印刷タイムスニュース
Insatsu times news

トップ > 印刷タイムスニュース

印刷タイムスニュース一覧
5677件中 4091~4100件を表示

2014年06月23日
大日本印刷(DNP、北島義俊社長)は、インストアメディア(POPやポスターなどの店舗内広告宣伝物)を利用した広告事業で台湾最大手のC2(偉嘉數位媒體股●有限公司 )と業務提携し、6月23日に台湾に進出している日本企業などを対象に広告配信事業を開始する。C2は、台湾の36箇所の百貨店や映画館などのロケーションに設置した280面のデジタルサイネージ向けに情報配信サービス「it’s not just TV」を展開しており、今回このデジタルサイネージのネットワークを活用して、広告を展開する。(●は、人べんに分) 【サービス開始の背景】 近年、日本を訪れる台湾からの旅行者が大幅に増加しており、同時に台湾へ進出する日本企業も増えるなど、両国の交流はさらに活発になると予想されている。親日派の多い台湾では日本の企業や製品ブランドに対する人気も高く、今後ますます台湾への日本企業の進出が期待され、また日本企業による台湾での広告活動の活発化が予想されている。 そのなかでDNPは、台湾のインストアメディア事業最大手のC2と業務提携し、C2が運営する「it’s not just TV」を広告メディアとして、日本企業の広告配信を中心とする台湾でのプロモーション支援サービスを開始する。 【「it’s not just TV」について】 「it’s not just TV」は、新光三越や統一阪急百貨店、台北101など、台湾国内の主要な百貨店に設置したデジタルサイネージに多様なコンテンツを配信している。現在は36箇所の百貨店と映画館などに47~65インチの縦型ディスプレーを280面設置しており、多数のデジタルサイネージを使い、来店者が高揚感を抱くような楽しさを演出するハイレベルなコンテンツや広告を配信して、企業や商品のブランド価値を高めている。 【広告配信費用について】 放映期間1ヶ月、放映秒数30秒、1時間の放映回数4回の場合、3,650,000円(税別)。 放映秒数15秒の場合は1,830,000円(税別)。 ※価格は平成23年6月23日現在のもので、為替によって変更することがある。 【今後の展開】 DNPは、台湾へ進出する日本企業へ向けて当サービスを販売し、2016年度までに2億円の売上を目指す。また、台湾と日本の地方都市への直行便が増加する中、台湾の百貨店で開催される日本の物産展などのイベントと連動することで、製菓や酒造メーカー、観光客を招致する自治体や台湾進出企業などのプロモーションを支援する。 DNPは、今回の台湾でのビジネスモデルを応用、発展させ、海外企業との連携を推進して、グローバルなデジタルサイネージ事業の展開を図っていく。 ≫ニュース全文を読む

