印刷タイムスニュース
Insatsu times news

トップ > 印刷タイムスニュース

印刷タイムスニュース一覧
5009件中 4101~4110件を表示

2013年04月19日
 凸版印刷(金子眞吾社長)は、NHK、NHKプロモーションと共同で、VR(バーチャルリアリティ)映像作品『貴婦人と一角獣へのオマージュ』を製作、このたび完成した。 同VR映像作品は、2013年4月24日から国立新美術館で開催される『貴婦人と一角獣』展で初公開する。  同VR映像作品は、フランス国立クリュニー中世美術館が所蔵する6面の連作タピスリー《貴婦人と一角獣》の高精細デジタルアーカイブを実施し、VR映像で再現するもの。最新のデジタル撮影による約204億画素におよぶ膨大なタピスリーの高精細デジタルアーカイブデータを活用することで、肉眼では見ることができないほど細部まで拡大し鑑賞できる。 また、展示室では作品保護を目的に、明るい照明環境での鑑賞を控えているが、本VR映像作品では、通常では難しい明るさでの鑑賞が可能。さらに、高い位置にある図柄を正面から鑑賞できるほか、貴婦人の顔や装飾品など6面のタピスリーに描かれる同じ図柄を比較する。デジタル映像ならではの演出を施し、通常の展示では観ることが難しい細部やモティーフの鑑賞を可能にした。 国立新美術館の展覧会場に設置されるシアターでは、6台のハイビジョンプロジェクターを用い、幅約11m、高さ約3mの大型スクリーンで本VR映像作品を上映する。臨場感あるシアターでタピスリーの世界を大画面でじっくりと観ることができる。 同VR映像作品は、同展覧会が巡回する大阪・国立国際美術館でも公開する。     ≫ニュース全文を読む

2013年04月19日
大日本印刷(DNP、北島義俊社長)は、ネットチラシサービス「オリコミーオ!」(http://orikomio.jp/)で、流通・小売企業向けにスマートフォン用チラシアプリをスピーディかつ低コストで制作・配信できるサービス「オリコミーオ!企業様向けスマートフォンチラシアプリ」を開始する。生活者は、スーパーやドラッグストアなどを展開する企業の専用アプリをスマートフォンにダウンロードするだけで、お気に入りの店舗のチラシを閲覧することができる。 ★「オリコミーオ!」のお問い合わせはこちらのURLから。  http://www.dnp.co.jp/cio/solution/detail/10011053_5309.html 【サービス提供の背景】近年、流通・小売の企業は、ウェブサイトなどの自社のメディアで生活者とコミュニケーションし、ロイヤリティの高い顧客の創出と囲い込みを行うことを重視している。若い世代を中心に新聞購読率が低下して折込みチラシの効果が見込みにくくなり、スマートフォンを利用した生活者とのダイレクトなコミュニケーションを活性化させたいというニーズが背景にある。これに対してDNPは、パソコン向けネットチラシの制作・配信基盤と、スマートフォン向けに提供している「オリコミーオ!チラシアプリ」のノウハウを活用し、スマートフォン向けの専用チラシアプリを企業ごとに制作・配信するサービスを提供する。 【「オリコミーオ!企業様向けスマートフォンチラシアプリ」の特長】「オリコミーオ!」は、企業のネットチラシを「オリコミーオ!」のポータルサイトと企業のウェブサイトの両方に掲載し、生活者が手軽にネットチラシを閲覧できるサービスを提供しているが、今回新たなサービスを開発した。1.「オリコミーオ!チラシアプリ」の活用により開発コストを低減  同サービスは、DNPが2012年に開発した「オリコミーオ!チラシアプリ」のチラシ閲覧・検索・履歴機能などの基本機能を活用している。同様のアプリをはじめから開発する場合と比べて、約5分の1のコスト、約3分の1の期間で企業専用のスマートフォン用チラシアプリを導入できる。2.シンプルで使いやすいアプリを提供  生活者は同アプリをダウンロードし、よく買い物に行く店舗の登録などができる。アプリ起動時には登録した店舗のチラシが表示される。店舗がチラシを配信すると画面上に新着情報のお知らせが表示されるため、利用者は見逃すことなく企業の販促情報を閲覧できる。  企業は、配信画面での簡単な操作で、スマートフォン用チラシアプリの制作・配信が行える。なお既に「オリコミーオ!」を利用している企業は、従来のネットチラシ配信管理ASPをそのまま使い、パソコンや携帯向けに加えてスマートフォンにもチラシ情報を配信できるため、同サービス開始にともなう新たな運用負荷は発生しない。 【価格】初期費用 : 180万円、月額利用料 : 8万円~※上記価格は、オリコミーオ!ネットチラシ配信管理ASPの利用が前提となっている。※同サービスの導入企業は、アプリのディベロッパー登録および申請を行う必要がある。※上記価格は税抜き。   ≫ニュース全文を読む

