企業ニュース
Company news

トップ > 企業ニュース

企業ニュース一覧
1165件中 1051~1060件を表示

2015年09月30日
Kii株式会社は、2015年9月29日にIoT(Internet of Things)時代の新たな企業間関係を生み出す企業連合「Kiiコンソーシアム」を設立した。主要パートナーとして、KDDI)、大日本印刷株式会社(DNP)が参画し3社が協力して運営していく。 近年急速に普及し、技術革新が進むIoTの分野では、関連する技術やノウハウが多岐にわたるため、複数の企業間で機器やアプリケーション、クラウド環境などの開発者が深く連携して役割を分担する必要がある。また、最適な技術を選択し、システム構成や開発プロセスなどを最適化させて、IoTを活用したソリューション創りのスピードや品質を向上させていくことが重要。 「Kiiコンソーシアム」では、多様な業界の参加各社が、最適なIoTソリューションの構築に向けた取組を進めていく。様々なIoTの導入事例を共有し、世界の標準化動向や最新のアーキテクチャを把握することで、IoT機器やモバイルアプリの開発のハードルを下げるとともに、その成果を広く社会へ発信していく。 それぞれモバイルアプリケーションの開発・運用に求められる汎用的なバックエンドシステムの機能をクラウド形態で提供するBaaS(Backend as a Service)事業を営むKii、KDDI、DNPの3社は、機器メーカーやシステム開発会社などに本コンソーシアムへの参加を広く呼びかけていく。すでに21社の参加が決定しており、2016年3月末までに30社に広げていく予定。 また、10月5日(月) コミュニケーションプラザ ドットDNPにて設立総会を開催する。 1.設立日 2015年9月29日(火) 2.主な活動内容 (1) 会員相互の情報共有のためのセミナー (2) 外部むけセミナーやイベントを通じた会員以外への情報発信 3.会員企業(五十音順) 株式会社アイエンター、株式会社アイダック、アシアル株式会社、アップフロンティア株式会社、株式会社ウィナス、Kii株式会社、京セラコミュニケーションシステム株式会社、株式会社クレスコ、KDDI株式会社、株式会社KDDIテクノロジー、コガソフトウェア株式会社、サイレックス・テクノロジー株式会社、株式会社ジェーエムエーシステムズ、株式会社セック、大日本印刷株式会社、テックファーム株式会社、日本システムウエア株式会社、ネオス株式会社、株式会社富士通ビー・エス・シー、株式会社プロトコーポレーション、ユニアデックス株式会社 4..ホームページ http://jp.kii.com/consortium ≫ニュース全文を読む

2015年09月30日
大日本印刷(DNP)の、電子書籍コンテンツを収録した読書専用端末で、書店などで購入後すぐに読書できる「honto pocket(ホントポケット)」が、「2015年度グッドデザイン賞」(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞した。   【「honto pocket」について】 honto pocketは、買ったらすぐに読書できるプリインストール型の読書専用端末、いわば「電子の本」。 3つのボタンで全ての操作ができるので、誰もが直観的に、誤動作も少なく読書できる。例えば、電子機器が苦手な方や、タッチパネルでのページめくりなどが困難な身体の不自由な方でも扱いやすくなっている。片手で楽に持てるように重量バランスを考慮し、目に優しい電子ペーパーを採用するなど、機器と人の関係に着目して、人が使いやすい形を意図した「エルゴデザイン」を取り入れている。また、本体を収納するパッケージは本を模した外観のため本棚にも収納しやすく、コレクションする楽しみもある。既存の電子書籍端末とは全くコンセプトが異なる点が評価され、このたび受賞に至った。 9月30日には、honto pocketの新タイトル「十津川警部シリーズ」(光文社)を発売する。 なお、honto pocketは、10月30日(金)~11月4日(火)に東京ミッドタウンで開催される受賞展「グッドデザインエキシビション2015(G展)」会場で、本年度受賞デザインとして紹介される。 <グッドデザイン賞審査員による評価コメント> 「コンテンツがあらかじめプリインストールされているという電子書籍の新しいあり方の提案は、高齢者やネットに不慣れな人には使いやすいものである。また、プリインストールされている内容として、紙媒体ではかさばってしまうような全集が用意されている点も商品価値を伝えやすくて良い。乾電池を利用する点も、より簡単でわかりやすく、世界共通で使えるものである。」 ≫ニュース全文を読む