2014年06月23日
大日本印刷(DNP)は、写真関連製品を販売するDNPフォトルシオのセルフ型証明写真ボックス『Ki-Re-i』で撮影した顔写真データを、インターネットでサーバーに送信して、顔写真付きIDカードの登録・更新作業に活用する効率的なシステムを開発した。 今回DNPは、本年10月に予定している社員証更新に向け、同システムを搭載したDNP専用のKi-Re-iを6つの事業所*に設置し、そこに勤務する約4,300人の顔写真の撮影および登録・更新作業を行った。 *都内4拠点(新宿区市谷、新宿区榎町、中野区、日野市)、茨城県つくば市、千葉県柏市 【開発の背景】 会員証や受検票などのIDカード発行の際、本人確認用に顔写真の送付が求められ、証明写真ボックスで撮影した写真プリントを提出することが一般的となっている。IDカードの発行事業者は、カードに顔写真を印刷するため、提出された写真プリントをスキャニングし、デジタルデータとして加工・保管し、規格に合わせたトリミングなどの作業を行う必要がある。 企業や団体が顔写真付きの社員証を作成する場合、デジタルカメラで社員一人ひとりの顔写真を撮影し、その画像データを加工・保管する必要がある。しかし、社員数が多く、各地に拠点が分散している企業では、撮影場所やスタッフを長期間確保し、社員自身にも時間的制約を課して複数拠点で撮影する必要があり、顔写真の撮影とそのデータの扱いがIDカード発行の課題となっていた。 この課題に対してDNPは、全国に設置されている既設のKi-Re-iや、企業向けにレンタルで提供している証明写真ボックスなどに通信機能を搭載し、撮影した顔写真データをサーバーに送信して、容易に登録・更新できるシステムを開発した。 【システムの概要と特長】 同システムは、通信装置のほか、ICチップ認証機能とQRコード読み取り機能を証明写真ボックスに搭載している。DNPグループの社員証の場合、現在使用中のICチップ搭載の社員証を専用リーダーにかざして本人認証し、撮影した顔写真データと社員の関連付けを行い、登録・更新用の顔写真データに加工して、サーバーへ登録した。 登録・更新の作業負荷を大幅に軽減 ICチップやQRコードを使って本人認証した後に撮影を行うため、証明写真ボックスから送信された顔写真データと本人の属性データが関連付けされ、IDカードの印刷に必要な顔写真データの登録・更新が容易となり、申請者と受付者の双方の負担を軽減する。発行するIDカードの規格に合わせて、画素数の調整やトリミング、ファイル名の付加などを自動的に行ってデータを送信するため、管理者は容易に登録・更新が行える。 社員や会員の都合に合わせたスピーディーな撮影が可能 撮影対象の人数や事業所の場所などに起因する制約を低減するために、全国の商業施設や駅周辺に設置され、セルフでの撮影が可能なKi-Re-iや、企業向けのレンタル用の機器を活用することで、短期間で撮影することができる。 高品質な仕上がり 優れた証明写真撮影技術と最適なライティングにより、均一で高い品質の顔写真が撮影できる。また、複数回の撮り直しが可能なため、満足のいく表情を得ることができる。 確認用の写真プリントを出力 顔写真データをサーバーが受信すると、証明写真ボックスは確認用の写真プリントを出力する。サーバーへのデータ送信が、万が一不良となった時には、写真プリントが出力されず、再撮影のメッセージが表示される。また、目に髪がかかるなどの場合は、確認用の写真プリントを企業の管理者に提示してIDカード用の顔写真として適性かどうかの判断を仰ぐこともできる。 【今後の展開】 DNPは、2014年秋頃に本システムの本格運用を開始する。また、企業や団体などが導入しやすいよう、各種IDカードの顔写真の撮影・登録・更新機能に絞った専用機器の開発も進め、Ki-Re-iと合わせて、2016年度までに2,000台の証明写真ボックスに当システムを搭載していく計画。 社員証や会員証、学生証や公的なIDカード、受検票などを取り扱う企業や団体に本システムを活用したサービスを提供し、2017年度までに200万人の利用を目指す。 ≫ニュース全文を読む

2014年06月20日
東洋インキインドネシア社(インドネシア・ブカシ州、阿久津 晴彦社長)は、会社設立20周年を記念して、6月23日にジャカルタ・インターコンチネンタルホテルにて、グループとしてインドネシア初のプライベートショウを開催する。 東洋インキインドネシア社は、1994年4月に、東洋インキグループのインドネシアにおけるグラビア・フレキソインキの生産・販売拠点として設立、操業を開始した。これは、1965年のタイへの拠点進出を皮切りに始動した東洋インキグループの東南アジア地域における事業戦略の中で、インドネシアにおける生産拠点の確保が極めて重要な課題となっていたことによる。今回のインドネシアプライベートショウは、“Something New・・・, New Value you can touch together with PT. TOYO INK”を開催コンセプトとし、既存のお客に向けて20年間の感謝の気持ちを込めたイベントとするとともに、新たな分野・市場の関係者に東洋インキグループとしての新規事業の姿を披露する。具体的な展示内容としては、既存のお客様をターゲットに、印刷インキ等に関するさまざまな技術および品質的課題にその場で対応する『コンサルティングコーナー』を設置する。また、新規事業分野として、『エネルギー』『デジタル』『環境』を切り口としたパネル・製品展示を行い、行政・大学および学術研究機関とのコラボレーションや新規プロジェクトを推進し、インドネシアおよび周辺地域における新市場創出を目指す。成長著しいインドネシア国内市場を標的に、あらゆる業界へ世界各国から投資が集中してきている中で、東洋インキインドネシア社は、単に「規模の経済」を前面に出した『量的拡大』スタイルのビジネスから、『より安心・安全で付加価値の高い製品』の紹介を通じた『質的向上』スタイルをプロモーションすることで、インドネシア国内への貢献度向上をコミットメントしていく。 ≫ニュース全文を読む

