印刷タイムスニュース
Insatsu times news

トップ > 印刷タイムスニュース

印刷タイムスニュース一覧
3265件中 3241~3250件を表示

2012年01月13日
~新たにコマーシャル セグメントとコンシューマー セグメントに再編し、顧客中心の事業体制に。 フィリップ ファラシとローラ クアテラがリードするチーフ オペレーティング オフィスを新設~ 2012年1月10日(現地時間)、米国、ニューヨーク州ロチェスター発:イーストマン・コダック社は10日、生産性向上と経費削減を図るとともに、収益力の持続と企業価値の増大を実現するデジタル カンパニーへの転換を加速させる、新たな事業体制を発表した。 新事業体制では、従来の3グループが「コマーシャル セグメント」「コンシューマー セグメント」の2セグメントに再編成され、新設のチーフ オペレーティング オフィスの下で運営される。チーフ オペレーティング オフィスは、引き続き社長兼最高執行責任者(COO)を務めるフィリップ ファラシ、および、この度新たにCOOに就任したローラ クアテラの両名によりリードされる。 ファラシはコマーシャル セグメントならびに営業および地域関連業務を統括、クアテラはコンシューマー セグメンおよび本社機能の一部を統括する。ファラシとクアテラは、最高財務責任者(CFO)、最高技術責任者(CTO)、最高マーケティング責任者 (CMO)および顧問と同様に、会長兼最高経営責任者(CEO)であるアントニオ M ペレスへレポートする。 ペレスは次のように述べている。 「コダックがデジタル カンパニーへの転換を達成したとき、コダックはこれまでとまったく異なる市場で事業を展開しているでしょう。私たちはこれに順応できる態勢を整えておかな ければなりません。新体制では組織を簡素化し『コンシューマー』と『コマーシャル』の各分野のお客様に正確にフォーカスするため、コダックの卓越した技術 力を存分に活かした最適な人材を配置しています。 また、今回の事業体制は、より機能的なリソースの配備、運営費の大幅な削減、生産効率の向上を可能にするものです。私たちはこれにより、将来訪れるチャンスを最大限に活かせるものと確信しています」 2012年1月1日付けで施行された新体制は、これまで出版印刷および商業印刷業界向けに、デジタル印刷製品、ソフトウェア、消耗品などを提供しているグ ラフィック コミュニケーション グループ(GCG)、コンシューマー向けの画像入力、プリントを提供するコンシューマー デジタル イメージング グループ(CDG)、そしてフィルムと写真用紙を取り扱うフィルム フォトフィニッシング&エンタテインメント グループ(FPEG)を再編成し、コマーシャル セグメントとコンシューマー セグメントに分類している。 コマーシャル セグメントには、GCGの全事業に加え、FPEGのエンタテインメント イメージングとコマーシャル フィルムが含まれる。コンシューマー セグメントには、CDGの全事業に加え、FPEGのペーパー&アウトプット システム、イベント イメージング ソリューション、コンシューマー フィルム、および知的財産事業が含まれる。今回の組織再編に伴い、2012年度第1四半期からコダックの財務報告内容は変更される。その際には、コマー シャル セグメントとコンシューマー セグメントに分類された、前年度実績と比較した業績が発表される予定。 コンシューマー セグメントにおいては、CDG社長であったプラディープ ジョトワニが、新設のコンシューマー ビジネスの社長に就任し、コダックのコンシューマー向けデジタルおよび従来製品群を統轄する。なお、ジョトワニは、コンシューマー ビジネス社長としてチーフ オペレーティング オフィスに所属し、最高マーケティング責任者(留任)としてCEOにレポートする。最高知財管理責任者(CIPO)であったティモシー リンチは、チーフ オペレーティング オフィスのクアテラの下で、知的財産業務を統轄する。 コマーシャル セグメントにおいては、FPEG社長であったブラッド クラッチェンが、新設のグラフィックス エンタテインメント&コマーシャル フィルム ビジネス(プリプレス、エンタテインメント イメージング、コマーシャル フィルム、グローバル コンシューマブル マーケティング)の社長にプリプレス ソリューション部長であったダグラス エドワーズがデジタル&ファンクショナル プリンティングの社長そしてビジネス ソリューション&サービス部長であったドロレス クラッチェンがエンタープライズ サービス&ソリューション(ドキュメントスキャナー、ワークフロー ソフトウェアおよびサービス)の社長にそれぞれ就任する。 先日顧問に就任したパトリックMシェラーは、最高総務責任者(CAO)を兼務するとともに、取締役会によりシニア バイス プレジデントに選任されている。シェラーは、CAOとして本社機能の一部(法務、人事、ワールドワイド インフォメーション システム、コミュニケーション&パブリック アフェアー、ヘルス セーフティ&エンバイロメント)を管掌するとともに、顧問としてペレス、CAOとしてクアテラにレポートする。最高法令順守責任者(CCO)の職 責は継続され、取締役会における書記も引き続き務める。 報酬、給付金、雇用法担当の副顧問兼ディレクターのスーザン ワイリー、および法務部門で企業統治、リスク管理を、法令順守を担当する上級顧問のジャック ベイリーの両名は、取締役会により副書記に選任されている。なお、ワイリーはシェラーに、ベイリーはワイリーにレポートする。 ≫ニュース全文を読む

