印刷タイムスニュース
Insatsu times news

トップ > 印刷タイムスニュース

印刷タイムスニュース一覧
5921件中 5251~5260件を表示

2012年11月16日
凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、東京都23区内に「トッパングループ・データセンター(仮称)」の設置を着工し、2013年10月より稼動を開始する予定。  同データセンターは、東京都内で災害リスクの低い地域を厳選し、都市型データセンターとして堅牢な建屋を建設。高効率の空調設備、きめ細かな温湿度管理などにより、サーバ設置エリアでエネルギー効率の指標PUE値1.45以下を目指すなど、省エネルギー化の面でも、先端を走れる最新鋭のデータセンター。 また、建物内は、セキュリティレベルを複数段階に設定し、それぞれのレベルに合わせたセキュリティ対策を実施。ICカードや生体による入退室認証や金属探知機、監視カメラなどを通常のデータセンターよりもきめ細かく導入・設置することで、高レベルなセキュリティ対策を実装する。さらに、関西地区にバックアップデータセンターを年度内に構築し、同センターとの連携により、事業継続性(BCP)対策の強化を図る予定。  今回、同データセンターで、トッパングループの基幹システムを集約、堅牢な環境で集中管理を行うことにより、安全性と効率性の向上を図る。 さらに顧客向けとして各工場と高速ネットワーク接続を行い、データ処理をはじめBPOサービスまでをサポート。トッパングループのIT基盤を強化し、グループ全体で強みを活かしたトータルソリューションの提供を可能にする。 今後も凸版印刷では、先進のIT技術を活用しより効率的に安定性の高い基幹業務システムを構築するとともに、データセンターやクラウド関連のサービス拡充を図り、より高いセキュリティ対策と業務効率をより一層向上させるソリューションの実現を目指す。   ■施設概要・名称: トッパングループ・データセンター(仮称)・所在地: 東京都23区内・規模: 鉄骨鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)4階建 延床面積 約9,668 m2・災害リスク: 地震発生時の堅牢な地盤、水害リスクが少ない等・堅牢性: 等価固有周期 4秒以上、サーバ室応答最大加速度 200gal以上、応答最大変位350mm・省エネ対応: 高効率の空調や給電設備、温湿度管理などにより、サーバ設置エリアPUE1.45以下・セキュリティ対応: ICカードや生体による入退室認証、監視カメラを建屋内及び建屋・敷地外周に設置・事業継続性(BCP): 関西地区に構築中のバックアップセンターと連携、0.5日以内に縮退運転可能・竣工予定: 2013年9月末   ≫ニュース全文を読む

2012年11月16日
凸版印刷と日本電気(NEC、東京都港区、遠藤信博執行役員社長)は、NECが凸版印刷の協力のもと開発・製品化したソフト「PaymentElite Base for GIFTNET」を、凸版印刷の提供する「ギフトカードASPサービス」への接続用パッケージソフトとして2012年11月中旬より本格的に提供を開始する。 両社は、同パッケージソフトの提供を通じ、ギフトカードの取扱を開始する企業向けにNECの展開するペイメントプラットフォーム「PaymentElite」とともに「ギフトカードASPサービス」の導入を推進していく。 【「ギフトカードASPサービス」について 】 凸版印刷の提供する「ギフトカードASPサービス」は、ギフトカードの残高管理を行う、リアルタイムプロセッシングサービス。ISO/IEC27001をはじめ、各種国際認証を満たしたセキュアなデータセンターで運用される信頼性の高いサービスとして、約80社の企業に導入され、国内随一の実績がある。 こうしたサービスとしての優位性に加え、凸版印刷はギフトカード事業の導入に関するビジネスサポートから、ギフトカードの製造・発行、プロモーションサポートまで、ワンストップでサービス提供している。   【「PaymentElite」について】NECの「PaymentElite」はクレジットカード・デビットカードをはじめとしたカード決済システムを構築するためのペイメントプラットフォームであり、今回開発した「PaymentElite Base for GIFTNET」は、「ギフトカードASPサービス」に接続するためのパッケージソフト。加盟店様の決済スタイルにより業務支援パッケージ「PaymentElite for Merchant」(POS加盟店様向け)、または「PaymentElite for WebMall」(ネット決済加盟店様向け)等との組合せで、GIFTNET経由でのギフトカードASP接続を実現する。     ≫ニュース全文を読む