2013年04月19日
DNPドリームページが運営する~みんなの本づくりサイト~『ドリームページ』は、1,500円以上のフォトブック制作の注文した方にもれなく、大日本印刷(DNP)のオリジナルキャラクター『DNPenguin(ディー・エヌ・ペンギン)』がプリントされたエコバッグ「ペンギンぶくろ」をプレゼントするキャンペーンを4月19日~6月27日に開催する。 ■ペンギンぶくろキャンペーン概要▽開催期間=2013年4月19日~6月27日▽ 内 容=期間中に1,500円(税込み)以上の注文した方にもれなく、「ペンギンぶくろ」をプレゼント!      *『ドリームページ』の専用サイト(http://dreampages.jp/)で注文する▽プレゼント=「ペンギンぶくろ」は幅20cm×高さ22cmの布製エコバッグ。   ≫ニュース全文を読む

2013年04月19日
大日本印刷(DNP、北島義俊社長)は、九州地区で初となるICキャッシュカード発行受託サービスの体制を福岡工場(福岡県福岡市)に構築し、4月19日に運用を開始する。これにより、牛久工場(茨城県)、奈良工場(奈良県)、北海道工場(北海道)に続く4番目のICキャッシュカード発行拠点となり、国内最多の拠点数となる。 ICキャッシュカードの発行業務は、そのシステム構築時に高度なノウハウが必要とされるだけでなく、運用においても厳格な情報セキュリティ管理体制の整備が求められる。今回DNPは、九州地区の生活者に対する金融機関の迅速なICキャッシュカード発行をサポートするため、九州地区で初のICキャッシュカード発行受託体制を構築し、運用を開始する。これにより、全国4箇所に発行拠点を配置することで、金融機関のBCP(Business Continuity Plan:事業継続計画)にも適切に対応できる体制を強化する。    【サービスの内容】 DNPは、個人情報などの取り扱いに関して厳格なセキュリティ管理体制を福岡工場に構築し、ICキャッシュカードの他、磁気カード、ポイントカード、社員証など各種カードの発行サービスを提供する。 (1)カード発行 大量のカード発行業務におけるICチップや磁気ストライプへのデータ書込み、エンボス(浮き出し文字)印字などを迅速に行う。 (2)送付用台紙へのカード貼付(カードと台紙のマッチング)  送付用台紙に印字された宛名と発行済みのカードを照合し、カードを台紙に貼付する。 (3)封入 カード貼付済みの送付用台紙と利用案内などの同封物を一緒に封筒に入れて封緘する。代理人カードなど、同一券種で送付先が同じ複数のカードをひとつの封筒に集約することも可能。  (4)発送  カード受領者に対する発送までをDNPが一括して受託し、金融機関が指定する配送事業者を利用してカードを届ける。   今後、DNPは、同サービスを地方銀行などの金融機関に提供していく。福岡工場では2013年度に月産40万枚の発行を目指す。 ≫ニュース全文を読む

