印刷タイムスニュース
Insatsu times news

トップ > 印刷タイムスニュース

印刷タイムスニュース一覧
5662件中 5061~5070件を表示

2012年10月22日
 日立ソリューションズ(東京都品川区、林雅博社長)は、文書管理システム「ラビニティ One」とハイパーギア(埼玉県さいたま市、代表取締役:本田克己氏)の情報漏洩防止製品「HGSEALED for Doc ラビニティ One連携」との組み合わせを実現する「ラビニティ Security 連携オプション」の販売を10月31日から開始する。  これにより、契約書や見積書など、文書の種類ごとに参照、印刷の制限や配布後の閲覧抑止が可能となり、文書管理システムのセキュリティ強化を実現する。  流通業、サービス業では個人情報を含む契約書や見積書、製造業ではグローバル化の推進に伴う機密情報を含む図面や設計書などの情報漏洩の防止が絶えず企業経営の大きな課題となっている。  このような背景の下、日立ソリューションズは、直感的な操作や属性情報による検索で、複数人での文書作成作業を効率化する文書管理システム「ラビニティ One」に、アクセス権の設定や監査証跡のログ採取、指の静脈パターンの画像を利用した指静脈認証システム「静紋JS1」と連携した個人認証機能などを提供し、セキュリティ強化を図ってきた。  一方で、ハイパーギアは、Microsoft OfficeファイルやPDFファイルをサーバでDRM暗号化し、特定のPCに使用を限定する情報漏洩防止製品「HGSEALED for Doc」を提供してきた。  今回、ハイパーギアは、「ラビニティ One」との組み合わせ専用の情報漏洩防止製品「HGSEALED for Doc ラビニティ One連携」の提供を新たに開始し、日立ソリューションズは、「ラビニティ One」と「HGSEALED for Doc ラビニティ One連携」との組み合わせを実現する「ラビニティ Security 連携オプション」を新たに提供することで、「ラビニティ One」で管理する文書ファイルのさらなるセキュリティ強化を実現する。  これまでの「ラビニティ One」では、登録されたWordなどの文書ファイルを一旦PDF化してセキュリティを設定していたが、「ラビニティ Security連携オプション」を利用することで、ユーザーは、「ラビニティ One」に登録している契約書や見積書などの文書の種類ごとに、参照、印刷の制限や配布後の閲覧抑止などの、より厳格なセキュリティをMicrosoft Officeファイルの形式で設定することができるようになる。  これにより、設定されたセキュリティ条件に基づき、「HGSEALED for Doc ラビニティ One連携」のクライアントアプリケーションがインストールされている特定のPCで、文書ファイルの利用を制限することが可能となる。  また、ファイルの参照や印刷などの操作ログをサーバへ記録することで、これまでよりもきめ細やかなセキュリティ対策を講じることができるようになる。 ≫ニュース全文を読む

2012年10月22日
 ホリゾン西コンサル(京都府向日市、伊藤幸太郎社長)主催による「第25回ホリゾンラインアップシステム展」が10月17日から3日間、大阪市中央区のマイドームおおさかで開催された。  25回目を迎えた今回は名称を新たに「ラインアップシステム展」へと変更し、「これからの少量生産と高付加価値の創造」をテーマに掲げ、今年5月に開催された「drupa2012」で発表した多品種少量生産に対応する最適なシステムの新商品が西日本地区で初披露された。  今回は、会場構成を「新商品の紹介」「特化商品の紹介」「オンデマンド商品の紹介」「Tシャツプリントの紹介」の4つのコーナーに分け、あらゆる角度から新たな提案を行った。  中でも、新商品の紹介のコーナーでは、今年5月に開催された「drupa2012」において同社では、1200㎡の展示スペースに数多くの製本関連機器の新商品を出展し、ポストプレスをキーとしたワークフローをコンセプトに、効率的生産を実現するための提案をブース全体にわたって披露したが、同展で発表した新商品を西日本地区で初披露。  ますます進むデジタル印刷化時代に最適なポストプレス機器にフォーカスし、現実的で即戦力となるシステムを一堂に展示した。  一方、特化商品の紹介コーナーでは、加工にさらなる付加価値をもたらすことで新しいビジネスを発見し、高付加価値と新しいビジネスへの挑戦をキーワードとした提案が行われた。  会場では、同社の中綴じシステム「SPF‐200A」ラインに針金を一切使わない地球に優しいエコ綴じ製本機「エコ・プレスバインダーSYT」を連結させ、環境に優しいエコ製本方法を提案したほか、紙折り機「AF‐406A」+クリアファイル仕様(小型自動紙折機)を連結し、需要が高まりつつあるPPクリアファイルが抜き機で抜かれたクリアファイル材料を折機にセットするだけで自動生産できることを提案した。  このほかにも、ハガキ擬似圧着用に開発された熱圧着機を紙折り機「AF406A」に連結させ、DMの実演が行われるなど、高付加価値化を実現するためのシステムが展示・実演された。  来場者にとっては、印刷・製本単価の下落、需要の減退など、印刷関連業界を取り巻く経営環境が厳しさを増す中で、高付加価値の創造、新ビジネスへの取り組みから利益の確保を模索する機会となった。 ≫ニュース全文を読む

