印刷タイムスニュース
Insatsu times news

トップ > 印刷タイムスニュース

印刷タイムスニュース一覧
5661件中 4791~4800件を表示

2013年03月27日
 凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、位置連動型コンテンツ配信O2Oソリューション「Cylsee(シルシー)ジオ」の提供を2013年4月上旬より開始する。  「Cylseeジオ」は、街中、屋内施設、レジ横などの利用者の現在いる場所に応じて、クーポンや広告などのコンテンツを、専用アプリがインストールされたスマートフォンへ最適に配信できるソリューション。 凸版印刷は、NFCを活用したコンテンツ配信サービス「Cylsee」を提供してきたが、今回、NFCによる接触距離 (10cm)に加え、GPSを活用した遠 距離(100メートル)、Bluetoothを活用した近距離(10メートル)に対応。利用者との距離に応じたフルレンジでの位置計測とコンテンツ配信を可能にした。 同ソリューションでは機器提供を含め企画からシステム開発、運用までトータルで提供する。  屋内での近距離(10メートル)位置計測は、Bluetooth機器を利用したジオフェンシング方式で実現。イーアールアイ(岩手県盛岡市、水野節郎社長)のBluetooth機器「BLUETUS(ブルータス)」を採用した。Wi-Fi機器や音波発生器などを利用した他の方式と比較して、スマートフォンアプリの省電力化、通信機器の小型化を実現している。 同ソリューションの開発にあたり、凸版印刷とイーアールアイの両社は、O2O領域でのBluetooth技術の活用で、協業。イーアールアイがBluetooth機器の技術提供を行い、凸版印刷がBluetooth機器の販売および、企画・システム開発・運用を担当する。  「Cylseeジオ」は、街中、屋内施設、レジ横などの利用者の現在いる場所に応じて、クーポンや広告などのコンテンツを、専用アプリがインストールされたスマートフォンへ最適に配信できるソリューション。 凸版印刷は、NFCを活用したコンテンツ配信サービス「Cylsee」を提供してきたが、今回、NFCによる接触距離 (10cm)に加え、GPSを活用した遠 距離(100メートル)、Bluetoothを活用した近距離(10メートル)に対応。利用者との距離に応じたフルレンジでの位置計測とコンテンツ配信を可能にした。 同ソリューションでは機器提供を含め企画からシステム開発、運用までトータルで提供する。  屋内での近距離(10メートル)位置計測は、Bluetooth機器を利用したジオフェンシング方式で実現。イーアールアイ(岩手県盛岡市、水野節郎社長)のBluetooth機器「BLUETUS(ブルータス)」を採用した。Wi-Fi機器や音波発生器などを利用した他の方式と比較して、スマートフォンアプリの省電力化、通信機器の小型化を実現している。   同ソリューションの開発にあたり、凸版印刷とイーアールアイの両社は、O2O領域でのBluetooth技術の活用で、協業。イーアールアイがBluetooth機器の技術提供を行い、凸版印刷がBluetooth機器の販売および、企画・システム開発・運用を担当する。 ≫ニュース全文を読む

2013年03月27日
 モリサワ(森澤彰彦社長)はこのほど、プロ向け可変印刷ソフトとして定評のあるバリアブルソフト「MVP」の最新バージョン「MVP 7」を、4月22日より販売開始することを発表した。 同製品は、ハガキや封筒で宛名を最適なレイアウトで実現する機能や、ドキュメントごとに人名のアキ量を編集できる機能など文字組版がさらに強化されたもの。 最新の環境(Windows 8[32bit/64bit]、Adobe Acrobat XI、Photoshop CS6)に対応。また、MVP 7 Professional Editionでは、1ライセンスで3台のPCまで運用できるマルチライセンスを提供する。 主な新機能は次の通り。 ▽宛名ボックス[封筒](Std版/Pro版) ▽人名アキ量編集ツール(Pro版) ▽OpenType外字入力ツール(Std版/Pro版) ▽Adobe Acrobat XI Proに対応 ▽Windows 8 に対応(Std版/Pro版) 製品の価格については、新規購入での従来価格に変更なし。また、通常の買取方式(買取)に加え、年間契約方式(年契)も用意している。 新規購入価格(税込) 【買取方式】MVP Pro版=94万5000円 【年契方式】MVP Pro版=21万円/年 【買取方式】MVP Std版=36万7500円 【年契方式】MVP Std版 =8万4000円 / 年 「MVP 7」へのバージョンアップ価格[買取方式](税込) 1世代前(Ver.6、Ver.5) Pro版=10万5000円 Std版=5万2500円 2世代前(Ver.4) Pro版=21万円 Std版 =10万5000円 3世代以前(Ver.1、Ver.2、Ver.3) Pro版=21万円 Std版=10万5000円 なお、旧バージョンのMVP Ver.1/Ver.2/Ver.3 のサポートは2014年2月末日をもって終了となる。   ≫ニュース全文を読む