2015年09月29日
 モリサワ (森澤彰彦社長)は、財団法人日本産業デザイン振興会が主催する「2015年度グッドデザイン賞(Gマーク)」の「宣伝・広告・メディア・コンテンツ部門」において、多言語デジタルブック閲覧ソフト「Catalog Pocket」(カタログポケット)がグッドデザイン賞を受賞したことを発表した。  グッドデザイン賞は、1957年創設のグッドデザイン商品選定制度を発端とする日本唯一の総合的なデザイン評価・推奨の運動。これまで59年にわたり、デザインを通じて日本の産業や生活文化を向上させる運動として展開され、延べ受賞件数は 40,000件以上に上ります。今日では国内外の多くの企業や団体などが参加する世界的なデザイン賞で、グッドデザイン賞受賞のシンボルである「Gマーク」は、優れたデザインを示すシンボルとして広く親しまれている。  審査委員の評価  「東京オリンピック・パラリンピックを控え、さらなる訪日外国人の増加が見込まれる中、『言語』という社会的課題の解決方法のひとつを提示している。元の紙面情報を残しながらポップアップ形式で翻訳することにより、各々のコンテンツの魅力を失うことなく、内容を伝えることが可能となっている。UIがシンプルで明解であり、フォントもUD書体を使うなど、世界中からくる老若男女に対して、しっかりと『伝える』ことを意識したデザインとなっている。翻訳の精度もスピードも優れており、ストレスを感じさせない。ネットのない環境でも利用できるなど、観光客の利用環境を意識した設計がなされている。本システムを通じて日本の魅力が世界中に発信されることを期待する。言語の勉強にも役立ちそうだ」  なお、「Catalog Pocket」は10月30日(金)から東京ミッドタウンで開催される受賞発表展「グッドデザインエキシビション2015」に出展される。 ≫ニュース全文を読む

2015年09月29日
 凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、トッパングループの社員とその家族を対象とした社内スポーツイベント「労使共催 TOPPAN SPORTS FESTIVAL 2015」を、9月13日に幕張メッセ(千葉県千葉市)にて実施した。  凸版印刷では、社員の働きがいを第一に考え、事業所ごとに労使共催のイベントを実施するなど、社員間の豊かなコミュニケーションの向上や一体感の醸成に取り組んでいる。  これをさらに全社的な視点から展開し、コミュニケーションの活性化やグループの一体感醸成、およびトッパンに対する家族の理解促進を目的として、全社横断型の社内スポーツイベントを、2年に1度開催している。その特長は、経営層から若手社員まで一体となって参加している点、また、社内スポーツイベントの企画・制作から当日の運営まで、当社の若手社員が中心となり、すべて社員による手づくりで行っている点だ。  3回目の開催となる今回は、全国の事業所から約4,000名が参加。リレーや騎馬戦など運動会の定番競技はもちろん、玉入れや宝探しなど社員が家族と一緒に参加できる競技を行った。また、グラウンドの周囲にはイベント会場も設け、活版印刷・製本の仕事が体験できる「プロにおそわる特別なおしごと」コーナーや、凸版印刷のスポーツ専従社員による障がい者スポーツ体験イベント「チャレンジドスポーツコーナー」、臨床美術の手法を取り入れ体を動かしながら透明なキャンバスに絵を描く「アートサロン」コーナーなど、スポーツだけでなく、社員とその家族が楽しめるよう企画した。 ■ 凸版印刷の社内スポーツイベントへの取り組み  凸版印刷では、「人間尊重」、「企業は人なり」の理念の下、多様な人財がそれぞれの力を十分に発揮し、会社の競争力を生み出す働きがいのある職場・環境づくりに注力している。これをさらに全社的な視点から展開し、社員が働きがいを感じることで、より良い仕事をし、より楽しい会社生活を送り、より豊かな家庭生活を送ることができるよう、全社横断型の運動会を2010年から開催している。  第1回となる2010年9月には、西武プリンスドーム(所在地:埼玉県所沢市)にて関東近郊の事業所から社員とその家族を含めて約4,000人が、第2回となる2012年12月にはとしまえん(東京都練馬区)で、北海道から九州まで全国から代表選手が参加し、こちらも約4,000人が参加する大掛かりな運動会を実施した。2014年10月にはよみうりランド(東京都稲城市)にて第3回を実施予定だったが、雨天により中止となった。  凸版印刷は今後もこのようなレクリエーションを実施することで、一緒に働く仲間や家族との絆や団結力を高め、グループ全体のコミュニケーションの活性化や一体感を醸成。トッパングループのさらなる発展、そして明るく元気で健康な職場づくりにつなげていく。 ≫ニュース全文を読む