2014年06月20日
大日本印刷(DNP)とマイクロアドデジタルサイネージ(MADS)は、デジタルサイネージソリューション事業において業務提携し、デジタルサイネージの設置場所や時間帯に応じた広告配信サービスを行うアドネットワーク事業を開始する。提携の第一弾として、DNPとTBSテレビ(TBS)が共同運用し、全国63大学110面のデジタルサイネージで展開する大学生向け情報提供サービス「キャンパスTV」において、両社のシステムを連携させた広告配信サービスを6月に開始する。 【業務提携による今回のサービスの概要】 現在DNPは、DNPが開発したデジタルサイネージ配信システム「SmartSignage(スマートサイネージ)」を利用して、ニュースや天気予報などの情報をキャンパスTVに配信している。今回、SmartSignageとMADSの広告配信一元管理サービス「MONOLITHS(モノリス)」を連携させ、デジタルサイネージの設置場所や時間帯に応じた広告出稿や、広告をパッケージにした情報配信サービスを可能とした。同サービスにより、デジタルサイネージのロケーションオーナー(設置場所提供者)は、新たな広告収益源の確保が見込める。また広告主は、ターゲットやニーズに合わせた広告配信を効率的に行うことができる。 ○「SmartSignage」について DNPが開発したデジタルサイネージコンテンツ作製・配信・表示システムで、顧客企業の状況に合わせたスムーズな配信運用が可能なASPサービス。タイムリーで効果的な情報発信を支援する。 ○「MONOLITHS」について MONOLITHSは、広告枠の購入から配信までの一連の作業を統合的に管理するサービス。広告主は要望条件(ロケーション、時間帯、予算など)を設定すると、対象となるデジタルサイネージの広告枠が瞬時にリストアップされ、ネットワーク経由での広告枠の買付けと配信ができる。 ○「キャンパスTV」について TBSとDNPが共同で実施する、デジタルサイネージを活用した大学生向け情報提供サービス。TBSがデジタルサイネージ用のコンテンツを制作し、DNPが大学内に設置されたデジタルサイネージ端末のシステム運用や配信管理、設置機器管理を行っている。 【今後の取り組み】 今後両社は、キャンパスTV以外のデジタルサイネージに、SmartSignageとMONOLITHSを連携させたサービスを拡販していくとともに、さまざまな企業との連携を強化し、流通や交通系のほか、バスなどの移動体へのデジタルサイネージの普及に努め、ロケーションオーナーと協力してデジタルサイネージの媒体開発を支援していく。さらに、海外も視野に入れたデジタルサイネージでの広告事業を積極的に展開し、2016年度までに1,000面のデジタルサイネージと4億円の売上を目指す。 ≫ニュース全文を読む

2014年06月20日
大日本印刷(DNP)のグループ会社で、紙と電子のハイブリッド書店サービス「honto」を運営するトゥ・ディファクトは、ソーシャルメディアの第一人者として各種メディアで活躍するジャーナリスト・津田大介氏の有料メールマガジン「メディアの現場」をまとめたhontoオリジナル電子書籍『津田本シリーズ(全7タイトル)』4タイトルを、2014年6月20日からhonto電子書籍ストアで限定販売する。 紙の書籍に先行して電子書籍を配信するデジタルファースト形式のコンテンツ。 *「津田本シリーズ」の詳細は下記のURLで確認できる。  http://honto.jp/cp/ebook/2014/tsudadaisuke   同電子書籍は、津田氏が2年半にわたる取材活動を通じて見てきた「現代社会の問題点」や、激変する「メディアの現場」を多角的な視点でレポートしたメールマガジンを全7タイトルにまとめて配信する。 4タイトルをhontoで限定配信! 「津田大介のデジタル日記 後編」 「『情報』はどこへ行った」 「より良い日本社会を探す旅 -10人との対話集-」 「津田大介が追った 震災と原発の3年間」 2014年5月20日に配信開始した3タイトルは、「まわるメディアに飛び乗れ!」「ネットと政治をつなげろ!」「津田大介のデジタル日記 前編」。 販売価格:500円(税込)       honto会員限定、津田本発売記念プレミアムイベント 『デジタルメディア・コンテンツの「いま」と「これから」』を開催! <イベント概要> 日  時 2014年7月9日(水) 19:00~20:30 場  所 コミュニケーションプラザ ドットDNP 2階イベントゾーン ゲ ス ト 津田大介氏、 川上量生氏(ドワンゴ代表取締役会長)、 Tehu 氏(スーパーIT大学生/デジタルクリエイター) 応募方法 2014年6月30日(月)23:59までに、下記 hontoサイト内イベント応募ページよりエントリーする。 抽選で100名を招待する。  ※応募には、honto会員への登録が必要。    応募ページ : http://honto.jp/cp/ebook/2014/tsudadaisuke/event-entry ≫ニュース全文を読む