2013年03月26日
社団法人日本印刷産業連合会(日印産連、足立直樹会長)は3月14日開催の第27回グリーンプリンティング(GP)認定委員会において、新規として製本工場2工場、グラビア工場2工場の計4工場と更新21工場の合わせて25工場を認定した。その結果GP認定工場は全293工場となった。 新規工場の認定式は4月24日開催の第16回GP認定工場交流会(東京)にて行われる。  また、同認定委員会において、同時にGP資機材の認定も実施され、今回新たに1社が参加し、洗浄剤が2社7製品、プレートクリーナーが1社1製品、含浸型洗浄布が1社1製品、エッチ液が1社3製品、計12製品の認定をおこなった。この結果、同制度に参加しているメーカーは合計23社、認定製品は389製品となった。 新規認定工場は次のとおり。▽(オフセット)本間製本(埼玉県入間郡・全日本製本工業組合連合会)▽(オフセット)オザワ(東京都荒川区・全日本製本工業組合連合会)▽(グラビア)イシトク 本社工場(神奈川県横浜市・全国グラビア協同組合連合会)▽(グラビア)東京加工紙 筑波工場(茨城県牛込市・全国グラビア協同組合連合会) ≫ニュース全文を読む

2013年03月26日
公益社団法人日本ストリートダンススタジオ協会(NSSA)、ユニバーサルミュージック合同会社、大日本印刷(DNP)の3者は共同で「Dance Education Project(DEP)」運営委員会を立ち上げ、2013年4月に運営を開始する。これら3者は、広く民間企業の協賛を得て、全国の学校におけるダンス授業の充実を図るダンス教育支援サービスを行う。 同プロジェクトの開始に先立ち、3月25日、東京都品川区・DNP五反田ビルでプロジェクト発表会を開催した。当日は、数々のダンスコンテストで受賞経験のある中学生によるダンスパフォーマンスや実際の授業をイメージしたステージも行われた。 ダンスは学校の体育授業に取り入れられており、2011年より小学校で導入、2012年より中学校で必修化、2013年より高等学校でも本格的に実施される。一方で、学校の教育現場ではダンス授業の指導者の育成と指導内容の質の向上が課題となっている。 この課題に対して、DEP運営委員会ではダンス教育の支援サービスならびに教育現場における企業ブランディング支援サービスを開始する。 また、DEP運営員会では、全国の民間企業に広く協賛を呼びかけ、協力体制を構築する。各協賛企業の活動をDEPのウェブサイトで紹介するほか、協賛企業向けの特別サイトの開設や協賛企業のウェブサイトへのリンクなどを行い、企業のブランド構築を支援する。  さらに、全国の小・中・高等学校の要望に応じ、NSSA所属のプロのダンスインストラクターを派遣し、本格的なダンス授業を実施する。保育園や幼稚園で要望があった場合は実施を検討する。 ユニバーサルミュージックは豊富な音源から楽曲を提供し、事業全体のコーディネーションを行う。大日本印刷は、出前授業支援の実績と授業当日のサポートや学校との調整などの運営を行う。 発表会で、大日本印刷C&I事業部長の西島寛治氏は「このプロジェクトを通して、大日本印刷は幅広く社会の一員として全社をあげて活動していく」と抱負を語った。  初年度に、年間500校のダンス授業の支援を目指す。   [caption id="attachment_6159" align="aligncenter" width="300"] プロジェクト発表会[/caption] ≫ニュース全文を読む

