最新ニュース

2019年02月22日
 凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、脳波測定と連携し映像・音・香りで環境を変化させる集中空間ソリューション(以下 同ソリューション)を開発した。  このたび、同ソリューションの効果検証を目的に2019年1月末から2月下旬にかけて三井不動産株式会社の運営するシェアオフィスであるワークスタイリング八重洲(所在地:東京都千代田区丸の内)の個室空間における実証実験を実施。被験者の集中力向上が確認され、有効性が実証された。  なお、同実証実験は凸版印刷・NTTデータ・三井不動産における新事業創出プロジェクトの協力のもと実施した。 今回の実証は、被験者の耳に凸版印刷がSOSOH&C社(本社:韓国、CEO:Dongbin Min)と共同開発中の脳波を手軽に測定できるイヤホン型脳波測定デバイスを装着し、集中状態を可視化。デバイスが集中度低下を検知すると、Bluetoothで連携しているタブレットなどの情報通信端末からリフレッシュの提案が実施される。被験者が好みに応じた提案内容を選択すると凸版印刷が従来提供してきた高品質4K映像を活用しストレスケアを促進する「NaturalWindow(ナチュラルウインドウ)」やシーンに応じて複数の香りを瞬時に切り替えることができる装置「アロマシューター※2」を活用した映像・音・香りによる空間演出で疑似的に変化させた集中力向上のための外環境を提供する。同実証実験では、同ソリューションを導入した個室空間と通常の個室空間で被験者が仕事を行った際の集中度の測定と比較を実施した。 NaturalWindow,アロマシューターによる空間演出で集中力向上 © Toppan Printing Co., Ltd. 近年、企業における働き方改革を目的とした長時間労働削減、生産性向上の取り組みやインターネットの普及により、場所や時間を選ばず仕事をすることが可能となり個人の働き方が多様化している。これにより、業務効率化が重視され仕事の成果は費やした時間ではなく、個人による成果が重要視される時代となっており、自己管理による仕事の効率化やパフォーマンスの向上が益々求められている。  今回、凸版印刷は脳波測定とこれまで提供してきた空間ソリューションであるNaturalWindow、アロマシューターを組み合わせたソリューションを開発。本ソリューションを活用した同実証実験では働き方改革の推進に伴い増加しているシェアオフィスにおいて、脳波測定により自身の集中度を可視化し集中力向上のための環境の把握を実現。仕事の効率化やパフォーマンス向上に繋がり、生産性向上など働き方改革の実現に貢献する。 ■実証実験の概要と結果 期間 ・前半:2019年1月21日~2月1日、後半:2019年2月6日~2月22日 ※実証環境ブースは2019年2月末まで設置 場所・ワークスタイリング八重洲 FLEXブース2席(個室ワークスペース) 被験者数・約50名 目的 脳波測定による集中度の可視化と疑似的環境変化の価値検証 詳細 ・同ソリューション導入個室空間における集中度の比較、効果検証を実施。 ① オペレーターから被験者に実証内容を説明し、集中するための内的手法(仮眠・瞑想など)を選択、実施。 ② 被験者はイヤホン型脳波デバイスを装着し、80分間の作業を実施。集中度低下を検知し、情報通信端末よりリフレッシュの提案を行う。 ③ 被験者自身が好みの環境の切り替えを選択し作業を継続。NaturalWindow、アロマシューターにより海の見えるワーキングスペースなど疑似的な外環境の変化を行う。 ④ 作業終了後、集中度のフィードバッグレポートの提示と被験者アンケート実施。 結果・通常の個室空間(A)と本ソリューション導入個室空間(B)の集中度とアンケート結果比較。 ・被験者の69%がB空間において集中できたと回答(31/45人) ・被験者の61%が環境切り替え後により高い集中力上昇率を計測(22/36人) ■ 今後の目標  凸版印刷は、同実証実験を通じた効果検証により、同ソリューションの実用化に向けての取り組みを進め2019年6月からの提供開始を目指す。また今後も、脳波以外の生理指標と味覚や触覚なども含めた五感への刺激を連動させたソリューションの開発を推進していく。 ≫ニュース全文を読む