2013年04月18日
 凸版印刷(金子眞吾社長)は、POPやチラシ、パンフレットなどの店頭販促ツールを最適生産するシステム「エプリザ」の提供を、2013年5月中旬より開始する。 「エプリザ」は、導入企業が流通・小売店舗に提供する店頭販促ツールの拠点ごとの発注情報をWeb上で集約し、発注数量に応じた最適生産を行うシステム。印刷単価は、集約した発注数量をもとに、システム上で最適な生産方法を自動選択する変動単価制を採用。オンデマンドプリントを活用した少部数生産から、オフセット印刷機などを用いた大量生産まで幅広く対応する。導入企業は、同システムを活用することにより、数量に応じた変動単価制によるコスト削減と、最適生産による余剰在庫と在庫廃棄量の削減、Webオーダー型システムによる管理作業の負荷軽減を実現できる。 ■ 開発の背景 生活者のライフスタイルの多様化により、商品に対する市場のニーズが多角化している。これに伴い、店頭 で他社の類似商品と差別化するためにも、店頭販促ツールの重要さが増している。通常、店頭販促ツールの生産は、メーカーや流通などが使用量を予測して一括発注し、流通・小売店舗からのオーダーにより分配するという手法が一般的。そのため、見込み違いによる過剰生産や、過少生産による少部数生産の積み重ねなど、在庫負荷やコスト負荷を抱えてしまうという課題があった。また、これらをWeb上で管理できるサービスはあったが、生産量や生産方法が変わっても単価が同一であったり、数量が少ないと大幅に単価が高くなってしまったりといった課題があった。 同システムは、発注数量に応じて最適な生産方法を自動で選択する変動単価制を採用しているため、導入企業のコスト負担を軽減できる。また、これまで培ってきた印刷会社としてのノウハウを活かした高品位印刷により、色調など品質面でも高いクオリティを提供。さらに、制作から印刷・納品まで、全体最適化に向けた効率と利便性の良いワークフローを実現する。 ■「エプリザ」の特長・発注数量に応じた変動単価制を導入店頭販促ツールの発注数量に応じて、オンデマンド印刷とオフセット印刷を最適に使い分けることで、数量に応じた変動単価制を実現。印刷費のトータルコストを削減できる。・少部数から大部数生産まで幅広く対応最新鋭のオンデマンド印刷機や大量生産用のオフセット印刷機を用い、部数に応じた最適生産を行うことにより、1部から大量生産まで幅広く対応できる。・余剰在庫と在庫廃棄量を削減し、環境負荷を軽減発注ごとに、発注された数量のみ生産するため、余剰在庫と在庫廃棄量を削減。環境負荷を低減する。・さまざまな仕様のPOPにも対応チラシやパンフレットのみならず、店頭で使用するさまざまな形状のPOPも、数量に応じた最適生産が可能。・導入企業が希望する納入方法に対応可能通常の印刷物と同様、配送センターにてセット、配送、納入を管理。導入企業の要望に応じて、拠点納入や店頭へ直接納入といった納入方法に対応できる。・Webシステムにより、発注管理者の業務負荷を軽減シンプルな画面構成でユーザビリティの高いインタフェースを実現。印刷単価や梱包・発送費は自動計算されるため、販促予算の管理も容易。・高いクオリティを実現これまで培ってきたノウハウを活かし、色調など品質面でも、印刷会社ならではの高品位な店頭販促ツールを提供する。・デザイン制作の指示・スケジュール管理も可能導入企業が、広告代理店やデザイン会社などの店頭販促ツール制作者を利用者登録することにより、デザイン制作の指示やスケジュール管理が行える。 ■ 価格 基本システム利用料 15万円/月~。 ※仕様により異なる。     ≫ニュース全文を読む

