印刷タイムスニュース
Insatsu times news

トップ > 印刷タイムスニュース

印刷タイムスニュース一覧
4321件中 3731~3740件を表示

2012年10月15日
優れた機能性とデザイン性を兼ね備えたカーフィルム「ウインコス オートモーティブフィルム」を全国展開しているリンテック(東京都板橋区、大内昭彦社長)では、カーフィルム市場のさらなる拡大とブランド浸透に向け、販売促進強化を図っていくことにした。同社では、自動車の高級感を演出するとともに優れた断熱性能を発揮するカーフィルム「ウインコス オートモーティブフィルム」を国内外で展開している。窓ガラスに着色を施したりメタリック感を付与したりすることができるカーフィルムは、従来、デザイン性やファッション性の観点から利用されてきたが、最近は優れた断熱性や、UVカット効果などといった機能性の観点から注目されてきている。同社では、フィルムの透明性を保ちつつ、熱エネルギーの高い近赤外線域を大幅にカットする独自のフィルムコーティング処方を早期に確立。断熱性能に優れた機能性カーフィルムの普及促進を図ってきた。カーフィルムは、自動車のフロントガラスおよび運転席・助手席の側面ガラスに貼る場合、フィルムを貼った状態での可視光線透過率が70%以上をクリアすることが定められている。同社では、可視光線透過率89%を実現した「IR-90HD」をはじめ、高透明性と断熱性能を兼ね備えたアイテムを豊富にラインアップ。それらは正しく施工することで、避けられがちなフロントガラスや前席側面ガラスへの施工にも対応可能。このたび同社は、全国の施工店に対する販売支援ツールとして高透明断熱フィルムの販促用チラシや、のぼり、卓上POPなどを作成。同時に、フィルムのサンプル帳や、施工品質を向上する純正施工液などの関連製品を収録したカタログなども刷新する。さらに、施工店各社を通じて「可視光線透過率証明書発行制度」の運用を順次開始。販売代理店や施工店と連携して、フィルム施工に関する啓蒙活動を図り、市場の活性化と施工比率向上に努めていく。   ≫ニュース全文を読む

2012年10月15日
大日本印刷(DNP、本北島義俊社長)は、デジタルサイネージ(電子看板)を活用して、豊富なカラーバリエーションを持つ衣類をディスプレー上で楽しみながら試着できる「バーチャル試着システム」を開発した。同システムは、ユニクロが2012年10月5日にオープンしたサンフランシスコ店で、来店した顧客が自分に合った商品を楽しく気軽に選べる環境を提供したいというニーズを受けて開発したもので、「UNIQLO MAGIC MIRROR」として店内に2台設置し、運用を開始した。   【「バーチャル試着システム」の概要と特長】「バーチャル試着システム」は、60インチの大型ディスプレーとタブレット端末、カメラで構成され、AR(拡張現実)の技術を活用している。豊富なカラーバリエーションを持つ衣類を一つひとつ着ることなく、簡単な操作でバーチャルに“試着”できる。この大型ディスプレーは、通常は鏡として使用し、システム利用時に画像を表示するハーフミラー。同システムは、AR技術によって、衣類の色からジャケットやフリースなどの商品の種類を識別する。来店者が試着用の商品を着て鏡の前に立ち、鏡の横に設置したタブレット端末で希望の色を指定することで、その場で気軽にカラーバリエーションを楽しむことができる。カメラで撮影した来店者の試着姿を、60インチ縦型ディスプレーにリアルタイムで表示する。 タブレット端末で、試着した商品の他のカラーバリエーションを選択すると、ディスプレーに映った自分が着ている衣類の色が変化する。試着対象商品は「プレミアムダウンウルトラライトジャケット(MEN:12カラー、WOMEN:8カラー)」、「フリース(MEN:25カラー、WOMEN:25カラー)」。試着用の商品を着て端末を操作するだけで、豊富なカラーバリエーションを簡単に試すことができ、具体的に似合う色をイメージがしやすくなるため、商品購入へとつなげる効果が期待できる。  AR技術で識別用のマーカーをカメラで読み取り、関連する情報をディスプレーに表示する従来の方法では、商品情報を個別に登録する負荷が高くなるが、色の違いから衣類の種類を認識する今回の方式は、試着アイテムの追加が比較的容易にできる。  タブレット端末のメニューには、バーチャルに試着して気に入った自分の姿を撮影し、その画像をメールで送ったり、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に投稿できる機能がある。 【DNPの店頭デジタルサイネージについて】DNPが目指す店頭デジタルサイネージは、インテリアのようにBGV(バック・グラウンド・ビデオ)として機能するだけのものでなく、最新の画像処理技術を活用したインタラクティブなプロモーションツール。デジタルサイネージとパソコンやスマートフォン、タブレット端末などの多様なデバイス、各種印刷物を連動させるクロスメディア展開によって、生活者のコミュニケーションを活性化させ、店舗やECサイトへの誘導を促進し、購買行動につなげるきっかけを提供する。DNPは、来店した生活者に驚きや楽しさを提供し、いつでも新鮮な気持ちで商品に接することができる空間演出とプロモーション支援を今後も進めていく。     [caption id="attachment_4384" align="aligncenter" width="300"] 普段は鏡として使われている部分が、システム利用時にはディスプレーに様変わりするサプライズな店舗演出[/caption] ≫ニュース全文を読む