2015年09月28日
誠伸商事(東京都大田区、福田和也社長)は、40年間にわたり発行してきた情報誌『SEISHIN APPLICATION CLICK-適応と前進-』の合本5冊を、このほど一般財団法人印刷図書館(東京都中央区新富1の16の8日本印刷会館3階、稲木歳明理事長)に寄贈した。 9月25日午前10時から行われた寄贈式には、誠伸商事から福田七衛代表取締役会長、印刷図書館から堀口宗男常務理事(日本印刷産業連合会専務理事)と松本佐恵美企画業務課長が出席。福田会長が情報誌発行の経緯について「最初はお客様の情報源として少しでもお客に立てればとの思いで経済や業界の情報をお届けしていたが、コンパクトにまとめているのが好評だったことからさらに内容を充実させ、月1回のペースで40年発行し続けることができた」と述べ、堀口常務理事に合本を手渡した。 これに対して堀口常務理事は「非常に貴重な情報誌を寄贈いただき心から感謝申し上げる。印刷関連企業の経営に役立つ様々な情報を独自に収集し40年間にわたり定期発行されてきたご努力に敬意を表したい。ぜひ、今後も継続発行され、印刷産業の発展にご尽力いただきたい」と謝意を表した。 誠伸商事は1970年に創業し、5年後の1975年10月に現在の『SEISHIN APPLICATION CLICK-適応と前進-』の基となる情報誌『SEISHIN-NEWS』第1号を発刊。以来、月1回のペースで3000部発行している。 体裁はA4サイズで、平均ページ数は12~14ページ。主な内容は①巻頭特集②【情報産業】関連情報③【経済】関連情報④コラム⑤【くらし】関連情報--などを収録。同社は印刷関連企業向けと家電量販関連向けの2種類を発行しているが、業界情報以外は共通の内容となっている。 巻頭の特集では分野を問わず著名人や話題の人に経営のみならず人生に役立つ内容の原稿執筆を依頼。最新号では元作新学院大学院教授の金谷貞夫氏が「聞く力・話す力を研ぎ直す~心に響く『ことば』を求めて~」のタイトルで4ページにわたって読み応えのあるエッセイを掲載している。 経済情報は日銀短観や政府の月例報告をはじめ、一般紙や地方紙から収集。業界情報は日印産連、業界団体、業界紙などから収集している。編集方針として情報の公平性を保つために各紙から情報収集することを基本としている。また、ベストセラー情報やゴルフや釣りなど趣味の話なども掲載するなど遊び心も忘れていない。コラムはこれまでに福田会長の慶應義塾大学時代からの友人であるプロ野球解説者の佐々木信也氏や、元日本プリンティングアカデミー学校長の高畑傳氏など多彩な面々が執筆している。 また、この冊子の企画・制作は誠伸商事の関連会社である㈱ジー・エス・アイ(同住所、福田七衛社長)が行っている。 左から福田会長、堀口常務理事 ≫ニュース全文を読む

