企業ニュース
Company news

トップ > 企業ニュース

企業ニュース一覧
1606件中 1401~1410件を表示

2015年12月09日
 凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長は、家庭内での生活行動量を基にしたエネルギー消費量推定法「REEDA(リーダ)」を活用した家庭向けエネルギー情報サービスを、2016年4月より本格的に開始する。  同サービスは、凸版印刷と株式会社早稲田環境研究所(東京都新宿区、大村健太社長)、早稲田大学大学院 環境・エネルギー研究科 永田勝也/小野田弘士研究室(東京都新宿区・埼玉県本庄市、以下 早稲田大学)の3者が開発したエネルギー消費量推定法「REEDA」を活用する。具体的には、HEMSなどの電力データがなくても、家族構成など家庭の属性情報と生活行動を組み合わせることで家庭のエネルギー消費状況を推定。その結果に基づいた省エネ方法や最適な料金プランなどを提案でき る。また、節電などの省エネ活動に応じたポイント発行や、家庭のライフスタイルに合わせたクーポン配信など、電力やガスなどの既存エネルギー事業者および新規参入企業に向け、顧客満足度の向上につながるサービスの提供を行う。  なお同サービスは、2015年12月10日(木)から12日(土)に開催される「エコプロダクツ2015」(会場:東京ビッグサイト)のトッパンブースで紹介する。  2016年4月から始まる電力小売の全面自由化や2017年のガス小売の全面自由化など、生活者を取り巻くエネルギー環境に大きな変化がもたらされている。エネルギー小売の自由化が進むことで、料金プランや付帯サービスなど、事業者間での競争激化が予想されている。  近年、エネルギーに関するインフラが整備されていく中で、スマートメーターは2020年度までに各家庭に100%普及することを目標に、現在導入が進められている途上だ。またHEMSの普及率も数%にしか満たない現在、電力をはじめとするエネルギーデータを全世帯から安定して取得するのは困難な状況だ。  凸版印刷はこれまで、経済産業省や環境省などの実証事業への参加を通じ、エネルギー事業者と家庭とのコミュニケーションを図ることを目的に、「見える化」だけではない新しいエネルギーソリューション手法について実証を重ねてきた。  そのなかで、家庭内の生活行動の量とエネルギー利用の波形の相似性に着目し、世帯属性に応じた家庭内エネルギー消費活動について、早稲田大学と共同で2012年から研究を行い、独自のエネルギー消費量推定法「REEDA」を開発。 また、2013年には富士通(東京都港区、田中達也社長)と共同で、家庭のエネルギーデータからエネルギーの使用状況や生活行動を予測し、その分析結果をもとに新しいマーケティングを実現する次世代レコメンドシステム「VIENES(ヴィエネス)」を開発。実証事業などを通じ、そのサービス内容を拡充してきた。  今回、電力などのエネルギーデータがなくても家庭のエネルギー消費実態を継続的に推定できるエネルギー消費量推定法「REEDA」を活用した家庭向けエネルギー情報サービスを開始。エネルギーデータを保持している既存のエネルギー事業者はもちろん、エネルギーデータを保持していない新規参入事業者に対しても、顧客の獲得や維持に効果的なサービスを提供する。 ≫ニュース全文を読む