2014年06月19日
大日本印刷(DNP)の子会社のシーピーデザインコンサルティングは、創立12周年を記念し、『「健康視点で、会社を元気に」 ~社員の運動習慣を応援するマネジメントスタイル~』と題したセミナーを7月8日に開催する。参加は無料。 シーピーデザインコンサルティングは、プライバシーマークや情報セキュリティのコンサルティング業務を通じて、企業の価値向上に取り組んでいる。企業にとって情報保護への取り組みやルール遵守が重要な課題であるのと同時に、それらを守るべき社員の元気や健康が企業の価値創造に不可欠であるため、12周年を記念して、社員の心身の健康をテーマにしたセミナーを開催する。 【セミナー概要】(参加費:無料) ●PROGRAM 1 : 基調講演「健康視点で“職場”を見直す」 講師    株式会社シーピーデザインコンサルティング 代表取締役社長 鈴木 靖氏 プレッシャーからの“心の病“の発症に対しては、「社員の運動習慣を応援するマネジメントスタイル」が解決策となり、「健康経営」へとつながると考える。同セミナーでは、社員を活かし、生産性を向上させるためのヒントを提示します。なお、2013年10月20日、健康経営についてNHKの情報番組で取り上げられた。 ●PROGRAM 2 : 特別講演「挑戦への流儀~チャレンジに終わりはない!」 講師    アドヴェンチャー・ランナー、 NPO法人“PEACE RUN”代表 高繁 勝彦氏 北米大陸や豪州大陸を単独で横断、走破するといった偉業をなしとげ、今なお五大陸横断走破にむけてチャレンジし続ける。「走るとは、何なのか?」「生きるとは、何なのか?」「やっぱり一人では、何もできない!」「つながるって、何?」「絆って何?」人生究極のテーマに迫まる。 ●PROGRAM 3 : 特別講演「身体のメカニズムを知り、自分を変える健康仕事術」 講師    一般社団法人日本ライフタイムスポーツ協会代表理事、 有限会社スポーツネットワークサービス代表取締役、 Japanマラソンクラブ代表 牧野 仁氏 一つのきっかけで身体が変化し、心のサポートを促す。体のメカニズムを知って、無理なく健康生活を送る。姿勢の改善や食事・睡眠の質の向上など、イキイキと仕事をこなすワザと企業内においてのサポート事例も紹介する。 【開催日時】 日時 : 2014年7月8日(火) 15:00~17:30(受付開始 14:30~) 場所 : DNP五反田ビル(東京都品川区西五反田3-5-20) *下記のウェブサイトから申し込める。 http://www.cpdc.co.jp/seminar-info/12kinen/index.html ≫ニュース全文を読む