2015年09月28日
イズミと大日本印刷(DNP)と日本ユニシスは、カード会員に特典情報を配信するCLO(Card Linked Offer)サービスを活用した新たなキャンペーン手法の試行として、イズミが中国・四国・九州地域で展開する「ゆめタウン」と「ゆめマート」の113店舗で「ゆめタウンアプリ ら・ら・ら お得にチャレンジ!キャンペーン」を10月1日に開始する。 同キャンペーンでは、クレジットカードや会員サービスと連携し特定店舗での購入を促進する一般的なCLOサービスだけでなく、DNPと日本ユニシスのCLOサービスの特徴である、商品単位で特典を提供するサービスも実現している。 【CLOサービスについて】 同サービスは、メーカー企業などが生活者に向けてキャンペーンなどを展開する際に、決済データを活用し、より効果的なキャンペーンを実施することが可能になるサービス。クレジットカードに加え、プリペイドカードやデビットカード、さらには流通・小売業のポイントカードなど、さまざまな会員サービスと連携することができる。会員は、カード発行企業などが提供する会員向けスマートフォン用アプリやWebサイトにてサービス規約に同意・承諾することで、無料で本サービスを利用することができる。 <サービスの特徴> 1.キャンペーンを実施する企業は、同サービスと提携する各種会員アプリやサイト(クレジットカード会員サイトや流通・小売店の会員アプリなど)にキャンペーンを告知することができる。 2.各種会員アプリやサイトは本サービスと提携することで、各社のキャンペーン情報を自社のコンテンツのように会員に配信することができ、アプリの活性化と同時に会員の来店や購入を促進できる。 3.会員は、普段見ているアプリやWebサイトにキャンペーン情報が届くためキャンペーンを逃すことなく、事前にアプリやWeb上でのエントリーが可能です。商品を購入するだけでキャンペーンの応募が完了するため、面倒な手続きが必要ない。また、さまざまな特典やバラエティ豊かで楽しいキャンペーンに応募ができる。 4.同サービスに参加する企業は応募状況などのキャンペーン効果を日次で確認することができるので、期間中に素早く適切な施策を実行できる。 ≫ニュース全文を読む

2015年09月28日
日本オイルサービス(東京都昭島市、藤田隆志社長)は、業界初となる新容器入りエンジンオイル「Maxfactoryエンジンオイル 1ℓパウチ」を、DCMホールディングス(東京都品川区、久田宗弘社長執行役員)が運営する全国ホームセンターにて2015年9月下旬から販売開始する  「Maxfactoryエンジンオイル」は、2010年より全国のホームセンターやカー用品店などで発売され、車種・使用目的に合わせた豊富なラインナップと、求めやすい価格で全国のユーザーに親しまれているエンジンオイルブランド。  今回発売する「Maxfactoryエンジンオイル 1ℓパウチ」は、凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)が開発した液体製品用スタンディングパウチ「エアホールドパウチ」を採用した。  「エアホールドパウチ」は、パウチのサイド部分に空気を縦方向に封入することで自立性を向上。見た目に美しいだけでなく、持ちやすさ・注ぎやすさを実現した、液体製品用スタンディングパウチ。空気を封入した部分から簡単に開封して空気を抜くことができるため、小さく折りたたんで廃棄でき、これまでに酒類製品や理美容製品、除草剤などの容器として多数採用されている  今回、「エアホールドパウチ」の自立性や注ぎやすさ、廃棄適性はそのままに、オイルの品質が劣化せず、かつオイルにより包装材が劣化しないバリア性の高い層構成により、エンジンオイル業界として初めて、パウチ容器での新製品の発売を実現した。  車やバイクなどのメンテナンスに使用するエンジンオイルは、酸素や水蒸気、光によってその性能が劣化してしまうため、酸素バリア性や遮光性に優れた缶容器の使用が一般的。  従来、エンジンオイルは4ℓ入りの缶容器が主流だったが、車種により必要なオイル量が異なるため、余ったオイルは廃棄されているのが現状だった、缶のままでは使用しにくいため、専用のプラスチック容器に移し替えて使用しており、より使い勝手の良い容器の開発が求められていた。  今回、「エアホールドパウチ」を採用したことにより、これらの課題を解決。同容量の缶製品と比べて約85%の減量化を実現した。エンジンオイル業界において新容器であるパウチパックの市場を創造するとともに、顧客満足度の向上を目指す。 ≫ニュース全文を読む

