印刷タイムスニュース
Insatsu times news

トップ > 印刷タイムスニュース

印刷タイムスニュース一覧
5535件中 11~20件を表示

2020年04月01日
 HP とHPがグローバルで展開しているデジタルマニュファクチャリングコミュニティは、3Dプリンティングのチーム、テクノロジー、経験、生産能力を結集して、世界的に流行している新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策に必要な部品を提供している。  すでに3Dプリンティングで製造された1,000点以上の部品が、各地域の病院に届けられている。スペインのバルセロナ、米国のオレゴン州コーバリス、カリフォルニア州サンディエゴ、ワシントン州バンクーバーのHP 3D R&Dセンターでは、世界中のパートナーと協力し、最も緊急性の高い需要に応えるために生産拡大の取り組みを行っている。すでに検証し最終製品化したアプリケーションとして、フェイスマスク、フェイスシールド、マスクアジャスター、鼻腔用スワブ、ハンズフリードアオープナー、人工呼吸器部品がある。また、HPは多くの国の政府、医療機関、業界機関と連携し、効果的な取り組みを実践している。 〈新型コロナウイルス感染症対策を支援する3Dプリンティング部品〉  HPがグローバルで展開しているデジタルマニュファクチャリングネットワークの認定パートナーは、3Dプリンティング部品が世界中のあらゆる地域で利用できるように取り組んでいる。同ネットワークに加盟するSOLIZE Products株式会社も、同取り組みに参加している。  検証および製造された最初のアプリケーションには、次のようなものがある。 ・ハンズフリードアオープナー:ドアの取っ手は、住宅、病院、工場、高齢者向け施設で最も細菌が繁殖しやすいものの一つ。このアダプターにより、ひじで簡単かつ衛生的にドアを開けることができる。 ・マスクアジャスター:多くの病院スタッフは長時間マスクを着用する必要がある。この留め具により、マスクの着け心地を改善し耳の痛みを軽減する。 ・フェイスシールド:フェイスシールドは、最も必要性の高い防護具の一つ。シールドを装着し快適に着用できるブラケットは、フェイスシールドの重要な部分となる。  さらに多くのアプリケーションがテストと検証の段階にあり、次の製品の生産が間もなく開始される予定。 ・フィールド人口呼吸器:新型コロナウイルス感染症患者に緊急用人工呼吸として短期間使用するために設計された機械制御のバッグバルブマスク(BVM)用の部品を3Dプリンティングで製造する。単純化された設計により、迅速な製造と組み立てが容易で堅牢かつ簡易な装置を実現する。 ・FFP3フェイスマスク:医療従事者が新型コロナウイルス感染症の予想患者数を治療するためには、効果的な防護具が必要です。HPは医療用フェイスマスクを検証しており、まもなく提供可能となる予定。 ≫ニュース全文を読む

2020年04月01日
 セイコーエプソン(以下エプソン)は、協業・オープンイノベーションを加速し、既存事業の成 長と新規事業の創出をねらう、コーポレートベンチャーキャピタル(CVC)子会社『エプソンクロスインベストメント(略称:EXI)』を設立した。今後、総額50億円のファンドを立ち上げ、ベンチャー投資を行う。  エプソンは、第2期中期経営計画における基本方針のひとつとして「資産の最大活用と協業・オープンイ ノベーションによる成長加速」を掲げている。これまでも、M&Aやベンチャー企業との協業・資本提携を 通じて、過去10年間で約100億円の投資を行い、インクジェット技術を中心としたコアデバイスなど社内 資源とのシナジーを追求し、応用範囲を広げる事業開拓や市場開発を実施してきた。  一般的に異業種を取り込む手法としてはM&Aが主流だが、近年、広範かつ多岐にわたる分野・業種のベンチャー企業との協業や資本提携を実現でき、大きな環境変化やディスラプションへの備えとして有効 であるCVCが着目されてきている。こうした状況を踏まえ、オープンイノベーション戦略をさらに加速させるために、迅速な意思決定や投資実行を可能とするCVC子会社・EXIを設立した。  EXIは、CVC運営に強みをもつ独立系ベンチャーキャピタルであるグローバル・ブレイン(代 表:百合本 安彦氏、以下GB)をゼネラルパートナーとし、エプソングループ99%出資のコーポレートベ ンチャーファンドを組成し、総額50億円の投資枠を設定、国内外のベンチャー企業を投資対象とするファ ンドの運営を行う。    エプソンは、独自のテクノロジーや商品・サービスを基盤にさまざまなパートナーシップとシナジーを創り出し、持続可能な社会の実現に向け貢献していく。 ≫ニュース全文を読む