2012年01月13日
2012年1月3日(現地時間)、米国、ニューヨーク州ロチェスター発:イーストマン・コダック社の1株当り株価の終値が30取引日連続で1ドル以下となったため、NYSE(ニューヨーク証券取引所)から上場継続基準に関する通告を受けた。 イーストマン・コダック社の株式は、NYSEで引き続き取引されています。NYSEの規定では、上場継続通告を受けてから最低株価条件に準拠するまでの回 復期限として、6ヶ月間の猶予期間が設定されている。今後6か月以内に月末の株価が1 ドルを上回り、同時にその時点から直前の30 取引日連続で平均株価が1 ドル以上であればいつでも、上場基準に準拠したこととなる。 このNYSEによる通告は、イーストマン・コダック社による証券取引委員会への報告義務および同社の債務に影響しない。 ≫ニュース全文を読む

2012年01月12日
大阪府印刷工業組合(西井幾雄理事長)主催、大阪印刷関連団体協議会(西井幾雄会長)協賛による「平成24年新春会員交流大会」が1月11日、大阪市都島 区の太閤園で開かれ、組合員をはじめ関係官庁・国会議員・関連業者・関連団体から560人を超える参加者があり、盛会となった。 冒頭、年頭のあいさつに立った西井理事長は大要次の通りあいさつした。 「1960年に東京オリンピックが開催され、1970年には大阪で万博が開かれ、1972年5月15日には沖縄が返還された。振り返ってみれば、その頃が日本経済の上り坂で絶頂期ではなかったかと思う。 われわれの業界も1991年には9兆円を超える出荷額があったが、それ以降は減少を続けている。その要因のひとつとしてデジタル化の進展で付加価値が下 がったのではないかと思う。世の中が非常に便利になり、デジタルで原稿を送って印刷をする。あるいは前工程が簡素になったことで大幅に付加価値が下がって きた。 それゆえに、われわれの業界は付加価値が下がって苦しんでいる。ただ、そう言っていても仕方がない。今までひとつのものに対してひとつの価格であると思っていたが、デジタル化されることによって印刷という価格が多様化してきた。 印刷そのものが同じでなく、多様化していると認識し、それを大事していくことが生き残っていく道ではないかと思う。印刷という単一の価格ではなく、それに 付加するサービスに価格というものがあると思う。これまでは、ひとつのものに対してひとつの価格で、それが高い安いといって競ってきた業界だが、今はひと つのものが多様な価格となっている。 われわれは、その多様なものにどれだけの価格が付けられるかが問われている。いかに付加価値を付けていくかが問われるようになった今、新たな付加価値を付けることで、今年を頑張っていきたい」。 引き続き、来賓を代表して近畿経済産業局産業部製造産業課課長の福崎文伸氏と全日本印刷工業組合連合会会長の水上光啓氏が祝辞を述べた。 この後、来賓に加えて大阪府印刷工業厚生年金基金の岩田克彦理事長、大阪府印刷工業組合の井戸幹雄、南貴夫の両顧問が登壇し、参議院議員の北川イッセイ氏の発声で乾杯し、歓談した。 宴たけなわのころ、吉田英彦副理事長の閉会のあいさつで散会した。 ≫ニュース全文を読む