2019年02月21日
大日本印刷(DNP)は、DNPのキャッシュレスプラットフォームの機能強化として、ジェーシービー(JCB)と連携して開発中のモバイルQR/バーコード決済基盤にて、JCBが新たに展開するQR/バーコード決済スキームである「Smart Code」に対応する。 これにより、金融機関や小売・流通業は、DNPのキャッシュレスプラットフォームを通じてモバイルQR/バーコード決済基盤にAPI接続することで、自社の店舗だけでなくJCBのSmart Code加盟店でスマートフォンを用いたQR/バーコード決済への対応が可能になる。 日本政府の税制優遇などによるキャッシュレス化の推進や、海外からの観光客の増加もあってQR/バーコード決済の利用が拡大するなか、金融や小売・流通業では、契約事業者によって異なる規格のQR/バーコード決済サービスが導入されている。そのため、加盟店での手続きの煩雑化や、各サービスのセキュリティ基準の違いによる不正利用の懸念などが課題になっている。 DNPは、各種キャッシュレス関連サービスを連動させ、カード発行会社(イシュア)や店舗(加盟店)のキャッシュレス対応をトータルに支援するキャッシュレスプラットフォームを提供している。その一部として、2019年2月には、キャッシュレス推進協議会のメンバーで、QR/バーコード決済の標準化を推進するJCBと連携して、簡易な接続によってQR/バーコード決済サービスを実現可能とするモバイルQR/バーコード決済基盤の開発に着手した。 DNPは、金融機関や流通・小売業などにSmart Codeに対応した本サービスを提供し、国内におけるスマートフォンを使ったキャッシュレス決済の普及を支援していく。 ■モバイルQR/バーコード決済基盤とSmart Codeの連携 ≫ニュース全文を読む

2019年02月20日
 トッパン・フォームズ(以下トッパンフォームズ)は、RFIDを活用した自動車販売会社(以下、販社)向け試乗車所在管理システム(以下同システム)を開発し、新たに販売を開始する。  同システムでは、販社の各店舗にある試乗車のキーにバッテリーを搭載し自ら電波を発するタイプのIC タグ(アクティブIC タグ)を取り付け、店舗内に設置した受信機でその電波を受信することで、今、試乗車がどの店舗にあるかという所在情報をリアルタイムかつ正確に把握する。情報はWeb サーバー上で一元管理され、各拠点で参照が可能なため、車両の所在を「見える化」することができる。これにより、本社の担当者が行っていた各店舗への所在の確認や、各店舗で手作業で行っていた登録業務が不要となるため、本社・店舗ともに大幅な効率化を実現する。さらに従来取得できなかった試乗車ごとの利用履歴(店舗間移動記録・入出記録)のデータ収集が可能になる。  なお、同システムは千葉トヨペットとネッツトヨタ多摩に採用され、全店舗展開に向けて順次導入されている。 【システム運用イメージ】  試乗車は、自動車の走行性能や多種多様な装備品などのスペックを、お客に体感してもらう重要な販促ツールの1 つ。一方で、各店舗に仕様の異なる多数の試乗車を配置することは難しく、お客がご希望する試乗車が来場店舗に無い場合は、近隣の店舗同士で試乗車の貸し借りをしている。しかし、その貸し借りの履歴は当該店舗間でしか共有されておらず、本社を含む他店舗が正確な所在情報の把握に時間を要することや、場合によっては販売機会の損失などにつながるといった点が課題となっていた。  また、試乗車管理を統括する本社では、自動車メーカーのWeb サイト上に掲載された試乗車の所在情報を更新する際に、都度、各店舗へ所在情報を確認する手間が発生していた。 同システムで試乗車の所在情報を一元管理することにより、管理業務の負荷軽減と各店舗への試乗車の配置最適化による販売機会の創出という2つの側面から効果を上げることが期待できる。 【今後の展開】 トッパンフォームズは、店舗に配置する展示車や代車など、試乗車以外の車両管理用途での提案も行っていく。また、収集した所在情報を活用したWeb サイトの試乗車情報の自動更新機能や、試乗予約の受付機能の付加に加え、中古車管理や、今後の展開が予想されるカーシェアリングサービスへの応用展開も検討し、販社のさらなる業務改善につながるサービスの開発・提供をしていく。 トッパンフォームズは、同システムを2020 年度までに累計2 億円の売上を目指す。 ≫ニュース全文を読む

2019年02月20日
 竹尾は見本帖本店2階で、「竹尾ポスターコレクション・ベストセレクション11 ―構成的ポスターの創成」を3月から開催する。  第1期 2019年3月5日[火]―3月15日[金]  第2期 2019年3月19日[火]―4月2日[火]  竹尾ポスターコレクション・ベストセレクションの11回目となる同展では、1900年代から30年代のヨーロッパのポスターに焦点をあて、産業革命とアヴァンギャルド芸術の奔流の中でポスターデザインがどのように展開したかを探る。 第1期・第2期に分け、計24点を展示する。  同展は、多摩美術大学アートテークにて2018年1月に開催した展示を厳選し再構成した。 ≫ニュース全文を読む

