印刷タイムスニュース
Insatsu times news

トップ > 印刷タイムスニュース

印刷タイムスニュース一覧
4455件中 4111~4120件を表示

2012年06月06日
早稲田大学 理工学術院 河合隆史研究室と凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、映像コンテンツの立体視(3D)化に関する共同研究を実施した。その結果、歴史的な映像資料の臨場感を高め、絵画を空間的に鑑賞するといった、従来 にはなかった表現・利活用の方法を提案し、その実現例として3Dコンテンツを試作した。  人間が物体を立体的に知覚するには、その物体のサイズをはじめ色や模様などの情報を総合的に利用している。同共同研究では、奥行き情報が少ない既存の映像に対して、左右眼間の見え方の違い(両眼視差)を付加して3D化を行うことで、新たな表現手法や興味・関心への影響について検討を行った。この検討対象として、記録映像『坪内逍遙 最終講義』と、葛飾北斎の浮世絵『富嶽百景』を選定した。    これらの3Dコンテンツは、2012年6月7日に開催される「超臨場感コミュニケーションシンポジウム」(場所:日本科学未来館7階 みらいCANホール)で一般公開される予定。   ■共同研究の目的と背景  近年、3D映画の上映数の増加や3D対応テレビの普及により、3Dコンテンツへの関心が高まっている。しかし映像を3D化する際に、どのような素材に対して、どのように奥行きを与えれば高い効果を得られるかについては、未知の点が多いという課題があった。  そこで、早稲田大学と凸版印刷では、安全で魅力的、かつ効果的な映像コンテンツの3D化を行う共同研究を、2011年6月から2012年3月まで実施した。  同共同研究において、歴史的な記録映像の3D化では、さまざまな素材の比較・検討を行った。その結果に基づいて、記録映像『坪内逍遙 最終講義』を題材とした3Dコンテンツを試作した。  また、版画を素材としたものでは、モチーフに応じて視差や画角を制御・演出することで、描かれた世界を空間的に鑑賞することが可能となった。 ≫ニュース全文を読む

2012年06月06日
[caption id="attachment_1819" align="alignright" width="300" caption="12層受動部品内蔵プリント基板の断面図"][/caption]1大日本印刷(DNP、北島義俊社長)は、コンデンサーや抵抗器などの受動部品を内蔵したマザーボードを世界で初めて開発し、薄型化・小型化が求められるスマートフォン向けに6月より本格販売を開始する。 スマートフォンの高機能化にともない電力使用量が増加し、十分な電池のスペースを確保する必要があるため、搭載する電子部品の更なる薄型化・小型化へのニーズが高まっている。この課題に対して、DNPは受動部品を内蔵することで、従来品と比べて10~30%の小型化を実現したスマートフォン向けマザーボードを開発した。昨年10月から先行して特定ユーザーに製品を提供していたが、今回多くの企業に向けて販売を開始することとした。   【部品内蔵マザーボードの概要】 DNPは、これまで6~8層からなる部品内蔵プリント基板を携帯端末などの各種モジュール向けに提供してきた。今回、12~14層と多層化し、より多くの部品を内蔵することでさらに薄型化・小型化したスマートフォン向けのマザーボードを開発した。スマートフォンのマザーボードには一般的に500~600個の電子部品が搭載されるが、その半数の受動部品が内蔵できるため、マザーボードの表面積を従来よりも10~30%小さくすることが可能。 同製品は、厚みが0.33mmまでの受動部品を内蔵でき、12層のマザーボードでも厚さ0.9mmの薄型化が可能。厚みが0.22mmまでの先端受動部品や、さらに最先端の0.15mmまでだけを使うことで、さらなる薄型化・多層化にも対応する。また、部品を内蔵することで、マザーボード表面の能動部品(ICチップなど)との接続距離も短くなるため、電気特性が安定して信頼性が向上した。   なお、6月13日~15日に、東京ビッグサイトで開催されるJPCA Show(第42回国際電子回路産業展)のDNPブースで同製品を紹介する。 ≫ニュース全文を読む