2015年09月28日
共同印刷グループは、スマートフォンやタブレット端末で手軽に学習できるアプリケーション(以下アプリ)「漢検ラーニング」を開発した。 9月 28日より iOS版および Android版の販売を開始する。 「漢検ラーニング」は、共同印刷株式会社(東京都文京区、藤森康彰社長)が公益財団法人日本漢字能力検定協会(京都市下京区、代表理事理事長:久保浩史氏、以下漢検協会)と提携して開発し、共同印刷西日本(大阪市中央区、岡田正明社長)が流通・販売体制を構築した。 「漢検ラーニング」は、日本漢字能力検定(以下、漢検)の公式アプリで、漢検 7級~ 1級に対応している。共同印刷が漢 検協会から、平成 24年度に改定した新審査基準に対応、かつ実際に出題された検定問題の提供を受けてシステムを開発し、共同印刷西日本がアプリの流通・販売体制を構築した。 漢検ラーニングは、 ACCESSの EPUB3対応のビューア「 PUBLUSRReader(パブラスリーダー )」をベースに開発した。画面表示は縦書きで、実際の検定問題と同じモトヤ KK教科書体を使用している。画面に文字を書きながら問題が解ける手書き&消しゴム機能のほか、問題をタップするだけで同画面内に標準解答を表示する機能、学習履歴を記録して正解率や進捗率をグラフ表示する機能など、正しい漢字を手軽に学べる仕組みを搭載した。「漢検 3級の四字熟語」など必要なカテゴリの問題のみを 120円からの低価格で購入できる。購入した問題は「 Web本棚」に収納され、会員登録・ログインにより複数端末で共有することも可能。 漢検ラーニングは、電子書籍形式で好きな箇所から学習を開始・終了でき、個人のペースや習熟度、強化ポイントに合わせて効率よく学習できる、検定対策に最適なアプリ。同グループは、この「漢検ラーニング」を足がかりに教育分野のソリューションメニュー充実を図り、受注拡大に取り組んでいく。 【漢検ラーニング特長】 ①漢検の公式アプリ。漢検 7級から 1級までの 1年間の検定問題を網羅 ②EPUB3を採用。電子書籍形式で、好きな箇所から学習を開始・終了することが可能 ③画面は実際の検定問題と同じ書体・縦書きで表示。検定対策に最適 ④画面に文字を書きながら問題が解ける手書き入力機能 ⑤問題をタップすると、同画面内に標準解答を表示 ⑥学習履歴を記録し、正解率や進捗率を表示する「学習履歴管理画面」を搭載 ⑦気になるページに差し込める「しおり」機能を搭載 ⑧欲しい問題だけを 120円から購入可能※7級~ 2級の各1回分の問題は無料で利用可能 ⑨購入した問題は「 Web本棚」に収納。会員登録・ログインで、複数端末での共有が可能 ≫ニュース全文を読む

2015年09月28日
 大阪印刷工業(大阪府八尾市)は、8月28日に開催した「第63期定時株主総会」並びに取締役会において次の役員を選任した(敬称略)。  ▽代表取締役社長=渡辺雄一郎▽専務取締役=下ノ木紀人▽取締役(非常勤)=久保田紀美子▽同(非常勤)=大藤修一 ≫ニュース全文を読む