2014年06月18日
凸版印刷(金子眞吾社長)は、国立大学法人東北大学大学院情報科学研究科 青木孝文研究室(東北大学、宮城県仙台市)と共同で、デジタルカメラで撮影した画像から全自動で三次元形状モデルを生成できる画像処理技術を開発した。 凸版印刷はこれまで、仏像や建築物など立体形状を持つ文化財を対象に、レー ザーレンジスキャナやハンディタイプの3Dスキャナなど高価な専用機器を用いた 三次元計測を実施し、データを記録。計測されたデータは、デジタルアーカイブ や、バーチャルリアリティやCG技術を用いた映像としての可視化などで活用して きた。しかし、レーザーレンジスキャナを用いた三次元計測は、広い空間が ないと測定できず、またハンディタイプの3Dスキャナを用いた三次元計測には、 専用機器を扱うための特別な技術が必要であるといった課題があった。  今回開発した技術は、東北大学が開発した位相限定相関法をベースとし て、凸版印刷と東北大学で共同開発した多視点ステレオ技術。これら の技術を組み合わせたことにより、民生品のデジタルカメラで撮影した画像のみ を用いて、対象物の立体的な形状モデルを高精度かつ自動的に生成できるように なった。また、撮影した画像から色情報の取得も可能。  なお、凸版印刷は本技術の有効性を検証するため、独立行政法人国立文化財機 構 東京文化財研究所(東京都台東区、亀井伸雄所長)と共同で、2014 年2月に、瑞巌寺(宮城県宮城郡)本堂内の欄間木彫を民生品デジタルカ メラで撮影。その後、撮影画像を用いた形状モデルの生成ならびに精度の検証を 実施した。その結果、高価な専用機器を用いることなく、ハンディタイプの 3Dスキャナと同程度の高い精度を実現した。     ≫ニュース全文を読む

2014年06月18日
凸版印刷(金子眞吾社長)は、空気の力で自立する液体製品用スタンディングパウチ「エアホール ドパウチ」を販売している。今回、このエアホールドパウチのラインアップに 300ml以下の小容量サイズを追加。2014年6月下旬より本格的な販売を開始する。 これに先駆け、大関(兵庫県西宮市、西川定良社長)が2014年3月に発売した新商品「凍らせ冷酒」、「凍らせ梅酒」と、東亜酒造(埼玉県羽生市、髙尾裕社長) が2014年3月に発売した新商品「冷やしておいしい原酒」、黄桜(京都府京都市、松本真治社長)が2014年6月17日に発売し た新商品「お酒のシャーベット シャリッと 純米吟醸」、「お酒のシャーベット シャリッと いちご」、「お酒のシャーベット シャリッと マンゴー」の容器とし て採用された。  「エアホールドパウチ」は、パウチのサイド部分に、空気を縦方向に封入するこ とで自立性を向上。見た目に美しいだけでなく、持ちやすさ・注ぎやすさを実現し た、液体製品用スタンディングパウチ。さらに、空気を封入した部分から簡単 に開封して空気を抜くことができるため、小さく折りたたんで廃棄できる。この たび、従来の900ml、500mlサイズに加え、新たに300ml、200ml、180ml の小容量サ イズをラインアップに追加。より幅広い用途での使用が可能になった。  大関、黄桜で発売された新商品は、家庭の冷凍庫で凍らせるだけで簡単にシャー ベット状になるお酒。注いですぐは、スプーンですくってデザート感覚で食べ たり、溶けたあとはシャーベット状を飲んだりと、1品でいろいろな飲み方を楽し める。  また東亜酒造で発売された新商品は、原酒ならではのしっかりした飲みごたえ と、やや甘口でまろやかな旨味が特長。生活者のライフスタイルに柔軟に対 応、小容量で口栓付きのエアホールドパウチが採用された。     ≫ニュース全文を読む

