々が災害情報を迅速に入手することが出来ないなどの課題がある。DNPは、この様な課題を解決するため、2014年11月に自然エネルギーシステムを搭載した、省エネルギー型のデジタルサイネージを開発し、約1年間にわたり、発電量や機器の耐久性、性能確認などの実証実験を経て、同サイネージの発売にいたった。 【同サイネージの利用シーン】 1. 平常時から緊急時の情報発信ステーションとして 平常時は、企業の広告や地域情報、防災に役立つ情報を発信するデジタルサイネージとして活用する。災害発生時には、緊急地震速報や避難場所の告知、被災情報や安否情報、インフラや交通機関の運行情報、最新のニュースや天気予報などの生活者関連情報を適時発信することが可能な情報発信ステーションとして活用できる。 2. 企業のCSR向上やエコ活動のシンボルとして 企業や自治体が情報発信する場合において、省エネタイプの本サイネージを活用することは、地球温暖化防止への強いメッセージとなり、CSR・環境保全活動のひとつとして有効。 3. 防犯カメラ(オプション)による安心・安全な街づくりの推進 本サイネージには防犯カメラを取り付けることも可能で、街全体の電力の有効利用を図り、安心安全な街づくりに貢献する。 4. Wi-Fiスポットサービス(オプション) 日本を訪れる外国人観光客が年々増加する中、外国人観光客の要望としてWi-Fiスポットの設置が望まれている。同サイネージにはWi-Fiスポットを搭載することが可能で、インバウンド施策にも活用できる。 【機器の特長】 1. 自然エネルギーと液晶ディスプレー、電子ペーパーを組み合わせた省エネルギーシステム 平常時の電源は、商業電源と自然エネルギーから発電した電気を併用して使用する。停電時には、自然エネルギーと蓄電池の電力を用いて情報を発信する。ハイブリッドタイプの場合、液晶ディスプレーは停電後約4時間稼働する。また、電子ペーパーは蓄電池と自然エネルギーを利用して情報を表示し、自然エネルギーによる発電量がゼロの場合でも約3日間情報を表示する。 2. 安否確認が可能に ハイブリッドタイプのサイネージには、DNPが開発したスマートフォンなどのモバイル端末向けの情報配信端末「プチポルタ」を搭載しています(スタンダードタイプもオプションで搭載可能)。スマートフォンや携帯電話をかざすだけでURLを取得してサイトへの誘導ができる。安否確認サイトを設定することで災害時の安否確認が可能になる。 【本体販売価格(税抜き)】 ハイブリッドタイプ850万円、 スタンダードタイプ:550万円 ※運搬費、設置工事費、各種申請手続費、運用費、保守費などは含まれていない。 ※ハイブリッドタイプ、スタンダードタイプ以外にも、企業や店舗のコーポレートカラーに合わせるなど、お客の要望に沿った仕様や観光地の景観にあわせた仕様で設計・製造することができる。 ≫ニュース全文を読む