2012年10月13日
 広島県印刷工業組合(喜瀬清理事長)・中国印刷機材協議会(岸本均也会長)主催による「2012印刷産業夢メッセ」が10月12・13日の2日間、広島市内のKKR広島で開催された。  同展は、印刷産業の未来を参加者と講師が語り合う新しいスタイルのセミナーであり、8回目の開催を迎えた今回は、「業態変革エンドレス、研ぎすまそう『伝える力』を!」をテーマに催された。  今回も24のソリューションセミナーをはじめ、基調講演や講師と食事をともにし、会話をしながら学ぶ座学が開かれ、2日間にわたって多数の参加者を得た。  初日午前9時からオープニングセレモニーが行われ、主催者を代表して喜瀬実行委員長が「わが国を取り巻く経済環境は厳しさを増しているが、今こそ強い意志を持たなければならない。今回の夢メッセでは情報伝達手段が多様化する中で『伝える力』をテーマに掲げた。 伝えることが使命であるわれわれの業界にあって、紙媒体だけでは伝える力が弱まってしまいがちになる。お客様のハートをつかむために紙媒体とデジタル技術を融合させていく努力も必要となる。そうした対応力をつけるこの機会に身につけてほしい」とあいさつした。  引き続き、来賓を代表して全印工連の島村博之会長、出展者を代表してメディアテクノロジージャパンの雨森章会長があいさつした後、喜瀬・島村・雨森の3氏に加え、岸本均也副実行委員長、安井英規岡山県印刷工業組合理事長、磯村和孝富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ常務執行役員によってテープカットが行われ、「2012印刷産業夢メッセ」は開幕した。  基調講演では、初日に島村全印工連会長が「『新しいこと』を考え出す印刷会社の時代」をテーマに、2日目には藤村正宏氏(フリーパレット集客施設研究所代表)が「モノを売るな!体験を売れ!~安売りからの脱却!価値を伝えてあなたの商品価値を高める方法~」をテーマに、それぞれ講演した。  このほかにも、進化し続ける印刷技術と、それを経営・営業ソリューションに活用・実践している全国各地の成功事例、世界の印刷技術の動向など、リアルな情報の紹介と、組合員企業に見合ったワンストップサービス実践の参考となる24ブースのソリューションセミナーが行われた。   ≫ニュース全文を読む

2012年10月13日
 光文堂(名古屋市中区、讃岐秀昭社長)は10月12・13日の2日間、恒例の「最新製本省力化機材展」を同社技術サービスセンターで開催した。  36回目を迎える今回は、「省力化の本命」をテーマに掲げ、出展各社から急進する時代に対応すべく一段と優れたマシンが多数展示された。  光文堂からは、従来のホットスタンプの箔押し方法とは違い、オンデマンドで箔が印刷できるデジタルホットスタンププリンタ「KBDデジハク」をはじめ、皮・ガラス・プラスチック・セラミック・樹脂といった多様な素材にオンデマンドでプリントが行えるインクジェットダイレクトプリンタ「KBD SUPERダイレクト」、製本機械用紙重量式計数機「ミューカウントスケール」などが披露された。  なお、同展には愛知県製本工業組合、愛知県紙加工業協同組合、愛知県トムソン工業協同組合が協力した。 ≫ニュース全文を読む