2012年01月12日
竹内一氏(たけうち・はじめ=東京都印刷工業組合参与理事・荒川支部・壮光舎印刷社長)1月11日死去、68歳。 通夜は1月17日午後6時より7時、告別式は1月18日午前11時より12時30分、台東区上野公園14-5の寛永寺 輪王殿にて執り行われる。 喪主は妻、礼子さん。 なお、故人の遺志により御香典、御供物、御供花の儀は固く辞退する。 竹内一氏(たけうち・はじめ=東京都印刷工業組合参与理事・荒川支部・壮光舎印刷社長)1月11日死去、68歳。 通夜は1月17日午後6時より7時、告別式は1月18日午前11時より12時30分、台東区上野公園14-5の寛永寺 輪王殿にて執り行われる。 喪主は妻、礼子さん。 なお、故人の遺志により御香典、御供物、御供花の儀は固く辞退する。 ≫ニュース全文を読む

2012年01月12日
ムサシ(東京都中央区)は、2月8日からサンシャインコンベンションセンターで開催される「page2012」において、名刺専用プリントシステムとして 好評を博している「MP‐300」の後継機種を披露すると同時に、POD出力物への新たな表面光沢加工機「DC‐10」を自動給紙装置とともに出展する。 このほかにも、ブラウザを介して低コスト・高汎用性を実現するソフトウエア「M BOOSTERシリーズ」から印刷業総合業務管理システムとweb受発注システムを提案する。 さらに、今回は隣接小間のNECディスプレイソリューションズ社とタイアップし、モニターを中心とした各種のCMSを展開していく。 主な出展概要は次の通り。 【名刺はがきプリントシステム】 名刺専用プリンタ「MP‐300Duo」(新製品)、高品位名刺はがきプリンタ「MP‐2100」、MPプリンタ専用組版ソフト「MP Master V1・5」。 圧倒的な用紙適正と文字のキレが特長のインクリボン方式を採用した各種プリンタを用意。 ISOなどに基づくCI規定の遵守に個人情報保護法施行が相まって、特色はオフセットによるプレ印刷、必要な時に必要な枚数を即時にという方式が見直され、再評価を得ている。 【多目的光沢加工機「DC‐10」】 専用フィルムリボンを架け替えるだけで、ニス調の全面光沢や金銀といった箔加工が可能。トナー方式POD出力物に対し、付加価値を高める画期的な製品となっている。 【印刷業総合業務管理システム「M BOOSTER(エムブースター) LITE/STANDARD」】 見積もりデータの作成から納品までの工程をwebブラウザ上で一括管理可能なシステム。数件を同時に受注した場合でも、それぞれの印刷業務の進行状況をリアルタイムで把握するため、制作工程でのミスはもちろん、各工程での原価管理も確実に行える。 【web受発注システム「printOrder/printOrder ASP」】 webブラウザ上の簡単な操作だけで、クライアントごとの印刷物受発注サイトを構築。商品は自動で組版され、発注された商品の仕上がりイメージは、画面上にてリアルタイムで確認できる。制作作業の簡略化・標準化により、ミスやロスの軽減も図れる。 【ムサシCMSソリューション】 測色システム「x‐rite ilio/il profiler」(新製品)、AdobeRGB対応ワイドディスプレイ「NEC Multisync  LCD‐PA241W」、Adobe Illustrator Plug‐in「プリプレスバンドルLITE/STANDARD」(新製品)。 印刷の標準化に向けた印刷物測定ツールから印刷診断、プロファイルまでの一連のソリューションを用意。モニタープルーフでは、AdobeRGB対応ディスプレイを活用したシステムを紹介する。 ≫ニュース全文を読む