2020年04月01日
 セイコーエプソンは、4月1日に2020年度 新入社員入社式を開催した。本日、同社の 代表取締役社長に就任した小川 恭範氏による新入社員に向けた挨拶要旨は、以下の通り。  今、世界は前例のない危機に直面しています。世界中の人々は、誰も想像もできなかったような厳しい 状況に向き合っています。エプソングループには、グローバルで7万人を超える社員がいます。そして、 そのご家族、お客様をはじめ、すべてのステークホルダーの方々もこの困難に立ち向かっています。苦し い時期ではありますが、まずは安全と健康を第一に、皆で知恵を出し合い、力を合わせて、この困難な状 況を乗り越えていきたいと思います。  今日から社会人になった皆さんは、これまでの学校での学びと決定的に違うことがあります。学校での 勉強の多くは、ひとつの正解にどうやって辿り着くか、ということが重要視されてきたと思いますが、会 社での仕事は、いわば、「正解のない世界」です。そんな世界で重要なのは、何のために活動をしている のかという理由、すなわち目的です。その目的と優先順位がはっきりしていれば、自ずと進む方向と進め 方がわかってくると思います。 また、「守・破・離」という言葉があります。まずは仕事の基礎・基本を学び、しっかりとそれを「守 る」ことから始まり、もっと良い方法を考えトライする、すなわち基礎・基本を打ち「破る」へ、そして 最後は、自分独自のやり方を進化・発展させ、先輩や上司から「離れる」、すなわち自立し、独立する段 階です。これがまさに、人の成長、ということだと思います。そのために、謙虚な姿勢で常に目的を意識 しながら、一方で常識を疑う姿勢を忘れずにいて欲しいと思います。これは単に疑うというのではなく、 目的は何か、ということを常に考えて欲しい、という意味です。  私たちエプソンの実現したい社会、ありたい姿は、「持続可能な社会」と「こころ豊かな生活」の実現 です。改めて、この大きな目的をこの場で共有しておきたいと思います。この目的のために何をするのか、 何ができるか、これを皆さんと一緒に考えていきたいと思っています。常識を学び・疑い、壊し、そして 新たな常識を作っていきましょう。 <セイコーエプソン株式会社 入社式 概要> 会場 : 本社(長野県諏訪市)、広丘事業所(長野県塩尻市)、 豊科事業所(長野県安曇野市)での 分散開催 日時 : 2020年4月1日 9時00分~ 新入社員 : 346名(単体) なお、入社式開催にあたっては、新型コロナウイルス対応のため、日本政府の新型コロナウイルス感染 症対策専門家会議 「新型コロナウイルス感染症対策の見解」に基づき、以下の施策を徹底している。 ・会場を分散し、換気を良くして密集を避ける。 ・出席する新入社員間は適正な距離を保ったうえでマスクを着用する。 ・直近14日間に海外渡航歴があるものは出席させない。 ・社員は、出勤前に検温を実施し、さらに入構時も検温を実施し、発熱または風邪症状がある場合は 出席させない。 小川 恭範社長 ≫ニュース全文を読む

2020年04月01日
 新入社員の皆さん、入社おめでとうございます。富士ゼロックスを代表して、皆さんを心から歓迎します。  富士ゼロックスは、来年2021 年4 月1 日から「富士フイルム ビジネス イノベーション株式会社」として新たなスタートを切ります。社名には「富士フイルムグループの企業として、常にビジネスに革新をもたらす存在であり続けたい」との決意を込めました。世界的な「富士フイルム」ブランドのもと、今後、富士ゼロックスは新たな市場での成長を実現していきます。  1962 年の創立以来、オフィスドキュメント分野のパイオニアとして卓越した技術力や強い営業力で常に業界をリードしてきました。今後は、ビジネステリトリーの制約から解放され、活動の舞台がアジアパシフィックからワールドワイドへと大きく広がります。皆さんと一緒に新たな扉を開き、ドキュメント市場におけるグローバルリーダーを目指していきたいと思っています。  「努力は素質を超え、気力は実力を超えるもの」です。皆さんには将来に向けて腕を磨き、誰にも負けない得意分野をつくる“個人技”を高める努力を続けてほしいと思います。皆さんの今後の成長と大いなる活躍を心から期待しています。 ≫ニュース全文を読む