2012年10月13日
 モリサワ(森澤彰彦社長)は、「タイプデザインコンペティション 2012」ファン投票を実施する。  同コンペティションでは、審査員が審査する「モリサワ賞」「明石賞」のほかに、一般投票による「ファン投票」が行われる。  誰でも参加でき、スマートフォンからでも投票できる。  投票期間は10月11日(木)~17日(水)で、結果は10月26日(金)に発表される予定となっている。  ファン投票の結果、各部門で得票が上位2位までの応募者には表彰状とトロフィー、記念品が贈られる。  ファン投票はhttp://competition.morisawa.co.jp/fans/まで。 ≫ニュース全文を読む

2012年10月12日
東京医科歯科大学と大日本印刷(DNP、北島義俊社長)との共同研究で、日本人に多い「病的近視」の原因が眼球の変形や異常にあることを3D MRI画像解析により解明したと10月11日、文京区湯島・東京医科歯科大学で記者説明を行った。 同時に、共同研究で、印刷技術を応用した血管再生技術により、血管が失われた部分に細胞シートを移植する小動物実験で成功したと報告した。 説明会には東京医科歯科大学の森田育男分子細胞機能学分野教授、研究担当理事、副学長、大野京子眼科学分野准教授、大日本印刷の高波光一副社長、杉本登志樹役員研究開発・事業化推進本部が同席し、2つの研究成果の報告と今後の共同研究や産学連携の方向性などについて説明した。  健康な眼の眼軸長(眼の前後の長さ)はおよそ24mmであるが、眼軸長が極端に長くなると(おおよそ27㎜以上)、ピントがあわないだけでなく、眼底後極部にある網膜や視神経などの視覚にとって重要な組織が伸展(伸びたり・ゆがんだり)されて、網膜出血、網膜変性、網膜剥離、緑内障、視神経障害などを生じ、メガネやコンタクトレンズをかけても視力が出なくなってしまう。この病態を病的近視という。日本人の40歳以上の約5%が病的近視である可能性があり、病的近視は日本の失明原因の第5位でもある。 今回の共同研究では、世界初となる3D MRIを用いてヒトの眼球形状を解析することに成功した。さらに、眼球形状を解析するソフトウェアの確立で、病的近視の眼底病変発生前に治療することが可能となる。 また、印刷技術を用いた再生医療技術を開発中で、皮膚や膚、氏周組織の再生において、小動物を用いた実験で成功しており、今後はその研究成果を応用させ、病的近視の治療法を開発していく。 高波大日本印刷副社長は「東京医科歯科大学とDNPの共同研究は7年になるが、世界的に評価を受けており、今日の発表を誇りに思う。今後、東京医科歯科大学とともにデータを沢山蓄積し、研究成果の安全性、臨床現場への応用を検証し、早期発見、早期治療に役立てていきたい」と述べた。   [caption id="attachment_4370" align="aligncenter" width="300"] 左から大野准教授、森田副学長、高波副社長、杉本役員[/caption]    ≫ニュース全文を読む

