印刷タイムスニュース
Insatsu times news

トップ > 印刷タイムスニュース

印刷タイムスニュース一覧
5672件中 5111~5120件を表示

2012年10月01日
大日本印刷(DNP)は、生活者のメディア利用と購買行動の変化を調査・分析する「メディアバリュー研究」を2001年に開始し、調査・分析したテーマの内容を「メディアバリューレポート」としてまとめ、毎月発行している。このたび、10代のネットコミュニケーションについて調査した「メディアバリューレポート Vol.52」を発行した。   【メディアバリューレポートVol.52「10代のネットコミュニケーション」について】メディアバリュー研究がSNSを利用する10代を対象に実施した調査したところ、約9割が、実際には会ったことはないが、ネット上のみでコミュニケーションを行う“ネット友達”を持つことがわかった。さらに、ネット友達に対しては、音楽やゲームなど互いに共通する趣味や関心事について共感する相手として、また、本音で語り合い理解し合える相手としての期待を寄せているといった実態が捉えられた。○ “共感できる相手”としてネット友達に期待10代は、ネット友達に対して「共感できる」「気が合う」といった意識が高い。20~40代が「新しいことを知ることができる」「知りたい情報を教えて欲しい」など、情報収集を目的にネット友達とコミュニケーションをとる一方で、10代は「理解して欲しい」、「本音が言える」など、わかり合える相手としての期待をしている。○ケータイで即時性のあるコミュニケーション10代のネット友達とのコミュニケーションはケータイでのやりとりが多く、メールの他にもTwitterやLINEなどのサービスを利用している。好きなアーティストやオンラインゲームといった共通のテーマや、リアルタイムの出来事を共有して盛り上がり、即時性のあるコミュニケーションを楽しんでいる。     ≫ニュース全文を読む

2012年10月01日
大日本印刷の子会社で、企業と顧客のコミュニケーションに関するコンサルティングを手がけるエムズコミュニケイトは、貯めたポイントで交換できる景品の魅力を高めて、企業のポイントサービスを活性化させる「ポイント交換魅力化サービス」を9月28日に開始した。  生活者の価値観が多様化するなか、ポイントサービスに期待することや魅力と感じることなども変化してきている。エムズの独自調査によると、2009年と2011年を比較して、ポイントを「お金」と捉えて、節約・キャッシュバック感覚でポイントを貯める層が3.8%減少する一方、プレミアムな景品、旅行券、寄付などのモノやサービスに交換して「楽しむ」層が2.4%増加していることがわかった。しかし、既存のポイントサービスは、ポイントを値引きや買い物券などに交換する「お金」としての利用が主流で、生活者が「楽しむ」ポイントサービスを提供している企業は多くない。また、ポイントで交換できる景品は、カタログギフトや店舗にある商品が多く、「魅力ある交換景品が無く、ウェブサイトやカタログで詳細を見ない」」「どのポイントサービスも代わり映えしない」などの声も多く、貯めたポイントの利用が進んでいない。この課題に対してエムズは、ポイントサービスの改善ノウハウや独自データを活かして「魅力ある景品の企画」「ポイント交換コストの削減」「ポイントサービスによる購入意欲の向上」「ポイント交換景品を通じた企業ブランディング」など、企業のポイントサービスの活性化を支援する。なお、サービス化に向けて行ったテストマーケティングでは、金融系企業のポイントサービスではポイント交換率が1.8倍、通販企業のポイントサービスではポイント交換率1.4倍、1ポイント当たりのコスト25%減という成果が見られた。   【「ポイント交換魅力化サービス」について】同サービスは、生活者へのポイント交換景品の魅力を高めることで、リピート購買の促進など優良顧客の拡大を図り、企業のポイントサービスの活性化と採算性の向上を図る。具体的には、企業がターゲットとする顧客層の属性を分析し、<1>より好まれるポイント交換景品の企画・調達サービス<2>ポイント交換の魅力を訴求するウェブサイトやポイント交換サイト、店頭告知ツールなどコミュニケーションメディアの企画・制作サービスを提供する。<1>ポイント交換景品の企画・調達サービス○魅力ある景品やサービスを提供保有するポイント交換実績データから、企業がターゲットとする生活者に人気のある景品や興味・関心が高い景品を企画して調達する。例えば、30歳以上の女性をターゲットとした場合、お米やコーヒー、スイーツなどの定番商品に、アイディアキッチン雑貨やデザイン家電、著名人が企画・デザインしたグッズなどを加え、ポイント交換時の「選ぶ楽しさ」を提供する。また、抽選で当たる旅行券への応募や画像・映像のダウンロードなど、少ないポイントでも利用できる景品やサービス、入手困難なグッズや非日常体験ができる優良顧客向けのアクティビティ体験サービスなど、モノだけにとらわれない景品を企画する。また、期間限定のポイントキャンペーンなど、各種プロモーションの企画・運営も行う。○採算性の向上を支援景品交換に必要なポイント数や手配すべき数量などが最適になるように設定する。同サービスでは、景品として提供する商品やサービスをあらかじめ買い取る必要はなく、顧客からポイント交換の依頼があった時点で必要な数量を仕入れるため、在庫リスクを低減できる*1。*1 : 商品ラインナップ数や想定数量に応じて条件は変動する。<2>コミュニケーションメディアの企画・制作サービス○企業紹介やポイント会員向けのウェブサイト、店頭告知ツールなどによる、ポイント交換に関する訴求力の向上を支援例えば、ウェブサイトのトップページに交換景品のバナーを掲載したり、「交換景品ランキング」「今月オススメの交換景品」「交換景品に関する特集ページ」などのコンテンツを制作したりするなど、ポイントサービスの魅力や、ポイントを貯める楽しみを伝えるコミュニケーションメディアの企画・制作を行う。 【価格】<1>ポイント交換景品の企画・調達サービス企画設計費用:30万円~、景品調達費用(景品手配):実費*2*2 : 商品の発送や顧客からの問合せ対応などは上記価格には含まれていない。個別に見積りをする。<2>コミュニケーションメディアの企画・制作サービス対象となるメディアに応じて個別に見積りをする。   ≫ニュース全文を読む