2012年06月06日
凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)の製造会社であるトッパンコミュニケーションプロダクツ(東京都板橋区、伊藤貞典社長)とトッパングラフィックコミュニケーションズ(東京都板橋区、武田純也社長)、ならびに図書印刷(東京都北区、沖津仁彦社長)は、全国に展開する10工場で2012年5月23日に「JapanColorマッチング認証」を取得した。   JapanColor(ジャパンカラー)は、ISO国際規格と互換性のある、日本のオフセット印刷における標準規格。「JapanColorマッチング認証制度」は、その標準印刷色である「ISO準拠 ジャパンカラー枚葉印刷用2011」に基づいた認証で、2011年9月に社団法人日本印刷産業機械工業会により創設された。この認証は、高度なカラーマネジメント技術と工程管理能力を有し、指定された印刷基準に対して最適な工程を設計し、品質の安定した印刷が可能な印刷会社であることを証しである。   トッパングループでは2010年より、全国に展開する生産工場で、撮影から印刷までの全工程における標準化に取り組んできました。印刷機械のメンテナンスと数値管理によって、安定した品質の印刷物を作成できる工程管理能力を認証する「JapanColor標準印刷認証」を同年に取得している。 「JapanColorマッチング認証」は「JapanColor標準印刷認証」の取得を前提とした上位認証にあたる。トッパングループでは印刷のデジタルワー クフローに合わせた自社基準を制定し、標準化の取り組みを継続したことにより、このたびの認証取得につながった。   今後は、安定した高い品質の印刷物を全国で生産できる点を活かし、お客のニーズに合わせた最適な拠点で、より効率的な生産を行っていく。また、他の印刷工場においても「JapanColorマッチング認証」の取得を推進し、グループ全体の品質向上を目指す。さらに、自社製品に対する品質保証を強化し、顧客満足度の向上に努める。   ■ 「JapanColorマッチング認証」取得工場 ・トッパンコミュニケーションプロダクツ朝霞工場 (所在地:埼玉県新座市) ・トッパンコミュニケーションプロダクツ板橋工場 (所在地:東京都板橋区) ・トッパングラフィックコミュニケーションズ 板橋工場 (所在地:東京都板橋区) ・トッパングラフィックコミュニケーションズ 大淀工場 (所在地:大阪府大阪市) ・トッパンコミュニケーションプロダクツ札幌工場 (所在地:北海道札幌市) ・トッパンコミュニケーションプロダクツ仙台工場 (所在地:宮城県仙台市) ・トッパンコミュニケーションプロダクツ滝野工場 (所在地:兵庫県加東市) ・トッパンコミュニケーションプロダクツ名古屋工場 (所在地:愛知県名古屋市) ・トッパンコミュニケーションプロダクツ福岡工場 (所在地:福岡県古賀市) ・図書印刷城北工場 (所在地:東京都北区) ≫ニュース全文を読む

2012年06月06日
コニカミノルタビジネスソリューションズ 革新的なソリューションを発表   コニカミノルタが、2011年の9月に発表した「Giving Shape to Ideas」という新しいメッセージは、顧客のビジネスや思いを形にすることであり、顧客の期待を超える価値を創造するメッセージ。 同社は、このメッセージ「Giving shape to Ideas」を、さらに具現化するために「プリントビジネスコンシェルジュ構想」として発信する。 同社が目指す「プリントビジネスコンシェルジュ構想」とは、一般的にイメージされるコンシェルジュとは異なり、顧客のビジネスを具体的な形にすることをサポートする取り組み。 コニカミノルタはデジタル印刷機だけでなく、オフセット印刷用CTPシステムやデジタルプーフシステム、そしてインクジェットシステムや測色器、ソフトウエアまで幅広いラインナップを取り揃え、顧客に最適な製品、ソリューションを提案しいく。革新的なソリューションとアイデアがつまった空間をJP2012会場で披露する。 ■高品位カラーデジタル印刷機「bizhub PRESS C7000」 ■高彩度カラーデジタル印刷機「bizhub PRESS C70hc」 ■高品位モノクロデジタル印刷機「ONDEMANDPUBLISHER 1200」 ■完全網点再現の究極のデジタル色校正機「Digital Konsensus Premium」(パネル展示のみ) ■ハイクオリティインクジェットプルーフコントローラー「Falbard AQUA」 ■環境対応型ケミカルレスCTPプレート「BLUE EARTH」 ■蛍光分光濃度計ト「FD-7/FD-5」 ≫ニュース全文を読む

2012年06月06日
D.D.S.S. 15年目の活動内容を紹介   D.D.S.S.(デジタル・ドキュメントサービス研究会)は、1997年9月に新しい技術動向や事業展開の研究を通して京・阪・神地区のDTP、製版、印刷、複写サービス事業者の繁栄と事業革新および業界の発展に寄与する目的で設立された。 このような業界の枠を超えた活動は全国的にも珍しく、環境変化に対して積極的に立ち向い、経営革新の意思を持つ経営者の「相互研鑽の場」「情報、人的交流の場」として、本年で15年目の活動に入っている。 2012年度は、「新時代の価値創造」をテーマに「経営革新」「ビジネス・マーケティング」「組織・人材活性化」の3つの研究会と夫々のテーマに対応した「分科会」・「ワーキング」・「教育プログラム」・「若手経営者塾」等を展開していく。 「JP2012情報・印刷産業展」では、D.D.S.S.活動の主旨とともに、今年度の活動内容を重点に紹介する。 ≫ニュース全文を読む