2012年10月20日
 ウチダテクノ(東京都荒川区、岡野清吾社長)はこのほど、好評を博している紙枚数計数機「カウントロンシリーズ」の低価格モデルとして簡易紙枚数計数機「カウントロンK‐2」を開発し、販売を開始した。  同製品は、50万円(税別)といった導入しやすい低コストを実現した簡易型の紙枚数計数機でありながら、計数速度は88~135枚/分(A4長辺方向)、計数可能用紙は45~135㎏(四六判連量)までを実現したものとなっている。  上質紙、中質紙、官製はがき、封筒、アート紙・コート紙(条件付き)の紙質に対応しており、用紙寸法は、最小100×148㎜(官製はがき)、最大240×380㎜(角2封筒)までのサイズに対し計数が可能となっている。  さらに、万一のミスフィード時でも排紙部に被計数物が混入しない設計となっており、グラフィック操作パネルの採用で誰にでも簡単に操作できる。  同製品の主な特長は次の通り。  【計数をもっと身近に】  計数機としては今までにない低価格を実現。手作業の計数で困っていたユーザーにとって大幅な作業効率が可能となる。  【簡単操作なフィード式計数機】  給紙テーブルに計数物をセットし、スタートキーを押すだけで簡単に用紙の計数が行える。  【ミスフィードノンスタック機能】  万が一、ミスフィードした場合でも排紙部に用紙が混入しない設計で常に正確な枚数が計数できる。  【コンパクトボディーでありながら最大角2まで計数が可能】  機械本体はコンパクトで設置場所を選ばないが、はがきから最大角2封筒までの用紙に対応している。  【安定給紙】  同社にて長年実績のある3輪ゴムローラ方式を採用しており、はがき・コピー用紙・封筒などを安定して給紙できる。   ≫ニュース全文を読む

2012年10月19日
 10月17日~19日の3日間、マイドームおおさかで開催された「第25回ホリゾンラインアップシステム展」において、ホリゾン製中綴じ折製本ライン「SPF‐200A」に究極のエコ製本機「エコ・プレスバインダーSYT‐5」が連結されたシステムが初披露され、来場者の関心を集めた。  エコ製本機「エコ・プレスバインダー」は、三光(石川県河北郡、浅村奉眞社長)が2010年に開発し、ホッカツ(石川県金沢市、前出猛男社長)が全国特約店となって販売を続けてきた製品であり、これまでに手動タイプの「SYT‐Ⅰ型」をはじめ、セミオートタイプの「SYT‐Ⅱ型」、全自動中綴じ4鞍ライン「SYT‐3」、DMの袋綴じやカレンダー製本に最適な「SYT‐4」が市場に投入され、好評を得てきた。  今年10月には新タイプ「エコ・プレスバインダーSYT‐5」が開発され、ホリゾン製中綴じ折製本ラインに連結されることとなった。  同製品は、針金や糊といった副資材や熱を一切使用せずに、加圧のみで多枚数の紙を瞬時に高い強度で綴じることができる世界初のエコ製本機であり、その技術は地球環境配慮の上で一翼を担うものとなっている。  近年では、「エコ・プレスバインダー」を導入した企業では針金を使わないことが印刷発注者に関心を集め、食料品関係を筆頭に商品カタログやパンフレットにエコ綴じ製本における需要が拡大している。  「第25回ホリゾンラインアップシステム展」の会場で販売を手掛けているホッカツの前出社長は「今回発表した新しいタイプのエコ・プレスバインダーは、ホリゾンの中綴じ折製本ラインに連結できることが可能となったことから大きな期待が寄せられているが、予想以上の反響を得ることができた。  特に、環境に対応したシステムとして来場された方から多くの問い合わせがあったほか、付加価値を高めた加工が小ロットで対応できる点にも関心が集まった。印刷物需要が減速する中にあって、新しい提案ができるものになったことを確信できた」と語っている ≫ニュース全文を読む