2013年04月17日
大日本印刷(DNP)の100%子会社で、商業印刷物などの企画・制作を行う株式会社DNPメディアクリエイト(DMC)は、生活者の意識調査の結果のから、訴求力のある販促物のデザインや誌面構成、キャッチコピーを提案するリサーチサービス『Creative Doctor(クリエイティブ ドクター)』を本格的に開始する。 【サービス開始の背景】チラシやカタログなどの販促物は、製品やサービスの詳細、企業の考え方など、生活者に伝えたい情報を最適な文章や画像、デザインで表現して制作されている。企業が意図した通りに生活者に情報を伝え、商品の購入やサービスの申込みという生活者のレスポンスを引き出すような、訴求力のある販促物を制作することが常に求められている。このニーズに対してDMCは生活者の声を収集し、レスポンスの向上に有効なデザインやメッセージを導き出して提案するリサーチサービス「Creative Doctor」を開始する。 【Creative Doctorの特長】同サービスは、最大1,500名の生活者を対象に、ウェブサイトで「メッセージリサーチ」と「クリエイティブリサーチ」の2段階のリサーチを行い、販促物の誌面を構成する文章やデザインなどの要素を、生活者がどの程度認識しているかを調べることで、その訴求効果を明らかにする。 1.メッセージリサーチ : 誌面の効果的な切り口を明確化▽販促物に記載するキャッチコピーやキーワードなど、読み手にアピールしたいメッセージを最大で35件作成する。DNPは、そのメッセージを7つのカテゴリーに分類して有効性を検証する独自の手法を構築している。カテゴリーの例として、「ターゲット特定型」では独身女性や50代男性などの対象者の属性でメッセージを分類し、「ユーザーボイス型」では商品の愛用者の声などに基づいてメッセージを分類している。同サービスでは、カテゴリーごとに最適なメッセージを検討し、7つの分類で5件ずつのメッセージを作成する。▽作成したメッセージに対して、「魅力的に感じたメッセージはどれか」「買いたいと思うメッセージはどれか」のアンケート調査を行う。▽アンケートへの回答に基づき、〔1〕全てのメッセージの1~35位、〔2〕カテゴリーの1~7位、〔3〕各カテゴリー内のメッセージの1~5位の順位付けを行う。この結果から、訴求力の高いメッセージやカテゴリーを明確化し、掲載するメッセージとその優先順位、効果的な誌面構成などを提案する。2.クリエイティブリサーチ:効果的な誌面構成を明確化▽メッセージリサーチで有効だと判断したメッセージを使ったデザイン案と、従来の販促物や競合他社の販促物などとの比較調査を行う。▽生活者がウェブサイトで各販促物の誌面を見終えると、写真やイラストなどの画像が消えて、文字情報(タイトル、キャッチコピー、商品情報、利用者の声など)だけが表示され、「どのメッセージが最も魅力的に感じたか」「○○というメッセージに気づいたか」などのアンケート調査を行う。アンケートの回答を、販促物の各メッセージに生活者がどの程度魅力を感じているかを示す〔レスポンス期待値〕と、生活者が情報をどの程度認知しているかを示す〔情報伝達効率〕の2つの軸で測定する。 ▽例えば、〔レスポンス期待値〕は高いが〔情報伝達効率〕が低いメッセージに対しては、「メッセージを大きく目立たせれば、レスポンスが向上する可能性が高い』との改善提案を行う。また、〔情報伝達効率〕は高いが〔レスポンス期待値〕が低いメッセージに対しては、「メッセージを小さくしても、レスポンスへの影響は少ないため、他のメッセージを入れた方がよい」などの改善提案につなげることができる。各メッセージを2つの軸で測定することで、より効果的なデザイン提案を行える。    【価格および売上目標】 1.メッセージリサーチ(メッセージ35件の作成費用込) : 50万円~ 2.クリエイティブリサーチ(新規デザイン1案の作成費用込) : 65万円~  ※上記の価格は税抜き価格。DMCは、同リサーチサービスの提供、およびチラシやカタログなどの関連販促物の制作を含めて、2015年度までに40億円の売上を目指す。   ≫ニュース全文を読む

2013年04月17日
東京カツラ(加貫昌弘社長)の仙台営業所(佐藤康市所長)は、先の東日本大震災で現在の仮事務所で活動してきたが、下記のとおり新仙台営業所を移転開設する。 ▽営業開始日=5月7日 ▽移転先=〒984-0002 宮城県仙台市若林区卸町東5丁目3番34号 ▽電話番号=022-390-6002 ▽FAX番号=022-390-6004    また、新仙台営業所を移転開設する事に伴い、福島出張所を7月1日より新仙台営業所に統合する。 ≫ニュース全文を読む