2019年02月20日
 凸版印刷(東京都千代田区、金子眞吾社長)は、世界の代表的な SRI(社会的責任投資)評価企業であるスイスの RobecoSAM社による「RobecoSAM Sustainability Award 2019」の「Commercial Services & Supplies(商業サービス・用品)」セクターにおいて「ブロンズクラス」に認定された。今回、同セクターでの日本企業の受賞は凸版印刷が唯一になる。  RobecoSAM社は、毎年2,600以上の世界中の企業を対象として、「経済」「環境」「社会」の3分野から企業の持続可能性を評価し、特に優れた実績のある企業に対して格付け・表彰を実施している。凸版印刷は「環境レポーティング」、「事業における環境効率」など「環境」分野に関する取り組みについて高い評価を獲得したことが、今回の認定につながった。 ■ 凸版印刷のサステナビリティへの取り組み  凸版印刷は、「健康・ライフサイエンス」「教育・文化交流」「都市空間・モビリティ」「エネルギー・食糧資源」を新たな成長領域と位置づけ、社会的課題を認識し、その解決に向けて取り組んでいる。また、RobecoSAM社とS&P Dow Jones Indices社が提供している世界的な株式指標「Dow Jones Sustainability World Index」の構成銘柄にも2年連続選定されており、持続可能な社会の実現に向けた取り組みが高く評価されている。  凸版印刷は、サステナビリティ活動を「国連グローバル・コンパクト」を活動の原則に、「SDGs(持続可能な開発目標)」を活動の目標として取り入れ、推進してきた。今後もステークホルダーとともに、社会的価値創造企業になることを目指し、持続可能な社会の実現に向けて貢献していく。 ≫ニュース全文を読む

2019年02月20日
大日本印刷(DNP)は「東京アニメセンター in DNPプラザ」(東京・市谷)の企画展として、2019年2月21日(木)から3月24日(日)まで、「コードギアス 反逆のルルーシュ -魔神を辿る日-」を開催する。 【コードギアス展について】 〇プロモーション映像を大画面で上映 コードギアスシリーズのプロモーション映像(PV)を大画面のプロジェクションで上映! 圧巻の映像美で紡がれるコードギアスの世界を楽しもう。 〇枢木神社 メッセージエリア 同企画展や完全新作劇場版などへの想いを企画展オリジナルの枢木神社絵馬型付箋に綴ることができる。 〇カフェとのコラボレーションも実施! 期間限定で、会場のDNPプラザ1階にあるカフェスペースに、特別コラボレーションメニューが登場する。コラボメニューの注文1点につき、オリジナルコースターをランダムでプレゼント! 〇オリジナルグッズも販売! メッセージエリアで使用する絵馬型付箋をはじめ、本企画展オリジナルのグッズを多数販売! ・会場 : 東京アニメセンター in DNPプラザ 東京都新宿区市谷田町1-14-1 DNP市谷田町ビル DNPプラザB1F ・会期 : 2月21日(木)~3月24日(日) ※毎週火曜日は休館 ・開館時間 : 11:00~20:00  ※最終入場 19:30 ・入場料 : 無料 ・WebサイトURL : https://animecenter.jp/exhibition/codegeass 【デジタルスタンプラリー「TOKYOアニメツーリズム2019」も開催中】 2月9日(土)から3月25日(月)まで、「TOKYOアニメツーリズム2019(主催:TOKYOアニメツーリズム実行委員会)」を実施している。アニメ作品『コードギアス 反逆のルルーシュ』に登場するエリアを中心に選定した都内の観光スポット17ヵ所を巡ると、スポットごとに異なるデザインのデジタルスタンプとポイントを獲得できる。ポイントを集めると、オリジナルグッズを東京アニメセンターinDNPプラザで受け取ることができる。 詳細は、TOKYOアニメツーリズム2019公式ホームページで確認のこと。 URL : http://tokyo-animetourism.jp ≫ニュース全文を読む