2012年10月18日
大日本印刷(DNP、北島義俊社長)は、タブレット端末とデジタルペンを活用した入力支援システム、電子カタログなどを活用した営業支援システムを連携させ、商談の開始から申し込み手続きまでの業務を一貫して支援するサービスを提供する。 サービス利用約款や商品の説明から申し込み業務などで、タブレット端末を活用する企業が急速に増加しており、今後ますます広がると予想されている。しかし、申し込み手続きの際に、名前や住所などをタブレット端末にタッチ入力することに不慣れな生活者も多く、入力作業の簡便化が求められていた。DNPは今回、デジタルペンなどの多様な入力方式に対応することで幅広い生活者が利用しやすい入力支援システムと、商談時にタブレット端末で商品紹介などを行う営業支援システムを組み合わせた、業務支援サービスとして提供する。 【DNPの業務支援サービスの概要と特長】  入力支援システムは、キーボード入力、タッチ入力、ペン入力のほか、専用紙を使ったデジタルペン入力などの各種入力方法に対応しています。各企業が運用する既存のシステム、またはDNPが提供する営業支援システムと組み合わせ、商品の説明と申し込み情報の入力を1台のタブレット端末で行えるサービス。  入力項目が少ない場合や、タブレット端末の取り扱いに慣れている生活者は、キーボードでの入力か先が尖ったタッチペンで端末画面に直接文字を書くことで入力できる。これによって入力負荷を軽減し、店頭やイベント会場などでの申し込み受付を迅速化する。  入力項目が複雑な場合や、タブレット端末の取り扱いに不慣れな利用者向けには、専用の記入用紙とデジタルペンを組み合わせた入力方法を提供する。デジタルペンで専用用紙に記入した手書き文字は、瞬時にデジタルデータとしてタブレット端末に転送されるため、改めて用紙を見ながらデータ入力する必要がない。また、タブレット端末に蓄積された個人情報などのセキュリティ性の高いデータを、DNPのデータセンターに送信して一括管理することも可能で、入力システムの構築から運用・保守までのトータルなサービスも利用できる。 【価格(税込み)】  デジタルペンは1本2.5~3万円(購入本数によって変化する)。専用の記入用紙は個別見積り。  入力システム開発費用やタブレット端末費用は別途。  DNPデータセンターを利用した場合の初期費用は100万円~、月額使用料は20万円~。   [caption id="attachment_4416" align="aligncenter" width="300"] デジタルペンのシステム例[/caption]       ≫ニュース全文を読む

2012年10月17日
 コトブキ企画(松井博司社長)は10月24日(水)~26日(金)の3日間、幕張メッセで開催される「第2回Web&モバイルマーケティングEXPO【秋】」に、大手メーカーのカタログサイトで多数の導入実績を誇るデジタルブック作成システム『My PAGE View』の最新バージョンVer.8.1を出展する。  デジタルブック(電子ブック)が簡単に作成できるクラウド型サービスとして、さまざまな業種のカタログのWeb公開で利用されているMy PAGE Viewではあるが、今回の展示会では次の新しい特長を紹介する。  ▽カタログサイトを簡単に構築できる「フロントシステム」でiPadなどのタブレットで最適表示を実現。  ▽お気に入りのカタログにスマホのカメラをかざしてWebで閲覧、そのままMy本棚へダウンロード。新しいアプリ「撮るBook」なら電波の届かないエリアでもいつでも続きが読める。  ▽Googleマップでお店を検索し、メニューが見られる。今回は幕張周辺でしか見られないMPVガイドブックを用意し、拡がるデジタルブックの世界が体験できる。 ≫ニュース全文を読む

2012年10月17日
全国印刷工業健康保険組合(笠井康弘理事長)は10月1日をもって、神奈川支部・兵庫支部がそれぞれ本部・近畿支部に再編し業務を行っている。   〈神奈川支部再編先住所〉全国印刷工業健康保険組合本部〒104-8250 東京都中央区新川1-5-13℡ 03-3551-9301   〈兵庫支部再編先住所〉全国印刷工業健康保険組合近畿支部〒534-0027 大阪府大阪市都島区中野町4-4-2 大阪印刷会館内℡ 06-6352-4791 ≫ニュース全文を読む