2013年04月12日
凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、2014年3月の竣工を目指し、新群馬工場(仮称)(群馬県邑楽郡明和町、以下 新工場)の建設を進めている。このたび、新工場の緑化計画が、財団法人都市緑化機構による「社会・環境貢献緑地評価システム(SEGES:シージェス)」から「緑の保全・創出により社会・環境に貢献する開発事業(都市開発版SEGES)」として認定された。  なお、工場敷地内における緑化計画として「都市開発版SEGES」の認定取得は初めてとなる。   ■新工場の緑化計画 と 評価ポイント    今回、新工場では、「地域の生態系ネットワークの生産拠点」をコンセプトに、敷地内の緑化計画を立案、工場緑地により地域環境に貢献する。   新工場の周辺地域では、冬季、北西からの季節風「からっ風」が有名。また過去には、夏季に利根川の氾濫による水害が発生するなど、厳しい環境の中で培われた風土がある。   地域の家々では、北西側にカシなどによる防風林をつくり、米や味噌など生活必需品を、堤防と同じ高さの堤の上に築いた「水塚」(ミズヅカ/ミツカ)に収蔵して守っていた。   また周辺は、敷地南側に利根川、北側には多々良沼など湿地を伴う沼地が点在し、特に湿地にはオオヨシキリやセッカなど特徴的な鳥類が多く確認されている。  そこで緑地計画では、敷地全体に高木で約500本、中木で約2,000本、低木で約5,000本を植樹して、30%以上の緑地率を確保。また雨水を有効利用した湿地エリアの「レインガーデン」を採り入れ、雨水が地面に浸透する透水面積率で約50%を目指す。   具体的には、防風林と水塚による景観をデザインに取り込む「風の森ゾーン」、生態系ネットワークを意識した地域植生による郷土の森づくりをコンセプトとした「雑木の森ゾーン」、このエリアでは、河畔林としての湿性環境を再現し、希少な蝶であるミドリシジミの誘引も目指している。また竣工後には、「雑木の森ゾーン」を中心に、緑地内での発生材有効活用や生物多様性促進の設備を活用した所内および、近隣住民も含めた、環境教育イベントなどの企画運営についても検討している。その他、「花の森ゾーン」として、桜並木を中心に、「県立つつじが岡公園」で有名なツツジや、特産物であるシクラメンを導入、花や緑の多様な特性を活かし、地域景観に貢献していく。  これらの社会貢献を具現化した緑地計画が高く評価され、社会環境貢献緑地として認定された。 ■都市開発版SEGESとは   SEGES(シージェス:社会・環境貢献緑地評価システム)は、財団法人 都市緑化機構が貢献度の高い優れた緑を評価認定する、いわば「緑の認定」。 SEGESでは、企業などが積極的に保全・維持・活用に取り組む優良な緑地を認定している。「都市緑化版」SEGESは、都市開発での緑地創生計画を評価し、緑の保全・創出により社会・環境に貢献する開発事業を評価認定するもので、既存の緑地を良好に維持管理する「そだてる緑」に対し、「つくる緑」と呼ばれている。   ■凸版印刷の生物多様性に関する取り組みについて   凸版印刷は、生物多様性の保全や自然の恵みの持続的な利用に、積極的に取り組んでいくため、2010年4月に「生物多様性に関する基本方針」を策定した。「生物多様性に関する基本方針」では、凸版印刷が考慮すべき生物多様性として、紙などの原材料調達、水の利用・排水、化学物質の排出、事業所が立地する土地と周辺の環境など に対する規定をしている。   新工場の建設にあたり、事業所が立地する土地と周辺の環境に配慮した緑地を立案、建設を進めている。   ■新工場 について ・事業主体名凸版印刷株式会社 ・所在地:群馬県邑楽郡明和町大輪(明和第三工業団地 内) ・緑地面積:約45,000平方メートル ・竣工予定:2014年3月 ・製造品目:包装材料 ≫ニュース全文を読む