2015年12月08日
 凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、環境保全活動に貢献できる「どんぐりポイント制度」に参加。まずは、自社の販促ツールに「どんぐりポイント」を付与する取り組みをはじめる。これにより、CO2排出量の削減・埋め合わせだけでなく、生物多様性などの環境保全にも貢献する。  今後は、顧客の商業印刷物や出版物、一般証券印刷物において、どんぐりポイント制度への申請支援までを含めたワンストップ支援体制の構築を目指す。  「どんぐりポイント制度」は、低炭素製品の普及を促し、社会全体のCO2排出量の削減を目的とした経済産業省の取り組みのひとつ。カーボン・オフセットによってCO2排出量を相殺した製品・サービスに「どんぐりポイント」を付与し、ポイントに見合う金額を環境保護団体に寄付することで環境保全活動に貢献する制度。  凸版印刷は、CO2排出量の削減の取り組みのひとつとして、2012年に民間企業で初めて「CFPシステム認証」を取得し、昨年度には印刷物や出版物向けに、カーボンフットプリントを活用したカーボン・オフセット制度に対応するワンストップサービスを提供している。  このたび、自社の販促ツールにて、「どんぐりポイント制度」に参加。これにより、CO2削減の取り組みに加え、環境保全活動に貢献できるため、事業活動における環境負荷をさらに低減できる。今後、自社の販促ツールだけでなく、顧客の商業印刷物や出版物、一般証券印刷物に対しても、「どんぐりポイント」の申請・登録までを含めたワンストップ支援体制の構築を目指す。  なお、2015年12月10日(木)から12日(土)に開催される展示会「第17回エコプロダクツ2015」(会場:東京国際展示場)のトッパンブースにて、同サービスを紹介するとともに、トッパンブース内のイベントの参加賞として、「どんぐりポイント」を付与したカレンダーを配布する。 ≫ニュース全文を読む

2015年12月07日
凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)とNTTデータ(東京都江東区、岩本敏男社長)は2015年12月4日、次世代型決済サービスの開発で協業することで合意した。これにより、凸版印刷は決済事業への取り組みを一層強化していく。  同取り組みの第一弾として、凸版印刷はNTTデータの技術支援のもと、2015年12月より国際ブランド加盟店で利用可能なプリペイドカードの発行・管理が行える「国際ブランドプリペイドカードASPサービス」を金融業界や流通業界に向けて提供を開始する。  また両社は今後、保護者がスマートフォンにて入出金管理が可能な子ども向けプリペイド型決済サービスなど、生活者目線に立った新しい決済サービスを開発・提供することで、生活者の利便性向上をはじめ社会課題の解決にも貢献する決済サービスの提供を目指す。   昨今、政府が掲げるキャッシュレス決済の普及促進や訪日外国人の増加、地方過疎化、少子高齢化などの社会的課題を解決する手段として、新しい決済サービスの開発が進められている。また、ビッグデータを用いた決済サービスや、「FinTech」と呼ばれるIT技術やスマートフォンなどのデバイスを活用した金融サービスによる、生活者にとって利便性の高いサービスの拡大が求められている。  凸版印刷とNTTデータは、さまざまな社会課題を解決し、生活者に新しい生活体験をもたらす手段として、IT技術を活用した新しい決済サービスにその可能性を捉えた。  凸版印刷はこれまで、流通やメーカーのマーケティング企画立案やキャンペーンなどのCRMソリューション、電子チラシサービス「Shufoo!」など、生活者のニーズに沿ったソリューションを開発・提供。また、国際ブランドクレジットカードの製造・発行業務やスマートフォンへのクレジットデータ発行サービス「TOPPAN SP-TSM」、キャッシュカードの店頭即時発行システム「TOPPAN ACIS-BS」などの決済関連サービスを提供してきた。  NTTデータはこれまで「CAFIS(キャフィス)」をはじめとしたカード決済ネットワークの構築や、POS端末のカード決済ソリューションをASPで店舗に提供する「PastelPort(パステルポート)」、店舗でのさまざまなカード決済や口座振替受付を1台で実現する「INFOX(インフォックス)」など、安心・安全なカード決済ソリューションの開発・提供を行ってきた。  今回の取り組みでは、凸版印刷が培ってきた生活者目線に立ったコミュニケーションツールの開発ノウハウやセキュア媒体の開発・製造ノウハウに、NTTデータの決済関連サービスと開発ノウハウを融合させることにより、新しい決済サービスの提供を行う。 ■決済サービス例  凸版印刷とNTTデータは第1弾として、VISAやMasterCardなどの国際ブランド加盟店で利用できるサーバー管理型プリペイドカードを提供する「国際ブランドプリペイドカードASPサービス」について業務提携を行い、金融業界や流通業界向けに提供する。同サービスは、凸版印刷が提供するプリペイド機能や会員向けサービスについて、NTTデータが技術支援を行うも。  プリペイドカードの作成には与信審査が不要なため、生活者は老若男女を問わず手軽にカードを持つことができ、日常の買い物はもちろん国内外の旅行や出張などのシーンで、便利なキャッシュレス決済を行うことができる。  また両社は上記のほか、下記テーマについて両社の強みを生かした取り組みを推進していく。 ・訪日外国人向けおもてなしにつながる、情報配信機能や決済機能などを融合させたサービス ・地域活性化、地域産業の振興に貢献する決済サービス ・安心・安全な運用で金銭教育に寄与する子ども向け決済サービス ・アクティブシニアを応援するシニア専用マネー ・高度な情報分析技術を活用した、生活者にうれしい決済連動キャンペーン ≫ニュース全文を読む