2020年04月01日
 共同印刷(東京都文京区、藤森康彰社長)は、本日(2020 年4 月1 日)付で34 名の新入社員を迎えた。新型コロナウイルス感染症の拡大を踏まえ入社式は中止したが、藤森康彰社長より下記の通り、新入社員へメッセージを送った。  入社おめでとうございます。社会人としての第一歩を踏み出した皆さんを、新しい仲間として心より歓迎いたします。  現在、環境の変化はそのスピードを増し、印刷業界においても、社会やお客さまの求めるものがより多様化し、質の高い付加価値が要求されていくと考えています。そうした状況のなか、これから当社で働く皆さんに心がけてほしいことを二つお話します。  一つ目は、「当事者意識を持ち、最後までやり抜く」です。今日から皆さんは、共同印刷グループの経営理念「印刷事業を核に、生活・文化・情報産業として社会に貢献する」の実現をめざして共に実行するメンバーです。部門により状況やミッションはさまざまですが、一人ひとりが当事者意識を持ち、それぞれの場で成果を出すまでやり抜いてください。また、最高の成果を出すためには、同僚や上司など周りの社員と協力することが大切です。  二つ目は「広い視野で行動し、自分を成長させる」です。皆さんの成長は会社の成長に直接つながります。新しい知識やノウハウなどをたくさん吸収し、実践して、自分の力にしてください。これから多くの人と出会うなかで、素晴らしいアイデアに刺激を受けることもあれば、納得できない経験をすることもあるでしょう。疑問などは相手との対話を通して解決し、時には自身の価値観を変化させることで互いに切磋琢磨していってください。そうした経験の積み重ねが、強みとなっていきます。私たちもそのための環境を全力でつくります。  本年の干支は「庚子(かのえね)」です。庚は「草木が成熟して成長が止まり、新たなものに変化しようとする様子」、子は「種になりこれから生命が誕生する状態」を表しています。当社も新社屋の建設が始まるなど、大きな変化のときを迎えています。さまざまな変化に臆することなく挑戦し、共に成長していきましょう。皆さんの活躍を心より祈念して、歓迎の言葉といたします。 ≫ニュース全文を読む

2020年04月01日
 皆さん、入社おめでとうございます。社長の麿です。本来ならば直接皆さんの前でお話をしたかったのですが、昨今の状況を踏まえ、ビデオメッセージでのご挨拶となりました。ご理解いただければと思います。社員・役員を代表して皆さんの入社を心より歓迎いたします。  皆さんは今、希望や不安を胸に抱いていることと思います。「初心忘るべからず」。今の新鮮な気持ちを、これからの社会人生活の中で忘れずに大切にしてください。また、ご家族を始めこれまでお世話になった全ての方々への感謝の気持ちを持って、新社会人としての生活をスタートしていただきたいと思います。  さて、今年トッパンは創立120周年を迎えました。この120年の間、当社はさまざまな試練に直面するたびに、挑戦を続けてこれを乗り切り、人々のふれあい豊かなくらしに貢献する企業に成長してきました。私たちの周りにある身近なもの、例えば食品のパッケージ、スマートフォン、ICカードなど、トッパンが持つ多彩な製品・サービスとその元となるテクノロジーは、生活のあらゆるシーンに密接に寄り添っています。  社会やお客さまのニーズは絶えず変化しています。特にここ数年は、これまでとは全く異なる次元で激しく変化しています。この流れは今後ますます加速していくことは間違いありません。これまでの印刷会社は、お客さまのご要望にしっかり応えることで成長してきましたが、これからの時代、それだけでは社会や顧客のニーズを先取りしたソリューションを提供できなくなります。  今年、当社のアクションスローガンに掲げた「Go Beyond Expectations」は、トッパン自身が印刷会社という枠組みを超えてさらに大きく進化するために掲げた目標です。すなわち、お客さまの、ひいては社会の期待を超えてこそ、未来に向けた新しい価値を創り出すことができる。私はそう思っています。  ところで、皆さんは新社会人としてどんな夢を持っているでしょうか。既に明確な夢を持っている人、 自分の夢は何なのかを探している人、現時点ではさまざまだと思います。それでも、トッパンの持つポテンシャルと広い事業領域を理解して、何らかの形で社会に貢献したいという熱い情熱を持てば、今は夢を探している人も、きっと何らかの夢は見つけられると思います。そして、変化を恐れずに挑戦すれば、夢への実現に向けた道が拓けるでしょう。トッパンとは、そういう会社です。トッパンという会社が持つあらゆるものをフル活用して、皆さんの夢を実現させましょう。そうすることで、トッパンの未来もきっと明るいものになっていくと思います。  皆さんが心身ともに健康で、充実した社会人生活を送られることを祈念して、私からの歓迎の挨拶に代えさせて頂きます。本日は本当におめでとうございます。 ※本年はグループ入社式を中止したため、ビデオメッセージで配信。 ≫ニュース全文を読む