2012年11月16日
大日本印刷(DNP、北島義俊社長)は、ソニー製ICチップ「FeliCa Lite-S」を搭載し、簡易認証用途向けに機能を限定した低価格な非接触ICカードを開発し、販売を開始した。同製品は、国内で初めてアミューズメント系会員カードとして採用され、本年12月に導入される予定。また、海外での採用も決定している。   【新製品の特長と主な仕様】▽同製品は、ソニーが2012年9月12日に発表したFeliCa Lite-S向けのアプリケーションフォーマット「FeliCaポケット Lite」にも対応しており、会員カードやポイントカードなどの多彩なサービスを1枚のカードに集約したサービス展開も可能。▽機能を必要最小限に抑えることで、従来品と比べて低価格化を実現している。現在、磁気ストライプやバーコードなどが使われている会員カードやポイントカード、イベントチケットや回数券のほか、新たな用途も含めて、低価格のニーズが高い多様な分野に最適。▽データを読み書きする際の認証機能を任意で設定できるため、第三者によるデータの改ざんを防止する一定のセキュリティレベルを確保できる。▽FeliCa Lite-Sは、NFCフォーラムで規定されるType3 Tagに準拠しており、NFCフォーラム仕様に対応したリーダー/ライターやスマートフォンとの通信が可能。FeliCa Lite-Sに格納された情報をスマートフォンで読み取り、画面に情報を表示させるプロモーションなどの用途に活用することができる。▽同製品のアンテナはDNP独自の設計であることから、フレキシブルに加工ができ、カード形状以外にもシールタイプやキーホルダー、リストバンドなどさまざまな形状の製品へ展開することも可能。     ≫ニュース全文を読む

2012年11月16日
凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、オンライン上の商品評価を店頭で可視化する、O2O(オンライン to オフライン)プロモーションシステム「いいね!カウンター」を開発、2012年11月中旬より提供を開始する。  「いいね!カウンター」は、Facebook上の「いいね!」のカウント数を、店頭に設置された専用の小型電子ペーパーサイネージやiPad、Android端末などのスマートデバイスに、専用サーバを通じてリアルタイムに表示するシステム。オンライン上の「いいね!」のカウント数をオフラインの店頭で可視化することで、来店者の商品への興味や関心を高め、購買活動を促進する。 オンライン上の商品評価をリアルタイムにオフラインの店頭で表示するシステムは日本初。  また、同システムで提供する「いいね!カウンター」専用の小型電子ペーパーサイネージは、表示部分に省電力の電子ペーパーを活用し、電池方式を採用することで、コードレス化を実現している。無線通信で表示の更新を行うため、商品棚やマネキン、店員着用のアイテムなど、様々な場所に設置することができる。  なお、「いいね!カウンター」は採用第一弾として、良品計画(東京都豊島区、金井政明社長)が運営する無印良品有楽町店で2012年11月16日から26日まで開催される「KNITLike COLLECTION」で活用される。  同システムは、凸版印刷と、ITソリューションの開発を行うグループ企業であるトッパンシステムソリューションズ(東京都北区、井上英雄社長)が立ち上げた研究開発組織「TSSラボ」が開発した。 ■ 「いいね!カウンター」の特長・Facebook上の「いいね!」のカウント数をオフラインの場でリアルタイムに表示企業のFacebookページで、商品の詳細情報を掲載した記事を投稿する。記事に付けられた「いいね!」の数を、店頭で設置されたスマートデバイスや小型の専用電子ペーパーサイネージへリアルタイムに表示することができる。・「いいね!」のカウント数だけでなく、コメント情報や商品画像、QRコードも表示Facebookの「いいね!」のカウント数だけでなく、Facebookに投稿されたコメント情報や、商品の画像、対応するURLリンクが登録されたQRコードを表示することが可能。・Facebook以外のソーシャルメディアの情報表示も可能プロモーションの目的に合わせ、投票ランキング型のFacebookアプリや、口コミサイトなど、様々なソーシャルメディアの情報を表示することが可能。・「いいね!カウンター」専用の小型電子ペーパーサイネージを提供表示部分に省電力の電子ペーパーを活用した「いいね!カウンター」専用の小型サイネージを提供。無線機能を内蔵し、コードレスで情報を更新できる。また、小型のため、マネキンや店員につけるバッチ、商品棚に載せるPOPなど、様々な場所に設置可能。   ≫ニュース全文を読む