2012年10月12日
大日本印刷(DNP、北島義俊社長)は、千趣会が運営する通販サイト「ベルメゾンネット(http://www.bellemaison.jp)」に、DNPが開発したファッションコーディネートシステムを提供し、10月12日~12月20日の約2ヶ月間、生活者が好む商品に合うコーディネートをスタイリストの視点から提案するサービスを実施する。このシステムは、スタイリストのコーディネート手順やルールを体系化し、ECサイトの商品スペックなどの情報と組み合わせて、季節やシーン、テイストに合ったファッションコーディネートを自動的に提案するシステム。  近年、利用者の購買履歴や検索履歴をもとに、購入検討中の商品だけでなく関連商品も推薦することで、利用者の購入意欲を高めてクロスセル(併売)効果を狙うECサイトが増加している。ファッション関連商品のECサイトの場合、着用するシーンや保有している衣類とのマッチングを考慮するだけでなく、雑誌のコーディネート特集の記事などを参考にして購入することが多く、これらの影響力を反映したコーディネートシステムが求められていた。このニーズに応えるためにDNPは、最適なファッションコーディネートを提案するECサイト向けのシステムを開発し、今回、ファッション関連商品が充実している「ベルメゾンネット」で同システムを活用したサービスを開始する。 【サービスの概要】「ベルメゾンネット」の“着まわしコーディネート特集”に掲載している衣類15点をキーアイテムとし、各アイテムに合う複数のコーディネートプランを提案する。このキーアイテムは、9月に発行したベルメゾンのカタログ「StyleNote 2012年秋冬号」に掲載している人気の高いコートやニット、スカート、パンツなどから選定している。例えば、生活者がキーアイテムの中から好みのカットソーを選択すると、そのカットソーに合うジャケットやパンツなどを表示する。表示するジャケットやパンツなどは、ECサイト内の約700の商品からシステムが自動的に分析・抽出したコーディネート案。また、コーディネート案の商品画像をクリックすると商品詳細ページに遷移して、そのまま購入することができる。 【システムの機能】同システムは、次の2つの機能より、ファッションコーディネートを提案する。<1>アイテム分類・検索機能同システムは、ECサイトやカタログに掲載されている商品の名称やスペックなどから、最適な季節、ビジネスやショッピングなどの利用シーン、カジュアルやエレガントなどの商品テイストに関連するファッション用語を抽出して商品を分類する。この分類結果を活用することにより、季節・シーン・テイストごとの商品検索を可能にしている。<2>コーディネート提案機能スタイリストのコーディネート手法を体系化・システム化し、アイテム分類・検索機能と組み合わせてシステム化することで、生活者が選んだキーアイテムの形や色などの情報から、季節・シーン・テイストに応じた最適なジャケットやパンツ、靴などのコーディネートを提案する。 DNPは、今回のサービスを実施する中で当システムの機能や使い勝手などの向上を図り、2013年4月からの本格的なASPサービスを開始する計画。また、千趣会は、多様なコーディネートの提案を行うことで、利用者の購入意欲の変化や対象商品およびコーディネート提案した商品の販売動向などを見て、今後の商品の新しい販売方法やシステムの活用方法について検討していく予定。  [caption id="attachment_4364" align="aligncenter" width="300"] 選択したキーアイテムに対するコーディネート案[/caption] ≫ニュース全文を読む

2012年10月11日
大日本印刷(DNP、北島義俊社長)は、スマートポスターを活用したO2O(オンラインtoオフライン)プラットフォームサービス「TAPLINK(タップ リンク)」を開発した。スマートポスターは、NFCフォーラムで規定されたアプリケーションで、NFCタグを貼付したポスターやPOPなどに、生活者がNFC搭載スマートフォンをタッチすることで関連情報を配信できる。今までの一般的なスマートポスターは、NFCタグ内に書き込まれたWebサイトのURLや電話番号、メールアドレスなどをスマートフォンで読み取り、各種サービスを提供していた。しかし、NFCタグに書き込まれた内容を変更する場合、タグ内の情報を書き換える必要があり、運用や管理が非常に煩雑だった。今回DNPが開発したTAPLINKは、スマートポスターでのコンテンツ配信を短期間でより簡単に実施できるとともに、安全な情報配信が可能な、NFC搭載スマートフォンとスマートポスターを活用した企業のプロモーション活動を支援するO2Oプラットフォーム。   【TAPLINKの特長】  スマートポスターの設置場所やアクセス時間に応じて、ポスター毎に情報を切り替えて配信することができる。クーポンや動画コンテンツなど、企業が生活者に告知したい情報を最適な条件で提供することが可能。  DNPが運用するデータセンターで、NFCタグ内の情報を一元管理するため、いつ、どこで、どのくらいスマートポスターが利用されたかなどのデータ分析が可能。  ASPとして提供するため、各企業は配信するコンテンツを準備するだけで運用を開始することができ、サービス導入期間を大幅に短縮する。  DNPにて書き換え禁止処理を施したNFCタグを活用することにより、第三者による改ざんを防止し安全なサービス提供が可能。  店舗への誘導だけでなく、ポスターやPOPなどの店頭ツールと情報サービスを連動させた、新しいプロモーションを展開することができる。 【TAPLINKのサービスイメージ】駅構内や街頭、店頭など多くの生活者が集まる場所にスマートポスターを設置し、地図アプリと連携した店舗へのナビゲーション、クーポンや割引券のプレゼント、画像や動画による商品やサービスのプロモーションなど、多様なO2Oサービスの提供が可能。また、キャンペーンやイベントへのエントリー、コールセンターへの発信、SNSやオンラインショップとのリンクといったサービスも展開できる。   【今後の取り組み】DNPは2012年11月から、DNPグループの丸善とジュンク堂書店で、TAPLINKを利用した、リアルとバーチャルとを連携させた以下の内容の実証実験を開始する。また、本取り組みを通して、書店メディアへのTAPLINKの採用を目指す。1. 店内の販促メディアとTAPLINKとを連動させた各種サービス提供  書籍の書評や関連プロモーション情報の配信2. 店外のスマートポスターをオンラインショップやリアルショップの入口とした各種サービス提供  ポスターから電子書籍と紙の書籍とを販売するハイブリッド型総合書店「honto(ホント)」への誘導  現在地からリアル店舗(丸善、ジュンク堂書店)への歩行者用ナビゲーション今後DNPは、NFC搭載スマートフォンでの決済やクーポン、ポイントなどに対応したアプリの一元管理や、これらに関わる業務を総合的に支援するDNPのサービス「モバイルWallet」とTAPLINKとの連携を進め、企業と生活者とのコミュニケーションを活性化させるソリューションを提供していく。また、NFCモジュールや端末の開発など、認証技術を活かしたNFC搭載スマートフォンのサービスを積極的に開発し、NFC市場の活性化を推進していく。DNPは、TAPLINKをはじめとするNFC関連ビジネスで、今後3年間で約40億円の売上を目指す。    ≫ニュース全文を読む