2020年04月01日
 今年、皆さんは、新型コロナウィルスへの対応で、大きな影響を受けたことと思います。あらためて「卒業」をお祝いするとともに、DNPへの入社を心から歓迎します。  今回、人々がいかに世界規模で密接につながっているかが明確になり、これまで常識だと思われていたことが大きく見直され、従来のあたりまえがあたりまえでなくなってきていると実感しています。  DNPは今「P&I」(印刷と情報)の強みを掛け合わせて、人々の期待に応えるとともに、社会の課題を解決する新しい価値の創出に力を入れています。そして、どんな時でも人々の近くにあたりまえに存在する、「なくてはならない価値」=「未来のあたりまえ」を提供していきたいと考えています。  例えば、今回、テレワークが大きく進展し、教育ICTやオンライン診療なども一気に広がる可能性が高まってきました。また外出を控える人が増えることで、ネット通販がさらに広がり、消費のスタイルも変わってきています。こうした変化に対してDNPは、バリューチェーンや企業の業務プロセスの全体に関わっている強みなどを活かして、「なくてはならない価値」を提供できます。  ぜひ、皆さんの新しい見方を活かして、これまで常識だと思われていたことも大きく見直してください。我々に今必要なのは、変革に挑戦して、必ずやり遂げる「強い意志」と「実行力」です。そして自由闊達な「対話」を深め、「オールDNP」の総合力で強みを掛け合わせてもらいたいと思います。  皆さんが一日も早く成長して、新しい価値をつくり出す大きな力になってくれることを期待しています。 1. 入社式 DNPグループ全体で実施する予定だったが、これを中止し、各社毎に分散して、短時間で実施した。 2. 新人研修 すべて在宅での研修に切り替えた。 ≫ニュース全文を読む

2020年04月01日
 キヤノンマーケティングジャパン(坂田正弘社長、以下キヤノンMJ)は、ラグビートップリーグ、キヤノンイーグルスに所属する、田中史朗選手と田村優選手を起用した新CM を2020年4月1日より公開する。 企業CMキヤノンマーケティングジャパンです。 田中篇/田村篇   出演:田中史郎/田村優  キヤノンMJ グループが、あらゆる社会課題にイメージングとIT を武器に挑み続ける企業の姿を、ストレートに発信するCM だ。ラグビーワールドカップ2019 でも活躍した、田中選手と田村選手の力強い言葉の掛け合いで、営業姿勢や思いを伝える。 <スペシャルサイト> canon.jp/tanaka-tamura < CM公開URL > ■ 企業CM キヤノンマーケティングジャパンです。田中篇 https://youtu.be/-Am1w0_TFpY ・CM 情報掲載ページ:https://cweb.canon.jp/ad/alt/corp-tf ■ 企業CM キヤノンマーケティングジャパンです。田村篇 https://youtu.be/aJ_9U1UYrHg ・CM 情報掲載ページ:https://cweb.canon.jp/ad/alt/corp-ty ■ 企業CM キヤノンマーケティングジャパンです。田中篇/田村篇(メイキング) https://youtu.be/1u4OlvGifeo ≫ニュース全文を読む