2012年11月16日
大日本印刷(DNP、北島義俊社長)は、ソニ―製の次世代FeliCa ICチップを搭載した高セキュリティな非接触ICカードを開発し、11月15日に発売した。同製品は、ソニーが通信互換性を評価する「FeliCaカード性能検定」に、国内で初めて合格した。 【同製品の特長と主な仕様】  次世代FeliCa ICチップは、ICカードとリーダーライター間の相互認証と暗号通信に関し、従来のDES(Data Encryption   Standard)暗号方式に加え、よりセキュリティ性の高いAES(Advanced Encryption Standard)   暗号方式にも対応した。また、セキュリティに関する国際標準規格であるコモンクライテリア(ISO/IEC   15408)の評価保証レベル「EAL6+」を取得しており、業界最高レベルのセキュリティ性能を保持している。▽暗号方式は( 1 ) DESのみ、( 2 ) AESのみ、( 3 ) 両方式の認証にそれぞれ対応した、3種類の非接触ICカードの発行が可能。▽従来のリーダーライターなど、DES暗号方式のFeliCa対応システムでも使用できる。▽カード発行後でも、再発行することなくDES暗号方式の現行システムから、AES暗号方式をベースとした新システムへ移行できるセキュリティマイグレーション機能を備えている。     ≫ニュース全文を読む

2012年11月15日
 モリサワ(森澤彰彦社長)はこのほど、クラウドフォントサービス「TypeSquare」を無料で利用可能な¥0キャンペーンを2013年も継続して実施することを発表した。  2012年2月のサービス開始以来、さまざまなWebサイトで日本語Webフォントの利用が進んできており、同キャンペーンを通じ、国内におけるWebフォントの認知と利用がさらに拡大することを期待し、無料期間の延長を行う。  ¥0キャンペーンは2013年12月31日まで実施し、期間中は書体数や利用サイト数に関わらず、すべてのサービスを無料で利用できる。現在TypeSquareを利用中の場合は自動的に本キャンペーンが適用される。  ¥0キャンペーンの詳細はTypeSquareのサイトからhttp://typesquare.com  問い合せは同社東京本社宣伝企画課、電話03(3267)1233まで。   ≫ニュース全文を読む

2012年11月15日
大日本印刷(DNP、北島義俊社長)、山本二三氏率いる絵映舎(かいえいしゃ)、こども向けデジタルコンテンツの企画・制作を手がけるデジタルえほん(東京都港区 石戸奈々子社長)の3社は共同で、iPhone/iPad向けの絵画鑑賞アプリ『菩提樹の春夏秋冬』を制作し、2012年11月15日に配信を開始する。山本二三氏は、「天空の城ラピュタ」「火垂るの墓」「もののけ姫」などのスタジオジブリ作品をはじめとするアニメ作品の美術監督として数々の名作に携わり、日本を代表するアニメーション背景画家・美術監督と言われている。今回開発した絵画鑑賞アプリ『菩提樹の春夏秋冬』は、東京郊外の団地の再開発に伴い、どうしても切り倒さざるを得なかった木々を山本氏が絵として残した作品をモチーフにして、四季で変化する日本の森を表現した。日本を代表するアニメ映画作品にも登場した美しい世界観を堪能することができる。同アプリは、iPhone/iPad向けに制作したもので、電子版ならではのアニメーションや効果音、音楽といったリッチコンテンツが楽しめる一方で、画面上に操作ボタンを表示しないことによって、絵が持つ世界観を損なうことなく鑑賞することができる。なお、インタラクティブなしの絵画閲覧と音楽の一部試聴が可能な「Pre Edition」(体験版)と、インタラクティブ機能全てが体験できる「Full Edition」(有償版)を同時に配信する。  同アプリの販売収入の一部は、2011年3月の東日本大震災の大津波に耐えた高田松原の「奇跡の一本松」の保存とその周辺環境の整備のために、岩手県陸前高田市に寄付される。 【絵画鑑賞アプリ『菩提樹の春夏秋冬』の特長】1. 春夏秋冬の移り変わりをスクロール操作でスムーズに表示同アプリは、「春夏」と「秋冬」の2枚の原画をつなげて表現しているため、四季の移り変わりを1枚の絵としてスクロール操作でスムーズに見ることができる。2. 隠し画面や風の音などの仕掛けを搭載同アプリのために書き下ろされた原画を基にアニメーションを制作し、画面上の絵に触れると、どんぐりが落ちてきたり、桜吹雪が舞ったりするなどの隠れた仕掛けが散りばめられている。また、絵の所定の場所に触れると、セミの声や風の音などの効果音、四季のイメージに合わせた音楽などが流れる。描かれている植物の解説なども表示される。3. 操作ボタンを表示せず、絵だけをシンプルに鑑賞可能絵を鑑賞するうえで邪魔になりがちな操作ボタンやツールバーを表示しない設計のため、絵の細やかな描写や色使いをじっくりと楽しむことができる。(トップ画面を除く)   [caption id="attachment_4775" align="aligncenter" width="300"] 絵画鑑賞アプリ『菩提樹の春夏秋冬』「Full Edition」のTOPページ[/caption]         ≫ニュース全文を読む