2019年02月19日
岩手銀行(田口幸雄頭取)と凸版印刷(金子眞吾社長)は、国内・海外からの観光客の来訪を地域経済の活性化につなげるため、キャッシュレス環境整備に向けた連携を行う。  キャッシュレス社会の実現に向けて、経済産業省が『キャッシュレス・ビジョン』(2018年4月)の中で、2025年のキャッシュレス決済比率40%を目標とする指針を発表するなど、キャッシュレス決済の利用環境を整備する機運が高まっている。  また、岩手県では、1月30日の花巻~上海便の就航により中国人観光客の増加が見込まれており、キャッシュレス決済が普及している中国からの観光客増加を観光消費につなげるためには、中国人向けキャッシュレス環境であるAlipay(アリペイ)、WeChat Pay(ウィーチャットペイ)の普及が喫緊の課題となっている。  岩手銀行は、県内最大の金融機関として、県内および近隣地域の観光関連事業者に多くのネットワークを保有し、それら企業へのサービス提供を通じて、地域経済の活性化に貢献することができる。また、凸版印刷には、決済サービスはもとより、訪日外国人向け多言語コミュニケーションなど、企業のニーズに応える多彩なサービスラインナップを強みとしている。  今回の連携で、キャッシュレス環境整備および、決済を軸にして店舗に送客するサービスを提供し、岩手県における観光消費の拡大と観光地域づくりによる地方創生を推進する。岩手銀行と凸版印刷では、今後共同で観光振興など地方創生の取組みを強化し、地域経済の活性化に貢献していく。 1.連携の概要 以下のキャッシュレス関連サービス普及に関する連携 (1)Alipay(アリペイ) (2)WeChat Pay(ウィーチャットペイ) (3)Origami Pay(オリガミペイ) (4)インバウンドCLS 2.連携日 2019年2月18日 3.連携スキーム 4.各サービスの概要 (1)Alipay  中国のネット通販最大手のアリババグループが提供する、中国最大手のスマートフォン決済サービス。利用者数は約10億人。  店舗側では読取装置を設置し、利用者がスマートフォンのAlipay専用アプリで表示される QRコードを提示すると、店舗の読取装置で読み込まれ、支払が完了する。 (2)WeChat Pay  中国のSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)最大手のテンセントが提供する、中国人向けスマートフォン決済サービス。利用者数は約8億人。  店舗側では読取装置を設置し、利用者がスマートフォンのWeChat Pay専用アプリで表示されるQRコードを提示すると、店舗の読取装置で読み込まれ、支払が完了する。 (3)Origami Pay  株式会社Origamiが提供する国内客向けスマートフォン決済サービス。  店舗側ではタブレットを設置し、利用者が店舗のタブレットに表示されたQRコードをスマートフォンで読み取る等により、支払いが完了する。 (4)インバウンドCLS(Card Linked Service)  利用者が国内加盟店舗でMastercardクレジットカード決済すると、一定のキャッシュバック金額を受け取ることができる訪日外国人向け送客サービス。加盟店舗は海外の銀行のWebサイト等に広告掲載され、外国人観光客の来訪促進が期待できる。 ≫ニュース全文を読む

2019年02月19日
大日本印刷(DNP、北島義斉社長)と、ブロックチェーンを利用したコンテンツ管理システムを提供するシンガポールのスタートアップBlockPunk(本社:シンガポール 社長: Julian Lai-Hung 資本金: 1,472,290シンガポール・ドル 以下:BlockPunk)は、ブロックチェーン領域における戦略的パートナーシップ契約を締結した。 DNPはコンテンツ文化の発展とクリエイティブ業界への貢献を目指す「DNPクリエイター共創サービス『FUN'S PROJECT(ファンズプロジェクト)』」や、日本のアニメ文化を発信する拠点として『東京アニメセンター in DNPプラザ』など、日本のコンテンツの魅力を国内外に発信するさまざまな活動を進めている。 一方、BlockPunkは高度なブロックチェーン技術を保有しており、そのブロックチェーン技術を活用し、アニメのデジタルアート作品を販売する「blockpunk.net」を運営している。 今回の戦略的パートナーシップ契約により、DNPとBlockPunkは、ブロックチェーンを活用して企業や個人が所有するアニメやマンガ、ゲームなど、様々なコンテンツの偽造品の流通を防ぎ、安心・安全にコンテンツを流通・利活用できる、次世代のコンテンツ流通の仕組みづくりを行う。 今後両社は、ブロックチェーン技術を活用し、世界中のコンテンツホルダー企業の事業を支援するとともに、両社の技術を組み合わせたアート作品やグッズの販売を目指す。 ■BlockPunkについて https://blockpunk.net/jp BlockPunkはブロックチェーンを使用することによりクリエイターの著作権を保護可能な、エンターテインメント系スタートアップ。BlockPunkが運営するサイト「blockpunk.net」では、クリエイターは簡単にコレクターグッズの販売が可能で、ファンは本物のデジタル商品の所有権の証明が可能。 世界で初めてアニメクリプトグッズを販売し、日本の有名なアニメプロデューサー達とのパートナーシップを所有している。分散化されたアニメ、映画/テレビ産業の先駆け。 ≫ニュース全文を読む

