最新ニュース

2019年11月13日
 凸版印刷(東京都千代田区、麿 秀晴社長)は、事業活動を通じ持続可能な社会づくりに貢献するため、SDGs(エスディージーズ:Sustainable Development Goals 持続可能な開発目標 ※1)の取り組みを強化し、経営への統合を目指すことを宣言した「TOPPAN SDGs STATEMENT(トッパン エスディージーズ ステートメント)」 を策定した。  凸版印刷は同ステートメントにおいて、SDGsが当社の「社会的価値創造企業」実現をさらに推進する成長エンジンであると位置づけ、SDGsの17目標の中から特に注力する重要課題(マテリアリティ)を選定しました。また、SDGs推進体制を整備し、これから本格的にSDGsを凸版印刷の経営に統合していくことを宣言している。  凸版印刷は同ステートメントの策定・公表により、凸版印刷のSDGsへの基本的な考え方をすべてのステークホルダーと共有し、さらに2030年に向けてマテリアリティに真摯に取り組むことで、「ふれあい豊かでサステナブルなくらし」の実現とSDGsの達成に貢献していく。 ■ 同ステートメント策定の背景  凸版印刷は1900年の創業以来、ステークホルダーとの共創を通じて社会的課題解決に向けた取り組みを続けています。2000年に制定した「TOPPAN VISION 21」の企業理念のなかでは、「情報・文化の担い手としてふれあい豊かなくらしに貢献」していくことを定め、「社会的価値創造企業」を目指し事業を展開してきた。  SDGsが示す2030年までに解決すべき多くの社会課題は、凸版印刷のこれまでの歩み、目指すべき姿と方向性が一致しており、事業活動を通じた社会的課題の解決への貢献をより強化していくために、凸版印刷が注力すべきSDGsのマテリアリティを選定し、同ステートメントを策定した。 ■ トッパンのマテリアリティ ◇事業活動マテリアリティ ・環境(サステナブルな地球環境) ・まち(安全安心で豊かなまちづくり) ・ひと(心と身体の豊かさと人のエンパワーメント) ◇全社活動マテリアリティ ・環境配慮・持続可能な生産 ・従業員の健康・働きがい  凸版印刷は選定したマテリアリティを「全社活動マテリアリティ」と「事業活動マテリアリティ」に分けて整理している。全社活動マテリアリティの2つのグループが事業基盤を支え、事業活動マテリアリティの3つのグループがそれぞれつながりながら活動を広げていくことで、凸版印刷は「ふれあい豊かでサステナブルなくらし」に貢献していく。 ■ 今後について  凸版印刷は今後、長期的な視点に立ち、SDGs達成に貢献する持続可能な事業活動を推進します。この活動の成果と進捗については、当社の「統合レポート」「サステナビリティデータ」などで報告する予定。 ■ 関連URL ・同ステートメントPDF  https://www.toppan.co.jp/assets/pdf/sustainability/toppan_sdgs_statement.pdf ・OUR STORY「SDGsの先にあるトッパンが目指すミライ『ふれあい豊かでサステナブルなくらし』」  https://www.toppan.co.jp/story/story10.html ※1 SDGsについて 2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標で、持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成されている。 ≫ニュース全文を読む

2019年11月13日
エプソン販売株式会社(鈴村文徳社長、以下エプソン)は、大判インクジェットプリンターの一部消 耗品(インクカートリッジ、クリーニング液)の標準価格を、2020年2月1日より改定する。 エプソンは、これまで海外生産拠点での人件費上昇や為替影響による素材価格の上昇等により、消耗品 の生産コストも上昇している中、効率化やコスト削減などにより、価格への転嫁を避けるよう最大限努力してきた。しかしながら、これらの企業努力のみによる対応だけでは、価格を維持する事が困難 な状況に至っており、このたび標準価格を改定する。 ■標準価格改定日 2020年2月1日(土)納品分より ■対象商品 大判インクジェットプリンター用消耗品(インクカートリッジ、クリーニング液):134商品 上記対象商品の対応大判インクジェットプリンターは以下の21モデル。 PX-H10000/PX-H9000/PX-H8000/PX-H7000/PX-F10000/PX-F8000/PX-W8000/PX-H6000/PX-6500/PX-6550/PX-7500/PX-7500N/PX-7550/PX-9500/PX-9500N/PX-9550/PX-7500S/ PX-7550S/PX-9500S/PX-9550S/PX-20000 ※対応インクについては、エプソンのホームページを参照のこと。www.epson.jp ■標準価格改定率 平均 約6% ≫ニュース全文を読む