2012年10月01日
大日本印刷の子会社で、企業と顧客のコミュニケーションに関するコンサルティングを手がける株式会社エムズコミュニケイト(エムズ)は、企業のポイント会員を優良顧客にするシナリオ策定と、その実施を支援する「優良顧客拡大PDCA定着化サポートサービス」を9月28日に開始した。同サービスは、ポイント会員の属性情報や購買データの分析、ポイント関連の販促施策の効果検証を通じ、優良顧客を増やすための有効な計画の策定から実施に至るPDCAサイクル*1の定着を支援する。   ポイントサービスを企業の収益拡大の戦略ツールとするには、顧客の購買データの分析、展開するサービスの効果検証、優良顧客拡大シナリオの策定~実行~効果測定などのPDCAサイクルの実践が不可欠だ。しかし、実際のポイント関連の販促施策の多くはPDCAのサイクルが定着せず、ポイントサービスが業績の向上の施策として有効に活用されていない場合もある。この状況に対してエムズは、ポイントサービスの活性化支援によって、優良顧客の10%以上の増加を実現したこれまでの実績とノウハウを基に、「優良顧客拡大PDCA定着化サポートサービス」を開始する。   【「優良顧客拡大PDCA定着化サポートサービス」について】同サービスは、「1.効果測定フェーズ」(Check:評価)、「2.優良顧客化シナリオ策定フェーズ」(Act:改善)、「3.アクションプラン策定フェーズ」(Plan:計画)の3つのフェーズで構成されている。各フェーズに応じた運用フォーマットを作成し、それぞれのシナリオを確実に実行するように導いていく。   各フェーズの詳細は以次の通り。1.効果測定フェーズ(Check:評価)顧客の購買データを分析して現行の販促施策を評価する。購買データを活用してRFM分析*2を行い、各顧客の収益性を算出して“優良顧客”や“標準顧客”に分類するなど、明確に「顧客層」を定義する。次に、ポイントキャンペーンなどの販促施策の効果について、顧客層ごとに、短期的な企業収益と長期的な顧客生涯価値(LTV:Life Time Value)の観点で分析し、各販促施策が優良顧客の拡大に結び付いているかどうかを判定する。この効果判定のプロセスを踏まえ、優良顧客拡大の視点から販促施策の効果を継続的に評価・測定できるノウハウを提供する。2.優良顧客化シナリオ策定フェーズ(Act:改善)ポイント会員を優良顧客とするために必要なルールや手順などのシナリオを策定するフェーズ。 効果測定フェーズの評価結果から、企業収益が高い「優良層」の顧客が購入した商品や参加したサービスなどについて、その内容や販促施策の展開方法などを分析し、各層の顧客を優良顧客化するための、より効果が高い改善シナリオを策定する。3.アクションプラン策定フェーズ(Plan:計画)策定したシナリオを実際の事業活動に反映させる計画を策定するフェーズ。企業が注力すべき「優良層」の顧客拡大に向けて、フェーズ2の顧客育成シナリオに基づく具体的なアクションプランを策定し、年間の販促施策を構築する。各施策の進捗状況や実施結果など、アクションプランの運用実態を把握できるフォーマットによって計画の確実な実行を促し、PDCAサイクルの定着を実現する。策定した販売施策を実施(Do:実行)し、その結果をフェーズ1の効果測定につなげていくことで、優良顧客を増やすための有効な計画の策定から実施に至るPDCAサイクルを実現する。   【概算価格と今後の展開】「優良顧客拡大PDCA定着化サポートサービス」 : 300万円(税抜き)より※フェーズごとのサポートも可能。※価格はサポートする内容によって変動する。   ≫ニュース全文を読む

