印刷タイムスニュース
Insatsu times news

トップ > 印刷タイムスニュース

印刷タイムスニュース一覧
3525件中 3291~3300件を表示

2012年04月25日
凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、メカニカルリサイクル PET(※)フィルムを貼り合わせた環境配慮型ラミネート包材を、世界で初めて開発した。凸版印刷は本製品を、トイレタリー分野の詰め替えスタンディングパウチや、食品・医薬品包材などを中心に展開、2012年 5月上旬から販売を開始する。   ※メカニカルリサイクル PET・・・使用済み PETボトルを粉砕・洗浄した後に高温で溶融・減圧・ろ過などを行い、再び PET樹脂に戻したもの 同製品に使用したラミネート用メカニカルリサイクル PETフィルム『サイクルクリーン(R)』は、凸版印刷と東洋紡が共同で開発したもの。同 PETフィルムは、リサイクル樹脂の使用比率で 80%という世界最高レベルを実現、非再生 PETフィルムに比べ、素材製造段階までの CO2排出量を約 40%削減できる。 また同製品は、自社の持つ高いコンバーティング技術により、再生原料を使用しながら、衝撃強度、引張強度および貼り合わせ強度など各種物性において、非再生 PETフィルムを使用した場合と同等の性能を保持している。 今後も、凸版印刷は持続可能な社会の実現に貢献するため、環境に配慮した製品の開発を推進していく。   ■ 開発の背景 環境問題への関心が高まっている現在、リサイクル資源の活用が重要視されています。しかし、その中で再生 PETは、回収されたPETボトルを洗浄・粉砕したものをそのまま原料として使用していたために不純物などが多く混入し、衛生面で課題があった。また、衛生的で高品質なメカニカルリサイクルPET樹脂を用いた再生 PETボトルや再生 PETラベルなどはありましたがPETボトルに使用されていた樹脂からラミネート用の薄いフィルムを製造するのは技術的に難しく、これまで他素材のフィルムと貼り合わせた包材に使用できるような再生 PETフィルムはなかった。 凸版印刷は循環型社会の実現に貢献するため、これまでパッケージ製造で培ってきた高い加工技術によりメカニカルリサイクル PETフィルムを用いたラミネート包材を開発。一般的に、メカニカルリサイクル PETフィルムは非再生 PETフィルムに比べて 4割程度割高だが、貼り合わせる素材の見直しや工程の合理化により、同製品は製造コストを 1~2割程度の上昇に抑えた。   ■同製品の特長 ▽CO2排出量を約 40%削減 メカニカルリサイクル PETフィルムを用いることで、非再生 PETフィルムに比べ素材製造段階までのCO2排出量を約 40%削減できる。 ▽非再生 PET資源の使用を削減 メカニカルリサイクル PETフィルムを用いることで、石油由来資源の使用を削減でき、循環型社会の実現に貢献する。 ▽非再生 PETフィルムと同等の物性を実現 再生原料を使用しながら、衝撃強度、引張強度および貼り合わせ強度など各種物性において、従来品と同等の性能を保持することに成功した。 ≫ニュース全文を読む

2012年04月25日
田中 郷平氏(たなか・きょうへい=リンテック元代表取締役会長)4月23日午前10時12分死去、進行性核上性麻痺で死去、76歳。 通夜は4月27日午後6時から午後7時まで、葬儀告別式は4月28日午前10時30分から正午まで、東京都中野区中央2-33-3の宝仙寺で執り行われる。 喪主は妻、悦子(えつこ)さん。 ≫ニュース全文を読む