2019年11月13日
 凸版印刷(東京都千代田区、麿 秀晴社長)は、2020年3月14日(土)~5月17日(日)に埼玉県さいたま市で開催される「さいたま国際芸術祭2020-Art Sightama-」のプラチナ・パートナーとして協賛した。  「さいたま国際芸術祭2020」は、さいたま市が主催する芸術の祭典です。さいたま市におけるアートイベントとしては「さいたまトリエンナーレ2016」から2回目となる「さいたま国際芸術祭2020」では、既存のジャンルに捉われない領域横断的な作品を国内外のアーティストと共に展開予定。 ■ 開催趣旨と協賛の背景  「さいたま国際芸術祭2020」は、さいたま市が定めた将来像である「市民等が生き生きと心豊かに暮らせる文化芸術都市さいたま市」の創造に向けた重点プログラム。また、この「さいたま国際芸術祭2020」は、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が定める「東京2020参画プログラム〈カルチュラル・オリンピアード)」(※1)にも認定。130万人が暮らす生活都市における芸術祭として「共につくる、参加する」をコンセプトに、市民の皆と一緒に盛り上げていく芸術祭だ。  凸版印刷は創業以来、「情報・文化の担い手としてふれあい豊かなくらしに貢献」する企業理念のもと、119年にわたり培ってきた「印刷テクノロジー」をベースに、様々な事業展開を図ってきた。今回、凸版印刷は「さいたま国際芸術祭2020」開催の趣旨に賛同し「さいたま国際芸術祭2020」に協賛。これを通じて芸術文化のさらなる発展と、文化振興による社会貢献を目指す。 ■「さいたま国際芸術祭2020」概要 開催期間: 2020年3月14日(土)~5月17日(日) [65日間] テーマ: 花 / flower 会場・メインエリア:(大宮エリア) 旧大宮区役所、旧大宮図書館、大宮盆栽美術館、鉄道博物館 (その他)彩の国さいたま芸術劇場、埼玉県立近代美術館、うらわ美術館、さいたま市文化センター、岩槻人形博物館(開館予定)、その他市内各所 公式サイト:https://art-sightama.jp/ ※1 東京2020参画プログラム〈カルチュラル・オリンピアード) スポーツだけでなく、文化芸術や地域での世代を越えた活動など、参加者自らが体験・行動し、未来につなぐプログラム ≫ニュース全文を読む

2019年11月13日
大日本印刷(DNP)の透明スクリーンが、クリエイティブ集団「PARTY」と建築事務所「noiz」が制作するアート作品で採用されました。本作品は、「2025年大阪・関西万博誘致計画案」というタイトルで森美術館(東京都港区)で2019年11月19日(火)~2020年3月29日(日)に開催される「未来と芸術展」で展示される。 DNPが独自開発した透明スクリーンは、特殊な光学レンズを用いて高い透明度を実現するとともに、見る人の方向に向かって効率良く光を集める技術により、従来製品では困難だった明るい場所での鮮やかな映像表示を可能にした。この透明スクリーンを超短焦点型プロジェクターと組み合わせることで、設置場所制約の少ない空間演出が可能となり、魅力的な作品となっている。 【作品について】 2025年に予定されている大阪・関西万博の誘致計画案の大型模型とDNPの透明スクリーンを利用して、AR(Augmented Reality:拡張現実)の表現などで、インタラクティブな万博会場の機能を説明し、来館者に多様な“未来都市体験”を提供する作品だ。この会場計画は、万博誘致活動の際に示されたもので、今回展示する作品では、白い万博会場模型の前に透明スクリーンを配置し、スクリーンには模型と重ねて、会場を説明する文言やコンテンツが表示される。これらを組み合わせて見ることで疑似的かつ感覚的な未来都市のイメージを体験できる。透明度の高いスクリーンに鮮明な映像を表示できるDNPの透明スクリーンの特長を活かすことで、ゴーグルやスマートフォンなどのデジタル機器を使用せずに、現実世界では見ることのできない、都市に関わる「情報の動き」と「共有基盤(コモングラウンド*)の利用」を体験できる作品だ。 *コモングラウンド : 人と機械の間での共通認識を成り立たせるための、リアルとデジタルの重層的な情報基盤 【「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命――人は明日どう生きるのか」の概要】 「未来と芸術展」は、AI、バイオ技術、ロボット工学、ARなど最先端のテクノロジーとその影響を受けて生まれたアート、デザイン、建築を通して、近未来の都市、環境問題からライフスタイル、そして社会や人間のあり方を来館者と一緒に考える展覧会だ。 会期 2019年11月19日(火)~2020年3月29日(日) 場所 森美術館(六本木ヒルズ森タワー53F) 料金 一般1,800円、学生(高校・大学生)1,200円、子供(4歳~中学生)600円、シニア(65歳以上)1,500円 *前売り : チケットぴあ [Pコード:769-948] 一般1,500円 販売中(2020年3月29日(日)まで) 主催 森美術館、NHK 公式Webサイト https://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/future_art/index.html ≫ニュース全文を読む