2015年12月07日
共同印刷(東京都文京区、藤森康彰社長)は、草加市立病院(埼玉県)のエントランスホール壁面を飾る大型パネルを制作した。同パネルは写真家高橋福生(たかはしとみお)氏の「水園(すいえん)」を、縦 3メートル、横 10メートルにした大作。 本年 11月 22日、草加市立病院のエントランスホールに、同社が写真出力とパネル加工およびフレーム製造を担当した大型パネル「水園」が設置された。 “来院する患者さんやご家族の心の癒やしに ”という病院からの依頼を受けて高橋福生氏が撮り下ろした作品「水園」をパネル加工したもので、来訪者を優しく包み込むような、爽やかな緑と水がコンセプト。 1枚が縦 3m ×横 1mのアルミ複合板にラミネート加工を施した出力紙を貼り込み、 10枚をぴったりとつなげて、美しいパネルに仕上げた。 高元俊彦病院長は、「人が自然と向き合うとき、自然も人と向き合っている。それこそ何千年も昔から。ひととき視界を遮る霧が湖面に満ちても、すぐに風と光に追い立てられる。愛しい人からの温もりを伝えてくるかのように」というメッセージを本作に寄せている。作品は誰でもご覧いただけるので、お近くに行かれた際は、ぜひ、樹木の緑とそれを映す水面との幻想的なハーモニーが醸し出す豊かな風景をご鑑賞ください。 高橋福生( Takahashi Tomio) 23才の時に報道写真界の草分け三木淳に認められ、アサヒカメラでグラビアを飾る。それを機に本格的に写真の道へ入る。 日本写真家協会( JPS)、日本広告写真家協会( APA)など、入賞・入選多数。コダックフォトサロンをはじめ数多くの写 真展を開催しているほか、広告、雑誌、 CDジャケットなどでも活躍中。水をテーマとした癒やしの世界を「水園」と独自 に名付けて、媒体で発表し続けている。 草加市立病院のエントランスホールを飾る 高橋福生「水園」 ≫ニュース全文を読む

2015年12月03日
共同印刷(東京都文京区、藤森康彰社長)は、前田青邨画伯「みやまの四季」の高級美術複製画を、限定 300部のエディションで制作、販売を開始した。 前田青邨「みやまの四季」は、大阪・毎日ホール( 1995年に MBS劇場と改称、 1997年に閉鎖)の緞帳原画として 1957年に描かれた。紅白梅に桜、藤、紅葉、木蓮など日本の四季を彩る木々が一つの画面に表され、梢で憩う小動物、花々の間を渡る鳥に季節の移ろいを重ねた、華やかで幻想的な作品。 日本人は、古来より春夏秋冬の中に息づく草花、樹木、そして鳥獣を慈しみ、自然を描いた「花鳥画」を遺してきた。青邨は「その画題を古人がいかに表現したかを知ることによって、自分のもの (絵)を創り上げてゆこうとしている」と語り、古画の勉強とスケッチを重ねてきた。青邨が、日本人が受け継いできた自然への思い、そして廻る命への思いを込めて描いた華麗な花鳥画「みやまの四季」を、ぜひ手元で楽しもう。 本体価格 185,000円(税別) 前田青邨(まえだせいそん1885~ 1977) 1885年、岐阜県中津川市に誕生。 1901年に上京、尾崎紅葉の紹介で日本画家・梶田半古に学ぶ。 1914年、日本美術院同人に推挙。 1920年、延暦寺より伝教大師絵伝「根本中堂落慶供養図」を委嘱される。 1930年、「洞窟の頼朝」で第一回朝日賞受賞。1951年に東京藝術大学教授に就任、 1955年に文化勲章を受章。活躍は幅広く、法隆寺金堂壁画再現事業の総監修や高松塚古墳壁画模写の総監督も務めた。 1974年、ローマ教皇庁の依頼で「細川ガラシャ夫人像」を完成、ヴァチカン美術館に納める。 ★同社が独自に開発したセキュリティシールを証明書に貼付している。スマートフォンなどで、作品が共同印刷( KP)の 発行する真正な複製画であることが判定できる。 ≫ニュース全文を読む