2012年06月06日
■JP2012 【月間100回(年間1000回)以上ご利用のお客様多数 小ロット印刷ならプリントパック】 高品質かつ短納期・超低価格をご評価いただき、28万名様を超えるご登録ユーザー様にご活用いただいています。「追加料金不要のコミコミ価格」「日本全国送料無料」「業界随一の低価格」で、印刷会社様・デザイナー様・広告代理店様などプロユーザー様の協力工場として、売上・利益拡大に貢献いたします。もちろん、プリントパックの名前を一切出さずお客様のお名前でクライアント様に商品を発送させていただく「代行発送」も無料対応いたします。   【ブースにて「初発表」新サービス&「お試し無料キャンペーン」をご案内】 展示ブースでは、プリントパックの高品質・低価格の秘密やご利用方法、プロのお客様におススメのサービスをご紹介します。また、JP展にて初めて発表させていただくプロユーザー様にこそご活用いただきたい「新商品・新サービス」や「お試し無料キャンペーン」をご案内。弊社印刷価格表や各種サンプルも多数ご用意してお待ちしています。是非、お立ち寄り下さいませ。   [caption id="attachment_1801" align="alignnone" width="300" caption="向日町本社"][/caption] ≫ニュース全文を読む

2012年06月06日
[caption id="attachment_1791" align="alignright" width="300" caption="MSK-540"][/caption]エム・シー・ケー 3拍子揃った ラミネート機   エム・シー・ケー(名古屋市北区)は、今年46期を迎え、長年にわたり印刷業界、電子業界を中心にラミネートの開発・製造に携わっている。  今回の「JP2012情報・印刷産業展」に出展する機械は、コストパフォーマンス・機能・生産性を重視し、業界をまた一歩先を進むために開発した商品となっている。  市場は、より一層のコスト低減化・高機能化・短納期化を求められることになるが、そう言った市場の声に耳を傾けいく。  また、今回の「JP2012情報・印刷産業展」をきっかけに関西地区における販売活動を精力的に行い、活性化、シェアUPを図っていく。  今後も、同社は中小ロットに的を絞りながら、顧客に喜ばれるモノ作り、高機能な商品作り、アフターフォロー体制作りを中心に「顧客満足の充実化」中心の考え方を基本に置き、会社の継続・繁栄を行っていく。 ≫ニュース全文を読む

2012年06月06日
[caption id="attachment_1786" align="alignright" width="300" caption="便箋巻周辺機器"][/caption]此花 角丸切機「BK-60」   此花は、スーパーセトル60、角丸切機「BK-60」、NC制御ドリル穿孔機「CDX-4W」、カバーバインダー(便箋巻機)、帯掛機各種などを「JP2012情報・印刷産業展」に出展し、手作業で行っていた作業を機械が正確で綺麗に仕上げること来場者にアピールする。 特に、今回はA5~A4サイズの自動化を実現するカバーバインダーも紹介される。 ≫ニュース全文を読む