2019年11月12日
 大日本印刷(DNP、北島義斉社長)は、明るい場所でも鮮やかな映像を表示できる透明スクリーンを、ハウステンボス(本社:長崎 坂口克彦社長)が運営する「変なホテル ハウステンボス」に導入した。  2015年の誕生以来、先進技術や無人化店舗の導入で生産性を追求してきた「変なホテル ハウステンボス」は、世界初のロボットが働くホテルとしてギネスにも認定されている。DNPの透明スクリーンは今回、「変なホテル ハウステンボス」のフロントに設置され、10月24日からプレ運転期間を経て透明スクリーンに投影されたバーチャルキャラクターが従来のロボット受付に替り、ホテル利用客へのチェックイン・チェックアウト手続きを案内してお客を楽しませている。なお、バーチャルキャラクターについてもDNP制作のキャラクターが採用されている。  また、システムの企画開発は、ニッコクソフト(本社:東京、中山孝幸社長)が担当した。 バーチャルキャラクター : ロボットスタッフ(左)、女性スタッフ(中央)、男性スタッフ(右) 【DNPの透明スクリーン採用の背景】 DNPの透明スクリーンは独自の光学レンズ構造により、高い透明性(Haze値0.9%*1)と液晶モニターに相当する高輝度(700cd/㎡*2)という2つの特長を両立している。今回、設置するホテルフロントの照明設備などの環境を変えることなく、明るい日中でもバーチャルキャラクターを浮遊感のある鮮明な映像で表現できることが高く評価され、採用された。 *1 HAZE値 : 濁りを表す指標。透明ガラスが約0.5%、透明スクリーンの0.9%は透明PET素材に相当。 *2 明るさ3,300lm(ルーメン)のプロジェクタを用い、40インチサイズで投影した際のDNP測定値。 【DNPの透明スクリーンを利用したバーチャル接客のメリット】 •バーチャルキャラクターがリアルの空間に飛び出したような存在感が表現できる。 •ロボットと比べて機械的なメンテナンスは、ほぼ不要。 •コンテンツの変更が容易なため、バーチャルキャラクターの装いを季節に合わせて変更したり、イベント告知を行ったりすることも可能。 •DNPが提供する、AI(Artificial Intelligence:人工知能)を活用した対話(チャットボット)による接客や、遠隔地にいる人がキャラクターを操作するアバターによる接客などの展開も可能。 【「変なホテル ハウステンボス」の接客サービスについて】 •ホテルの利用客がメインスタッフのキャラクターが表示されているフロントに近づくと、カメラが利用客の「年齢、性別、笑顔レベル」を判定し、利用客に合わせたバーチャルキャラクターのスタッフが透明スクリーン上に浮かび上がる。バーチャルキャラクターは、利用客の反応に応じて身振り手振りなどの演出を加えながら、手続きの案内を行う。 •ガイダンス音声は、日本語・英語・中国語・韓国語の4ヶ国語に対応している。 【今後の展開】  DNPは、ホテルのフロント業務のほか、公共施設や店舗、企業のショールーム、イベント会場などでの利用に向けて透明スクリーンとバーチャル接客サービスを提供していく。透明スクリーン関連の事業で、2021年度に年間7億円の売上を目指す。 ≫ニュース全文を読む