2012年01月12日
[caption id="attachment_2458" align="alignright" width="300" caption="カレンダー展 経済産業大臣賞 小森コーポレーション(右)を表彰"][/caption]日本印刷産業連合会(日印産連、猿渡智会長)は1月11日、「第63回全国カレンダー展」と「第53回全国カタログ・ポスター展」の表彰式を港区海岸・ベイサイドホテル・アジュール竹芝で開催した。合同での表彰式は今回が初。 カレンダー展では経済産業大臣賞に、小森コーポレーション(印刷:凸版印刷)、ミサワホーム(印刷:大日本印刷)、井上孝治写真館(印刷:第一製版)が 選ばれた。 一方のカタログ・ポスター展では、経済産業大臣賞にカタログの部:空海からのおくりもの 高野山の書庫の扉をひらく(印刷:凸版印刷)、ポス ターの部:生き続ける墨と書〈6連〉、(印刷:ミカ製版)が選ばれた。 猿渡会長は両展とも半世紀を超える由緒あるコンテストであることを語り、「印刷文化をアピールし、印刷産業の発展に寄与するものであり、今後も発展させていきたい」と抱負を述べた。 なお、第63回全国カレンダー展は、【東京会場】1月11日~13日東京銀座画廊美術館、【大阪会場】1月11日~13日、大阪マーチャンダイズ・マート、第53回全国カタログ・ポスター展は1月11日~13日東京都立産業貿易センター浜松町館で行われている。 ≫ニュース全文を読む

2012年01月12日
佐川印刷(京都府向日市、西田伸克社長)は1月10日、京都市内のホテルグランヴィア京都において400社・450人の参加を得て「平成24年新年賀詞交換会」を開催した。 冒頭、同社企画制作事業部が作成した「がんばれ日本!がんばれ印刷!」と題したオリジナルビデオが上映された後、西田社長が「昨年は当社にとって嬉しい出 来事が二つあった。その一つが、旅行業最大手であるJTBの子会社であるJTB印刷を佐川印刷グループの一社として迎え入れることができたことである。お互いの良いところを学び合い、堅固な協力体制を組み、営業・生産にあたっている。JTBからの仕事はもちろん、一般企業への拡販を目指し、当社の営業ノウハウやスピリットを取り入れた営業展開を、東京を中心に各地で行なっていきたい。 二つ目が、昨年6月に本社南側に新館・増築棟が竣工できたことである。新たな印刷分野への挑戦と生産力拡大のため、高速オンデマンドプリンタ、封入封緘設 備などを導入したほか、UVラミネート加工機や折り加工機など、印刷の後工程の設備も拡充し、顧客ニーズの多様化に全力で取り組む準備を整えた。 こうした、設備投資と技術強化、さらにたゆまぬ営業努力と全社員の頑張りによって、昨年度の当社の売上高は、5月から12月まで8カ月の累計で前年対比 104・9%となり、佐川印刷グループでは、同じく8カ月累計で前年対比105・8%となっている。ここまでは増収で推移し、念願であった佐川印刷グルー プの年間売上合計1000億円突破も間違いなく実現できるところまできた。 本年は、日野工場において第二製本工場の増設を計画中しているほか、関東の厚木工場においても、生産体制の強化を図るべく、新たな設備計画を検討・準備している。 当社の最大の強みは、各工場での一貫生産体制である。この体制をより強固なものにするため、設備はもとより、制作やDPP編集から製版・印刷・製本・ラッ ピング・配送に至るまで、それぞれの工程を一貫して生産することができる技術を構築し、研鑽を重ねていきたい。これからも、木下会長・副会長を筆頭に、関 連会社を含めたグループ全社員が一致団結し、全ての知恵やノウハウ、サービスなどを有機的につなげて、トータルの力で対応していけるよう一心に努力してい く」。 この後、来賓祝辞を代表して前・内閣官房副長官・参議院議員の福山哲郎氏、京都府知事の山田啓二氏、ジェイティービー社長の田川博己氏、三菱重工印刷紙工機械社長の清水雅巳氏が祝辞を述べ、門川大作京都市長の発声で乾杯。 途中、壇上では前・北海道日本ハムファイターズ監督の梨田昌孝氏の新春スピーチや世界的ピアノ奏者である横山幸雄氏の演奏が行われ、新年にふさわしい華やかな雰囲気の中、参加者は祝宴の席を楽しんだ。 ≫ニュース全文を読む