2013年03月26日
金羊社クリエイティブワークス (東京都大田区鵜の木、高堂学社長)は、写真データを使って「本」や「グッズ」を製造する、一般コンシューマー向けのウェブサービス「picmic ーピクミック」を、2013 年4月1日より開始する。 http://www.pic-mic.jp < picmic ー ピクミックとは・・・> スマートフォンの普及に伴って、生活空間では「写真を撮る」機会が大変多くなっている。 そんな中、「写真は「撮る」だけではなく「使う」ことが面白い!」というコンセプトのもと「写真データ」を使用して、自分で自由に「本」や「アートキャンバス」などをデザインする、そんな楽しみを味わうサービス、それが「picmicーピクミック」だ。 上記ホームページより「専用ソフト」をダウンロードする事で、プロ仕様の「フォトグッズ」を自由にアレンジでき、インターネット経由で発注すると、数日後、手元に商品が届く。 サービスの特徴は次のとおり。▽世界でひとつだけの、あげて楽しい、もらってうれしい、こだわりグッズ! ▽簡単操作で楽しくデザイン! ▽品質には自信があります!プロ仕様の最.クオリティ!   今後は「等.身大切り抜きポスター」、「缶バッジ」、など、同社ならではのオリジナリティをもった商材を順次追加していく。   ≫ニュース全文を読む

2013年03月26日
凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、2種類の模造防止技術を組み合わせた高セキュリティパッケージを開発した。輸出製品のブランド保護用途として、2013年4月上旬から本格的な販売を開始する。 なお同製品は第一弾として、歯科根管治療機器や手術用縫合針、眼科ナイフなどの医療機器メーカーで、世界的に高いシェアを持つマニー(栃木県宇都宮市、松谷正明社長)が製造・販売する歯科用ダイヤモンド用ドリル「ダイヤバー」に採用された。  同製品は、凸版印刷が独自に開発し、提供している2種類の模造防止技術を組み合わせて転写箔に加工。これを包装材に転写することで、模造防止技術と包装材とを一体化させた。同製品は、2種類の模造防止技術を転写箔に加工する技術を新たに開発したことにより、実現した。 具体的には、目視で真贋判定できるホログラム「S-White(エスホワイト)」と、検証フィルタをかざして真贋判定できる潜像機能を持つ「リバースグラム」とを組み合わせることでセキュリティ性が向上。模造品の流通を抑制させる高い効果が期待できる。また同製品の製造にあたっては、一体化した模造防止技術を包装材自体に転写する技術を開発。貼り替えや再利用などを防止するだけでなく、今回の採用製品のように、一つの製品をいくつかに切り離して使うような製品でも、それぞれに真贋判定を可能にした。 ■ 開発の背景 品質が高く、ブランドが浸透している日本製品は、海外の模倣マーケットで恰好のターゲットとなっている。特に、成長市場であるアジア圏において、その被害は増加の一途をたどっている。模倣品は年々精巧さを増しており、市場では模造品流通に対する高度な抑制手法と、分かりやすい真贋判定手法が求められている。また、企業にとっての模倣品対策は、購買者の安心・安全のためだけでなく、ブランド価値の失墜を防ぎ、純正品の売上の増加と確保に直結するため、必要不可欠なものとなっている。 従来の手法としては、模造防止効果の高いホログラムをシール状に加工し、製品に貼付する方法が一般的。しかし、近年の被害増加を受け、目視による真贋判定と、専用フィルタを用いた真贋判定の両方を用いた、より高度な模造防止技術の適用が求められている。また、模造防止技術自体の不正使用を防ぐため、その形状についても改良が求められていた。 このたび、目視による真贋判定と検証フィルタを用いた真贋判定を一体化した高セキュリティパッケージを開発。模造品流通の抑制に貢献できる。 ■ 同製品の特長・目視による真贋判定と、検査器具を用いた真贋判定を一体化目視で真贋判定できるホログラム「S-White」と、検証フィルタをかざして真贋判定できる潜像機能を持つ「リバースグラム」を組み合わせることでセキュリティ性が向上。模造品流通の抑制に高い効果が期待できる。・模造防止技術の貼り替えや再利用が不可能な形状セキュアデバイスを包装材の台紙部分に直接転写し、包装材と一体化させることにより、貼り替えや再利用などが不可能な形状を実現した。・分割できる製品でも効果を発揮セキュアデバイスを帯状に転写できるため、製品が小分けに分割できる包装材であっても、個々に分割してからの真贋判定が可能。 ■ 価格約5,000円/㎡(500㎡ロット時、リバースグラム+S-whiteの転写箔フィルムのみの場合)※包装材の仕様や転写箔加工条件により価格は異なる。   ≫ニュース全文を読む