2012年10月17日
大日本印刷(DNP、北島義俊社長)は、情報コミュニケーション部門のさらなる顧客対応力や競争力強化の強化に向け、10月1日に情報コミュニケーション事業部、IPS事業部、CBS事業部を統合し、情報ソリューション事業部を新設する。社会や生活者の価値観の変化、情報ネットワークの進展やビジネスのグローバル化など、企業を取り巻く環境が変化する中、印刷やネットワークなどに関わる情報コミュニケーションビジネスにおける事業環境も大きく変化しており、提供する製品やサービスも多様化している。こうした中、ITサービ会社やソフト開発会社などと競合も厳しさを増してきており、この競争を勝ち抜くためには、顧客の課題を総合的に捉え、DNPの強みを活かしたソリューションを提供することが重要となっている。今回、各事業部門が長年培ってきた専門性を更に深化させるとともに、それらの専門性を広く連携することで、今まで以上に顧客の課題に対するソリューションを提供できる体制を構築するために、3事業部を統合する。 【既存3事業の事業内容】情報コミュニケーション事業部は、メーカーや流通などを中心に、企業のセールスプロモーション活動をより効果的にする製品やサービスを提供している。チラシやカタログの印刷だけでなく、その印刷用のデータを活用し、パソコンや携帯電話、スマートフォン向けのウェブサイト、デジタルサイネージ(電子看板)などに情報を配信する「クロスメディアコミュニケーション事業」を推進している。IPS事業部は、金融機関などを中心に、ICカードや利用明細をバリアブルに印刷するIPS(Information Processing Services)など、企業の重要情報や生活者の個人情報を扱う製品やサービスを業界最高水準のセキュリティ基盤を構築し提供している。また、利用明細やカード発行に関わるデータ処理、パーソナルなデータプリント、封入・封緘から発送作業など、関連する業務全体を請け負うBPOサービスを提供している。CBS事業部は、カード発行機などのシステム機器、ホログラム、ICタグ、デジタルペンなどを中心にセキュリティや業務効率を支援する製品、サービスを提供している。 【情報ソリューション事業部の戦略】社会変化のスピードと生活者の価値観の多様化に対応して、企業活動にはより高度で正確な情報が必要とされている。ビジネスプロセスやコミュニケーション活動にとどまらず、社会と生活者、生活者同士のコミュニケーションなど、幅広い情報との接し方がバリューチェーンの形成に深く関わっている。DNPは顧客企業のパートナーとして、情報に関するあらゆる課題に最適なソリューションをグローバルに展開し、顧客価値の最大化を実現する。1.独自性の高い情報ソリューションを創出新事業部では、従来からの顧客基盤を相互に活用し、相互の製品・サービスを組み合わせて独自性の高い、より効果的なソリューションを提供する。各事業部の専門領域において培ってきた技術力や開発力、ノウハウを融合させることで、より顧客のニーズに対した新しいソリューション開発を行う。2.パーソナル・マーケティングを強化ウェブサイトや店頭など、多種多様なコミュニケーションチャネルを通して行われる企業と生活者とのコミュニケーションを活性化させる。特に、今後拡大が予測される生活者ひとり一人とのダイレクトな情報のやりとりに対して、各事業部の有するノウハウの相乗効果によって情報メディアの最適化を図る。販促メディアとデータプリントサービスの融合など、顧客のパーソナルなビジネス展開を支援するための製品・サービスの開発を推進する。3.BPOサービスを強化顧客企業の間でニーズの高まるBPO(Business Process Outsourcing)への対応を強化する。業務プロセスを代行して効率性を高めることで、顧客メリットを創出する。同社では従来から、金融関係の事務センター業務、カスタマーセンターやキャンペーン事務局の運営等を中心に事業を展開してきたが、事業部統合により、それぞれの強みを活かして顧客層の拡大と提供サービスの拡充を図る。4.組織体制について現在、関東と関西を中心に展開する営業拠点及び生産拠点については、当面、現体制を維持するが、新たなソリューションを創出する各企画開発部門については、全体を統括する責任者をおき、連携を推進する体制とする。また、新事業部全体のビジョンや成長戦略、M&Aを立案する組織として、事業企画部門を統合し、シナジーの創出を進めていく。なお、間接部門については、重複する人員を再配置して合理化を図っていく。 【情報ソリューション事業部の概要】  ▽所在地=東京都新宿区榎町7          大阪府大阪市西区南堀江1-17-28 なんばSSビル ▽従業員数=約6,500名▽製造拠点=10拠点   榎町(東京)、赤羽(東京)、王子(東京)、神谷(東京)、小豆沢(東京)、高島平(東京)、蕨(埼玉)、牛久(茨城)、奈良(奈良)、小野(兵庫)     ≫ニュース全文を読む