2019年11月12日
 共同印刷(東京都文京区、藤森康彰社長)は、複製画・版画の企画・制作・販売を取り扱うアート &カルチャー事業の Web サイト「美術趣味」(https://bijutsu-shumi.com/)を、11 月 8 日にリニューアルオープンした。 「美術趣味」は、2007年10月のオープン以来、お客や販売 代理店、取引先、美術館とのコミュニケーションの場として、新商 品や所属スタッフによる美術関連の情報などをブログで発信してきた。 このたび、訪問者がより商品詳細を取得しやすいサイトをめざし、「美術趣味」をリニューアルした。所属スタッフによるブログ は「ウェブマガジン」として引き続き発信し、新たに「商品紹介」「作 家紹介」として作品や作家名から商品検索できるページを設けた※。また、同社の高級複製画ブランドの一つに、厳選した素材 に高精度プリントを施して画材の質感と豊かな色調を再現した 「彩美版®」があるが、問い合わせが多いことから紹介ペー ジを新設した。ユーザー目線でのサイト構成とデザイン設計を心がけ、利便性の向上に努めている。  アート&カルチャー事業は、人々の心に安らぎや豊かさを与え てくれる優れた芸術作品を一般家庭で身近に鑑賞することを目 的に、権利者の許諾を得た国内外の優れた絵画作品を、半世紀 以上にわたり複製画として企画制作・販売している。 今後も、長年の経験で培った画像処理技術を元に、当社独自の高級美術複製画ブランド「彩美版®」をはじめ、高い 品質の複製画・版画を企画・販売し、絵画を愛好する豊かな土壌を創る一旦を担っていく。 ※商品紹介、作家紹介は順次情報をアップしていく。 ≫ニュース全文を読む

2019年11月12日
共同印刷(東京都文京区、藤森康彰社長)が開発した、AI 技術を活用して高品質なまんが電子 書籍画像を生成する「eComicScreen+(イーコミック スクリーン プラス)」が、集英社(東京都千代田区)が発行する「週刊ヤングジャンプ」の「ヤングジャンプ定期購読デジタル」で配信中の「デラックス版」に採用された。 eComicScreen+は、AI 技術を活用して、印刷用の高解像度データから高品質なまんが電子書籍画像を生成する画像 処理システム。技術者が長年にわたって培った画像処理技巧を AI に学習させることで、従来の画像解析による領 域認識と比べ、極小エリアにおけるスクリーントーンの認識モレや複雑な形状をしたスクリーントーンの認識ムラ、細い線 とスクリーントーンが重なった部分の細線のボケなどを改善させることに成功した。スクリーントーンに起因する画像の モアレ※1が細部にいたるまで抑制できるようになったことで、より自然で高品質なまんが電子書籍の作成を可能としている。また、画像の処理速度も向上し、作業性もアップした。高精細スマートフォンやタブレットでの表示に適した、画 像データサイズ天地 1600 ピクセル※2以上で使用すると一層の効果を発揮する。 このたび、こうした特長が評価され、集英社が発行する「週刊ヤングジャンプ」の「ヤングジャンプ定期購読デジタ ル(https://www.youngjump.world/)」で配信中のコンテンツである「デラックス版」に採用された。同社からは、「画稿のス クリーントーン部分のモアレ処理が素晴らしく、採用を決めた。『ヤングジャンプ定期購読デジタル』サイトのデラックス 版紹介に“最新技術により高解像度でキレイ”とあるが、これはeComicScreen+のことです」と評価を得ている。 同社は、高画質デジタルデバイスにおけるモアレ軽減により効果を発揮する、「eComicScreen+」を出版社などに向け て提案し、まんが関連の受注拡大に努め、2 年後(2021 年度)に売上 10 億円をめざす。 ※1 モアレ:規則正しく分布した線や網点(あみてん/写真やイラストなどの濃淡を印刷物上に再現するために用いる小さな点)が重なり合ったときに生じ る、縞やマダラの模様。まんが画像にはスクリーントーンという規則正しく並んだ網点が使用されるため、画像リサイズ処理などの際にモアレが 生じることがある。 ※2 ピクセル:デジタルで画像を構成する際の最小単位。正方形のピクセルを規則正しく縦横に並べることで一枚の画像が表現される。 画像処理の比較 左:通常の電子書籍版 右:ヤングジャンプ定期購読デジタル デラックス版 eComicScreen+を使用した右の画像は、 スクリーントーンがより滑らかに、階調 豊かに再現されている 「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳 戦~」 赤坂アカ/集英社 ≫ニュース全文を読む

2019年11月12日
 株式会社モリサワ(大阪市浪速区、森澤彰彦社長) は、一般社団法人 日本車いすバスケットボール連盟(以下、「JWBF」)とオフィシャルサポーター契約を締結した。  車いすバスケットボールは1940年代にアメリカで生まれ、競技スポーツとして徐々に世界中で盛んになった。日本へは1960年に紹介され、その後、障がい者スポーツの人気競技の一つとなっている。その中で、JWBFは国内での車いすバスケットボールの技術向上と普及、国際大会での上位入賞を目指して活動している団体だ。  モリサワは、2015年から公益財団法人 日本障がい者スポーツ協会(JPSA)のスポンサー企業としても、障がい者スポーツの普及ならびに支援やサービス向上に努めてきた。今後、国際大会で活躍される車いすバスケットボール選手のサポートのみならず、国内での競技のさらなる普及と発展を支援していくとともに、これからも障がい者スポーツ全体に対する支援活動を積極的に進めていく。 連盟概要 名 称:一般社団法人 日本車いすバスケットボール連盟 設 立:任意団体1975年5月2日(一般社団法人登記2013年8月20日) 会 長:玉川 敏彦 会 員:会員数754名、チーム数73チーム(2019年4月1日時点) ≫ニュース全文を読む