2015年09月25日
 凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、大阪から新ビジネスを創出するオープン・イノベーション・プロジェクト「Toppan Open Innovation Lab “amiten”(トッパン・オープン・イノベーション・ラボ「アミテン」)(以下 amiten)」の運用を開始する。  「amiten」は、地域・社会のために新しい価値をもう一度デザインし、イノベーションを起こしたいスタートアップ企業やエンジニア・デザイナーなどと凸版印刷が共創しながら新事業を推進・支援するプログラム。  その第一弾として、訪日外国人を対象としたインバウンドビジネスをテーマに新ビジネスを創出する協業・共同開発パートナーを募集するオープン・イノベーションイベント「Re:design inbound(リ・デザイン・インバウンド)」を2015年9月26日(土)から実施する。最終発表にて優秀な成績を修めた事業については、凸版印刷と共同で事業化に向けた検討を行う。 ■ 「Toppan Open Innovation Lab “amiten”」について  凸版印刷は、「印刷テクノロジー」を活用したさまざまなソリューションを開発し、社会課題の解決に貢献してきた。またこれらの事業活動を通じて、多岐に渡る業界とのネットワークを構築、各業界・分野に精通した多様な人財を育成してきた。  今回、これらの技術やノウハウ、業界ネットワークを活用し、大阪から新たなビジネスを創出していくオープン・イノベーション・プロジェクトの運用を開始。人や技術が共に交わり結びつくことで新しい価値を生み出し、イノベーションを起こしたい企業・団体と共創しながらビジネス化を促進し、地域経済の活性化にも貢献する。 ■ オープン・イノベーションイベント「Re:design inbound」実施の背景  2014年の訪日外国人の数は過去最多の1,341万人で、前年比29.4%の伸び率を記録。2015年は44年ぶりに日本からの海外旅行者数と、海外からの訪日外国人数がほぼ同数になると推計されており、今後ますますの伸長が予想される。  凸版印刷はこれまで、流通や通信業界、交通、宿泊施設、自治体などと連携し、多言語対応や位置情報を活用した情報提供、認証・決済など、インバウンド市場における課題解決に向けたソリューションを提供してきました。また、プロジェクションマッピングやAR/VR、高精細映像を活用して観光資源の魅力を高め、日本の魅力を世界に発信するコンテンツ制作を行ってきた。  今回、大阪市が2013年4月に開設した「Osaka Innovation Hub(大阪イノベー ションハブ)」の協力のもと、訪日観光客を対象としたインバウンドビジネスをテーマに新ビジネスの事業化を目的としたオープン・イノベーションイベントを実施。凸版印刷の事業拡大を目的とした新ビジネスの創出を目指す。 ■ 「Re:design inbound」の開催概要 開催日時   [1日目] 2015年9月26日(土) [2日目] 2015年10月9日(金) 開催場所   [1日目] 凸版印刷株式会社      大阪府大阪市北区中之島2-3-18      中之島フェスティバルタワー内  [2日目] 大阪イノベーションハブ      大阪府大阪市北区大深町3-1      グランフロント大阪ナレッジキャピタルタワーC 協力企業         株式会社電通国際情報サービス、ABCドリームベンチャーズ株式会社、       トーマツベンチャーサポート株式会社、合同会社フィラメント、       エクスポートジャパン株式会社、株式会社ベストリザーブ、       株式会社アドップ、GOB Incubation Partners株式会社、       株式会社NTTデータエンジニアリングシステムズ、大阪府、       株式会社ナイトレイ  など プログラム       [1日目] ビジネス開発ブートキャンプ      イノベーションが促進されるようなチームビルドを実施。      ビジネス開発についての基礎と成果物としての必要な要素を理解し、      現状の課題を導き出す。       ・オリエンテーション       ・インバウンドビジネスに関するセミナー       ・ビジネス開発ワークショップ       [2日目] 最終発表および審査       2週間の成果を発表、凸版印刷ならびに協力企業による適正な審査を       経てその内容を審査。優秀な成績を修めた事業は今後凸版印刷と       事業化を検討する。       ・ビジネスプランの最終発表/審査/表彰       ・ネットワーキング(懇親会) 主催  凸版印刷株式会社 共催  大阪イノベーションハブ ≫ニュース全文を読む