2013年03月26日
凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、これまでに培った「印刷テクノロジー」を活用した、新しい価値の創造に積極的に取り組んでいる。このたび、その一環として、2013年4月26日に開業予定の、うめきた・グランフロント大阪 ナレッジキャピタル「The Lab. みんなで世界一研究所」に参画、『彩り豊かに暮らすLab.』を出展する。 今回出展する『彩り豊かに暮らすLab.』は、「バーチャルリアリティ(VR)技術」を活用した文化財デジタル化への取り組みを中心に展示する。特に、フェルメールの「牛乳を注ぐ女」の3次元空間化を行ったCG技術「ViewPaint(ビューペイント)」を、新しい絵画の鑑賞法として提案する。 ■ 展示内容の詳細(1) 絵画の新しい鑑賞体験ができる「ViewPaintゾーン」 「ViewPaintゾーン」では、凸版印刷のバーチャルリアリティエンジンである「トッパンVR」を活用した新しい鑑賞システム「ViewPaint」による、絵画の新しい鑑賞方法を体感できる技術を展示する。 具体的には、絵画のデジタルアーカイブデータを作家特有のタッチを損なうことなく3DCG化し、ディスプレイに表示する。コントローラー操作により、CG映像がリアルタイムに生成・表示されるため、鑑賞者は、絵画に描かれたモチーフを、絵画の中に入り込んだかのようにインタラクティブに鑑賞できる。 同展示では、17世紀オランダの巨匠フェルメールの作品《牛乳を注ぐ女》を3DCG化した、「ViewPaint vol.1 フェルメール《牛乳を注ぐ女》」を体験型デモンストレーションとして公開する。 また、製作過程で知りえた新しい発見の数々をiPadを用いて紹介するとともに、3Dプリンタを用いて絵画に描かれた部屋の様子を再現、展示する。(2) 国内外の貴重な文化財を3DCGでリアルタイム生成「トッパンVRゾーン」 「トッパンVRゾーン」では、凸版印刷が文化財の展示映像手法として1997年から取り組んでいるVR技術を用いた、国内外の貴重な文化財をテーマとしたVR作品を展示する。 具体的には、次の3作品を展示する。 ・『古代ローマ帝国 ポンペイ「庭園の風景」』 ・『唐招提寺~金堂建築の巧み・御影堂の美~』 ・『東大寺大仏の世界』(3) 最新のデジタルコンテンツ体験ゾーン 凸版印刷が2001年8月より運営を開始し、20-40代の女性を中心に利用されている国内最大級の電子チラシサイ「Shufoo!(シュフー)」の紹介と、iPadを用いた体験デモを展示する。 また、トッパングループで、国内最大級約12万冊の電子書籍を取り扱う株式会社BookLive(東京都台東区、淡野正社長)が販売する、「いつでも、どこでも、だれにでも。読みたい本を読みやすく」を実現した電子書籍専用端末「BookLive!Reader Lideo(ブックライブリーダー リディオ)(以下 Lideo)」を用いた体験デモを展示する。     ≫ニュース全文を読む

2013年03月22日
竹尾(東京都千代田区錦町、竹尾稠社長)の見本帖本店2階で『造る箱』展を3月18日から4月16日まで開催している。(土日祝/休)。協力:日清紡ペーパープロダクツ、コミュニケーションデザイン研究所。 紙本来の風合いを生かした新しい質感のパッケージ用紙「気包紙」に新たなラインナップが登場し、その発売を記念して展示会を開催する。 紙器の設計家、コンストラクションデザイナー5組が新しい箱の構造を提案している。パッケージデザインの新しい可能性が感じられるだろう。料金は無料。  なお、4月12日にトークセッションが行われる。開催概要は次のとおり。▽日時=4月12日午後6時30分~午後8時▽会場=見本帖本店2階▽出演=工藤青石×参加コンストラクションデザイナー参加希望者は3月29日まで申し込む。抽選結果は4月5日まで返送する。詳細は同社のホームページを参照のこと。   【企画・ディレクション】 工藤青石(コミュニケーションデザイン研究所)デザイナー、クリエイティブディレクター。 略歴 1964年東京生まれ。1988年東京藝術大学美術学部デザイン学科卒。資生堂を経て、2005年から平野敬子ともに、コミュニケーションデザイン研究所/CDL設立、プロダクトデザインからトータルなブランドのディレクションまで複合的な活動を行う。 【参加企業(五十音順)】▽朝日印刷(製品企画部)▽上六印刷(研究開発部)▽協進印刷(制作室)▽共進ペイパー&パッケージ(企画開発部)▽金羊社クリエイティブワークス(P’sLab)+金羊社(デジタルワークス)    ≫ニュース全文を読む