2019年11月12日
大日本印刷(DNP)は、2019年11月12日(火)に日本青年館ホテル(東京都新宿区)で開催される世界オリンピック開催都市連合の総会にて、「グラフィック・ポスターのレガシー」をテーマに、日本で開催されたオリンピック3大会の公式ポスター展示に協力する。 1964年東京オリンピック公式ポスター(デザイン:亀倉雄策氏) DNPは、1964年の東京オリンピック大会において、ポスターなどの印刷に関わった。世界オリンピック開催都市連合は、オリンピック開催都市と開催予定都市で構成される組織で、現在世界の39都市が加盟している。DNPは、世界の各都市が連携して、レガシーの共有や対話を促進する同連合の総会において、錚々たる日本のグラフィックデザイナーたちが作りあげてきた公式オリンピックポスターの展示に協力することは、世界の方々に日本のグラフィックデザインのすばらしさを紹介する機会であると考えている。 今回、公益財団法人DNP文化振興財団が日本の現代グラフィックデザインの秀作を収集・保存しているコレクション「DNPグラフィックデザイン・アーカイブ」の高精細データを活用し、1964年東京大会、1972年札幌大会、1998年長野大会の3大会のグラフィック・ポスター各4点、合計12点を複製して展示する。 ■「DNPグラフィックデザイン・アーカイブとは DNP文化振興財団では、日本および海外の優れたグラフィックデザイナーによるポスター作品を、未来に残すべき文化遺産ととらえ、「DNP グラフィックデザイン・アーカイブ」と名付けた収集・保存を継続的に行っている。2019年現在、コレクションには約280名の作家による16,000点にのぼる作品を収蔵している。 【今後の展開】 今回の総会では、一般の生活者の方が見ることができないが、DNPではさまざまな団体の協力のもと、2020年にもギンザ・グラフィック・ギャラリーにて展覧会開催を予定している。 ≫ニュース全文を読む

2019年11月12日
 公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT、塚田司郎会長)は、2019年11月27 日(水)に研究会セミナーを開催する。  2019年10月発刊の『印刷白書2019』から主要なトピックを解説する。「デジタル×紙×マーケティング」で 印刷ビジネスがどのように変わるのかを探る。  AI(人工知能)やRPAが普及段階に進んでいること、ソーシャルメディアの進化などにより、ビジネスの側面 だけでなく、私たちの暮らしや文化、社会においても、さまざまな変化が起きている。印刷ビジネスにおいて も、次世代のビジネスモデルを多方面から検討する時期に来ていると言える。  「特別講演」では、東京工科大学の藤崎実氏にSNSマーケティングの成功のポイントについて伺う。印刷 産業全体を幅広く、多角的に捉え、未来の印刷ビジネスを見通す基礎にする。 ■ 開催概要 ●主催:公益社団法人日本印刷技術協会 ●日時:2019年11月27日(水) 14:00-17:10(定員40名) ●会場: JAGAT 3Fセミナールーム 東京都杉並区和田1-29-11 ●参加費: JAGAT会員 印刷白書なし: 5,500円(当日は白書を持参のこと) 一 般 印刷白書あり:15,400円(印刷白書を1冊渡す) ■ セミナー内容・プログラム ※詳細はWebをご参照ください。https://www.jagat.or.jp/cm2019_hakusho2019 ■14:00-14:30 印刷産業の動向(市場、メディア、経営、地域活性化) JAGAT 研究調査部 藤井建人 氏 ■14:30-15:00 図表で見る印刷産業(産業連関表、上場印刷企業、輸出入) JAGAT CS 部 吉村マチ子氏 ■15:00-15:30 顧客とつながる印刷ワークフロー JAGAT 研究調査部 花房賢氏 ■15:40-16:10「デジタル×紙×マーケティング」で変わる印刷ビジネス JAGAT 専務理事 郡司秀明氏 ■16:10-17:10 成功する SNS マーケティングのポイント 東京工科大学 メディア学部講師 藤崎実 氏 ≫ニュース全文を読む

  • 企業ニュース
  • 業界ニュース
  • 営業ニュース
  • 技術ニュース
  • 印刷用語集

    印刷用語検索