2014年06月18日
大日本印刷(DNP、北島義俊社長)は、生活者向けのビジネスの紹介や情報発信を行うコミュニケーションサイト『ドットDNP』(http://start.DNP/)を6月18日に開設する。『ドットDNP』は、国内初のブランドトップレベルドメイン(TLD)となる.DNP”を使用している。 今回『ドットDNP』の開設に合わせて、生活者や大学、NPOや企業などとともに、DNPの事業領域にも関連する多様なテーマについて“みんなで未来を考える”サイト『みらいドットDNP(http://mirai.DNP/)』もオープンする。  【ドットDNPの概要】 DNPは“未来のあたりまえを作る。”ことを目指して、社会の課題を解決する製品・サービスの開発を進めており、その中で生活者とのコミュニケーション強化にも取り組んでいる。こうした取り組みの一環として、オリジナルの広報キャラクター『DNPenguin(ディーエヌペンギン)』によるキャンペーンを2012年から実施しているほか、2013年1月には、東京・市谷に体験型ショールーム『コミュニケーションプラザ ドットDNP』を開設し、生活者向けに企画展示やイベント、ワークショップなどを開催している。 今回、これらの取り組みをさらに強化・推進するため、コミュニケーションサイト『ドットDNP』を開設する。このウェブサイトは、『スタート・ドットDNP』を入り口とし、新設する『みらいドットDNP』と、DNPの事業をわかりやすく説明する既存の『DNPenguin広報室』、体験型ショールームの内容を紹介する『コミュニケーションプラザ ドットDNP』の3つのサイトで構成されています。国内初のブランドTLDとして使用する“.DNP”は、短くて覚えやすいため、生活者に親しみを感じてもらえることを期待している。 【『みらいドットDNP』の概要】 コミュニケーション、環境、医療・健康、教育、食・農、アートなど、人々の暮らしに密着するとともに、DNPの製品やサービスにも関連するさまざまなテーマについて、DNPの社員が生活者とともに、また教育機関やNPO、他の企業などと協働して“みんなで未来を考える”場が、『みらいドットDNP』です。それぞれの分野の専門家をパートナーに迎え、プロジェクト形式でコミュニケーションを深めていく。 具体的な活動の一例として、東京・市谷にある『コミュニケーションプラザ ドットDNP』でワークショップを開催し、参加した生活者の声などを『みらいドットDNP』サイトで取り上げて、アイデアの交換や共同作業の実施などにつなげていく。また、『みらいドットDNP』サイトと連動してFacebookでの情報発信も行う。 ≫ニュース全文を読む

2014年06月17日
 モリサワ(森澤彰彦社長)はこのほど、9月にリリースする新書体を発表した。 今年度の新書体は、タイプデザインコンペティション2012の受賞作品から初の製品化となる「すずむし」、「Rubberblade」をはじめ、明朝体の「凸版文久明朝」「秀英横太明朝」、デザイン書体の「シネマレター」「トーキング」「タカポッキ」「タカモダン」、筆書体の「ひげ文字」、UD書体の「UD新ゴ コンデンス80」「UD新ゴ コンデンス60」「UD新ゴハングル」で計35書体となっている。 タイプデザインコンペティション2012の和文部門・明石賞を受賞、ファン投票・得票数1位を獲得した「すずむし」は、コロコロとした柔らかい仮名に、一見アンバランスでゆるやかな印象でありながら整理された骨格・エレメントを持つ漢字が組合わされた、かわいらしいデザイン書体。欧文部門・明石賞を受賞した「Rubberblade」(受賞時書体名Jara)は線画の強さ、太さを全面に押し出したオリジナリティあふれるデザインが特徴の欧文書体で、200以上の組合せを持つ欧文合字などのOpenType機能を活用することで躍動感に満ちた文字組が可能になる。新たにデザインされたイタリック体と合わせてリリースされる。 「凸版文久明朝」は、凸版印刷が所有する活字をもとに、ディスプレイでの可読性を考慮してリデザインされた書体。長い歴史の中で磨き上げられてきた凸版印刷のオリジナル書体を電子媒体でも読みやすい文字に改刻した本文用の明朝体となっている。 また、大日本印刷が開発した「秀英横太明朝」は、2010年よりリリースされた秀英明朝の漢字の横画を太くすることで、秀英明朝ならではの上品さと、ゴシック体に見られる高い視認性を持ち合わせたディスプレイ向け書体。デザイン書体では、映画字幕文字の特徴を活かしたレトロな風合いをもつ「シネマレター」や、素朴で優しいイメージの手書き風書体「トーキング」のほか、のびやかで愛らしい印象を持つ「タカポッキ」と線画の交差部分に黒みを持たせることでレトロモダンな印象に仕上げた「タカモダン」が加わる。 筆書体の「ひげ文字」は江戸時代の図案文字を源流とする、勢いのある運筆から生まれる墨の擦れを再現した力強い書体。このほか、2013年にリリースされたUD新ゴ コンデンスシリーズの追加リリースとなる「UD新ゴ コンデンス80」「UD新ゴコンデンス60」、UD新ゴのデザインコンセプトをハングルにも応用し、開発された「UD新ゴ ハングル」を提供する。 ≫ニュース全文を読む