2012年04月25日
大日本印刷(DNP、北島義俊社長)のギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)の第309回企画展「キギ展 植原亮輔と渡邉良重」を5月8日から5月30日まで開催する。 植原亮輔と渡邉良重は、1999年より共同で制作をはじめ、DRAFTが立ち上げたグラフィックデザインの視点から新しいプロダクトのあり方を探る「D-BROS」のディレクション、「une nana cool」や「PASS THE BATON」のブランディグなど、多くのプロジェクトを手掛けてきた。 彼らの新会社創設と重なった今展覧会では、木というものをクリエイティブの象徴とし、やがて森にしていきたいという想いをこめた会社名でもある「キギ」をタイトルとして、二人が手掛けた現在までのプロジェクトを一堂に紹介する。あらゆるジャンルを横断しながら真にグラフィックの新しいあり方を探し、生み出し続けている彼らの活動のこれまでであり、そしてここがキギのスタートラインでもある。 なお、5月21日キギの二人とゲストによるギャラリートークの開催を予定している。   詳細はgggのホームページにて。www.dnp.co.jp/foundation ≫ニュース全文を読む

2012年04月25日
大日本印刷(DNP)は、黒色のカード基材に、高度なセキュリティ性能をもつリップマン型ホログラムを組み合わせたプレミアムICカードを開発し、九州カードが発行する「Visaプラチナカード」に採用された。「Visaプラチナカード」は、デザインの独自性と高度なセキュリティ性能などが評価され、「Visaベストカードデザイン賞」を受賞した。   近年クレジットカード会社などは、利用頻度や利用額の高い優良会員向けに、他の会員と異なる特別なサービスが付いたプラチナカードやプレミアムカードなどを提供し、自社カードのメインカード化を働きかけている。一般にプラチナカードやプレミアムカードには、高級感やプレミアム感の演出のため黒色をベースとしたデザインが多く採用されている。しかし、従来使用している白色のカード基材では、カード側面やICチップ周辺に白色が見えてしまうため、今回DNPは、カード基材の全てを黒色に変更した。その上で、立体表現に優れたリップマン型ホログラムを、カードを形成する複数の層の間に挟み込んで一体化することで、高級感のあるデザイン性と高度なセキュリティ性能を併せ持つICカードを開発した。   【黒色基材のリップマン型ホログラムカードの概要と特長】 ①カード基材を黒色にすることで、カードの側面やICチップ周辺部も含め、優良顧客向けカードに多く使われる黒を基調とした高級感のあるデザインを実現した。また、より一層の高級感を演出するために、輝度が高く、よりリアルな3次元表現や、見る角度によって複数の立体画像の切り替えができるリップマン型ホログラムを中央に大きく配置している。 ②ホログラムの材料やカードの製造プロセスを見直すことで、ホログラムのサイズや配置の自由度を高めている。カードを形成する層の間にホログラムを挟み込む仕様にすることで、ホログラムの耐久性を向上させ、より高い偽造防止効果を実現している。 ③接触ICだけでなく、電子マネーなどに使用される非接触ICの搭載も可能。 ≫ニュース全文を読む

2012年04月25日
濱島 重徳 氏(はましま・しげのり=全日本印刷工業組合連合会元理事、鹿児島県印刷工業組合元理事長、濱島印刷株式会社取締役会長)4月23日死去、90歳 告別式は4月25日午後1時から鹿児島市大竜町10-2の吉田葬祭典礼会館で執り行われる。喪主は妻、 慶子さん。 ≫ニュース全文を読む

2012年04月24日
東洋インキ(東京都中央区、山﨑克己社長)は1月17日に発表した色に関するスマートフォンアプリのうち、カラーコミュニケーションアプリ『TUBUCOLOR(ツブカラ)』を正式にリリースした。 『TUBUCOLOR(ツブカラ)』は、デザイナーをはじめ色彩に関わる皆に向けて、新しいスタイルで「色」を軸にしたコミュニケーションツール。iPhoneユーザに多く利用いただけるよう、App Storeから無料でダウンロードできる。   『TUBUCOLOR(ツブカラ)』の概要は次のとおり。 あなたの「色」がセカイとつながる―『TUBUCOLOR(ツブカラ)』はユーザがオリジナルの色セット(配色)を作ってつぶやいたり、みんなが作った色セットを見たり、気に入った色セットにコメントを付け合ったり、クリエイティブなコミュニケーションを生み出すiPhoneアプリ。 『TUBUCOLOR(ツブカラ)』はApp Storeから無料でダウンロードできる。   主な機能は次のとおり。 ▽気にいった色や身のまわりで発見した色をカメラ機能を使って取り込んだり(連続5色まで)、各種カラーピッカー(RGB/CMYK 数値ピッカー、COLOR FINDERピッカーなど)で色を選んで“おきにいり”にストックすることができる。 ▽色を組み合わせて色セットをつくり、タイトルや本文を付けてつぶやく(投稿する)ことができる。ユーザがつぶやいた色セットは『TUBUCOLOR(ツブカラ)』の中に集まり、ホーム画面に投稿順に表示される。 ▽ 自分が気になる色セットをホーム画面から検索して自分の“おきにいり”に加えることもできる。テキストや各種カラーピッカー(RGB/CMYK 数値ピッカー、COLOR FINDERピッカーなど)からも簡単に検索できるので、気になる色セットがすぐに見つかる。 ▽好きな色セットを見つけたら、コメントを付けることができる。また、色セットに付いているコメントを一覧することも可能。コメントにさらにフォローコメントが付くことで、あなたの「色」から始まる交流の輪が広がっていく。   次のウェブサイトにて、詳しく案内している。 http://www.tubucolor.net ≫ニュース全文を読む