2012年01月12日
一般社団法人日本印刷産業機械工業会(小森善治会長)では、オフセット印刷の色の標準的な基準として「Japan Color」を策定したが、この印刷色を再現するため、印刷工場やデザイン会社、一般企業、プルーフ機器メーカーを対象に「標準印刷認証」「マッチング認 証」、「プルーフ機器認証」、「プルーフ運用認証」など4つの認証制度を創設した。 このうち、標準印刷認証を受けた印刷工場を対象にした「マッチング認証」の第1号工場をこのほど認定した。 「マッチング認証」の第1号認定工場は、金羊社(東京都大田区、浅野健社長)の御殿場工場(御殿場市神場)で、2010年3月に「標準印刷認証」を取得している。 マッチング認証とは、標準印刷認証の取得済み工場を対象に、高度なマッチング技術を駆使して、印刷物の色を基準値の許容幅に入れる能力等について認証する。したがって難易度は標準印刷認証と比べてかなり高度なものとなっている。 なお、これまで標準印刷認証を取得した印刷工場は、70社79工場(2011年12月現在)に上り、運用スタートから2年目を迎える2012年3月には、100工場に達する見込み。 ≫ニュース全文を読む

2012年01月12日
大日本印刷(DNP)は、女子美術大学と共に開発したiPad向けデジタル教材アプリ「みらいのきょうかしょたいけん」を無料アプリとして1月10日に公開した。 ○「みらいのきょうかしょたいけん」のダウンロードについてはこちら。 http://itunes.apple.com/jp/app/miraikyokasho/id489401643?l=en&ls=1&mt=8 「みらいのきょうかしょたいけん」は、今後、教育現場でのデジタル化が進むことを受けて、女子美術大学の学生が授業の中で企画・デザインし、DNPが技術サポートして開発したiPad向けアプリ。 「第7回ワークショップコレクション」(2011年2月開催:参加者62,000人)に出展し、「第2回キッズワークショップアワード*2」優秀賞を受賞したコンテンツ。触りながら楽しく学べる、体感式の学習アプリ。 1.豊富な学習コンテンツ 絵本、算数、美術、進化、骨など学生の自由な発想で生まれた学習コンテンツが揃っている。 2.女子美術大学の学生がデザイン 女子美術大学生が、自らの幼稚園・小学校の体験を振り返りながら、楽しく学べるコンテンツを企画・デザインした。 3.ワークショップを展開 図書館や子供向けワークショップで子供たちから評判だったコンテンツをアプリ化した。 ≫ニュース全文を読む

2012年01月12日
大日本スクリーン製造(京都市上京区)のメディアアンドプレシジョンテクノロジーカンパニー(青木克彦社長)とメディアテクノロジージャパン(東京都江東 区、馬場恒夫社長)は、「Shift to Value Creation ~さらなる付加価値創造へ~」をテーマに掲げ、2012年2月8日(水)から10日(金)まで東京・池袋のサンシャインシティコンベンションセンター TOKYOで開催される「page2012」に出展する。 近年、印刷業界においては、従来のマスプロモーションだけでなく、細分化、パーソナル化に伴う"One to Oneマーケティング"などを取り入れた、柔軟で多様なプロモーションを求めるクライアントの声が高まっている。また、スマートフォンや電子書籍の普及に よる新たな業態への対応も急務となってきた。 このような動向を受け、大日本スクリーングループでは、新世代のワークフローシステム「EQUIOS」や各種POD製品のアプリケーション、そしてクラウ ドコンピューティングを活用したバリアブル印刷サービスなど、最先端のマーケットニーズに応える新たな印刷ソリューションを推進し、従来の印刷の概念を超 えた、多彩なビジネスモデルを提案している。 「PAGEからpageへ―ePowerで新領域へ」というテーマが掲げられた今回の「page2012」において同社は、商業印刷やダイレクトメールをはじめとする、あらゆる分野の印刷ニーズに応える製品群を出展。 最新のRIPテクノロジーと豊富な機能を搭載し、製版工程のさらなる自動化・省力化を実現する新たなワークフローシステム「EQUIOS PT-R」の最新版をはじめ、オンラインで校正・承認が可能な「EQUIOS Online」、クラウド技術によりウェブブラウザーだけでバリアブル印刷を実現する「バリアブルフロントエンドサービス」など、最適な運用を実現するラインアップを紹介する。 さらに、2011年9月に開設した印刷関連機器事業の情報発信拠点「ホワイトカンバス MON-NAKA」では、page展の期間中にオープン見学会を開催するほか、page展会場と連携した印刷デモンストレーションを実施するなど、 EQUIOSNETパートナーとの連携による、受注から製版、印刷、後加工、納品に至るまでの数々のソリューションをご紹介する。 ≫ニュース全文を読む