2012年10月10日
 工場の町、大阪府東大阪市で40余年の印刷実績を有するインクアートが運営する「印刷通販 プリントアース(http://www.inkart.jp)」は、平日17時まで、土曜日16時まで(祝日を除く)の完全データ入稿で最短翌日(翌営業日)に100部から最大5万部までのチラシ・フライヤー・ビラ印刷の出荷を可能とする体制を構築した。  ■即納印刷が可能になった理由  「印刷通販 プリントアース」では、チラシ印刷2億枚突破と時期を同じくして、新型速乾UV印刷機を導入し、これまでの印刷にかかる時間を大幅に短縮することに成功した。  ■速乾だから実現できる高速両面印刷  これまでは、表面を印刷してから乾くのを1日(またはそれ以上)待って裏面を印刷していたが、新型機の場合は、表面の印刷が終わればすぐに裏面の印刷に取り掛かることができるため、裏面印刷への移行にかかるタイムラグが最小限に抑えられる。  ■提供価格も抑えることに成功  印刷後すぐの出荷となれば倉庫内のスペースを長時間占有することもないため、保管にかかる費用を最小限に抑えることができるようになった。 特に、部数の多いチラシ・フライヤー・ビラの印刷については、用紙の種類を絞り込むことで、複数の注文の付け合わせが容易となったことも価格を抑える大きな要因となっている(用紙はコート73kg・コート90kg・おまかせコート紙の3種)。  ■100部から5万部まで即納印刷が可能  同社では、「印刷通販 プリントアース」の運営経験から、クライアントがほしい部数は、時と場合により様々だと日々実感していた。急に決まったイベントで、手配りのフライヤーが100枚だけ欲しい、また予算確保後すぐに3万部を新聞に折り込みしたいなど、クライアントがほしい部数を統計データを見て100部から5万部まで対応している。  ■見積の依頼  「印刷通販 プリントアース」では、希望の商品を選択していくだけで見積が作成できるほか、取扱商品に記載のない商品や部数の見積も対応可能としている。  問い合わせは同社プリントアース通販事業部、電話06(6781)9071まで。 ≫ニュース全文を読む

2012年10月10日
 東洋インキ(山﨑克己社長)はこのほど、NonVOC対応広演色オフセット枚葉インキとして、「TOYO KING NEXNV100 カレイド」を発表した。  同社のKaleido(カレイド)シリーズは、現在使用されているプロセス4色印刷機で6色・7色印刷に近い、広い色再現ができるインキとして好評を得ている。  また、TOYO KING NEX NV100シリーズはNonVOCインキとして、植物油などへの置き換えにより、構成成分中の高沸点石油系溶剤を1%未満に抑えたもので、一般的な植物油インキをさらに進化させた環境調和型オフセットインキとなっている。  今回、Kaleidoシリーズにおいても、NonVOC対応により環境負荷低減を実現したTOYO KING NEX NV100タイプを新製品として発売する。  同社は、今後もオフセット枚葉インキ製品において全面的なNonVOC化の実現へ向け、邁進していく。 ≫ニュース全文を読む