2012年04月23日
大日本印刷(DNP)と、こども向けデジタルコンテンツの企画・制作を手がけるデジタルえほんは共同で、生活者がモノや絵を撮影して、自分だけのデジタル絵本を創ることができるデジタル知育絵本アプリ『tap*rap(タップラップ) フォトしりとり』のiPhone版の配信を2012年4月23日に開始する。 絵本の電子書籍化は、紙の本では表現できない付加価値が高められると期待されている。しかし現状では、キャラクターなどを活用した少数のコンテンツが発売されているなど、こどもが知的好奇心を持って豊かな表現力を育みながら無理なく学習できる知育用のデジタル絵本はまだ多くない。 その中でDNPとデジタルえほんは、「みらいのえほんプロジェクト※」の一環として、デジタル知育絵本アプリ『tap*rap しりとり』を開発し、iPadに加え本年4月9日からiPhone向けにも配信している。 今回、「tap*rapシリーズ」の第2弾として『tap*rap フォトしりとり』を制作し、配信を開始する。   ※ みらいのえほんプロジェクト: こどもが知的好奇心を持って豊かな表現力を育みながら無理なく学習できる知育用のデジタル絵本を提供するためのプロジェクト。DNPがコンテンツ制作を、デジタルえほんがコンテンツの企画・デザイン制作、ワークショップの運営、販売プロモーションを担当し、「うごき出す絵本」「ページのない絵本」「自分が参加する絵本」「みんなでつくる絵本」など、こどもたちがワクワクするこれまでにない新しい絵本を創り出していく。   【『tap*rap フォトしりとり』の主な内容】 『tap*rap フォトしりとり』は、ユーザーが家族や友人、動物、花、食べ物、またはそれらを描いた絵を端末内蔵のカメラで撮影し、撮影したモノ・絵の名前を自分の声で端末に録音する。撮影したモノ・絵と録音した音声を、しりとりのようにつなげることで簡単にオリジナルの“しりとり絵本”を作ることができるアプリ。完成した“しりとり絵本”は、画面に触れて操作する(タップする)ことで、画面上で色の粒子が徐々に集まってひとつの絵を形作り、それに合わせて音声でしりとりの言葉を表現するもので、電子書籍ならではの“しりとり遊び”が楽しめる。 『tap*rap フォトしりとり』は、こどもが言葉を認識するための知育用に役立つだけでなく、アナログの絵を描く作業と、デジタルの撮影・録音という作業を組み合わせることでこどもの創造性を育むことができる。教育現場やワークショップなどでの利用にも最適なアプリ。 ≫ニュース全文を読む