2015年12月03日
印刷のネット通販「WAVE」を運営するウエーブ(代表取締役:白子善久氏)は、11月30日よりポスターカレンダー印刷の販売を開始した。  ■ポスターサイズのオリジナルカレンダー印刷 ポスターカレンダー印刷は、大きなサイズの1枚もののカレンダーであり、サイズはB3~B1、A2~A1まで。定型サイズのみではなく変形サイズにも対応している。70cm×70cmといった正方形のものも生産可能であり、一層オリジナリティの高いカレンダーを製作することができる。 細部の表現力が高く、色鮮やかで高品質な仕上がりのオフセット印刷と、1部から生産・当日発送のオンデマンド印刷の両方に対応しており、沖縄県と一部離島を除き、送料無料でお届けいたします。 ■商品概要 ▽商品名=ポスターカレンダー印刷 ▽開始日=11月30日(月) ▽商品内容=入稿データを印刷し、ポスターサイズのカレンダーに加工して納品(データ作成に便利な日付入りのテンプレート(無料)が用意されているURL: http://www.wave-inc.co.jp/products/calendar/poster/ ) 【オフセット印刷】 対応サイズ=A2/A1/B3/B2/B1/各変形サイズに対応 対応納期=3、1、0営業日以内発送 対応用紙=コート紙(73kg、90kg、110kg、135kg)、マットコート紙(70kg、90kg、110kg、135kg)、上質紙(70kg、90kg、110kg) 価格はB2サイズポスターカレンダー(オフセット印刷)/コート紙135㎏/3営業日以内発送で100部 1万7030円(税抜き) 【オンデマンド印刷】 対応サイズ=A2/A1/B3/B2/B1/各変形サイズ対 対応納期=0、1営業日以内発送(ラミネート込みの場合1営業日追加) 対応用紙=フォト光沢紙、半光沢紙、ユポ(合成紙) 価格はB1ポスターカレンダー(オンデマンド印刷)/フォト光沢紙/1営業日以内発送で1部 2860円(税抜き) <商品ページ> http://www.wave-inc.co.jp/products/calendar/poster/ バナー画像 ≫ニュース全文を読む