2012年10月01日
 Web・スマートフォン・グラフィックなどのデザインやクリエイティブサービスを提供しているDCアーカイブズ(北海道札幌市、代表取締役:菊池健氏)はこのほど、同社が運営する画像切り抜きパス制作サービス「切り抜きPHOTO」のユーザー向けに、10月31日まで利用料の割引および半額クーポンをプレゼントするキャンペーンを実施している。  同サービスは、広告・パンフレット・ウェブサイトなどの制作で写真を使用する時に発生するのが面倒な画像の切り抜き作業を写真画像データ内にクリッピングパスを作成するもの。クリッピングパスデータを使用すれば、画像編集ソフトを使用してパスに沿って写真画像を切り抜くことができる。  今回、実施するキャンペーンは、新規ユーザー登録により注文したユーザーの初回利用分料金を半額にする「ウェルカム半額キャンペーン」と、日頃の感謝の気持ちを込め、キャンペーン期間中に切り抜きPHOTOを利用した全てのすべてのユーザーを対象に、抽選で30人に利用料金の半額クーポンを進呈する「スペシャル半額クーポンプレゼント」キャンペーンの2つとなっている。  画像切り抜きパス制作サービス「切り抜きPHOTO」(URL: http://www.gen-zo.com/kirinuki/ )は、通常価格1点126円(消費税込み)という低価格)最短半日のスピードサービス)安心のサポート体制も充実したハイクオリティ)利用登録企業3000社超という実績を持っている。  これまで、時間ばかりがかかり、制作が進まない画像の切り抜き作業にあって、どのような画像も低価格・ハイスピードで切り抜く「切り抜きPHOTO」を利用することで、制作費用と時間の削減が図れる。  同サイトに仮登録するとサンプルとして画像1点を無料で切り抜く「初回限定無料!!お試しサービス」も実施している。  また、同社では「切り抜きPHOTO」の姉妹サイトとして、人物レタッチに特化した人物専門写真修正サービス「美女フォト」(URL: http://www.gen-zo.com/bijo/)も新たに開設した。  このほかにも、クライアントのデザインコンセプトに沿って写真やイラスト、CGなどあらゆる技術を駆使して作品を作り上げる「Visual Create」、化粧品やファッション誌などのさまざまシーンで使用される人物写真を思いのままにアレンジし、より美しいビジュアルに仕上げる「Digital Makeup」といった求められるイメージを実現する写真修正・画像加工サービス「デジタルフォトレタッチ」(URL: http://www.gen-zo.com/ret/ )により、デジタル時代のクリエイティブを総合的にアシストしている。  問い合わせは同社マーケティング・コミュニケーション事業部、電話011(707)3870まで。 ≫ニュース全文を読む

2012年10月01日
 ウエノ(大阪市淀川区、上野耕治社長)は、グレーズ除去&堆積防止剤として「グレーズスイーパー」を10月1日より販売開始した。  同製品は、研磨剤などの粒子を一切含まず、油性&水性の汚れ及びカルシウムを一液で除去する特許申請中の画期的な新製品。日本印刷産業連合会のグリーンプリンティング認証品ともなっている。  「グレーズスイーパー」は、同社の薬品開発の集大成として 「パワーゾールエコシリーズ」の特許取得、FOGRA認証及びクリオネ認証取得などで培ったノウハウをはじめ、パワーリフレッシュのグレーズ除去での実績などをもとに開発されたもの。  通常、印刷機のインキローラーは印刷終了後に有機溶剤のみで構成された洗浄剤で洗浄されるため、インキローラーを使用していくとゴムの表層にインキの滓・炭酸カルシウム・紙粉・ガムなどが堆積し、インキ転移性を阻害して印刷に支障をきたすことから、これまでに種々のグレーズ洗浄剤が市販されてきた。  しかし、従来製品は親油性のインキと親水性の炭酸カルシウム・紙粉・ガムなどの洗浄に別々の除去剤が必要であったが、同製品では従来の2種類の除去剤を使用する煩雑さを解消し、今まで以上の効果を発揮する。  同製品の使用方法は次の通り。  ▽ローラー上に「グレーズスイーパー」をローラー全体に行き渡るようにかけ、低速でアイドリングを約2~3分間行うとローラー上に溜まったインキなどの油性のグレーズが着色して浮き上がってくる。  ▽ドクターをオンにし、水をローラー全体に行き渡るようにかけると紙粉・炭酸カルシウム・ガムなどの水性のグレーズが浮き上がる。  ▽ドクターで掻き取る液が透明になるまで水を掛けると全ての汚れが除去できる。  これらの機構により同製品は、週1~3回の使用でインキローラーのグレーズ洗浄及び堆積防止が行え、インキローラーの仕上げ洗浄を容易にするとともに、印刷トラブルが防止できる。  なお、同製品の仕様は容量1L(カートン/6本入)となっている。 ≫ニュース全文を読む