2013年04月10日
金羊社(東京都大田区、浅野健社長)の本社4階ギャラリーで開催の「ミュージック・ジャケット・ギャラリー(MJG)」常設展(4月~6月)のテーマは「ANIMAL JACKET LP COLLECTION 」と題して、動物をデザインテーマにした楽しいLPジャケットを選りすぐって展示する。 MJG常設展は昨年の秋に5周年を迎えた。今回は4月春からのスタート、春は動物たちが互い冬眠から目覚める季節ということで、LPの平面陳列は動物ジャケットを集めてみた。動物ジャケットといっても様々なものがある。動物ジャケといえば、犬と猫によるものが一般的に親しまれており、特に猫ジャケは単独のジャケット集が出版されるほど人気があるようだ。ここでは、犬や猫に限らず、鳥類も含めた動物全体を網羅している。デザイン的にみると、ロックというジャンル、特にハード・ロック/へヴィ・メタルのジャケットはライオンやトラなどのパワフルな動物をモチーフにしたもの、これとは対照的にポップスにはネコやトリなどの親近感のある動物をモチーフにしたものが多くみられる。さしずめ今回の展示はジャケットによる動物園といえるかもしれない。ヴァラエティに富んだアニマル・ジャケットの世界を是非とも堪能しよう。 今回の立体陳列(ガラス・ケース)は、動物つながりということで、木製(ウッディ)のCDボックスを集めてみた。金属製やプラスチック製の仕様と違って木製のパッケージには独特のぬくもりや安心するような質感がある。地球温暖化が危機的状況にある今日では、エコ(紙)パックと同様にエコロジー的にもフィットしたパッケージといえる。ここでは、本物のギター・アンプさながらのAC/DCの全世界5,000セット完全限定生産6枚組(3CD+2DVD+1LP)『BACKTRACS DELUXE COLLECTOR'S EDITION』(SONY 2009)、これまた本物のギター・ケースさながらのKISSの初回限定生産5枚組『KISS BOX/SPECIAL LIMITED EDITION』 (UNIVERSAL2001)、ドゥー・ワップの歴史を集大成した詳細な資料本も同梱された4枚組ボックス・シリーズ『THE ENCYCLOPEDIA OF DOO WOP/VOL.1~3』(COLLECTABLES2000~2002)など、特殊仕様による様々なウッディ・パッケージを堪能ください。 各時間こと先着20名限定。詳細は金羊社のホームページを詳細のこと。  www.kinyosha.co.jp/mjg/   ≫ニュース全文を読む

2013年04月10日
 公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT、塚田司郎会長)は5月24 日から8 月2 日に全6 回(18 時間)で新商品、新事業の開発に関するグループコンサルティング研修を開催する。印刷業が新たなビジネス領域を模索し成長性を高めていくには、自社の新商品、新事業を開発していくことが重要になっている。ただし、顧客、自社双方の収益・価値向を実現する新商品、新事業の開発は難しく、その重要性を理解しつつも着手するのに二の足を踏んでしまうのが実情ではないだろうか。そこで同講座では受講者が顧客の課題解決に取り組み、その解決策を提案、実行、評価することで、実際に新商品・新事業開発をする実践型の研修になる。講師からのアドバイスは勿論、他参者からの意見も共して、学習効果も高く、精度の高い開発を実現できる講座となっている。 開催概要は次のとおり。「第3 期新商品・新事業開発実践塾」▽日時=第1 回2013 年5 月24 日、第2 回2013 年6 月7 日、第3 回2013 年6 月21 日、第4 回2013 年7 月5 日、第5 回2013 年7 月19 日、第6 回2013 年8 月2 日※各回13:30~16:30 (情報交換会:17:30~19:30 )▽会場=公益社団法人日本印刷技術協会セミナールーム▽参費=JAGAT 会員限定:315,000 円(税込)※1 社2 名まで参可能※研修詳細は次のURL を参照のこと   http://www.jagat.jp/content/view/2971     ≫ニュース全文を読む