2015年12月03日
紙と電子の両方の書籍に対応したハイブリッド型書店サービス「honto(ホント)」を展開する大日本印刷(DNP)は、トゥ・ディファクトと共同で、電子書籍ストア「honto.jp(ホントドットジェーピー)」において、honto完全オリジナルの電子書籍『ニッポン放送アナウンサー 吉田尚記の1時間でわかる「コミュ障の会話術」【音声付】』を2015年11月27日(金)に独占販売を開始した。 この電子書籍は、吉田氏を講師に迎えたhonto主催のセミナー型イベント「~hontoで学ぶ~」の内容をベースに、ニッポン放送の現場の取材を加えて制作した。 【イベントの音声を収録したオリジナル電子書籍】 タイトル : ニッポン放送アナウンサー 吉田尚記の1時間でわかる「コミュ障の会話術」 【音声付】 著者名 : 吉田尚記、~hontoで学ぶ~実行委員会 出版社 : ニッポン放送 販売価格: 600円(税抜) 2015年11月27日(金)発売 1. 臨場感のある音声コンテンツで学べる! 同書籍は、文字だけでは伝わりにくいコミュニケーションの極意を、臨場感のある会話実例の音声とテキストの構成でハイブリッドに学ぶことができる。 今年8月に「コミュニケーションプラザ ドットDNP」(東京・市谷)で実施したセミナー型イベント「~hontoで学ぶ~出版ライブ!吉田尚記の『コミュニケーション・コーチング』」の音声を収録。このイベントでは、吉田氏が20年かけて身につけたコミュニケーションの技術を記したベストセラー『なぜ、この人と話をすると楽になるのか』(太田出版)をベースに、話すことが苦手な人の助けとなる、初対面の人とのコミュニケーション法を実践指導した。 2. 吉田氏の仕事場(ニッポン放送)に潜入取材! 吉田氏が、日々のラジオ放送のなかで、ゲストと会話するうえで気をつけている点などを潜入取材した。 ※この電子書籍は、honto.jpサイトのキャンペーン「対人関係改善特集」の対象のため、実施期間中(実施期間:2015年11月27日~12月10日)は特別価格の500円(税抜)で販売する。 ※特集サイトURL : http://honto.jp/cp/hybrid/2015/yoshidahisanori この特集サイトでは、吉田氏による書籍紹介コメント動画をはじめ、イベントやニッポン放送での取材の様子見られる。 ※同タイトルは、iPhone、iPad、Androidに対応している(PCは非対応)。 ■吉田尚記氏プロフィール 1975年12月12日東京、銀座生まれ。ニッポン放送アナウンサー。2012年、『ミュ~コミ+プラス』のパーソナリティとして第49回ギャラクシー賞DJパーソナリティ賞受賞。「マンガ大賞」発起人。著書『なぜ、この人と話をすると楽になるのか』(太田出版)が累計12万部を超えるベストセラーに。マンガ、アニメ、アイドル、落語など多彩なジャンルに精通し、年間数十本のアニメイベントの司会も担当。ラジオ、イベントを通して年間100人を超える声優やアニメクリエイターにインタビューし、アニメソングのDJイベントを自ら企画・主催している。Twitterフォロワー数は約13万9千人(2015年11月現在)。 ≫ニュース全文を読む

2015年12月03日
 凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、国立大学法人名古屋大学大学院情報科学研究科 安田・遠藤研究室(愛知県名古屋市千種区、以下 名古屋大学 安田・遠藤研究室)とともに、Bluetoothやバーチャルリアリティ( VR)といったICT技術を活用した学習効果向上に向けた動的学習コンテンツとその配信システムに関する実証実験を、2015年11月28日(土)(10:30-16:30)に、名古屋市科学館(所在地:愛知県名古屋市中区)にて実施した。 ■共同研究の概要  近年、様々な学習環境において個別型学習の重要性が増している。学習対象者に対して、個々に適した情報の提供や、事前学習・事後学習などの継続的な学習に繋げるソリューションが望まれている。また、学習におけるコンテンツの質的変化も重要視されており、動的にコンテンツを更新できるシステムが必要とされている。  凸版印刷と名古屋大学 安田・遠藤研究室は、様々な学習環境において学習意欲をより向上させるソリューションの開発に向け、2014年度より共同研究に取り組んできており、このたび、名古屋市科学館・プラネタリウムのコンテンツを活用し、【屋内位置検知連動型モバイルガイド】と【簡易型VRプラネタリウム】の2つのアプリケーションを開発しました。名古屋市科学館天文フロアで来館者に利用してもらい、実証実験を実施した。 ≫ニュース全文を読む