2012年10月01日
公益社団法人日本印刷技術協会(塚田司郎会長)は、2012年10月25日に「JAGATトピック技術セミナー 2012」を開催する。 2012年に開催されたdrupa2012では、B2サイズやオフセット品質のインクジェット、ロールtoロール、パッケージ印刷などデジタル印刷が中心となって出展されていた。もはやデジタル印刷で印刷できないものはない、と言われるレベルにまでなってきている。「JAGATトピック技術セミナー2012」では、最新のデジタル印刷技術を中心に取り上げる。今後の印刷業に何が出来るか?デジタル印刷機で何が出来るか? を考えていただく機会とする。また、特別講演として、印刷業の課題を取り上げた書籍「未来を破壊する」を題材として問題提起編をおこなう(問題解決編はpage2013で予定)。また、「講談社のデジタル戦略」として、電子書籍への本格参入とデジタル印刷機によるブックオンデマンドについて伺う。 ■  開催要項会 場………公益社団法人日本印刷技術協会主 催………公益社団法人日本印刷技術協会定 員………120名 参加費………JAGAT会員 無料、一般 5,000円(税込)   スケジュール(13:00~17:30)挨拶 公益社団法人日本印刷技術協会   特別講演1「未来を破壊する(問題提起編)」 ブライター・レイター 山下 潤一郎 氏   技術トピックスプログラム 1. Miyakoshi Digital Press 8000、MJP20MX-7000ミヤコシ 2. 導入が急加速するKodak Prosperシリーズの最新活用事例コダック 3. EQUIOS、Truepress Jet520とホリゾンSmart Binding システムによるSmart Book Solution大日本スクリーン製造 4. Jet Press 720、Jet Press F富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ 5. page2013 案内公益社団法人日本印刷技術協会ほか        特別講演2「講談社のデジタル戦略」講談社 広報室 次長 吉田 健二 氏     ≫ニュース全文を読む