2013年03月22日
 竹尾(東京都千代田区、竹尾稠社長)は「気包紙」の新製品「黒気包紙」を発売した。3月18日、竹尾本社で「黒気包紙」について発表した。 竹尾有一常務取締役は「気包紙は、2011年9月に発売してから約1年半が過ぎたが、セールスは順調だ。このほど新製品を開発し、発売を開始する」と挨拶した。 気包紙は、パッケージ用の紙として工藤青石氏のディレクションのもとに開発された。紙本来の風合いを生かし、触感によるあたたかみや優しさを表現することができる紙として、発売以来、老舗の和菓子や高級化粧品のパッケージに採用されている。 今回発売した新製品「黒気包紙」は、パッケージ用の紙として開発され、紙本来の風合いを生かしているのが最大の特長だ。素材から黒に染色しているので、箱にした場合、小口まで美しい統一感を出すことができる、 また、素材感のある黒に印刷を加えることで、黒色ととけあう新しい表現の世界が広がる。さらに、パッケージとして求められる基本機能を備えながら、表面の加工はU Uncoated(非塗工)とC Coated(塗工)の2タイプがある。「黒気包紙U」は、紙本来の風合いを生かした仕上がりが、マットで奥深い印刷表現を生み出す。「黒気包紙C」は、紙本来の風合いをもちながら、高い印刷表現生や加工適正を持っているUV印刷専用紙。 発表には、竹尾常務取締役の他、工藤青石氏、日清紡パーパープロダクツから開発課課長の臼井学氏と営業第1課の遠藤明男氏が同席した。 工藤氏は、黒気包紙のコンセプトである心地いい、触り心地、風合いを強調し、見本帖で開催している「造る箱」展をアピールした。 日清紡ペーパープロダクツの遠藤氏は、「黒気包紙」の機能や適正などについて説明した。  黒気包紙の主な特長は次のとおり。▽折り適正(割れ)一般的に非塗工紙は罫線部の割れが起こりやすいとされているが、「黒気包紙」は特殊表面処理を施すことで、塗工タイプ「C」はもちろん、非塗工タイプの「U」も罫線割れが起こりにくく、折り適正に優れている。▽強度一般高級紙白板紙に比べ、針葉樹パルプの配合率60%と高くしている。針葉樹パルプは、広葉樹パルプに比べ繊維が太くて長いため、強度に優れている。▽濡れた時の色落ち一般的な黒い紙に比べ、「黒気包紙」は、水に濡れても色落ちがほどんどない。▽擦った時の色落ち「黒気包紙C」は、特殊塗工を施しているため、擦れても色落ちがしない。また、両面塗工のため、内容物への色落ちも心配ない。▽印刷表現「黒気包紙」と印刷の組み合わせによって、従来にない深みのある色を表現する。特に「黒気包紙C」は、高い印刷表現性を備えているため、発色がよく、白インキでの印刷も1度刷りで効果が得られる。  [caption id="attachment_6135" align="aligncenter" width="300"] 挨拶する竹尾常務取締役[/caption] ≫ニュース全文を読む

2013年03月22日
大日本印刷(DNP、北島義俊社長)のギンザ・グラフィック・ギャラリー(=ggg)の第320回企画展「TDC展2013」を4月4日から27日まで開催する。 「TDC2013」は、東京タイプディレクターズクラブが主催する先端的なタイポグラフィ&デザイン作品が一堂に会する国際アニュアルデザインコンペティション「東京TDC賞2013」の成果を見てもらうもの。 2012年秋、「東京TDC賞2013」に寄せられた3,015点(国内:2,006点、海外25カ国・地域より1,009点)の応募作品の中から厳正な審査の結果、グランプリ1点、特別賞2点、TDC賞5点、RGB賞1点、タイプデザイン賞1点が選ばれた。同展では、これらの受賞10作品をはじめ、ノミネート作品、優秀作品など、国内外の優れたタイポグラフィ&デザイン作品、あわせて約100点を展覧する。  会期中の4月6日、デザインフォーラムが開催される。開催概要は次のとおり。▽日時=4月6日午後12時30分~午後6時30分(予定)▽会場=女子美術大学杉並キャンパス▽主催=東京タイプディレクターズクラブ▽共催=ギンザ・グラフィック・ギャラリー▽協力=女子美術大学 先着・事前予約。詳細はTDCサイトwww.tdctokyo.org ≫ニュース全文を読む