2019年02月19日
 トッパン・フォームズのグループ企業TF ペイメントサービス(東京都新宿区、増田俊朗社長、以下TFPS)は、1 台でQR コード決済と電子マネー決済に対応する新たなキャッシュレス決済端末「ThincaBridge NFC(シンカブリッジ エヌエフシー)」(以下、同製品)の販売を今夏より開始する。  同製品は、POS レジやPC に接続して利用することで、TFPS が提供するクラウド型決済プラットフォーム「Thincacloud(シンカクラウド)」が対応する各種ブランドでのQR コード決済と電子マネー決済が可能となり、それぞれの決済端末を導入する場合と比べ、導入コストの削減やレジ周りの端末の集約に貢献することができる。  なお、QR コード決済については、本製品に搭載された液晶画面とカメラを活用し、①消費者がスマホに表示させたQR コードを同製品のカメラで読み取り決済する「消費者提示型(コード支払い)」の決済サービスと、②本製品の液晶画面に表示させたQR コードを、消費者がスマホのアプリで読み取り決済する「店舗提示型(読み取り支払い)」の決済サービスの両方式へ1 台で対応可能。  また、同製品は、マイナンバー(社会保障・税番号)制度における「マイナンバーカード(個人番号カード)」への対応も予定しており、決済だけではなく、認証もできるマルチファンクションペイメントリーダー・ライターとして利用可能。  なお、同製品は2019 年2 月19 日(火) ~ 22 日(金)で東京ビッグサイトで開催される「キャッシュレスTech」にデモンストレーション展示する。 【今後の展開】 TFPS は、マルチ電子マネー対応のシンクライアント型決済サービスを提供し、従来型(リッチクライアント型)のサービスと比べ、端末導入の大幅なコスト削減に寄与してきた。 今後も日本におけるキャッシュレスシーンの拡大にマッチするユーザーフレンドリーな製品の開発を推進し、利用者や加盟店にとって利便性が高く、より安価なインフラコストで利用できるサービスや製品を提供することで、日本のキャッシュレス・ビジョン実現に貢献していく。 ≫ニュース全文を読む

2019年02月18日
エプソン販売(佐伯直幸社長、以下エプソン)は、2月28日(木)から3月3日(日)ま でパシフィコ横浜(神奈川県横浜市西区みなとみらい)で開催されるカメラと写真映像の情報発信イベント「CP+(シーピープラス)2019」へ出展する。 エプソンブース(イメージ) エプソンブースでは、生活に彩りを添える「プリント」の楽しみ方を、実際の写真作品や制作物の展示を通じて紹介する。気軽に写真を楽しみたい方には、写真を使った贈り物や美しいインテリアとして写真を飾る方法など、普段の生活で簡単に写真が活かせる多彩なアイデアを紹介する。また本格的な作品志向の方には、フォトコンテストへの応募や写真展の開催に役立つヒントやノウハウなど、エプソンならではのプリント情報を提供する。 プロの写真家から高い支持を得ている「Proselection」シリーズをはじめ、大幅にインクコストを削減した「エコタンク搭載モデル」、写真高画質ながら低印刷コストの「Colorio V-edition」シリーズ、気軽に写真プリントが楽しめる「カラリオプリンター」など、エプソンプリンターを一堂に展示する。来場される方は、自分に合った1台をじっくり比較して検討することができる。また2月6日(水)に発表した、たくさんの紙焼き写真を高速で連続スキャンできるフォトスキャナー新商品「FF-680W」も展示する。 さらに、会期中ブース内ステージでは、写真家の中井精也氏、清水哲朗氏、岡嶋和幸氏、佐藤健寿氏、保坂さほ氏の各氏が作品制作のノウハウやプリントに対する考え方、暮らしや趣味で楽しむプリントの活用方法を紹介する。また3月2日(土)の12時から13時までは、エプソン主催のフォトコンテスト「エプソンフォトグランプリ 2018」と「meet up!-selection-」の表彰式を行う。 ≫ニュース全文を読む

  • 企業ニュース
  • 業界ニュース
  • 営業ニュース
  • 技術ニュース
  • 印刷用語集

    印刷用語検索