2012年10月01日
 コンテックス スキャニング テクノロジー ジャパン エーエス(英称:ContexScanningTechnology Japan A/S、東京都中央区、日本支社社長:神崎信夫氏)は、スキャナに専用のMFPスタンド、パネルPC、専用コピーソフトウェアをバンドルし、大判インクジェットプリンタと組み合わせるだけで簡単にフルカラーの大判コピーシステムを構築できるMFPスキャナ・ソリューション「MFP2GOシリーズ」を市場に投入するとともに、薄手の図面から厚手のカラフルなポスターまでスキャニング可能なプロに最適なCCD方式スキャナ「HD ULTRシリーズ」4機種、技術資料や地図、各種図面のスキャニング業務に最適なCIS方式スキャナのラインアップを一新し、10月1日より同社販売代理店より受注・販売開始した。  MFP2GOシリーズは、コンテックスが誇る大判スキャナと、スキャナ下部に大判インクジェットプリンタを配置して場所をとらずに一体型にできる専用MFPスタンド、10.1インチ型パネルPC、初心者にもわかり易いユーザーインターフェースを備えたコピー&スキャンソフトウェアTouchimageをバンドルし、各社大判インクジェットプリンタを組み合わせるだけでフルカラーの大判コピーシステムが構築できるもの。  プリンタからの印刷だけでなく、MFP2GOによって、図面、手書き修正・変更を加えた図面などもスキャン、コピー、ファイル化、メール送信することができるため、これまで扱いの難しかったA1やA0サイズの図面、原稿管理、共有を低価格で劇的に改善することができる。  また、今回販売を開始した「HD ULTRA」は、CCD方式の大判スキャナであり、A0サイズおよびB0サイズでスキャンスピードが異なる4機種が用意されている。  コンテックスのCCD方式大判スキャナは、プロフェッショナル用としてあらゆる分野で活躍し、品質に厳しい眼を持ったユーザーに鍛えられてきた。 HD ULTRAは、同社が長年培った技術とユーザーからのフィードバックを融合させた、まったく新しい大判スキャナ。スキャン品質はもちろんのこと、用紙ハンドリング、大容量データ転送の改良など、すべての点で満足できるものとなっている。  今回は、さらなる改良を経て、カラーのスキャニングスピードで業界では最速の最高203.2 mm/秒を実現した。  製品概要は次の通り(製品名・価格・出荷開始)  ▽IQ24MFP2GO(A1対応MFPソリューション)、57万5400円、10月上旬  ▽SD36MFP2GO(A0対応MFPソリューション)、83万7900円、10月上旬  ▽IQ44MFP2GO(B0対応MFPソリューション)、94万2900円、10月上旬  ▽HD42MFP2GO(B0対応MFPソリューション)、207万9000円、10月上旬  ▽IQ2490(A1対応大判スキャナ)、50万4000円、10月上旬  ▽IQ4450(B0対応大判スキャナ)、71万4000円、10月上旬  ▽IQ4490(B0対応大判スキャナ)、81万9000円、10月上旬  ▽HD ULTRA i3650s(A0対応大判スキャナ)、155万4000円、10月上旬  ▽HD ULTRA i3690s(A0対応大判スキャナ)、186万9000円、10月上旬  ▽HD ULTRA i4250s(B0対応大判スキャナ)、176万4000円、10月上旬  ▽HD ULTRA i4290s(B0対応大判スキャナ)、207万9000円、10月上旬  問い合わせは同社セールス&マーケティング、電話03(3669)5515まで。 ≫ニュース全文を読む

2012年10月01日
 MUTOHホールディングス傘下で大判インクジェットプリンタ製造・販売を手掛ける武藤工業(東京都世田谷区、早川信正社長)は、CAD用インクジェットプロッタ「RJ‐900」シリーズの後継機種として、新たに「RJ‐901X」(A1サイズ対応機種)と、「RJ‐900X」(A0サイズ対応機種)を10月1日より販売を開始した。  今回販売を開始する「RJ‐900X」は、同社従来機種に対し、ドラフトモードにおいて25%の高速化を実現したもの(A1カラー作画:最速33秒)。  サイン向け大判インクジェットプリンタで培われた技術を組み入れ、建築パース図面や3DCAD図面、写真画像、イラスト、塗り潰しなどのグラフィックス要素を多く含んだ図面の作画品質を向上している。  同時に、和紙などの薄紙搬送能力の向上(用紙押さえローラーのキャンセル機能による加圧力調整)、パソコンばかりでなく、スマートフォンにも対応した新開発のステータスモニタ「VSM」にも対応している。   ≫ニュース全文を読む

2012年09月27日
イクス(東京都港区、今橋秀夫社長)は、業務拡大、人員増強により、新宿制作事務所を10月2日より下記に移転する。新事務所は中野坂上駅に直結しており、営業活動の拠点、作業効率の向上につながる。       〒164-0012東京都中野区本町1丁目32-4  ハーモニーウイング3Fhttp://yahoo.jp/Yneem1TEL:03-5308-6055FAX:03-5308-6056   ≫ニュース全文を読む

2012年09月27日
社団法人日本印刷産業連合会(日印産連、足立直樹会長)は10月2日~5日に東京ビッグサイトで開催される東京国際包装展「TOKYO PACK2012」に初出展し、「グリーンプリンティング(GP)工場認定制度」を紹介する。東5ホール(小間番号5-66)  同連合会では、環境に配慮した印刷工場の認定制度「グリーンプリンティング(GP)認定制度」を積極的に推進しており、その事業の一環として、初めて東京国際包装展「TOKYO PACK2012」に出展、GP工場認定制度の仕組みや認定基準のほか、認定取得のメリット、認定の申請方法などを説明する。さらにブースでは、同展示会の主要な対象業界であるグラビア印刷業界でGP認定された全国36工場の紹介やGP関連資料を展示する。  主な展示内容は次のとおり。「グリーンプリティング(GP工場認定制度のパネル展示GP認定工場一覧(グラビア印刷部門)と各工場会社案内の展示GP認定制度パンフレット、グリーン基準の配布GP工場認定に関する相談コーナー  ≫ニュース全文を読む