2012年11月15日
 大阪府印刷工業組合(吉田忠次理事長)は11月14日、大阪市都島区の太閤園で「平成24年度第3回定例理事会」を開催した。  開会に先立ち吉田理事長があいさつした後、議案事項では、組合員加入承認の件で新たに8社の加入(加入承認後組合員数は560社)を承認したほか、平成24年度上半期決算報告、各委員会開催状況および予定について審議し、いずれも原案通りに可決した。  このほかにも、報告・連絡事項として、「全日本印刷文化典in北海道」の概要報告、組合員台帳調査回収結果、新春会員交流大会の開催、広報「PRI・O」について説明した。  なお、同工組の新春会員交流大会は平成25年1月11日(金)午後6時から大阪市都島区の太閤園で開催される。 ≫ニュース全文を読む

2012年11月15日
プロパティーズ(埼玉県所沢市、安藤博雄社長)は、西武プロパティーズが運営・管理する軽井沢・プリンスショッピングプラザにおいて、O2Oプロモーションと連携した顧客データマーケティングを推進することを目的に、「“お店でタッチ”Facebookでスタンプラリーキャンペーン」を2012年11月15日から11月28日まで実施する。 今回のキャンペーンでは、BrandXing(東京都港区、笹川博之社長)がマーケティング施策の企画およびデータ分析のコンサルティング、凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)がNFCとFacebookを活用したO2Oプロモーションシステム「LinkPlace」とキャンペーン企画やメール配信などのバックオフィス業務を提供する。  同キャンペーンは、軽井沢・プリンスショッピングプラザ内の対象22店舗にリーダーとして設置されたNFC搭載スマートデバイスに、来店者がFacebookのアカウント情報を紐付けたICタグ内蔵のリストバンドでタッチすると、来店者のスマートフォンに表示されたスタンプシートにスタンプが押され、スタンプを6個以上集めると宿泊券などの賞品が当たる抽選に参加できる。スタート地点のNFC搭載スマートデバイスにタッチすると来店者のFacebook上に同キャンペーン情報などが送信される。 西武プロパティーズは、キャンペーン参加時に取得する来店者の属性情報と、対象店舗にタッチした際に取得できる行動情報で来店者を分析する。その分析結果をもとに西武プロパティーズが運営する他の商業施設に誘導するオファーメールを送信するなど、顧客データマーケティングを推進していく。  西武プロパティーズは、軽井沢・プリンスショッピングプラザ内での本施策を通して顧客回遊データを分析し、本施設内での顧客活性化を図るとともに、西武プロパティーズが運用する他の商業施設への展開をはかり、新しい集客手法としての可能性を検討していく。 ≫ニュース全文を読む

2012年11月14日
凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、三井住友カード(東京都港区、島田 秀男社長)が発行する「三井住友カード韓国トラベルプリペイド」の残高管理センターおよび、カード発行、WEBサービスなどの関連業務を総合的に受託した。 同プリペイドカードのサービス開始に合わせ、2012年11月より本格的な運用を行う。  凸版印刷はクレジットカードの発行業務を受託するなど、これまでもカード会社の業務支援サービスを提供してきた。 今回、三井住友カードが韓国の大手カード会社Hana SK CardCo.,Ltd等と提携し、日本のクレジットカード会社として初めて、日本と韓国を結ぶ専用決済スキームを構築の上、日本から韓国へ渡航する方を対象としたプリペイドカード決済サービスを開始するにあたり、凸版印刷が持つプリペイドカードビジネスのノウハウと実績が評価され、残高管理センターおよび、カード発行、WEBサービスの関連業務を受託した。   【三井住友カード韓国トラベルプリペイドの概要】1)概要  三井住友カード韓国トラベルプリペイドは、日本から韓国へ渡航する方向けのプリペイドカードサービス。同プリペイドカードは、日本で、日本円で購入することができ、韓国内のHanaSKカードの加盟店約220万店でウォンでの買物に利用できる。2)サービスの主な特長 ・残高をサーバーで管理する方式   残高の範囲内で繰り返し利用でき、残高や利用履歴の確認も可能。また、有効期限内で、何度でも繰り返しチャージ可能。・韓国ウォンでの利用が可能   日本円で購入し、韓国現地では、韓国ウォン相当額でのお買物に利用できるため、両替の手間がかからない。・利用可能加盟店   韓国内の約220万の店舗で利用できる。・加盟店での優遇サービス   ロッテ免税店全店で10%割引など、特定の加盟店で割引が適用される。・販売額   10,000円、30,000円、50,000円の3種類で、カードデザインは、4種類揃えている。   ≫ニュース全文を読む