2012年06月05日
凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長、以下 凸版印刷)は、デジタルカメラで写した映像にCGやテキストなどの情報を合成して表示するAR(拡張現実)技術を活用した来店誘引プロモーション総合支援サービスの提供を2012年6月上旬から開始する。    同サービスは、チラシやパンフレットなどの広告・販促物に掲載された商品画像を認識する画像認識ARと、GPSで取得した情報を元に近隣の販売店舗を表示する位置情報認識ARを融合した、まったく新しい来店誘引ARプロモーションサービス。  凸版印刷は、来店誘引を促進するARプロモーションの企画から印刷物やデジタルコンテンツなどの広告・販促ツール制作、コンテンツ運用サーバまでをパッケージ化。実店舗でキャンペーンを実施したい流通業界や飲食業界、また商品のプロモーションを行いたいメーカーなどに向けて同サービスを提供していく。  具体的には、同サービスの利用者がチラシやパンフレットに記載された特定の商品画像やロゴにスマートフォンのカメラをかざすと、専用のARアプリが認識し、画像や動画音声などスペシャルコンテンツを表示する。さらにGPS機能を利用して位置情報を取得し、利用者の近隣の販売店舗を表示する。その店舗で使用できる商品クーポンをスマートフォン上に発行したり、その店舗まで地図アプリを用いて誘引することが可能。これらの機能により、チラシやパンフレットを使った商品プロモーションに、店舗への誘引を促進し、実購買に結び付ける販促プロモーションを加えた総合支援サービスが可能になる。   ■ 開発の背景  スマートフォンの急速な普及により、スマートフォンユーザ向けの販促プロモーションが増加している。なかでもAR技術を活用した販促プロモーションは、商品と生活者をつなぐ新しいコミュニケーション手法として注目されている。しかしポップアップ映像や商品補足テキストなど、その場限りのエンターテインメントサービスとして提供されるものが多く、AR技術を用いたプロモーションは実購買に結び付きにくいといった課題があった。 同サービスでは、画像認識と位置情報認識という2つのAR技術を組み合わせることで、商品画像からの付加情報を提供するだけでなく、生活者の近隣の実売店舗への誘引を可能にした。これにより、従来はエンターテインメント性の強かったAR技術での販促プロモーションを、来店促進や購買促進プロモーションとして活用できるようになった。  凸版印刷はこれまで、Webキャンペーンや販促物制作、イベント運営、デジタルデバイスを活用した販促・教育支援など、Webとリアル双方の分野で数々のソリューションを提供してきた。同サービスでは、Webとリアルを一体化してマネジメントすることにより新しい価値を創造し、企画、ツール、キャンペーン事務局運営などもワンストップのソリューションとして提供していく。   ■ 同サービスの特長 画像認識ARと位置情報認識ARを組み合わせた来店誘引プロモーションサービスをパッケージ化 AR技術に対応したチラシやパンフレットの制作から、プロモーション企画、コンテンツ制作、サーバ運用までをパッケージ化して提供。従来はリアルな印刷物とWebコンテンツとの調整が必要だったARプロモーションの導入が容易になる。 サービス利用者の近隣店舗で利用できるクーポンを発行、実店舗への来店誘引が可能 画像認識ARとスマートフォンのGPS情報を組み合わせることにより、近隣の実店舗で使用できる商品クーポンをスマートフォン上に発行。サービス利用者を近隣の実店舗へ誘引するプロモーション施策が可能。 サービス利用者の個人を特定しない状態での位置情報分析が可能 アプリ利用時にGPSを利用することで、個人を特定しない状態で、位置情報やアプリの利用数を測定し、店舗、店舗近隣、遠隔地まで、どのような地域でアプリの利用が活性化しているかを分析することが可能。 iOSとAndroid OSの双方に対応 iOSとAndroid OSの双方に対応、通常のパッケージ版はもちろん、個別オーダーに合わせたオリジナルプロモーション制作まで柔軟な対応が可能。   ■ 価格 初期導入費用:180万円~(印刷物やデジタルコンテンツの企画制作費、 位置情報分析費は別途) 月額費用:25万円~ ※提供するサービスの内容により異なる。 ≫ニュース全文を読む

2012年06月05日
[caption id="attachment_1772" align="alignright" width="300" caption="ロール状に巻き取られたカラ―フィルター"][/caption]大日本印刷(DNP、北島義俊社長)は、フレキシブルなガラスをロール・ツー・ロールプロセス(ロール状に巻かれた基材への連続的な製造プロセス)に用いたカラーフィルター製造技術を世界で初めて開発した。今後さらに開発を進め、2014年度の量産開始を目指す。 現在の液晶ディスプレーに搭載されているカラーフィルターは、0.5~0.7ミリメートル厚のガラス基板を使用している。スマートフォンやタブレット端末など薄型、軽量が求められる用途では、カラーフィルターのパターンを形成したガラス基板を、ケミカルエッチング処理により0.15ミリメートル程度まで薄板化している。しかし、工程が増えることでリードタイムが長くなるほか、同処理では、今以上の薄板化が難しいなどの課題があった。一方、ガラスの代替としてプラスチックフィルムの活用も検討されているが、酸素や水蒸気に対するバリア性、耐熱性、寸法安定性が課題となり、開発段階にとどまっている。   【開発内容】 DNPは今回、従来のガラス基板の10分の1となる厚み0.05から0.07ミリメートルのフレキシブルガラスを用いてロール・ツー・ロールプロセスでのカラーフィルター製造技術を開発した。フィルムと同様のロール・ツー・ロールプロセスにより、生産効率が高いフレキシブルディスプレーの実現が期待できる7。ガラスにクラック(ひび割れ)などの問題が生じないように条件を精査するなど、フィルムを扱う場合よりも基板に対する力のかかり方を繊細に制御するプロセス技術を開発した。 今回、厚みが0.07ミリメートルのロール状フレキシブルガラスに対し、カラーフィルターのパターンをフォトリソグラフィー方式で形成した。製作したカラーフィルターは、直径3センチメートル以下に曲げられる柔軟性を備えている。 ≫ニュース全文を読む