2012年04月20日
東洋インキ(東京都中央区、山﨑 克己社長)は、国際総合印刷機材展「drupa2012」にて、新世代の印刷ソリューション、およびボリュームゾーンにおける最高品質の印刷材料を中心に展示を行う。   今回のdrupa2012における東洋インキグループは、昨年のホールディング制導入に伴い新たに設定されたグループビジネスコンセプト『Visible Science for Life 目に見える科学で生活に貢献する』をテーマに、新生東洋インキの認知度向上を目指しつつ、「スペシャリティケミカルメーカーであることによるブランドの差別化」と「新世代の印刷市場におけるパートナーたりうる存在であること」の二つのポイントを訴求していく。   展示される製品は次のとおり。 ▽水性顔料インクジェットインキT-PRESSLIOJETシリーズ=延伸性や皮膜強度、低臭気性などに優れた高機能性インクジェットインキ。水性顔料タイプの「KBシリーズ/KFシリーズ」、UV硬化型の「FWシリーズ」を展示(実機展示を含む)。 ▽広演色オフセットプロセスインキ Kaleidoシリーズ=プロセス4色で6~7色印刷に匹敵する色再現性の広さで、色彩にこだわる企業やアーティストから選ばれているKaleidoインキ。Kaleidoによる表現がブランド発信媒体に与える効果を解説する。 ▽UV硬化型オフセットインキFDシリーズ=印刷適性や網点再現性、各種原反との密着性に優れたUV硬化型オフセットインキ。紙パッケージ用の「FD KTNX」、汎用紙用の「FD MP」、プラスチック基材用の「FD NEW HF1」の主力3製品を展示。 ▽省エネルギー対応UV-LED硬化型オフセットインキ FD LEDシリーズ/K-HSシリーズ/LPCシリーズ=単一波長、長寿命でエネルギーロスの少ないLEDを用いたUV光源で硬化する高感度UV硬化型インキ。 ▽エンボス効果スクリーンインキFD237 LIOTONE=独自の流動性制御技術による特殊な凹凸感を表現するUV硬化型スクリーンインキ。メタリック紙上では金属エッチング調、透明基材上では磨りガラス調の効果を演出する。 ▽金属印刷用インキ CPシリーズ=硬度・密着性・加工性などの塗膜物性、および転移性や低ミスチング性などの印刷適性に優れた、曲面用とシート用の金属印刷用インキを展示。 ▽環境調和型グラビアインキLIOVALUE/AQUAECOL/AQUA LIONA=軟包装用ウレタン型グラビアラミネートインキ。ノントルエン・ノンMEK油性タイプ「LIOVALUE」、原反の種類や要求性能に応じたバリエーションを有する水性タイプ「AQUAECOL」「AQUA LIONA」を展示。 ▽特殊包材用水性フレキソインキ=紙おむつバックシート用表刷りインキ「AQUADURAN」、インスタントラーメンカップ用表刷りインキ「AQUACUP」、飲料紙パック用表刷りインキ「AQUALEX」などを展示。 ▽植物油使用のオフセット枚葉インキTOYO KING NEX NV100シリーズ=100%植物油ベースで石油系溶剤を含まず、VOCが発生しない環境調和型オフセットインキ。 ▽カラーユニバーサルデザイン支援ツールUDingCFUD/UDinSimulator=商品包装デザインや公共サービスなどの場で注目されているカラーユニバーサルデザインを容易に実現するツールとして、日本国内の企業、行政機関、教育機関、非営利団体などに10,000本以上の頒布実績を持つUDingカラーユニバーサルデザイン支援ツールを紹介。 ▽地産地消、循環型社会を推進するオフセット枚葉インキ群=マレーシアにて展開しているパーム油使用の「TOYO KING PALM ECO NV」、中国にて展開しているバイオエタノール使用の「Bioecho」、日本にて展開している米ぬか油使用の「TOYO KING NEX NV100 ライス」を紹介。   なお、会期中の5月12日10:30よりブース内にて、グループの印刷・情報ならびにパッケージ関連事業の執行責任者である山﨑社長が、今後のグローバル事業戦略などについてスピーチを行う予定。 ≫ニュース全文を読む