2015年12月03日
オンラインショッピングサイト「STYLESTORE」を運営するエンファクトリーと大日本印刷(DNP)は、“未来の日本のいいもの”を販売するWebサイト「TSUKURITTE STORE(ツクリッテ ストア)」(URL:https://tsukuritte.jp/)を11/25(水)にオープンした。 TSUKURITTE STOREは、これから商品化される試作品をいち早く購入できるWebサイトで、ファッション雑貨やインテリア、ステーショナリー、ITガジェット、お酒や食品などを幅広く展開する。国内外のクラウドファンディングサイトに掲載されている商品やメーカーの試作品、デザイナーのアイデアなど、まだどこでも売られていない新しいものを生活者に提案していく。 また今回、“つくり手(メーカー)”に対して、“つかい手(ユーザー)”を見据えた商品開発の機会を提供するプラットフォームとして、メーカーとデザイナー、バイヤーをビジネスマッチングするコミュニティサイト「TSUKURITTE LAB(ツクリッテ ラボ)」(URL:https://lab.tsukuritte.jp/)も、同時にオープンした。 エンファクトリーとDNPは、伝統産業・地場産業メーカーに向けて、これまでよりもリスクを抑えながら、新商品を生活者に提案する機会として同サービスを提供し、地域産業の振興に貢献していく。 ■特徴 •クラウドファンディングサイトなどの各種Webサイト上にある商品から、日本の伝統産業・地場産業メーカーの試作品やデザイナーのアイデアまで、あらゆる試作品を掘り起こして集めた。 •まだ世の中のどこでも売られていない新しい商品に出会える。 •TSUKURETTE STOREを閲覧した生活者は、商品に共感を覚えた際に、試作品の購入を通じて商品化のプロセスに参加することで、日本の地域産業のモノづくり支援に関わることができる。 ■取扱商品の例 伝統産業・地場産業メーカーが生み出す“未来の日本のいいもの”を続々紹介していく。 •有田の伝統技術から産まれたコーヒードリップツール。 •お箸の持ち方の練習になる子供用スプーン •瀬戸の倉庫に眠っていた型を活かしたロックグラス •伊勢のバロックパールを使った新しいアクセサリー など、毎月様々な商品を追加していく。 ≫ニュース全文を読む

2015年12月03日
 凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、大阪大学文化研究科懐徳堂研究センター(大阪府豊中市、湯浅邦弘センター長)と共同で、大阪大学が所蔵する貴重資料「懐徳堂文庫」の総合調査とデジタルアーカイブ化を実施している。  今回、梅花女子大学(所在地:大阪府茨木市、学長:長澤修一)が所蔵する、懐徳堂学主を勤めた中井家の子孫、中井終子(なかい しゅうこ)が保管していた日記や写真のデジタルアーカイブ化を実施した。同コンテンツは、2015年12月5日(土)に開催されるシンポジウム「梅花女子大学所蔵 中井終子日記を通して探る 懐徳堂研究と女子教育の揺籃期」(会場:グランフロント大阪北館ナレッジキャピタル「The Lab.」2階アクティブスタジオ)にて初公開する予定。  懐徳堂は、享保9(1724)年に大坂町人によって創設され、江戸時代の後半約140年にわたって大坂学術の発展と商道徳の育成に貢献した学問所。  中井終子は、この懐徳堂の学主を歴代勤めた中井家の子孫で、懐徳堂の再建に貢献した兄・木菟麻呂(つぐまろ)とともに、梅花女学校の教員として女子教育に尽くした。この中井終子が保管していた懐徳堂に関わる明治・大正期の貴重な写真や日記は現在、梅花女子大学に所蔵されている。  今回のデジタル化では、凸版印刷が提供する、資料や書籍の電子化から保管・管理、公開までをトータルで支援するサービス「Toppan Document Solution SAI-CHI(トッパン・ドキュメント・ソリューション さいち)」を活用。梅花女子大学が所蔵する資料の中から、懐徳堂にゆかりの深い明治37年2月から大正9年8月までの日記約3,000ページ、ならびに写真資料約50点のデジタルアーカイブ化を実施した。同データを用いることで、中井終子の日記や写真資料の細部を鮮明に閲覧できるほか、懐徳堂文庫に所蔵されている同時代の資料との比較検証も可能。同コンテンツをお披露目するシンポジウムでは、懐徳堂の新たな一面と、中井終子にいたる梅花女子大学の女子教育の歴史を紐解く。 ≫ニュース全文を読む