2012年10月16日
東京都ラベル印刷協同組合(弓納持昇理事長)は11月17日、台東区柳橋・東商センターで『第14回ラベル関連ミニ機材展』を開催する。 同機材展は、これまで13回開催し、いずれも大成功を収め、いまや業界の恒例行事となっている。今回も協賛会等15社の協力により、最新鋭機材が一堂に展示れてる。  また、前回同様プレゼンテーション(各社5分~10分)の場も設ける(午後1時半より)。 また、「第22回シールラベルコンテスト」の作品展示を同会場で行う。 開催概要は次のとおり。▽日時=11月17日午前10時~午後4時▽場所=東商センター3階 【出展社と出品機種】▽三篠機械製作所=凸版間欠式ラベル印刷機「CS200」「ES200」パネル展示▽村田金箔=オリジナルホログラム▽サンワコーケン=高速カッター 「PTS-αシリーズ」実機展示 その他カタログ展示▽サンケイビジネス=シール印刷用見積りソフト▽ラベルアンドメイク=ポッティング機材▽丸伸製作所=機能性ゼンマイ刃 ミールダイ その他備品▽創風システム=シール印刷業務支援システムVer3 ノートパソコン▽日本ウエスト=シール印刷廃棄物のRPF化と組合事業の説明▽ソルテック工業=シール印刷用カッタ―・スリッター各種▽タカノ機械製作所=製版機「DX-A3d」CTPカッタ―「CDI-SPARKーA3」▽TOOV=ラベル検品機▽塚谷刃物製作所=フレキシブルピナクルダイ イーグルダイ RDC(FB)▽エプソン販売=インクジェットデジタルラベル印刷機 「SurePress L-4033AW」白インクが可能になった新機種▽フナミズ刃型=エコマグ、ゼンマイ刃、フレキシブルダイ 製版他▽新タック化成=シール印刷用粘着紙各種              ≫ニュース全文を読む

2012年10月16日
 三重県印刷工業組合(水谷勝也理事長)主催による印刷物コレクション展「リバプリ復刻企画展~印刷工業組合が伝えたい復刻コレクション」が10月12日から14日まで、三重県津市のアスト津で開催された。  同展は、地域と関係の深い優れた書籍の再現や懐かしい印刷物、古くて新しい価値のあるレトロモダンな印刷物を展示することによって、印刷業界が印刷文化の価値を再認識し、地域社会との絆を強めることを目的として行われたもの。  企画運営を同工組の若手が中心となって行い、県工組青年部の設立に向けて一体感を醸成し、マーケティングを学ぶ場とともに、古き良き印刷文化を振り返り、当時の手ざわりの印刷技術の良さを改めて見直すことで、新たな創造を考える機会となった。  会場では、伊勢市出身の彫刻家・橋本平八と、弟で前衛詩人・デザイナーとして活躍した北園克衛の『純粋彫刻論』復刻版をはじめ、三重県各地から集められた広告チラシや観光ポスター、薬やタバコのパッケージといったレトロモダン印刷物コレクションなどが展示され、来場者の関心を集めた。  特に、『純粋彫刻論』復刻版の印刷では同工組が受け、できるだけ原本に近づけるように原本を徹底的に研究し、専門家の助言を受けながら作業に取り組み、メンバー20人が約9カ月間にわたって完成させたものとなった。  同展のオープン前日となった10月11日には、来賓と組合関係者が集まりオープニングセレモニーと内覧会が行われた。  開会に先立ちあいさつした水谷理事長(富士印刷社長)は「今年の総会において、この企画を立案したが、非常に短い期間で実行委員会のメンバーが準備してくれたことに感謝している。現在、一部の支部には青年部があるが、県の組織として青年部がないことから、青年部を立ち上げたいと考えている。  他県では新しい情報発信を青年部が主体となって行っており、全印工連の役員も若返りしている中で、この企画展の開催を通じて若手メンバーが団結して会場づくりから全てを手づくりで設営してくれたことで青年部を立ち上げるキックオフとなった。  印刷業界を取り巻く環境は厳しさを増しており、同じことを同じようにやっていては生き残れない状況にある。各社でビジネスモデルを構築していくことになれば、組合も仲間関係も違ってくるはずである」と述べた。 ≫ニュース全文を読む