2012年04月20日
凸版印刷株(金子眞吾社長)は、クラウドサーバ上で高品質な 3次元 CGをリアルタイムに生成・配信できる自動車業界向けバーチャルシミュレーションサービスを開発した。販売店の営業支援ツールや Webカタログなどとして、2012年 5月より基本システムのテスト販売を行い、2012年夏から正式サービスの提供を開始する。   同サービスは、自動車の「色替え」や「パーツ替え」などのシミュレーション 3次元 CGを、ネットワークを介してリアルタイムに生成し、PCはもちろん、タブレット PCやスマートフォンなどさまざまなデバイスへ配信できるシステム。生成された 3次元 CGは、背景のロケーションを変えたり、好きな方向や角度に自由に回転させたりすることができる。クラウドサーバには自動車の CADデータだけでなく商品情報もデータベース化しているため、オプションパーツの適合可否や、カスタマイズ後の価格など、営業活動に必要な情報も正確に反映できる。同サービスの実現により、消費者の要望をリアルタイムに可視化することで具体性のある商談が可能になり、販売機会を最大限に活用できるようになっ。   「同サービス」の特長は次のとおり。 ▽クラウドサーバ上に 3次元 CG生成エンジンを搭載、リアルタイムな画像処理を実現 Bunkspeed, Inc.(本社:アメリカ・カールスバッド、CEO:Philip Lunn、以下Bunkspeed社)のリアルタイム・レンダリング・エンジンを採用。ユーザのリクエストに応じて高品質な 3次元 CGを瞬時に生成し、ネットワークを経由してさまざまなデバイスで利用できる。 ▽色やパーツなどの製品情報のカスタマイズはもちろん、価格についても同時シミュレーションが可能 画面上で好きな「色」や「パーツ」、「背景」を選択すると、オーダーに合わせた自動車の 3次元 CGを瞬時に生成。3次元 CGは自由に動かしてあらゆるアングルから確認できる。またデータベース上に商品情報も搭載しているため、オプションパーツの適合可否や販売金額の表示も可能。 ▽多彩な活用シーンを提案 シアター形式の実寸大シミュレーションからモバイルデバイスを用いてのプレゼンテーションなど、場所や状況に応じたプロモーション手法が選択できるようになるほか、カタログでは説明しきれない商品の詳細情報をリアルタイムに可視化しながら提案できる営業支援ツールとして利用できる。 ▽グローバルな販売・サポート体制 凸版印刷は、自動車などの 3次元 CGに関するソフトウェア開発力で定評のある Bunkspeed社や、Bunkspeed社と資本関係のある Realtime Technology AG(本社:ドイツ・ミュンヘン、以下RTT社)の協力のもと、同サービスを日本だけでなく全世界に向けて販売・サポートを行う。   ■ 価格 初期導入費500万円~、運用費20万/月~。 ※コンテンツ制作、システム保守・サポート費は別途。 ≫ニュース全文を読む

2012年04月20日
DNPデジタルコムは、金沢美術工芸大学と共同開発した、iPhone向けゲームアプリ「ねこたつ」を配信した。当アプリは、下記サイトより無料で利用できる。   「ねこたつ」のダウンロード用URL: http://itunes.apple.com/jp/app/nekotatsu/id512805641?mt=8   「ねこたつ」は、DNPデジタルコムと金沢美術工芸大学が参画する、スマートフォンやタブレット端末などのスマートデバイスにおけるインターフェースデザイン開発をテーマとした産学連携プロジェクト、“UI創造Lab”の活動として開発された。画面デザインとねこのキャラクターデザインを金沢美術工芸大学の学生が担当し、アプリ開発をDNPデジタルコムが担当した。   【「ねこたつ」について】 「ねこたつ」は、空き時間に頻繁に利用してもらうことを目的とし、こたつに寄ってくる「ねこ」のキャラクターをタップして集めるというゲームアプリ。「遊んだ分、得点が加算される」、「気持ちよい動きをする」という要素を取り入れることで、ユーザーが愛着を感じ、継続してゲームを楽しみたくなるような世界観をつくりあげている。 ▽こたつ画面の上部にある温度計をタッチすると、こたつが暖まり、部屋の中にねこが集まってくる。 ▽集まってきたねこをタッチすることで、コインを取得したり、「てちょう」にねこを登録したりすることができる。 ▽集めたコインでアイテムを揃えていき、よりねこが集まりやすい部屋にすることができる。 ≫ニュース全文を読む