2020年04月01日
  4月1日付でセイコーエプソンの代表取締役社長に小川 恭範氏が就任し、インタビュー動画を公開した。インタビュー内容は下記の通り。 ▼自身の長所   社員のモチベーションを高め、チームの力を最大化させることに長けていると思っています。いかに社員 ひとりひとりがさまざまなアイデアを出せるか、そして、それらを融合し、さらに良いアイデアとしてまとめるか、を常に意識しています。 ▼就任にあたり目指す会社像とは 社会にとっても、そして社員にとっても、「わくわくする会社」にしたいと思います。私たちが社会課題 に真摯に向き合い、一人一人がやりがいを持って働き、多くの知恵を結集することで、世の中の皆さんの期 待を超えるような商品やサービスを次々と生み出していくような、活気あふれる会社です。そして、社会の 人々からエプソンは次に何をやってくれるのかと期待されるような、そんな会社でありたいと思っています。 ▼エプソンの強み  エプソンは、家庭用プリンターの印象が強いのですが、実は、インクジェット技術は商業・産業分野においても環境負荷の低減や高い生産性に寄与することができるのです。さらには、プロジェクター、ロボッ ト、センシングなどの技術に加え、グローバルに張り巡らされた強固な製造や販売のネットワークがあります。 ▼エプソンの今後の取り組み  資源枯渇や生産性向上など、さまざまな社会課題に対して、エプソンの強みを生かし、さらにオープンイ ノベーションや他社との協業により、引き続き、インクジェット、ビジュアル、ウエアラブル、ロボティク スの4つの領域でイノベーションを起こしていきます。そして、例えばインクジェット技術やオフィス製紙 機などにより、オフィスにおける環境負荷を低減し、ロボットを使った製造工程の自動化により、生産性の 向上を図るなど、エプソンらしい価値を提供することで、持続可能な社会の実現に貢献していきます。 ▼最後に  現在、世界は、困難な状況に陥っています。エプソンは、世界とともに この困難に立ち向かうべく最善を 尽くしていきます。 ≫ニュース全文を読む

2020年04月01日
トッパン・フォームズ(以下トッパンフォームズ)は、 大手医薬品卸の東邦ホールディングスが販売代理店 として、同社が提供する温度管理プラットフォーム「オントレイシス クラウド」の取り扱いを開始した。 東邦ホールディングスは医薬品卸で初めて「オントレイシス クラウド」関連の販売代理店になる。 東邦ホールディングスは強固な病院ネットワークを通じ、「オントレイシス クラウド」を 病院の医薬品を保管する冷蔵・冷凍庫の温度管理ソリューションとして提供していく。 病院は「オントレイシス クラウド」を利用することで、冷蔵・冷凍庫の温度記録の自動化 とネットワーク経由での一元管理が可能となり、記録作業の省力化と冷蔵・冷凍庫の異常温 度の早期検知による医薬品廃棄ロスの削減を実現し、医療機関の課題解決につなげることができる。 2014 年 10 月 1 日に医療機関の勤務環境改善に関する改正医療法の規定が施行され、各医療 機関が PDCA サイクルを活用して計画的に取り組む仕組み(勤務環境改善マネジメントシステ ム)が導入された。各医療機関においては、医療従事者が働きやすい環境を整え、専門職の 集団として働き甲斐を高めるよう、勤務環境を改善させる取り組みが不可欠とされています。 そのような中、病院においては医薬品などに保管している冷蔵・冷凍庫の温度を人手で記録、 管理することが大きな課題となっている。 トッパンフォームズは「オントレイシス クラウド」の提供により、医薬品冷蔵・冷凍庫の 温度記録を自動化・省力化することで、東邦ホールディングスが推進する医療機関の働き方 改革に貢献していく。 【オントレイシス クラウドの概要】 温度管理プラットフォーム「オントレイシス クラウド」は、トッパンフォームズが提供する 温度ロガー「オントレイシス タグ」を使用し、複数の医薬品保管庫の温度を自動で計測し、デー タ保管・監視できるシステムで、以下のような機能がある。 ・ 医薬品などを保管している冷蔵・冷凍庫の温度の自動計測および記録 ・ 温度履歴の一元管理が可能 ・ 温度履歴をその場で確認可能 ・ 温度逸脱時はアラート機能により登録したメールアドレスに通知 ・ 停電時でも温度記録が可能 ・ 移動時の温度も同システムで記録可能 ≫ニュース全文を読む